東京独身男子最終回のネタバレと感想。恋の結末はハッピーエンド

こんにちは。スリアです☆

2019年6月8日(土)にテレビ朝日で放送のドラマ「東京独身男子」最終回のネタバレあらすじと感想をご紹介します。

思わずかずなに「好きだ」と告白してしまった太郎。

AK男子たちの恋と人生は、それぞれどんな結末を迎えるのでしょうか?

それではさっそく、ネタバレあらすじをご紹介していきます。

 

▼ビデオパスで最速で見逃し配信▼

「東京独身男子」動画の無料視聴はこちら

公式HP⇨https://www.videopass.jp

 

東京独身男子最終回 ネタバレあらすじ

2019年6月8日(土)にテレビ朝日で放送のドラマ「東京独身男子」最終回8話のネタバレあらすじと感想をご紹介します。

東京独身男子の主な登場人物

 

石橋太郎 (高橋一生)

三好玲也(斎藤 工)

岩倉和彦(滝藤賢一)

三好かずな(仲 里依紗)

竹嶋舞衣(高橋メアリージュン)

日比野透子(桜井ユキ)

渡辺早紀(仁科あい)

谷川理子(内藤理沙)

吉住レイカ(宮本茉由)

加藤泰司(ノゾエ征爾)

岩倉和雄(小野武彦)

告白

自分の人生に後悔を残さないため、太郎(髙橋一生)はかずなに告白しました。

かずな(仲里依紗)は太郎の目をじっとみてから、「ごめん。太郎ちゃん。…もうこれ以上、搔き回されたくないんだ。」と返事をしました。

一方、三好(斎藤工)はクリニックで経営難をどう乗り越えるか、という問題と立ち向かっています。

設備投資や人件費、いろいろなことを考えれば考えるほど、今、太郎に貸しているマンションの1室を売るしかなさそうです。

 

また、透子(桜井ユキ)が家を出ていってしまった岩倉(滝藤賢一)の所では、今後どうしていけばいいのか、このまま2人とも変わらず付き合っていくのか…、岩倉は頭を悩ませていました。

それぞれが、ぶつかり合ってケンカしたままの状態が続いているAK男子。

その橋渡しをしてくれたのは…。

やっぱり…

翌日。太郎は会社に有給消化をした後、退職することになったと部長に報告します。

会社の中でも優秀な太郎。しかし、部長は引き留めることもなく太郎の退職を受け入れました。

自宅に戻ると1通の手紙が。

母・寿美代(萬田久子)からです。転職のことを知らせたところ手紙が届いたのです。

その手紙を読もうとしたとき、家のチャイムが?!

ドアを開けるとそこにはかずながいました。

かずなはズカズカと部屋へ入っていき、息を切らせながら「どうしてくれるの?!」と声を荒あげました。

 

太郎は分からず固まったまま。そのままかずなは話始めました。

かずな「付き合おうって言ってくれた彼。…断った。」

かずなは、まっすぐで優しくてとてもいい人だった彼との交際ではなく、最後の最後に本心でぶつかってきてくれた太郎のことが好きすぎて、付き合うことができなかったようです。

そのことを話、かずなは太郎に抱き着きました。

ようやく両想いになり、付き合うことになった2人。

抱きしめ合っていると、三好と岩倉が入ってきました。

かずなが2人を呼んだようです。

 

かずな「いい大人がケンカしてる場合じゃないってこと!」

かずなのおかげで仲直りすることができた3人。

太郎は転職を心配し、上京すると言ってきた寿美代を、2人に紹介したいと言います。

そのことを2人は承諾すると、ようやく三好が重い口を開き、マンションを売らなければならなくなってしまったと太郎に話しました。

太郎「なんで…?なんで早く言ってくんなかったんだよ。」

太郎は困っていたなら…と、三好を助けるべくマンションを出ることを決意します。

そして、新しい仕事、場所で生活していくことになるようです。

思わぬ事態

仲直りできた次の日。

次は岩倉の会社で事件が起きてしまいました。

透子が担当していた会社の会長が逮捕されてしまったのです。

透子はすぐさまボスである岩倉に連絡し、引継ぎをお願いしました。

思わぬ事態になってしまった岩倉は、父を残し早々に家を出ます。

そして落ち着いたころ、家に戻ると、そこには透子の姿がありました。

 

