トレース科捜研の男 2話ネタバレ感想。切なすぎる結末と兄の幻影

 

こんにちは。スリアです☆

錦戸亮さんが主演する月9ドラマ「トレース~科捜研の男~」2話のネタバレあらすじと感想をご紹介します。

1話では法医研究員・真野礼二のクールなキャラがハマっていた錦戸さんですが、2話もDND鑑定をきっかけに難解な事件を解決に導きます。

さて、それではさっそくネタバレあらすじからご紹介していきます!

 

▼FODで1話から見逃し配信中▼

FOD入会申し込み画面

 

>動画の無料視聴はこちら<

トレース科捜研の男 2話ネタバレあらすじ

2019年1月14日(月)放送の「トレース~科捜研の男~」2話のネタバレあらすじをご紹介します。

DNA鑑定

今回の事件は、虎丸の持ち込んだDNA鑑定から始まります。

今回事件が発生したのは医師である真田の教授就任祝いのパーティーでのこと。

主役なのに席を外したまま戻らない真田を探しに来た娘の有里が見つけたのは点々と落ちる血痕。

そして見つけたのはバルコニーから転落している父親の姿だったのです。

そのときに逃走する男の姿を見た有里。

真田の遺体の様子から、ナイフを突きつけられてバルコニーから突き落とされたと推測されていました。

そして虎丸は防犯カメラの映像から、容疑者として宮永渉という男を拘束していましたが、現場から発見されたDNAと鑑定結果が異なってしまったため、釈放せざるを得なくなってしまいます。

警察の勇み足による誤認逮捕ということでマスコミに騒がれてしまったため、捜査一課長の江波より一週間以内に犯人を逮捕しなければ虎丸の班は解散、定年まで窓際ですごせと言われてしまいます。

 

そのため再度臨場を要求する虎丸。宮永は絶対にクロだ、宮永が犯人だという証拠を探せ、と言いますがその検証中に科捜研での仕事に悩んでいたノンナが貧血で倒れてしまいます。しかも多数のワインボトルを巻き込んで…

 

有里に診察してもらったノンナはその流れで話を聞くことに。

有里は医師でありながらも心臓がずっと悪い、と薬を飲んでいました。

真野やノンナに向かって本当のことを知りたい、尊敬する父親を殺した犯人を絶対に捕まえて欲しいという有里に真野はひとつだけ気になっていることがある、と告げます。

バルコニーに残っていた真田の足跡から、一度犯人と向き合い会話をした可能性がある、そのことから犯人とは顔見知りである可能性が高い、と。真田を恨んでいる人物に心当たりがないか尋ねるも心当たりはない、という有里。

真実に繋がる折り鶴

足跡の件が気になり再度現場へ向かう真野とノンナ。

そこで真野は血痕のついた折り鶴を発見します。その紙の状態から十年以上昔に折られていたものと推察されますが、なんとそこには宮永の指紋がついていたというのです。

真田の通夜の席で有里は謎の女性から「元気で良かった、お父さんが殺された理由について話さなければならないことがある」と声をかけられます。

話を聞こうとしたそのタイミングでマスコミが押し寄せてしまい、その女性を見失ってしまいます。

 

通夜に参列し、その場面を見ていたノンナはその女性について何か心当たりがないか聞くも、有里は何も思い出せない、と言います。

けれど、気味の悪いことは他にもある、と真田の所持品の中に血液で染まった折り鶴があったという有里。

鑑定をしてみた結果、現場から発見された折り鶴と同じ紙、同じ血液ということが判明しました。

 

その謎の女性の似顔絵作成に協力した有里とお茶をするノンナ。

体調について気遣ってくれた有里へ、つい今の科捜研の仕事についての不安などを言ってしまいます。

本当は大学での研究を続け、人を生かすための仕事をしたかったから科捜研での仕事の頑張り方がわからないというノンナに、確かに科捜研の仕事は命を救うことじゃないけれど、事件を解決して犯人を捕まえることは、真実を知ることができるのは遺族を救うことだと有里はノンナに優しく声をかけるのでした。

 

進展しない捜査に、虎丸は現場に残っていた血痕のDNAを公安の秘密裏なデータベースで確認させます。

その結果、岸田という男とDNAが一致するも、その男は現場には行っていない、体にも怪我をしていない、と言い張ります。

その主張のとおり、身体検査を行なった結果、真新しい怪我を負った箇所はなかったと虎丸も言うのでした。

 

