トレース科捜研の男 4話ネタバレ感想。切ない兄弟愛に涙腺崩壊

 

こんにちは。スリアです☆

2019年1月28日放送の「トレース~科捜研の男~」4話のネタバレあらすじと感想をご紹介します。

 

▼FODで1話から見逃し配信中▼

FOD入会申し込み画面

 

>動画の無料視聴はこちら<

トレース科捜研の男 4話ネタバレあらすじ

2019年1月28日(月)放送の「トレース~科捜研の男~」4話のネタバレあらすじをご紹介します。

 

身内の事件

科捜研の研究員相楽の兄・浩司が遺体で発見されます。

第一発見者は浩司と連絡が取れないことを不審に思ったアパートの大家から

連絡を受けた相楽でした。真野とノンナは臨場要請を受けて現場へと向かいます。

 

死因は頚動脈を切られたことによる失血死で、通帳などの金品が盗まれていましたが

致命傷となった首の傷以外に外傷がないことから虎丸は強盗に見せかけた顔見知りの

犯行ではないかと推測します。

 

そういう風に決めつけるな、証拠はどこにもないという真野に、じゃあその証拠をさっさと探せ、と真野たちが鑑定をしている間、部屋の外に出た虎丸は首に大きなタトゥーのある男が野次馬の輪の一歩外に立っているのが気にかかりました。

 

ところが真野たちの鑑定によれば、現場からは被害者以外のDNA型は一切見つかりませんでした。

それを報告しつつも、これから何か見つかるかもしれないと意気込むノンナに、

相楽は自分の身内の事件だからといって、頑張る必要はない、規則どおりの仕事をすれば

良いと少し疲れたような顔をして告げます。

 

相楽は警察で浩司について尋ねられると、もう何年も会っていないし恨んでいる相手の心当たりについてはたくさんいるのではないかと吐き捨てます。

浩司はいろんな嘘をついてお金を騙しとっていた、というのです。自分も三百万ほどやられた、と。

 

そんな相楽が科捜研に戻って来たとき、真野とノンナは頼まれてもいないのに相楽の事件の鑑定をしていました。

どうせ金銭がらみなんだから余計なことしなくても事件は解決すると真野たちを非難します。

主観や憶測でラベルを貼ってしまえば真実を見つけ出すことはできなくなってしまうという真野に相楽は重ねて余計なことはするな、と声を荒げるのでした。

 

ノンナはひとり先に帰った相楽を心配して探しますが、居酒屋にひとりでいた相楽へ一緒に飲みましょうと声をかけます。

言いたいことがあるなら言え、と言った相楽にノンナは、真野について、みんなが思うような人じゃない、真実を追求するために必死になっているだけで人に興味がないとかそんなわけではないと思う、と語ります。

そんな話の流れからか、相楽はノンナに兄妹はいるのかと問いかけます。

妹がいるが、自分よりたいそうしっかりしているので面倒ばかりかけているというノンナに情けねぇなぁと笑う相楽。

そして自分たちも昔は仲が良かったのだとぽつりと呟きます。

けれど、大人になってからはどうしようもない大人になってしまったと。

介護の学校に行きたいからと百万円貸して欲しいと言った浩司にこれが最後だ、とお金を貸した相楽はその直後パチンコ屋にいる浩司を見てしまいます。

それを機に縁を切ったのだと言いました。

 

そして居酒屋を出ようとした相楽たち。そこにはずらりと虎丸たち警察が。

重要参考人として任意同行を求めると、相楽を連れて行ってしまうのです。

重要参考人は誰か

事件の三日前、浩司の携帯に残っていた着信履歴。

それは相楽のものでした。ふたりが会っているところを捉えている防犯カメラも見つかりました。

変に疑いをかけられたくなかったからだ、と相楽は言いますが、借りたお金に対し全然足りない分のお金を持ってきたことで、カッとなって殺したんだろうと責める警察にそんなことで殺したりしないと相楽は声を荒げますが、実は相楽は現状二千万の借金を背負っており、そのことからも疑われていました。

 

相楽の家宅捜索を行おうとした虎丸に、待ったをかけたのは真野でした。

浩司の毛髪の鑑定を行ったところ、大麻の成分が発見されました。

虎丸はその鑑定結果を聞き、大麻がらみで浩司と関係のあった人物・富岡の行方を追うことにしたのです。

 

ところが、その事実が判明したことに相楽は激昂します。

真野に掴みかかり、やっっぱりお前は最悪だ、と。

 

相楽は浩司が大麻に関わっていたことを知っていたのです。

実は浩司のところに富岡が来ていました。浩司を探している、と。

浩司のようにはならないように、人に迷惑をかけないように地道に働いて、これまでやって来たのに身内から犯罪者が出るなんて自分の家族にとっても科捜研にとっても最悪なことだと嘆く相楽。

 