透子は透子なりに、向き合おうと変わろうとしていたのです。

しかし、岩倉は「変わらなくていい。」と言いました。透子に無理をさせたくないと思っているのかもしれません。

一方、有給消化中に太郎は新しい住む場所を探し不動産屋へ足を運んでいます。

1人できている…と思いきや、隣には三好と岩倉の姿が。

2人とも心配して一緒に探しているのです。

その帰り道、太郎の電話が鳴りました。相手は舞衣(髙橋メアリージュン)です。

自分で立つ

舞衣から電話を受けた太郎は、かずなと一緒に舞衣の所へ向かいます。

舞衣「本当にごめんなさい…。」

舞衣は、糸井とケンカしてしまった時突然押しかけ、2人に迷惑をかけてしまったことをきちんと謝りたかったようです。

それもそのはず。

あの後、糸井が帰国。

2人で話し合い、シドニーで夫婦をやり直すことに決めたようです。

 

舞衣「自分の足でちゃんと立てば、彼を支えられる。…あの時2人が助けてくれたおかげ。ありがとう。」

また、舞衣はシドニーで新しい仕事をすることも決め、しっかりとした決意を持って笑顔のまま、2人の元を去っていきました。

その頃、三好クリニックに珍客が…。

新しく駅の近くにできたライバルクリニックの院長自らが、客として三好クリニックに来ていたのです。

三好クリニックの評判が良く、何が違うのか気になってしまったよう。

一通りの施術を受け、三好に正体がばれると女院長は謝りながらも、「マニュアル化している」という意味深な言葉を残し去っていきました。

上京

寿美代来客の日。

太郎の部屋には、三好・岩倉、それにかずなも呼ばれていました。

寿美代は挨拶を済ませ、用意してきた手土産を渡していきます。

三好には鉛筆を、岩倉には砂時計、かずなには石橋家のレシピ帳。

ちょっと不思議な寿美代にたじたじになりながらも3人は笑顔で受け取りました。

そして、寿美代の手作り料理でお食事会!

太郎と同じ味の料理に驚きながらも3人はお腹を満たしていきます。

すると、寿美代が突然、岩倉と三好に「ありがとう」と頭を下げてきました。

寿美代は、太郎が転職を決めたきっかけをくれたのは2人がいたからだと思い、さらに転職先が外資系コンサルタントだと勘違いしています。

太郎は改めて説明。

転職先は、外資系ではなく“電機メーカー”

転職理由もきちんと話しました。

すると、寿美代は「かずなさんはどうなの?」と話を振ります。いずれ結婚するなら今回の転職は不安じゃないのか、かずなに聞いたのです。

かずな「結婚は…まだ考えてません。私、今資格取ろうかなって。」

かずなは、経営難になってしまった兄のクリニックをこれからも支えられるように、簿記の資格をとろうと検討していたのです。

かずなの話しをきいた寿美代は、太郎に「いい人見つけたじゃない」とこっそりささやきました。

三好・岩倉の決意

寿美代の状況から数日後。

三好クリニックでは、従業員アンケートが配られていました。

女院長からの“マニュアル化”という発言をきいて、従業員が今どう思っているのか聞くことにしたのです。

そこで、わかったこと。

1人当たりの患者数が多く、対応がマニュアル化してしまうということでした。

三好は、マンションを売ったお金で設備投資よりも先に、研修生を雇ったり新しい従業員を増やすと言った人件費にあてることにしました。

 

一方、岩倉は改めて透子と話をすることに。

仕事終わりの透子をマンションへ呼び、隣の部屋で寝ている父を横目に自分の決意を話すのです。

岩倉「俺の目的は、君を大事にする。…おやじも大事にする。」

透子「だから、私も変わろうと…。」

岩倉「仕事を休もうと思う。無期限で。」

岩倉は、無期限で仕事を休み、家庭にはいる覚悟をしたのです。これには3つのポイントがありました。

 

・できる方がやる

・これからの事務所は君に任せる

・ここまで考えるくらい君が好き

この岩倉の提案を聞いた透子は「だったら結婚しましょ。」というのです。

岩倉の提案を実現させるには、結婚したほうが岩倉自身も、義理の父も支えることができる、そう考えた透子は改めて「私と結婚してください。」と岩倉に言いました。

岩倉の返事はもちろん「はい。」

目を覚まして聞いていた父も、顔を緩め喜んでいます。

太郎の決断

結婚することになった岩倉。

太郎の引っ越し準備真っ最中の部屋で、2人に報告しました。

三好も太郎も、大いに喜び祝福します。

そして、3人は過去のアジェンダを見返していき、ここまでくるのにたくさんの道のりがあったことを思い返します。

その最後に、3人は新たなアジェンダを加えました。

“結婚してもしなくても、今の自分に納得することが幸せのはじまり”

 

それぞれが進むべき道が決まった翌日。

太郎は、かずなを連れて新しく借りたマンションに向かいました。

部屋をみていくと1LDK。

太郎はかずなに一緒に住んでほしいと提案したのです。

太郎「本当はプロポーズをしなくちゃいけないんだけど…。俺も自分で立ててるっていう自覚を持てるように、今はこうしなくちゃいけないじゃなくて、“こうしたい”を選びたい。」

 

かずなは、泣きながら太郎から鍵を受け取りました。

かずな「ここから、はじめよう!」

2人は抱き合いました。

 

すると、三好からSOSの連絡が…?!