岸田に関し、家宅捜索も、防犯カメラも、宮永との関係性も何もないからもう一度鑑定をしろという虎丸に、岸田の身体検査時の写真を見せろという真野。

背中側の写真をみて何かを閃いた真野は、宮永の帰り道、手に傷を負ってから駅で防犯カメラに映るまでの道のりに包帯を買いに来た男がいなかったかを確認して欲しいと言います。

 

岸田の鑑定を急げという虎丸に対し、事件解決を望むならば優先すべきは宮永の血液鑑定だ、と言う真野は宮永の血液の鑑定をさせて欲しいと言います。

特異体質

包帯を買った店を特定し、そこで血痕のついた500円硬貨を発見します。

そこから鑑定された血液は現場に残っていたものとDNA型が一致するのでした。

同じDNAを持つ人間がいるのか、どういうことだと首を傾げる虎丸に、真野は宮永の特異体質であればそれも考えられると言います。

 

「宮永はキメラだ」と。

 

キメラとはひとつの体に遺伝子情報を複数持つ人のことで、骨髄移植をした場合には

血液はドナーの遺伝子へ変わってしまうけれども、粘膜や髪の毛といった部分のDNAはもともと持っていた本人の遺伝子情報となるとのことでした。

だからこそ宮永は宮永本人が生まれながらに持つ遺伝子ともうひとつ、骨髄移植のドナーとなった岸田のDNAも持つという特異な性質を持っていたのでした。

 

焦った虎丸が宮永の自宅に押し入ると、有里の写真や当直の情報を見つけ、宮永に狙われていることを突き止めます。

さらに十五年前、宮永が入院していたのは真田が勤めていた病院で、そこでかつて宮永の恋人だった少女・中原が見舞いに来る途中の道のりで事故に遭い、亡くなっていたことが判明します。

 

「中原」という名前は血に染まった折り鶴が折られていた用紙を鑑定したときに判明していた名前でした。

その十五年前に何かが起こり、その復讐をしているのではないかと有里の勤める病院へ急ぐ虎丸たち。真野やノンナも病院に向かいます。

 

有里を見つけて襲いかかる宮永でしたが、首を絞めている最中に何を思ったか飛びのいてしまいます。

ちょうどそのときに真野が到着し、それに続いた虎丸たちに宮永は取り押さえられたのでした。

十五年前から続く因縁

そして数日後。

ノンナは真実が知りたいという有里へ事件の話を伝えに行きます。

隠された十五年前に行われたこと。今回の事件の発端となった事象。

 

それは宮永の恋人・中原は事故にあったものの、一命を取り留めるだろうという状態でした。

けれど手術室から出てきた彼女に下された診断は脳死状態に陥っているということ。

 

それにずっと不信感を抱いていた宮永は、当時、真田とともに手術に入っていた医師が日本に一時帰国することを知り、待ち伏せて真実を聞きます。その医師こそが、有里に通夜の席で声をかけてきたあの女性でした。

 

中原は、恋人の宮永が白血病だった影響もあってドナーカードを持っていました。

そして、真田は有里の心臓移植の順番が近づいて来ていることを聞いていました。

 

そんな重なってしまった偶然に、真田は一縷の望みをかけ、

なんと真田は助かるかもしれなかった中原へ筋弛緩剤を打ち、結果、有里のドナーにしてしまったのです。

 

許さない、彼女の心臓と一緒に自分の人生をも奪ったことを絶対に許さないと襲いかかる宮永に、すまなかったと謝罪した真田は自らバルコニーの縁に上がり、宮永に向き直って語りかけます。

自分もあのときの折り鶴を持っている、彼女のことを一日たりとも忘れたことはなかった、本当にすまなかったと謝罪して、自ら宮永に対して無防備に背中を見せたのです。

殺せ、と言わんばかりに。

 

衝撃の事実を知ってしまい、このまま生きていいのかと嘆く有里に真野はさらなる事実を伝えます。

宮永は有里を襲ったとき、真野が見たときには有里を見下ろしながら泣いていたというのです。あのとき、首を絞めていたもののパッと飛び退いた宮永。

きっと首の脈動に触れることでかつての恋人の心臓の動きを感じたのだろうと。

愛する人の心臓を止めてしまうことはきっと宮永にはできなかったんだろうと言い、受け継いだ命を大切にしていくことこそが宮永たちの望みだと思うと有里に告げたのでした。

 

