トレース科捜研の男 1話ネタバレと感想。船越のキャラに違和感?

 

こんにちは。スリアです☆

関ジャニ∞の錦戸亮さんが主演するドラマ「トレース~科捜研の男~」1話がいよいよスタートします。

「科捜研」といえばまずは沢口靖子さんが主演する大人気ドラマ「科捜研の女」シリーズが浮かびますが、パロディーなどではなく漫画が原作の本格サスペンスです。

船越英一郎さんが出ているだけでサスペンス感が出ますよね。

そんな「トレース~科捜研の男~」1話のネタバレあらすじと感想をご紹介します。

 

トレース科捜研の男 1話ネタバレあらすじ

2019年1月7日(月)放送の「トレース~科捜研の男~」1話のネタバレあらすじをご紹介します。

殺人事件の発生

事件は唐突に始まります。

アイドルの握手会、その会場に現れた犬。その何の変哲もない、どこにでもいるような犬がが咥えて持ってきたのは人の手首から先でした…。

科捜研に新人として配属された沢口ノンナが挨拶をしていたとき、刑事の虎丸が突然入室してきます。

発見された左手の鑑定結果をもらいにきた、という虎丸へ担当の真野は付着物の鑑定結果を伝えます。

珪藻と通常の二十倍ものマンガンが含まれていた、という言葉に、虎丸は死体は多摩川にあると即座に推測して向かおうとするもそれは意味がないと言う真野。ところがそんな真野の口出しを虎丸は受け入れず、捜査方針に口出しするなと出て行ってしまいます。

 

そんな虎丸を見送ったかと思えば、真野は臨場の準備をし始めます。

判明した付着物から、死体があるのは多摩川ではなく日原川付近とあたりをつけていた真野は自身で死体を探しに行こうとします。

そんなものは科捜研の仕事じゃない、と止める同僚たちの言葉も聞き入れず。

マイペースに部屋を出て行く真野を法医科科長の海塚は止めることなく、むしろノンナに真野について行くように言います。

しばらく真野について学びなさい、と。

真野について現場に向かったノンナはバラバラに切断された女性の死体を発見してしまうのです。

司法解剖の結果、死因は心臓を刃物で刺されたことによる失血死。さらに身体中に残る痣から、被害者は日常的に暴力を受けていた可能性があることが判明しました。

捜査は科捜研の仕事ではないと憤る虎丸にそもそも捜査方針に口を出すなと言ったのはそちらでしょうとあっさり言ってのける真野。

そんな司法解剖の最中、被害者の母親と名乗る人物――五十嵐千鶴とその再婚相手で著名な教育評論家の康信が警察署を訪れます。

DNA鑑定の結果、被害者の身元が千鶴の娘・美加であることが判明します。

 

ノンナは真野から死体遺棄現場にあった花の鑑定を専門の研究をしている大学に依頼するよう依頼するように頼まれます。

死体遺棄現場の土とは異なる土、そこには咲かないはずの花がなぜそこにあったのかを気にかける真野。

 

被害者が手配していたホテルを突き止めたということで、そのホテルで臨場を行う真野たち。

美加には付き合っている男性がおり、同棲までしているにも関わらずホテルを手配し、そこの防犯カメラに美加もその恋人も映っていたことから、不信感を抱き、美加に暴力を振るっていたのはその恋人で、犯人もその恋人が怪しいとにらむ虎丸。

けれど、その男性は被害者が浮気をしていたから、それを怪しんでホテルについてきたといいます。

結婚を前提にしていた付き合いにも関わらず、なかなか両親を紹介してくれなかったり、体に触れるのも拒まれたから、と。

結局ホテルからはルミノール反応を探すも何も出てきはしませんでした。

けれど、真野が見つけたものは、死体遺棄現場にあった花の種子、そしてそれに付着していた千鶴のDNAでした。

浮かび上がる家族への疑念

しばらく娘と会っていなかったと供述していた千鶴に矛盾が生まれたことにより、疑いは家族の方へ向きます。母親をホテルで待たせておきながら、美加はひとりマンションへ向かったことが防犯カメラの映像で判明しました。

けれど、美加がマンションから出てくる映像は残っておらず、そのことから虎丸は、DVを行なっていたのは父親の康信で、自宅で殺されたのちバラバラにされたのではないかと推測します。