何が被害者の想いだ、お前は人の秘密を暴くのを楽しんでいるだけだと、真野を糾弾した相楽は海塚に辞表を提出して科捜研から去ります。

 

八方塞がり、どう進んでいいかもわからない状況で気まずい雰囲気が流れる中

ノンナは浩司が川に落としたお金を拾い集めてくると、ひとりその場所に向かいます。

けれどそこには真野も来てくれていました。

日が沈む前に集められるだけ集めるぞ、とふたりで集めていましたが、そこに虎丸から真野を呼び出す電話が。

行ってください、というノンナ。そんなタイミングを見計らったかのように、科捜研の研究員ふたりも来てくれたのです。

 

虎丸の用事は浩司の巻いたお金を集めているらしいな、すぐに持ってこいというものでした。

それに富岡の痕跡が付いていればすぐに犯人を特定できるからと。

けれど何かを閃いた真野はもう一度自分に臨場させて欲しいと虎丸に依頼するのです。

幼い日の約束は今も

虎丸は事件現場に相楽を呼び出します。

そこには真野とノンナの姿も。

そして部屋の中央にはスタンドと張り巡らされた糸がありました。

その糸は浩司の血痕に糸を貼り、犯人の位置などを推測するための鑑定方法でした。

相楽がそれを見てみると血の飛び散り方から犯人が返り血を浴びていないことがわかるのです。

 

そう、この事件には犯人なんていませんでした。

被害者自身のDNA型しかなかったのも当然。

浩司は自殺したのです。

 

浩司は余命三ヶ月の胃癌でした。

けれどこんな手を使ったのは大きな借金を背負ってしまった相楽に保険金を残すため。

そのためにこんな手の込んだことをしたのです。

 

ノンナは川原で集めたお金を相楽に差し出します。

たった五万しか集められなかったけれどノンナはそこから浩司の思いを汲み取った、というのです。

 

お金の入っていたその封筒には特殊な油分が付着していました。

その油を使用している工場を虎丸に探してもらったところ、浩司は一年前から

そこで働き出したというのです。浩司は病院には一切行かず、その分すらコツコツとお金を貯めていました。

もちろんガンはどんどんと浩司の身体を蝕んでいきます。

そんな浩司が、ガンの痛みをごまかすために手を出したのが大麻だったのです。

大麻で痛みを誤魔化しながら、浩司は事件の起こる一ヶ月前、体に限界が来るまで働いたのだということでした。

浩司が相楽に渡そうとしたお金は正真正銘、浩司が真っ当に働いて得たお金だったのです。

 

「お前がピンチになった時は絶対にいちゃんが助けてやるからな」

 

まだ小さい頃、仲が良かった頃に浩司が相楽へ告げた約束。

どうにかして弟を助けたいという一心での悲しい、じけんだったのでした。

 

嘘が下手すぎる、バカだな、兄貴…と相楽はノンナに渡された袋を握りしめながら泣き崩れるのでした。

 

無事、科捜研に残ることになった相楽。

浩司に振り回されてきたから、好き勝手して人に迷惑かけるやつが大嫌いだ、けれど今回のことは感謝していると、真野へ奢ってやるからと飲みに誘いますが真野は結局現れませんでした。

 

ひとり科捜研に残って鑑定を続ける真野。

ふと割れてしまう実験道具。

彼に過去の不穏な影が近づいていました…。

 

これで第4話は終わりです。

 

▼FODで1話から見逃し配信中▼

「トレース 科捜研の男」動画はこちら

 

 

トレース科捜研の男 4話を見たみんなの感想

2019年1月28日放送の「トレース~科捜研の男~」4話を見た方の感想をご紹介します。

大麻に手を出していたのは、末期がんの痛み止めとしてだったのは泣けた!

 

今回も、事件の真相と思われるものが二転三転とする、ドキドキする展開でした。

今回の事件の犠牲者は、科捜研の職員のひとり、相楽一臣の兄、浩司。

相楽によって明かされるこの兄のクズっぷりに、はじめは、怨恨を動機とした殺人か、と思われただけでなく、実は相楽が犯人ではないかと虎丸刑事に嫌疑をかけられたり、もう全然、展開の予想ができませんでした。

 

しかも、浩司が大麻をやっていて、相楽はそれが発覚することを恐れていたことが明らかになったときには、もう、このお兄さん、人としてアウトだわ、とまで思われました。

だけど、最終的には、主人公の真野礼二が、血痕から糸を引っ張って血しぶきの飛散状況を再現し、浩司は強盗殺人に見せかけた自殺であったことが明らかに。

しかも、大麻に手を出していたのは、末期がんの痛み止めとしてだった、ということに、思わず泣けてしまいました。

それにしても、壁や床のあらゆる血痕から糸を引っ張った再現のセット、ど迫力で、ドラマスタッフの熱い思いを感じました。

 

(ずがいこつさん/44歳/女性)

相楽はきちんと真野に感謝しているシーンがよかった。

 