けれどあまりにも衝撃的な事実に、これでよかったのか、こんな真実なら知らなかった方が良かったのでは、こんな真実では誰も救われないと悲しげにするノンナに、真実を知ることで遺族は前に進める、それも科捜研の大事な仕事だ、お前はよくやったと真野はノンナに語りかけます。

 

その言葉を受け、科捜研での仕事に意義を見出したのか戻り次第調査を請け負うノンナ。

その姿を見て、安心したように真野を振り返りますが、真野は厳しい表情をしていました

 

真実を知ることで、遺族は前に進める。

 

そう言った真野でしたが、真野自身が過去に経験した事件の真実はまだ真野の手には届いていませんでした。

兄の幻影を見て「あの日何があったのさ、にいちゃん」と呟く真野。

 

第2話はここで終わります。

 

 

▼FODで1話から見逃し配信中▼

「トレース 科捜研の男」動画はこちら

 

トレース科捜研の男 2話を見た感想

2019年1月14日(月)放送の「トレース~科捜研の男~」2話を見た方の感想をご紹介します。

なんとも言えない悲しさの残る結末だった。

 

当初は真田が医療ミスをしたからこそ宮永の恋人である中原は死去してしまったのだと思っていたが、実際は違った。

真田は娘の有里を守るために、中原を死なせるとの行為を取ったとのことを悲しく感じた。

 

実際、真田がちゃんと治療をすれば中原は生きていたとのレベルの症状だったのだろうかとかなり気になる。

宮永が復讐のために、有里を殺す時に途中でやめたのは中原の心臓が動いているからだと推測した真野の言葉を聞いてなおさら悲しくなった。

 

自分の心臓でなくても、有里は今後生き続けていいのだと感じる。

宮永も中原を失ってしまっても、復讐を遂げて警察に逮捕されても、今後は前を向いて強く生きていって欲しい。

 

真実を知ることで遺族は前に向いて生きるのだという真野の言葉を受け、有里もそうだが、宮永にもこの言葉を知って欲しい。

 

中原の死の真実を宮永は知ったことで、復讐をするのだという気持ちを抱くのではなく、中原の分まで生きていくのだという気持ちを持って欲しかったからこそ、結末が何とも言えない悲しさであった。

 

(おっきーさん/21歳/男性)

真野が科捜研で仕事をしている理由がなんとなくわかったような気がした。

 

今回の話は犯人の宮永が捕まった後に、実は犯行の動機として被害者真田の過去の医療ミスが絡んでいることが明らかになるなど、最後の最後まで目が離せず面白かった。

骨髄移植を受けた人は体の中に、自分と提供してくれた人の二つのDNA型を持つことになることを初めて知った。

 

真野は過去に首を吊り自殺した兄の幻影を見て、何があったのか問いかける場面では、真相は明かされてはいないが真野が子どもの頃、兄が家族真野以外の家族を殺してさらに兄自身も自殺したような感じだった。

 

真野は事件の真相を知らずに今まで過ごしてきたからこそ被害者遺族が自分のような悲しい思いをしないために科捜研で仕事をしている時も真実の追求にこだわるのかと思った。

 

沢口は仕事中に倒れてしまうぐらいストレスを抱えていて「なんで科捜研に入っちゃったんだろう?」と思っていたが、最終的には元気を取り戻り仕事のやる気も取り戻すことができ良かったなと思った。

 

今回の話で真野と壇が何が関係性があるのかなど明らかになる事を期待していたが、壇は登場しなかったので次回以降に期待したい。

 

(1029さん/27歳/男性)

 

【オンエア前に】トレース科捜研の男 2話の見どころ

「トレース 科捜研の男」を見ている方から2話の見どころと注目ポイントをお寄せいただきました。

刑事部長に昇進した千原ジュニアがどんな人物なのか気になる!

 

立場や考え方の違いから真野と虎丸の2人が対立して言い合うシーンがまた見られそうで期待できます。

新人の沢口も、更に成長していくところが見られそうです。

 

真野の事を尊敬しているように見える沢口が、真野から様々な事を学んでいくようなので、彼の元で成長していく所も期待したいですね。

 

刑事部長に昇進した千原ジュニアさんがどんな人物なのか気になり、2話以降のキーマンになるのではないでしょうか。

 

また、机の物を手で払い感情的になる真野には悩みや何か隠している事がありそうで、次でもそんなシーンが描かれていくようだと感じられました。

 

さらに沢口が仕事中に倒れてしまうようで、彼女に何が起きたのかも気になりました。

 

予告編で次の日までに真実が解らなければならないと鑑識を責め立ててる虎丸は、何か焦っているようで彼自身に何かが起きていると思えたので、どんな事が起きたのかが見どころになりそうな気がします。

 

(一太さん/38歳/男性)

真野の過去に秘められたものは?ノンナとのコンビにも期待!