そんな虎丸に真野は「気持ち悪い」と言います。

推測ばかりの警察の捜査方法に強い嫌悪感を見せる真野。

その脳裏には真野の凄惨な過去の映像が過っていました。

 

生意気な姿勢を崩さない真野に虎丸は憤りを隠せず、次の臨場はノンナひとりで来るように言い捨てて部屋を出て行きます。

いきなりそんなことを言われてしまったノンナは、ひとりでやることを復習をしているうちに、真野が警察が間違えて呼んだ被害者の名前を真剣な表情で訂正していたのを思い出し、被害者の名前「五十嵐美加」をインターネットで検索します。

今回の事件でニュースに上がった名前のほか、SNSにはたくさんの友人たちや恋人との写真があげられていました。

一方、ニュースで五十嵐千鶴が映っていたのを見た真野は何かを閃き、週刊誌を手に取ります。

そうして研究所に戻ってきた真野にノンナは美加のSNSを見て「もっと生きていたかっただろうなぁ」と思った、犯人を許せない、絶対に捕まって罰を受けてほしい。だから、怖い、と。

自分が何かを見落としたせいで美加の無念を晴らすことができなかったら、と思うと怖い、と。告げます。

そんなノンナに対し、真野は美加の無念を晴らせるのは君しかいない、頼むと託されます。

それに気合が入ったことでそのまま退出しようとしたノンナを真野は引き止めます。

先程ニュースを見て閃いたことを検証した結果新たな事実が判明したのです。

 

五十嵐夫妻がクラス部屋へ家宅捜索に入った虎丸とノンナ。

真実につながるかけら、それを見つけるのが自分たちの仕事だと言った真野の言葉に励まされながら臨場をこなしていくノンナでしたが、血液反応は一切出て来ませんでした。

それにたまらなくなったノンナは何があったのか、と千鶴に問いかけます。

美加のためにも知っていることを話してほしいと切実に言い募るノンナ。

真野が掴んだ新たな事実。

週刊誌の写真から千鶴にも火傷のあとがあり、その火傷を検証した結果、美加と同時期に負ったと思われると真野は言っていました。

そしてそれは、当初聞いていた、子どもが目を離した隙に鍋のシチューをかぶって出来るようなあとの残り方ではなく、美加にシチューをかけようとした何者かから千鶴が美加を守ったからこその出来方だと真野は考えていました。

そういう風に、娘を守ろうとした過去があったことを思い出して欲しい、と言い募るノンナに虎丸の怒りは炸裂します。

そんな風に遺族を責め立てるなんて言語道断だ、と。

海塚からも叱られてしまっったノンナはうなだれながらひとり帰路についたのでした。

 

虎丸も虎丸で何も証拠が出てこないことに苛立っていました。

すべてを犠牲にしてここまで来たんだ、ここで終わるわけにはいかないと濁った目をして酒を煽りながら言います。

そうこうしているうちに、千鶴が新たな証拠品を持ち込んで来ました。

千鶴はホテルに美加がなかなか戻らず、家に戻ったらたいそう散らかった状態だったのだと、千鶴は勝手に家を空けていたことで殴られてしまいますが、そのときに見つけた灰皿を持ち込んで来たのです。

捨てたと偽って隠し持っていた血痕のついた灰皿を。

 

真野は五十嵐家から血痕が見つからなかったこと、そしてその灰皿を見て、追加で行いたい鑑定があるといい、玄関から外の鑑定させてほしいと言います。

海塚も虎丸に真野をもう一度担当として鑑定に携わることができるよう進言します。

それが功を奏したのか、真野はもう一度担当者として現場に向かいます。

マンションから出たのではないのなら、マンション内で別の事件に巻き込まれた可能性があるのではないか、という真野の推測を事実にするために。

すべてを語った血痕

真野の推定どおり、血痕は見つかりました。

そうして、犯人の自供によりこの事件はすべて解決したのです。

やはり康信は千鶴・美加に暴力をふるっていました。

就職を機に家を出た美加は、母親を置いて逃げたことを気にしてなかなか結婚に踏み切れず、母親にも父親から逃げるように説得します。ところがなかなか頷こうとしない千鶴にしびれを切らし、とうとう最終手段に出た美加。

