トレース科捜研の男 10話ネタバレ感想。虎丸が真野の復讐に協力

 

こんにちは。スリアです☆

2019年3月11日放送の「トレース~科捜研の男~」10話のネタバレあらすじと感想をご紹介します。

 

家族の事件の真相解明に虎丸の協力を得ることを決意した真野。

いよいよ大きな闇の組織に立ち向かう、真野の復讐がはじまります!

それではさっそくネタバレあらすじをご紹介します。

 

▼FODで1話から見逃し配信中▼

FOD入会申し込み画面

 

>トレースの動画無料視聴はこちら<

 

トレース科捜研の男 10話のネタバレあらすじ

2019年3月11日(月)放送の「トレース~科捜研の男~」10話のネタバレあらすじをご紹介します。

新たな過去への手がかり

家族を殺されてしまった25年前の武蔵野一家殺人事件の真実をひとり追い続ける真野。

唯一の協力者である早川から、元有名テニス選手・原田恭一の転落死について知っているかと訊ねられます。

 

原田は2年前に行われた全日本テニスオープン。

そのときに対戦相手の春日部の食事に禁止薬物をもって、テニス界から追放されていたのです。

早川はそのニュースを見て、実業団のオーナーの社長・佐保優作をおそらく自分の生徒で、しかも先日事故死と判定されたホームレス事件の被害者・新妻と共に、真野の兄・義一をいじめていた主犯のうちのひとりだというのです。

高校卒業後周りとの交友をいっさい絶っていたということが少し気にかかると言った早川。

 

数日後、科捜研では鑑定を行う真野の横顔をノンナは見つめていました。

前回の事件で自分も大切な人を失ったことがある、と言った真野の過去を知りたいと虎丸に詰め寄ったノンナは、真野が武蔵野一家殺人事件の唯一の生き残りだと知るのです。

 

そこに虎丸が真野に個人的な話があるとやってきます。

真野が武蔵野一家殺人事件、そしてそれに繋がる手がかりとしてホームレスの事件を調べているのであれば、自分も腑に落ちていない、真相を突き止めたいという虎丸。

ノンナも自分にできることがあれば、と声をあげますが真野は「お前には関係ない」と冷たく言い放ちます。

あくまでもとぼけようとする真野に虎丸は、新妻の事件には上から捜査の打ち切り命令が出たことを告げるのです。

何かはわからないが、警察は何かを隠したがっている、と。

 

今までだったら見過ごしていたかもしれないが、今回ばかりはそうも言ってられない、だから自分を利用してみないかという虎丸に真野は知り得た事実を告げるのです。

ノンナには部屋から出て行くよう言って。

 

虎丸に佐保のこと、そして姉・仁美の司法解剖を担当した医者のことを知りたいと虎丸に依頼をする真野。

しかし、「俺はまだあなたを信用したわけじゃない」と釘を刺すことは忘れませんでした。

 

虎丸は佐保の資料、そして原田の事件の捜査資料や事件現場の監視カメラの映像を真野に渡しました。

しかしながら、原田の事件も新妻の事件と同様捜査打ち切りの命令が出されているのだと言います。

義一をいじめていた、という共通点のあるふたりが関わっている可能性のある事件がどちらも捜査打ち切りになる…

そんな偶然はないだろうと虎丸も再度関係者たちを洗い出すと言います。

 

防犯カメラの映像を見て気になった点があったのか、真野は虎丸へ事件現場へ行こうと言います。

原田が転落した歩道橋。

足を滑らせた段差部分には原田の靴についていた土がまだくっきりと残っていました。

事件から1週間も経つのにそれはおかしいと、事件現場にたどり着く前に原田は一体どこにいたんだろうと考えます

 

虎丸と真野は原田の周りを捜査していきます。

原田が肩を壊し、選手生命が危ぶまれていたこと、実業団を解雇されてからは毎日のように酒を飲み、見ている方が痛々しいくらいだったということ。

それから怪しい人たちとの交流があったらしく、また薬を持ち歩いていたことなど…。

 

さらに虎丸たちは原田と犬猿の仲だったという春日部にも話を聞きにいきます。

ドーピング事件により解雇された後、原田がチームを恨んだりしたことはなかったのだろうかと訊ねます。

なぜ佐保が海外に雲隠れしているのか、春日部もドーピングの疑いをかけられて大変だったろう、とさらに問いを重ねる虎丸に春日部は何かを隠しているような素振りを見せるのです。