 

飛丸と真野の間に信頼関係がどう生まれてくるか気になります。

いつもクールな表情をしている真野はどのような過去を抱えているかどうかということがまだ少し謎めいているので気になります。

 

ノンナは真野の過去に気づくことができるのでしょうか?

 

真野とノンナは良い組み合わせであると思いますが、ノンナは真野の下でどのように成長し、事件の真相を明らかにしていくことができるかに期待したいです。

 

(マレットさん/21歳/男性)

 

トレース科捜研の男(2話)あらすじ

科捜研の法医研究員・真野礼二(錦戸 亮)と沢口ノンナ(新木優子)は、捜査一課の虎丸良平(船越英一郎)から東凛大学病院の外科医・真田和寿(名高達男)が殺害された事件に関連するDNAの照合鑑定を依頼される。

事件が起きたのは、真田の教授就任を祝うパーティーでのことだった。

席を外したまま戻らなかった真田を探しに行った娘の有里(関めぐみ)が、控室のバルコニーから転落死している父親を発見したのだ。そのとき有里は、現場から逃走する男の姿を目撃していた。

真田の首には刃物を突き付けられたような傷があり、男の逃走経路には血痕が残っていた。

また、バルコニーの手すりには真田の靴の跡があった。これらの状況から、犯人は真田にナイフを突きつけたが抵抗されて傷を負い、バルコニーを乗り越えて逃げようとした真田を突き落としたのではないかと考えられた。

警察は、防犯カメラの映像から被疑者の宮永 渉(篠原 篤)を拘束していた。現場から採取された血液と宮永のDNAが一致すれば事件は解決だと意気込む虎丸。しかし、照合の結果は不一致だった。

虎丸は、捜査一課長の江波清志(篠井英介)から、1週間以内に犯人を逮捕できなければ班を解散させる、と叱責されるが、それでも犯人は宮永だと主張。

真野やノンナらを連れて事件現場のレストランを徹底的に調べ直す。だが、仕事へのプレッシャーから眠れない日々を過ごしていたノンナがふいに意識を失って倒れてしまい…。

律子は、真野の勝手な行動を非難する研究員たちの言葉を受け流すと、ノンナに同行を指示し、「しばらく彼について学びなさい」と続けた。

現場に到着した真野とノンナは、ほどなくそこでバラバラに切断された女性の遺体を発見する。そこには土に半分埋もれた一輪の花もあった。

司法解剖の結果、死体は10の部位に切断されており、死因は心臓を刃物で刺されたことによる失血死。死亡推定時刻は4日前の深夜だった。

また被害者は、生前、恒常的に暴力を受けていたことを示す痕跡もあった。

そんな中、被害者は娘かもしれないという五十嵐千鶴(森口瑤子)と、千鶴の再婚相手で著名な教育評論家の康信(吹越 満)が警察署を訪れるが…。

出典:https://www.fujitv.co.jp

 

トレース科捜研の男 原作コミックを無料で読む方法

FOD入会申し込み画面

 

動画配信サービス「FODプレミアム」では、ドラマの原作となった古賀慶さんの漫画「トレース 科捜研法医研究員」第1巻が無料で読むことができます。

> 「トレース科捜研の男」原作漫画を無料で読みたい方はこちら

 

トレース以外にも「FODプレミアム」では、無料お試し期間中にもらえる100ポイントと、8のつく日(8日・18日・28日)にもらえる400ポイントを合わせた1300ポイントで、漫画を毎月2冊分無料で読むことができます。

初回無料キャンペーンは一切お金がかからないので、ぜひ一度お試しくださいね。

 

FOD入会申し込み画面

> 「トレース科捜研の男」の原作漫画はこちら

 

トレース科捜研の男 2話までの視聴率

放送が終わり次第、記事を更新いたします!

・1話(2019年1月7日放送)視聴率12.3%

・2話(2019年1月14日放送)視聴率ー%

 

まとめ

2019年1月14日(月)放送の「トレース~科捜研の男~」2話のネタバレあらすじと感想をご紹介しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

 

トレース科捜研の男 1話の動画無料視聴はこちら。見逃し配信
3年A組 1話ネタバレと感想。菅田将暉の怪演とアクション半端ない
いだてん1話のネタバレあらすじと感想。顔面の血が歌舞伎メイク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です