千鶴をホテルに残し、美加はひとりで父親に話をつけにいったのです。

けれど康信にお前みたいなやつは幸せになる価値もない、幸せになるべきではないと美加は否定され続け、千鶴はどこにいるのかと殴られるばかり。

とうとう自分たちにこれ以上近寄るなら訴える、とやっと言うことができて部屋を出ていった美加。

部屋を出て、物思いにふけっていた美加を殺したのは隣の部屋に住む男でした。

五十嵐家を盗聴するうちに、父親からDVをうける美加にシンパシーを感じていた犯人は美加に拒絶されたことにカッとなり殺してしまったのでした。

現場に落ちていた花は、美加が育て、美加がいなくなってからは千鶴がが育て続けた花。その花を手向けがわりに犯人は遺体の側に置いたのです。

 

事件が解決したのち、ノンナは千鶴へ責め立ててしまったことへの謝罪をしに真野と連れ立って向かいました。

そこで千鶴から告げられた真実。火傷のあとは、美加が母親に守られてできたものではなく美加が母親を守ろうとしてできたものだった、と言うのです。

そんな優しい子だったのに、やっと幸せになろうとしたのに、こんなに早く死んでしまって何のために生まれて来たのか、と嘆く千鶴に真野は「お母さんを地獄から救い出すために生まれて来たのではないか」と伝えるのでした。

 

真野の観察眼などを素直に褒め、最後に正義は勝つんですね、と笑うノンナに正義…とボソリと呟く真野。

真野の頭には過去の事件の様子が過っていました。

 

ただいま、と駆け込んだ子どもの目の前に広がる無惨に殺されて血まみれになった家族。

 

不穏な空気を残しつつ、第1話は終わります。

 

 

▼『トレース 科捜研の男』が1話から配信中▼

FODで「トレース 科捜研の男」動画を無料視聴する

 

トレース科捜研の男 1話を見た感想

2019年1月7日(月)放送の「トレース~科捜研の男~」1話を見た方の感想をご紹介します。

原作者は元科捜研で、実際に起きた事件や経験をベースにしているということでとてもリアリティーがあると思いました。

 

科捜研の「男」というタイトルにもとても惹かれました。

主人公の真野礼二は冷静沈着で一匹狼なところがあり、一緒に仕事をするにはチームワークを乱されて大変だと思います。しかし、しっかりと結果を残していて上司である海塚からの信頼も厚いように思いました。

 

新人の沢口はそんな真野に振り回されて大変ですが、彼から得ることはとても多くて勉強になるような気がします。沢口は特に何の目的もなく科捜研の世界へと足を踏み入れてしまいましたが、真野に出会ったことでこの仕事の魅力に気づくかもしれません。

 

1話の犯人は日頃から暴力を振るっていた父親だと思っていました。

しかし、実際は隣人の男性だとわかって驚きました。

その意外性のある展開がとても面白かったです。

 

虎丸は刑事の勘を頼りに捜査を進めますが、真野はそんな虎丸のやり方に嫌悪感を抱いているようでした。

真野は逆に徹底的に現場を検証して、目の前の真実しか信用しない感じで正反対の二人だと思います。

真野は普通はそこまでしないような細かいところまで徹底的に調べるのでとても信用できると思いました。

 

(たかはさん/38歳/女性)

犯人が隣の部屋の住人と解った時にはその意外性にはとても驚きました。

 

真野の虎丸と対立しながらも、捜査に出掛けるのですが、真野の洞察力は鋭いものがあると思いました。

対する虎丸は、熱い感じの男性でその言葉使いは少し荒っぽいのですが、その眼光はとても鋭く良い表情だったと感じました。

 

真野と虎丸が現場に出向いた時に、二人が対立するのですが、真野が気に留めていない様子がクールで良かったです。

ホテルで仕事をする科捜研の真野と沢口は、仕事の仕方が真剣その物で、とても臨場感が溢れかっこ良く見えたと思います。

真野は、江波という上司に嫌みを言われている時にも自分の考え方も貫くといった人物で、男らしい人間だと感じられました。

 

真野と沢口がカップ麺を食べながら話しをしている時には、真野の沢口に対する優しさが伝わってきたと思えました。

科捜研の部屋で、真野が物静かに話す様子に対して彼に、自分の刑事の経験などを話す虎丸は興奮した様子で、二人のギャップが大きくて、見応えのあるシーンで良かったです。

 