急いで三好の元に向かうと、先に来ていた岩倉が倒れている三好の介抱をしています。

電球を変えようとしていたら、脚立から落ちてしまったようです。

 

最後の最後までドタバタのAK男子。

これから先の未来がどうなっていくのかは、まだ誰もわかりません。

 

最終回はこれでおしまいです。

 

東京独身男子の動画最終回8話の無料視聴はこちら。感想とネタバレも。pandora/dailymotionは?

 

東京独身男子関連記事

東京独身男子 1話のネタバレあらすじと感想。こじらせAK男子のリアルな姿

東京独身男子 2話のネタバレと感想。高橋一生が今カレに完敗|あらすじ解説

東京独身男子3話のネタバレと感想。ぶっちぎりで2番目の女

東京独身男子4話のネタバレと感想。かずなの前で元カノが太郎に抱きつく

東京独身男子5話のネタバレと感想。やっぱり友達じゃ嫌

東京独身男子6話のネタバレと感想。三好の元妻の狙いは?

東京独身男子7話のネタバレと感想。太郎がかずなに「好きだ」

 

東京独身男子最終回 視聴者の感想

「東京独身男子」最終回を見た視聴者の方からいただいた感想をご紹介します。

最終回もとても楽しかったです。岩倉は透子と結婚して家庭に入ることを決め、太郎は転職をしてかずなと新しく借りたマンションで同棲を始めることを決め、三好は相変わらず独身のまま恋愛を楽しむという三者三様の道を進んでいくということを決めましたが、3人ともが幸せそうな結末であったので見てる方はスッキリして最終回を迎えることが出来ました。

 

岩倉も太郎も、今までのキャリアは一旦捨てることになったけれど、それと引き換えに素晴らしいパートナーが見付かったし、今まで培ってきた経験が次のステップで必ず役に立つと感じました。

 

ラストでは太郎がかずなに合鍵を渡し、いい感じの時に三好からのSOSのラインを見て、かずなそっちのけで三好の元に駆け付けるシーンで笑わされました。

 

もちろん岩倉もいて、相変わらず仲いいなーと微笑ましくなってしまいました。

 

(まーぷるさん/37歳/女性)

何気に楽しみにしていたドラマが終わってしまいました。アラフォー世代の男たちが繰り広げるドタバタラブコメディが、土曜の深夜にぴったりなドラマだったと思います。

 

ラストはやっぱりハッピーエンドで、3人それぞれにらしいスッキリとした終わり方でしたね。

高橋一生演じる主人公の太郎ちゃんは、年収や将来よりもやりがいを求めて転職して、かずなちゃんとも両想いになれました。

 

すぐに結婚ではなく、同棲からのスタートという所も太郎ちゃんらしい結末だったと思います。

もしくは続編に期待していいことかな?なんて思いました。

 

斉藤工演じる三好も、職場のスタッフやライバル歯科医の意見を取り入れたり、考え方が丸くなったし今後が楽しみですね。

 

一番驚いたのが、滝藤賢一演じる敏腕弁護士の岩倉さんが、休業して結婚して主夫になるという展開でした!

独身生活を謳歌しながら年齢を重ねて、大事なものを見直したというそれぞれの結末には、とても納得しました。

続編に期待したい!

 

(ゆき12さん/30歳/女性)

 

 

▼1話から最終回までビデオパスで見逃し配信中▼

「東京独身男子」動画の無料視聴はこちら

公式HP⇨https://www.videopass.jp

 

【放送前に】東京独身男子 最終回の見どころは?