 

科捜研にきた虎丸へ声をかけたのは海塚でした。

真野を手伝うのはやめて欲しい、何の責任も取れないならいたずらに真野を振り回すのはやめて欲しいとたのみますが、虎丸は逆に君はそれでいいのかと問い返すのでした。

 

真野に拒絶され続けているノンナは自分は出しゃばり過ぎたんだ、真野は怒っているかもしれないと弱音を吐きますが、虎丸は真野はノンナを巻き込みたくないだけだ、自分にできることは何か考えろと励まします。

それからノンナも自分にできる調査を行なっていくのです。

その中でノンナは店の立て看板が夜な夜な微妙に位置を変えるという怪奇現象を話題にしている男に出会います。

盛り塩をしたらその現象はピタリと止んだ、というその日は、事件が起きた日でした。

 

防犯カメラに映っていた立て看板を動かしていた男。顔は見えませんが背格好は原田にそっくりでした。

そこから気になったノンナは立て看板についていた土砂と繊維片を鑑定すると、繊維片からニトロベンゼンが出たというのです。

それを聞いた真野は、店の位置を教えろ、と言います。

 

立て看板の店の近くにあった工場に当たりをつけた真野たちは、その工場でテニスコートを模した練習場所を見つけます。

壁にはいくつものボールの跡。

そしてラケットやボール、ゼリー飲料のゴミなどがありました。

そして固められていない土の部分に原田が這いつくばったのであろう跡が残っていました。

そしてその跡は出口とは真逆の方向へ向かっていたことから、誰かが一緒にいたのであろうことを推測するのでした。

2年前と今と。それぞれの真実

虎丸たちは試合前の春日部に会いに行きます。

そこで春日部に原田が事件前工場跡地にいたことを告げるのです。

原田は立て看板の台を使って工場を整備し、トレーニングに励んでいたことを伝えます。

 

そして、そこにイヤリングが片方だけ落ちていたのです。

DNA鑑定からそのイヤリングの持ち主を特定します。

その女性は結婚詐欺の被疑者として警察のデータベースに登録されていたのでした。

もう逃げられませんよ、という虎丸に春日部は覚悟を決めるのです。

 

春日部は記者会見を開き、2年前のドーピングは自分でドーピングを行い、検査に引っかかった春日部、そして原田に取引が持ちかけられたのです。

佐保は原田の肩の故障を持ち出し、金は払うからドーピングの罪を被れと。

悩んだ結果、原田はドーピングの罪を被ることを受け入れたというのです。

これまで嘘をついていて申し訳なかったと謝罪する春日部。

 

佐保はその女性を利用し、原田に毒物を飲ませたのです。

けれど原田は毒で苦しみながらもその場で死んでしまうことはなく、300メートルほど歩いて転落現場へと向かっていました。

ドーピングのことを受け入れた原田は春日部へお前の才能はこんなことで終わらせていいものじゃない、と言います。

けれど春日部はその罪悪感からのプレッシャーに押しつぶされていたのです。

本当に王者の資格を持っていたのは原田の方だった、と嘆く春日部に真野は原田の最期の意思を告げます。

 

青酸カリを飲まされ、普通ならば動くことなんてできないその状況で、原田はどこへ行こうとしていたのか。

 

犯人の女性からの問いかけに原田はこう答えたのだと言います。

「試合だよ。春日部との決勝戦なんだ」と。

 

向かう先にあったのは国立コロシアム。

2年前、ドーピング事件で行われることのなかった春日部と原田との試合。

それを聞いた春日部は自分は何てことをしたのだと心からの後悔に涙を流します。

そんな春日部に、虎丸はやるべきことがあるだろう、と会見を開きすべてを告白することを促したのでした。

明らかになる残酷な真実

けれどそうまでしても、佐保は逮捕されず別の人物が逮捕されてしまいます。

やはり何かの圧力がかかっていると悔しそうにする虎丸は真野へ仁美の解剖をした医者の居所がわかったと告げます。

その話を聞いていた海塚は自分に取次をさせて欲しいと頼み込みます。

そしてその医者は、仁美のお腹にいた胎児の絨毛を残していたのです。

 

それを鑑定した真野は衝撃の事実を知ります。

 

