ビッケブランカの意味と韓国人ハーフの噂は?けもなれ挿入歌が人気

 

こんにちは。スリアです☆

新垣結衣さん松田龍平さんがダブル主演を務めるドラマ『獣になれない私たち』の挿入歌『まっしろ』が話題のビッケブランカさん。

なんとなくちょっとミステリアスな方だなと思って詳しく調べてみました!

ビッケブランカの意味は?プロフィールも

活動名:ビッケブランカ(Vickeblanka)

本名:山池純矢(やまいけじゅんや)

生年月日:1987年11月30日

出身地:愛知県生まれ

職業:シンガーソングライター、ピアニスト

最終学歴:学習院大学文学部中退

 

いつもガッキー主演のドラマ「獣になれない私たち」で印象的なシーンで絶妙に流れるキャッチーなあの曲を書き下ろしたのがビッケブランカさんです。

最初にビッケブランカというお名前を聞いた時、バンドなのかなと思いましたが、シンガーソングライター・山池純矢さんのソロ活動名でした。

ビッケブランカさんはドラマ、CM、映画などのタイアップソングに次々と抜擢されている、2018年注目のアーティスト。

個性的で独特の存在感を持つ方ですよね!

 

高校卒業と同時に上京し本名の山池純矢としてソロ活動を開始し、2012年にビッケブランカに改名しています。

 

ビッケブランカというお名前は聞きなれない響きでとても珍しかったので何語なんだろう?と思いましたが、その意味と名付けた由来を過去のインタビューで語っていました。

 

これはポルトガル語なんですけど、「Vicke」は海賊のしたっぱで「Blanka」は純粋な性格とか純真な思いとか、なんの疑いもなくみんなが嫌がるような甲板掃除とか雑用係というのは「はい」とか言いながら一生懸命やってるやつがいずれ海賊船の船長になって「Captain Blanka」になれたらいいね、という願いを込めています。

出典:tfm.co.jp

 

ポルトガル語で

ビッケ=海賊のしたっぱ

ブランカ=純粋な性格

 

したっぱでも一生懸命頑張って海賊船の船長「ビッケブランカ」になれたらいいねという願いを込めたお名前でした。

こんなにすてきな意味とストーリーが隠されていたんですね。

 

改名した2012年にはFM802が主催するライブイベント「MINAMI WHEEL 2012」に出演し、300曲の中から1位を獲得。

その後も2015年ごろまではインディーズで活動し、「ツベルクリン」「GOOD LUCK」と2枚のアルバムをリリース。

 

2016年には8月にはグリーンスムージー「en Natural」のCMソングである「Natural Woman」をリリースし、avex traxへ移籍してメジャーで活動するようになりました。

 

 

 

同じく2016年に「Google Play Music 音楽のある生活・ウェルカム篇」のCMソングに「Slave of Love」が起用され話題となっていました。

 

 

クイーン風のポップな楽曲ですね。

フォーク好きの父親と洋楽好きの母親の元で、日本歌謡と海外のポップソングを聴きながら育ち、SMAP、マイケル・ジャクソン、ベイ・シティ・ローラーズ、財津和夫など、あらゆるジャンルのヒット曲を聴いていたそうです。

 

そんなビッケブランカんさんはピアノの弾き語りをしてるイメージがあるので、小さい頃から英才教育を受けてきたのかなと思いきや、実は習ったことがなくて21歳の時にはじめてピアノはじめたそうです。

 

ピアノは習ったことがなくて21歳から始めたんですけど、最初はベン・フォールズ、ビリー・ジョエルなどを耳コピするところから始めました。

数ある楽器の中でも唯一、低音もリズムもメロディも全部奏でることができるのがピアノで、僕自身がいちばん自由自在に扱えるという部分で“wizard感”があって、相棒という感じです。

出典:https://station.mu-mo.net

 

大人になってからプロになれる腕前まで弾けるようになるなんて、ものすごいポテンシャルの持ち主ですね。

 

また、2018年8月に公開された日中合同アニメ映画『詩季織々』の主題歌に楽曲「WALK」が起用。

11月には2ndアルバム「wizard」がリリースされ、iTunes 総合アルバムランキング2位を獲得するなどますます注目を集めています。

Sponsored Links


韓国人ハーフの噂は本当なの?

ビッケブランカこと山池純矢さんは、音楽好きの両親のもとに愛知県西春日井郡に生まれ、二人兄妹の長男だそうですが、ウィキペディアを見ると国籍は日本になっています。

また、韓国人ではないかという噂もあるようですね。

詳しく調べてみたところ、ハーフだという情報を見つけました。

 

ハーフだからか、お肌が白くて、話し方もかなり穏やかでクレバな感じな彼が作る曲は、愛の唄が多いけど、オープンハートってよりも自分の気持ちを直球で受け止めてもらうよりわかってもらえればいい、、、っていうようなせつな心を語っているのでぐーーーーーーっと、聴き入ってしまう(#^.^#)

 

ラジオパーソナリティーの岡本祐佳さんのブログに、2010年3月10日に掲載されていました。

この頃はまだ山池純矢として活動していたころですが、「ハーフだからかお肌が白くて」と書かれているので、この情報が正しければハーフということで間違いなさそうです。

お母さんが洋楽好きだったそうなので、もしハーフだとしたら母親が海外の方なのかもしれませんね。

 

 

また、韓国人ではないかという噂もあるようですが、色白で切れ長の目をされていて、どちらかというと韓国系のお顔立ちをされているのでそう言われているのではないでしょうか。

さらに2012年に韓国で開催された世界音楽コンベンション「MU:CON SEOUL 2012」に出演しているので、韓国出身のアーティストと勘違いする人が多かったのかもしれませんね。

ハーフかどうかに言及しているご本人の発言は、いまのところ見つかっていないようです。

ドラマ「獣になれない私たち」の挿入歌が人気

 

2018年秋クールで放送のドラマ「獣になれない私たち」の挿入歌として書き下ろした楽曲「まっしろ」が話題のビッケブランカさん。

ファルセットと力強い歌声が印象的ですが、ドラマを見ていてもいつもきゅんとするようないいシーンで絶妙な使われ方をしているんですよね。

 

新垣結衣さんと田中圭さんがまだ友達同士だったころ、付き合う瞬間にカフェの前で10秒間キスをした第2話のとてもロマンティックなシーンでも、この曲が流れてドラマを盛り上げていました。

恋愛にまるわる楽曲が多いアーティストですが、この曲も代表曲のひとつになりそうですね。

 

 

まっしろ」のミュージックビデオでは獣のような衣装に身を包んだビッケブランカさんのまわりを、女性が動き回っているのがかなり印象的でした。

不思議な映像世界だなと思ったのですが、ドラマの内容をMVでも表現していたんですね。

 

2018年11月にリリースされた「獣になれない私たち」の挿入歌「まっしろ」が収録されているアルバムはこちらです。

 

まとめ

ますます注目されそうなシンガーソングライター・ビッケブランカさん。

恋愛をテーマにした楽曲が多いので、今後もCMやドラマで多く起用されそうですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です