沢口が被害者の母親に、話しをしている時に真野が推理した話しを感情的に話す所は、沢口の人間味の溢れる様子が良かったです。

冷静に分析する真野と、感情を出しながら捜査しようとする虎丸が対象的に良く表現されていて良かったです。そしてDVをしていた父親を説得しようとホテルに母親を残し父親と話しをしに行った被害者の女性は、彼女の感情が良く表れていたと思いました。

 

犯人が隣の部屋の住人と解った時にはその意外性にはとても驚きました。

そして犯人は、盗聴し被害者の女性に勝手に恋愛感情を持っていた事が殺す引き金だったので、更に驚かされる事実だったと思いました。

 

(一太さん/38歳/男性)

それにしても、犯人が父親ではないとのことに驚いた。

 

康信の暴力があまりにもひどいものである故に、千鶴は怖くて行動に移すことができなかった。

そんな千鶴の背中をノンナが押してあげたというのは感動した。

千鶴が灰皿を処理しないで、自分の手元に残ったのは、千鶴も康信が美加を殺したのではないか?と疑っていたからだと思う。

 

それでも千鶴がすぐに警察に灰皿を渡すことができなかったのは康信が怖かったからに違いない。

そう思うとDVという行為はやってはならない問題であるのだと痛感させられた。

 

それにしても、犯人が康信ではないとのことに驚いた。

美加は千鶴を康信の元から連れ込んだ後に、婚約者に対し、すべてのことを打ち明ける気でいたに違いないと考えると、美加が殺されてしまうとのことに悲しくなってくる。

飛田もDVを受けていたならば、美加の気持ちに理解してあげることができるのでは?と思ったが、それが裏目に出てしまっていた。

 

元とは言え、DVをする康信が原因であると考えさせられた。

千鶴が最終的に康信と離婚するのだという覚悟ができたとの展開になっていたのが良かった。

飛田に殺されて死んだ美加は自分が死んだことに悔しく思っているのだろう。

だからこそ、千鶴が康信と離婚することで、暴力を二度と受けなくて済むのだということに安心できたのではないかと思う。

 

(マレットさん/21歳/男性)

想像していたよりもかなり重めな内容のドラマだなとの印象を持ちました。

 

始まりの場面、犬が手首を咥えてくるシーンや日原川に捜索に行った沢口ノンナがバラバラ遺体を発見したシーンや被害者の五十嵐美加と母親の千鶴が再婚した夫からDV(ドメスティックバイオレンス)を受けていて、腕に火傷を負わされる回想シーン等があり、かなり本格的でもありますし、シリアス重視という感想も持ちました。

 

原作のファンなら見るだろうと思いますし、こういった本格サスペンスドラマが好きな視聴者には堪らない内容に仕上がっていると感じたので、楽しめるだろうなとも思いました。

 

普段、科捜研という所がどんな仕事をしているのか?という興味を持って見ましたが、被害者と名乗り出た母親の親子関係を調べる母権肯定確率計算表(DNA鑑定)という言葉も初めて知り、これから毎回科学捜査で使用される最新の機器が見たいと思っていましたので、私はそういった点からこのドラマを見続けてみようと思いました。

 

重いドラマではありますが、度々落ち込む新人の沢口を主人公の真野礼二が「彼女は君が見つけてくれた事に感謝しているはずだ、それを忘れるな」「考えうる全てを追究するんだ、真実に繋がるカケラを見つけるのが科捜研の仕事だ」と励ます見ている側も感動出来る記憶に残る台詞もあり、また見たいと感じた第1話でした。

 

(グリーンヴィさん/49歳/男性)

【オンエア前に】トレース科捜研の男 1話の見どころ

前クールの月9は法律事務所が舞台でしたが、今回錦戸亮さんが主演すえう「トレース」の舞台となるのは科学捜査研究所。

錦戸さん演じる科捜研法医研究員の真野礼二は、ある陰惨な過去を持っているそうです。

なんだか訳ありっぽい設定ですが、「鑑定結果こそが真実」と冷静沈着な性格な設定だそうなので、クールな印象の錦戸亮さんにははまり役かもしれませんね。

また前クールの「スーツ」にも出演していた新木優子さんが、メインキャストの新人法医研究員役で出演します。

何の目的もなく科捜研の世界へと足を踏み入れてしまったにも関わらず、殺人事件に関わることになる一方で、被害者や残された遺族に感情移入していくという役どころだそうです。