胎児の特徴と、真野の家族の血液が付着し事件の際に使われていた軍手についていたDNA。

それを使用して親子鑑定を行ったところ、親子関係が証明されてしまったのです。

真野の家族を殺害した犯人は、仁美のお腹にいた子どもの父親の可能性が高いと。

 

佐保のDNAを何とか摂取するため、真野は早川とともに佐保がいるという、四葉食品の新商品披露会の場に赴きます。

けれどそこで発生した爆発音。

その音のもとに向かった真野の目に映ったのは爆発に巻き込まれ倒れている佐保の姿でした。

 

ここで第10話は終わります。

 

▼FODで1話から見逃し配信中▼

「トレース 科捜研の男」動画はこちら

 

トレース科捜研の男 10話を見たみんなの感想

2019年3月11日放送の「トレース~科捜研の男~」10話の放送を見た方の感想をご紹介します。

原田が歩道橋の上から新田清美に言った言葉がとても印象に残っています。

 

春日部との決勝戦に行くんだというのは、クスリによる幻覚か記憶障害かなにかなのかなと思いましたが、死の間際に試合のことを考えてしまうほど、春日部との決勝戦を楽しみにしていたんだなと思うと辛かったです。

 

本当はやってないドーピングを仕掛けた罪を着せられて、肩を故障して選手生命を絶たれて、どん底の中でもテニスをしたいという気持ちは忘れられなかったんだなと感動しました。

 

(とっとさん/29歳/女性)

ついに真野の過去の闇が少しずつ明らかになってきました。

 

両親と姉を殺したのが兄とされる事件は、兄ではないとずっと信じて、でもそれが証拠も見つけられず心の闇となり日々の仕事に打ち込むことで、一つ一つの事件を解決していくその孤独と辛さがひしひしと伝わってとても心苦しく感じました。

 

また今回の事件も悲しく、ドーピングをしてしまったテニスプレーヤーの話ですが、身代わりになっていたりと、とてもこちらも悲しく、しかも結果身代わりとなった方が殺されてしまうと言う辛い話は本当に切なくて少しの行き違いだったり、選択ミスから来るのかなと思えました。

 

真野の過去の事件では、姉が妊娠三ヶ月だったことで、胎児の骨を手に入れ、鑑定してみると胎児の父親となるものの犯行かという話となったのですが、今回ではわからず次週がとても楽しみです。

 

(のむままさん/37歳/女性)

 

 

スリア

放送が終わり次第、記事を更新いたします。もうしばらくお待ち下さい。

 

▼FODで1話から見逃し配信中▼

「トレース 科捜研の男」動画はこちら

 

トレース科捜研の男 6話ネタバレ感想。封印した兄の事件の真相
トレース科捜研の男 7話の動画無料視聴はこちら。宇野実彩子出演/見逃し配信

トレース科捜研の男 10話の見どころは?

「トレース~科捜研の男~」を見ている方から、10話の見どころや展開予想をお寄せいただきました。

真野に捜査協力する虎丸。ノンナとの関係も進展があるのか?

 

今回の件の途中で虎丸は真野の過去を調べて、その事実を知った模様です。

そして物語の最後で、ノンナが真野を好きだと言うことを明言します。

 

虎丸は真野を信じる人間が必要だと考え、真野の過去をノンナに伝えます。
10話では復讐が動き出すようです。

 

真野は『何が兄を追い詰めたのか。』と発言しているので、兄がやった事実ではなく、兄がやった理由?を突き止めようとしているように感じます。

 

真野が復讐に走るならば、ノンナの愛は真野を止めることができるのでしょうか。

最終回まで(多分)あと2週、目が離せません。

 

(カドミウムさん/30歳/男性)

虎丸の協力もあり、真野の家族に起こった事件が全容解明されてほしい。

 

ここまでずーっと引っ張って、ほとんど内容がわからなかった25年前の武蔵野一家殺人事件がついに全容解明となるんですね!

 

これ以上は警察に依頼しないと言っていたとこで、虎丸が真野の正体に気づくという、ちょっと出来すぎたタイミングですが、これで全てが解決されることを願っています。

 

捜査打ち切りにされた事件をどのように捜査し解決に導くのか、期待して見たいと思います。

 

個人的には、ずっと協力してくれている早川が怪しいのでは?と思っていますが、どうでしょう!

楽しみです!