債務者リストに載っていた富岡が浩司に金の返済を求めたあまり、殺してしまったのではないか?と考えていたのだが、浩司の自殺が真相であることには驚きました。

 

相楽の話を聞くと、浩司はあちこちの人にも相楽にも嘘をついた上で、お金を借りた上で、その貴重なお金をパチンコに使うのは結構ひどいことであるというのは衝撃的でした。

 

なぜ浩司は子供の頃、優しいお兄ちゃんであったにも関わらず、大人になるとどうしようもない人間になってしまったのだろうかと気になりました。

浩司が相楽のためにも死を選んでしまうことになるというのが何より一番悲しい事実でした、相楽はなぜ事件の3日前に浩司からお金を素直に受け取るようなことをしなかったか、、なぜ浩司の話をきちんと聞いてあげることができなかったのだろうか?と自分を責めるようなことをしたら浩司が悲しむことになるに違いないので、それはやめてほしいと感じていました。

 

しかし、相楽はきちんと真野に感謝し、浩司の気持ちを受け入れている様子でだったので安心しました。

 

(T.oさん/21歳/男性)

 

Sponsored Links


トレース科捜研の男(4話)あらすじ

科捜研法医研究員の相楽(山崎樹範)の兄・浩司(やべきょうすけ)が遺体で発見される。

発見場所は浩司のアパートで、第一発見者は、アパートの大家から浩司と連絡が取れないとの連絡を受けて訪れた相楽だった。死因は、頸動脈を切られたことによる失血死で、凶器は部屋にあった包丁だった。

また、室内は荒らされており、財布や預金通帳等がなくなっていた。

真野(錦戸 亮)とノンナ(新木優子)は、臨場要請を受け現場に向かった。

そこで虎丸(船越英一郎)は、遺体に首以外の傷がないことから、強盗に見せかけた顔見知りの犯行だと主張する。

真野たちの鑑定によれば、室内から被害者以外のDNA型は見つからなかった。

だが真野は、収納ボックスの引き出し内に付着した一滴の飛沫血痕が気になっていた。

虎丸が主張するように、犯人が浩司を殺してから強盗に見せかけて部屋を荒らしたのなら、引き出しの内側に血痕がつくはずはないからだ。

事情聴取で相楽は、浩司とは何年も会っていないと話す。

浩司は嘘を並べて家族や友人から金を借りており、相楽自身も300万円ほど貸したままだという。

アイツは殺されても仕方のない嘘つき野郎――相楽はそう言い放つ。

浩司は、金を借りた相手と金額を書き残していた。

そのリストを元に犯人を絞り込もうとする虎丸たち。

同じころ、浩司が3000万円の定期生命保険に入っており、今月で保険期間が終了することが判明する。

虎丸たちは、受取人になっていた浩司の元妻・千尋(瑛蓮)に疑いの目を向けた。

しかし、千尋が証言した通り、見つかったのは古い保険証券で、受取人は浩司の叔母に変更されており、その叔母も3年前に他界していた。

ノンナは、事情聴取から戻った相楽に、犯人が最初に部屋を荒らしていたことを報告する。

だが相楽は、鑑定依頼もない作業をしている真野とノンナに苛立ち、余計なことはするなと怒りをぶつける。

そんな折、浩司の携帯電話履歴から、事件の3日前、相楽に何度も電話していたことが判明する。

しかもその日、ふたりが会っていたこともわかり…。

出典:https://www.fujitv.co.jp

 

トレース科捜研の男 原作コミックを無料で読む方法

FOD入会申し込み画面

 

動画配信サービス「FODプレミアム」では、ドラマの原作となった古賀慶さんの漫画「トレース 科捜研法医研究員」第1巻が無料で読むことができます。

> 「トレース科捜研の男」原作漫画を無料で読みたい方はこちら

 

トレース以外にも「FODプレミアム」では、無料お試し期間中にもらえる100ポイントと、8のつく日(8日・18日・28日)にもらえる400ポイントを合わせた1300ポイントで、漫画を毎月2冊分無料で読むことができます。

初回無料キャンペーンは一切お金がかからないので、ぜひ一度お試しくださいね。

 

FOD入会申し込み画面

> 「トレース科捜研の男」の原作漫画はこちら

 

トレース科捜研の男 4話までの視聴率

・1話(2019年1月7日放送)視聴率12.3%

・2話(2019年1月14日放送)視聴率11.8%

・3話(2019年1月21日放送)視聴率9.6%

・4話(2019年1月28日放送)視聴率ー%

 

まとめ

2019年1月28日(月)放送の「トレース~科捜研の男~」4話のネタバレあらすじと感想をご紹介しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

 

トレース科捜研の男 1話の動画無料視聴はこちら。見逃し配信
3年A組 1話ネタバレと感想。菅田将暉の怪演とアクション半端ない
いだてん1話のネタバレあらすじと感想。顔面の血が歌舞伎メイク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です