ドラマ「東京独身男子」を見ている視聴者の方からオンエア前にお寄せいただいた、最終回の見どころや展開予想をご紹介します。

太郎も三好もまた岩倉も透子も仕事が大好きで、それが人生の第一優先になっているような気がしました。なので、家庭と両立させながら、仕事も同時進行をしていくためには、自分が変わるか、このまま独身を貫きとおすしかないような気がします。

 

家庭をしっかり守ってくれる奥さんが居たとしても、自分で家事ができてしまうので、結局は全て自分のペースで進んでいってしまうと思います。最終回では誰かが結婚の可能性があるのかは分かりませんが、その線はかなり薄いような気がしました。

 

(マサさん/51歳/女性)

太郎が既にわかっているにも関わらずにかずなへの告白に思い切ったのは、転職に関してAK男子メンバーの三好と岩倉から批判を受けた事で悩み、かずなへの想いをフラレる事で払拭しようとしていると考えている気がしています。

 

そしてかずなはあっさりと太郎をフルものの、かずなの中に太郎への想いが後々復活してしまい、ザワザワしてしまう感情を太郎にぶつける展開もあるかなと思っています。

 

岩倉は父親の和雄が出ていくだけでなく、透子も日常生活でどのように岩倉と過ごせばいいのかわからず出て行ってしまい、独身貴族に逆戻り…。

 

三好は歯科医院の経営立て直しに太郎に貸しているマンションをどうするのか悩む中で、AK男子に珠玉の言葉を授ける女神様である太郎の母親の寿美代が、悩める太郎に三好と岩倉に、幸せになるつもりならば精進がまだ足らない。

 

太郎たちが会話の中でいつも言ってしまっていた年齢という枠を決めているのが駄目と言い、生きる事は常に修行という言葉を送り、AK男子だった3人が何かを悟り、各々が進むべき道を歩み出す明るい最終回を期待しています。

 

(アルフォンスさん/34歳/男性)

家庭を持つことに否定的だった太郎は自分のかずなへの気持ちを再確認し告白したラストだったが、最終回の予告でかずなが振り回されたくないと否定的なことを言っていたので、2人は結ばれないのかどうなのかが気になる。

 

また太郎は転職をして、今までとは違った人生を送っていくのか、岩倉と透子の恋愛はどうなるのか、そしてあえて結婚しない男子だった太郎、三好、岩倉は結婚することができるのか、ドラマの結末が気になるし見逃せない。

 

(こーまさん/30歳/女性)

 

Sponsored Links


東京独身男子 最終回8話あらすじ

アラフォー独身ならではの様々な課題に直面してきた太郎(高橋一生)、三好(斎藤工)、岩倉(滝藤賢一)の3人。

太郎の転職、三好の審美歯科クリニック経営不振、岩倉の父との同居生活…それぞれが抱える悩みについて口々に想いをぶつけ合い、怒鳴り合った末、ついに解散宣言が飛び出す!

その直後、太郎はかずな(仲里依紗)に再び自分の想いを伝えるが、「これ以上、振り回されたくない」と去られてしまい…。

一方で、岩倉は同居を始めたばかりの透子(桜井ユキ)に出ていかれ、三好はクリニックの経営を改善すべく太郎が暮らす部屋の売却を迫られてしまう。

かつては”あえて結婚しない”=「AK男子」仲間として共に過ごしていた彼らは今、三者三様に人生の岐路に立たされていた。

そんな中、太郎の母親・石橋寿美代(萬田久子)が上京するとの知らせが…。それぞれの試練を前に、AK男子3人が将来について真剣に考え、悩んだ末、最後に下した人生の決断とは…? AK男子の物語、ついに完結!

出典:https://www.tv-asahi.co.jp

 

まとめ

ドラマ「東京独身男子」最終回のネタバレあらすじと感想をご紹介しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

 

東京独身男子関連記事

東京独身男子 動画 1話の見逃し配信無料視聴とあらすじネタバレと感想

東京独身男子 動画2話の見逃し配信無料視聴とあらすじネタバレと感想も。

東京独身男子 動画3話の見逃し無料視聴はこちら。感想とネタバレも。

東京独身男子動画4話の見逃し無料視聴はこちら。感想とネタバレも。

東京独身男子動画5話の見逃し無料視聴はこちら。感想とネタバレも

東京独身男子動画6話の見逃し無料視聴はこちら。感想とネタバレも

東京独身男子動画7話の見逃し無料視聴はこちら。感想とネタバレも

東京独身男子の動画 最終回の見逃し無料視聴はこちら。感想とネタバレも

 

「東京独身男子」キャストの他の出演作はこちら

僕らは奇跡でできている動画(1話から最終回)見逃し無料視聴【高橋一生】

昼顔(映画)動画をフルで無料視聴する方法【斎藤工】

探偵が早すぎる(1話から最終回)動画を無料視聴する方法【滝藤賢一】

フルーツ宅配便 動画1話から最終回の無料視聴はこちら。感想も【仲里依紗】

人生が楽しくなる幸せの法則 動画1話から最終回の無料視聴はこちら【高橋メアリージュン】

絶対正義 動画1話から最終回の無料視聴はこちら。結末ネタバレと感想も【桜井ユキ】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です