 

(ほのかさん/28歳/女性)

お兄さんをいじめていた佐保は、もしかしてお姉さんの子供の父親?

 

早川が怪しいと感じている佐保という人物は、真野のお兄さんをいじめていたグループにいたということだけど、武蔵野一家殺人事件とは関わりがあるのかどうか気になります。

 

もしかしたら、この佐保という人物が、真野のお姉さんのお腹の子供の父親だったりするのかなと考えました。

 

佐保も新妻と同じように、武蔵野一家殺人事件のことで精神が不安定になってしまって、そのことを忘れるために名字を変えて生活していたのかもしれないなと思いました。

 

(あかりさん/29歳/女性)

 

▼FODで1話から見逃し配信中▼

「トレース 科捜研の男」動画はこちら

 

Sponsored Links


 

トレース科捜研の男 10話あらすじ

家族を失った25年前の『武蔵野一家殺人事件』の真相を追う真野(錦戸 亮)は、唯一の協力者である高校教師の早川(萩原聖人)に会う。

そこで早川は、数日前に歩道橋の階段から転落死した元テニスプレーヤー・原田恭一(上杉柊平)の話を切り出す。

原田は、2年前に、ライバル選手だった春日部芳彦(柾木玲弥)のドリンクに禁止薬物を混入させて飲ませたドーピング事件が原因でテニス界から追放されていた。

実は、原田や春日部が所属する実業団チームのオーナー・佐保優作(袴田吉彦)が、唯一消息がつかめなかった早川の教え子だと言うのだ。

高校時代の名字は「倉本」だったが、間違いないという早川。

その佐保は、以前、変死体で発見されたホームレスの新妻大介とともに、真野の兄・義一(倉悠貴)をいじめていた主犯グループのひとりだった。

そんな折、真野のもとへ虎丸(船越英一郎)がやってくる。

虎丸は、新妻の一件が『武蔵野一家殺人事件』と関連があるのなら真相を突き止めたい、と真野に申し出ると同時に、ノンナ(新木優子)にも事情を打ち明けたことを詫びた。

それを受け、真野に協力を申し出るノンナ。しかし真野は、「お前には関係ない」と言い放ち、ノンナを部屋から追い出してしまう。

真相解明のために虎丸の協力を得ようと考えた真野は、早川から聞いた佐保の一件と、姉・仁美(夏子)の司法解剖を担当した解剖医の行方を探していることを虎丸に伝えるが…。

出典:https://www.fujitv.co.jp

トレース科捜研の男の原作コミックを無料で読む方法

FOD入会申し込み画面

 

動画配信サービス「FODプレミアム」では、ドラマの原作となった古賀慶さんの漫画「トレース 科捜研法医研究員」第1巻が無料で読むことができます。

> 「トレース科捜研の男」原作漫画を無料で読みたい方はこちら

 

トレース以外にも「FODプレミアム」では、無料お試し期間中にもらえる100ポイントと、8のつく日(8日・18日・28日)にもらえる400ポイントを合わせた1300ポイントで、漫画を毎月2冊分無料で読むことができます。

初回無料キャンペーンは一切お金がかからないので、ぜひ一度お試しくださいね。

 

FOD入会申し込み画面

> 「トレース科捜研の男」の原作漫画はこちら

 

トレース科捜研の男 10話までの視聴率

・1話(2019年1月7日放送)視聴率12.3%

・2話(2019年1月14日放送)視聴率11.8%

・3話(2019年1月21日放送)視聴率9.6%

・4話(2019年1月28日放送)視聴率11.0%

・5話(2019年2月4日放送)視聴率10.0%

・6話(2019年2月11日放送)視聴率10.4%

・7話(2019年2月18日放送)視聴率9.9%

・8話(2019年2月25日放送)視聴率9.8%

・9話(2019年3月4日放送)視聴率9.8%

・10話(2019年3月11日放送)視聴率ー%

まとめ

2019年3月11日(月)放送の「トレース~科捜研の男~」10話のネタバレあらすじと感想をご紹介しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

 

3年A組 1話の動画無料視聴はこちら|1月6日見逃し配信
スキャンダル専門弁護士QUEEN 1話動画無料視聴はこちら。見逃し配信
家売るオンナの逆襲 動画1話の無料視聴はこちら|見逃し配信1月9日
イノセンス冤罪弁護士 動画1話の無料視聴はこちら|見逃し配信1月19日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です