また、サスペンスには欠かせない船越英一郎さんも出演するということで期待感が高まりますね。

さらに科捜研の法医科長役で小雪さんが出演します。なんだか久しぶりにお見かけする気がするのでとても楽しみです。

原作は累計40万部を突破している人気漫画「トレース~科捜研法医研究員の追想~」。

本格サスペンスということで見どころのある脚本になっているのではないかと思います。

 

トレース科捜研の男(1話)あらすじ

ある陰惨な事件を経験した過去を持つ 真野礼二(錦戸 亮)は、警視庁科学捜査研究所法医科に所属する法医研究員。「鑑定結果こそ真実」という信念のもと、膨大な知識と高い鑑定技術、他者とは違う着眼点を持つ真野は、周囲からその実力を高く評価されている反面、クールで協調性がなく、必要以上に人と係わろうとしないことから科捜研内では浮いた存在でもあった。

ある日、真野の上司である法医科科長の海塚律子(小雪)は、相楽一臣(山崎樹範)や市原 浩(遠山俊也)、水沢英里(岡崎紗絵)ら法医研究員たちに新人の沢口ノンナ(新木優子)を紹介する。

大学院で遺伝子の研究をしていたノンナは、大学OGの律子に誘われて科捜研に入所したものの、遠い世界の出来事だと思っていた殺人事件に係わることに戸惑いを隠せないでいた。

するとそこに、警視庁捜査一課の刑事・虎丸良平(船越英一郎)と猪瀬祐人(矢本悠馬)、鑑識員の沖田 徹(加藤虎ノ介)らがやってくる。

イベント会場で発見された、切断された左手の鑑定結果を聞きに来たのだ。鑑定を担当した真野は、付着物の中から珪藻と通常の20倍のマンガンが検出されたことを伝える。

それを聞いた虎丸は、即座に多摩川の捜索に向かおうとした。そんな虎丸に、多摩川を探しても意味がない、と告げる真野。だが虎丸は、捜査方針に口を出すのか、と真野を睨みつけると出ていってしまう。

すると真野は、おもむろに臨場の準備を始め、特殊な珪藻の生息域で、域内にマンガン鉱山の跡地がある日原川に向かうと言い出す。

律子は、真野の勝手な行動を非難する研究員たちの言葉を受け流すと、ノンナに同行を指示し、「しばらく彼について学びなさい」と続けた。

現場に到着した真野とノンナは、ほどなくそこでバラバラに切断された女性の遺体を発見する。そこには土に半分埋もれた一輪の花もあった。

司法解剖の結果、死体は10の部位に切断されており、死因は心臓を刃物で刺されたことによる失血死。死亡推定時刻は4日前の深夜だった。

また被害者は、生前、恒常的に暴力を受けていたことを示す痕跡もあった。

そんな中、被害者は娘かもしれないという五十嵐千鶴(森口瑤子)と、千鶴の再婚相手で著名な教育評論家の康信(吹越 満)が警察署を訪れるが…。

出典:https://www.fujitv.co.jp

 

トレース科捜研の男 原作コミックを無料で読む方法

FOD入会申し込み画面

 

動画配信サービス「FODプレミアム」では、ドラマの原作となった古賀慶さんの漫画「トレース 科捜研法医研究員」第1巻が無料で読むことができます。

> 「トレース科捜研の男」原作漫画を無料で読みたい方はこちら

 

トレース以外にも「FODプレミアム」では、無料お試し期間中にもらえる100ポイントと、8のつく日(8日・18日・28日)にもらえる400ポイントを合わせた1300ポイントで、漫画を毎月2冊分無料で読むことができます。

初回無料キャンペーンは一切お金がかからないので、ぜひ一度お試しくださいね。

 

FOD入会申し込み画面

> 「トレース科捜研の男」の原作漫画はこちら

 

トレース科捜研の男 1話の視聴率

放送が終わり次第、記事を更新いたします!

1話:2019年1月7日(月)放送 視聴率ー%

 

まとめ

2019年1月7日(月)放送の「トレース~科捜研の男~」1話のネタバレあらすじと感想をご紹介しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

 

トレース科捜研の男 1話の動画無料視聴はこちら。見逃し配信
3年A組 1話ネタバレと感想。菅田将暉の怪演とアクション半端ない
いだてん1話のネタバレあらすじと感想。顔面の血が歌舞伎メイク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です