黄昏流星群(7話)ネタバレと感想。中山美穂が不倫現場を目撃!

 

こんにちは。スリアです☆

2018年11月22日(木)にフジテレビ系で放送のドラマ『黄昏流星群』8話のネタバレあらすじと感想をご紹介します。

瀧沢完治(佐々木蔵之介)と栞(黒木瞳)が仲良く話している姿を妻の真璃子(中山美穂)目撃。

そんな中、娘の美咲(石川恋)と春輝(藤井流星)の結納が行われますが、このまま結納をしてしまうなんて不安しかないですね(笑)

この先の展開はどうなるのでしょうか?!

 

「黄昏流星群」の動画が1話〜最終回まで無料で見られるのはココだけ ▼

>>「黄昏流星群」の無料視聴はこちら<<

 

獣になれない私たち(1話)動画の無料視聴方法!けもなれ見逃し配信
リーガルV動画 見逃し配信無料視聴はココ|1話〜最終回まで最速

黄昏流星群(7話)ネタバレあらすじ

2018年11月22日のドラマ「黄昏流星群」7話のネタバレあらすじです。

完治の入院

瀧沢完治(佐々木蔵之介)の病室に、水原聡美(八木亜希子)と須藤武史(岡田浩暉)がお見舞いに来ていた。

2人はつい最近交際を始めたという。須藤と仕事の話などをする夫を何とも言えない表情で見る真璃子(中山美穂)だった。

そして須藤は瀧沢に頼みごとをした。

それは別れた家族の思い出の品を倉庫で預かって欲しいという事だった。

家に帰った真璃子は日野(藤井流星)のことを考えていた。

そんな時、日野から瀧沢の体の心配をする電話があった。

そして帰りの遅い美咲のことを謝る真璃子だった。

日野はまた電話をしてもいいですか?と聞くが、真璃子は美咲のいない時にかけてこないでと伝えるのだった。

 

退院してきた瀧沢は荻野倉庫に出社していた。

川本保(礼二)に捨てられない思い出を預かる、遺品整理をしてはどうかと提案する。

川本は細々とこんな仕事をしていても売り上げに繋がらないと拒否し、経費削減を繰り返すばかり。

瀧沢はそれでもしつこく食い下がり、何とか川本から承諾を得る。

そして張り切って仕事をするのだった。

仕事の合間に食堂にいく瀧沢だったが、目黒栞(黒木瞳)はよそよそしかった。

話せなかったから栞にこれから残業が多くなるからと連絡する瀧沢だった。

そして、遺品整理の細かい作業をコツコツとする瀧沢を遠くから見つめる栞がいた。

完治が新事業を提案

別の日、瀧沢は栞に今やっていることは大切で意味のあるもので銀行にいればそれに気づくことは出来なかったと素直に話すのだった。

やはり栞には素直になれる瀧沢だった。

しかし、栞はふと病院で瀧沢の娘に会い、父と別れてくださいと言われたことを思い出していた。

日野冴(麻生祐未)と真璃子が次の結納の事で電話をしていた。

そして電話を切り、パンを作っている時に日野から告白されたことを思い出してしまい、何かしていなければ考えてしまうから、、無我夢中になって大量のパンを焼いていた。

そこに瀧沢が帰ってきた。最近残業が多いことを話し、出向したては辛そうだったが、今は生き生きとしていると話す真璃子だった。

あなたは根っからの仕事人間なのだと真璃子は言う。

荻野倉庫では毎日瀧沢ががむしゃらに働いていた。

家では真璃子が結納に着ていく着物を眺めていた。

その時帰宅した美咲に他に好きな人がいるのか?と聞いた。

そして真璃子は美咲の正直な気持ちが大事だと伝えたが、美咲には父と母を見ているとイライラする、理想の夫婦を見せてくれと言われる。

そしていい格好ばかりして、お父さんをなぜ繋ぎ止めないのか、ジタバタしないのか、父の浮気を見て見ぬ振りするのはやめたらと言われる。

真璃子は娘のためにと言うが、それが逆に美咲を苦しめる言葉になった。

倉庫では必要だからといって購入した機会を川本が見つけ、経費削減していないと瀧沢を怒るが、自分の首をかけて仕事をすると強い意志を示していた。

だが川本はお前の自己満足につきあっている暇はないと一刀両断するのだった。

栞の決断

残業している瀧沢の元に栞が突然やってきて仕事を手伝ってくれるという。

そして瀧沢は娘の昔の話をするのだった。仕事ばかりで運動会にもほとんど行けず、うちは思い出ボックスが少ないと話すのだった。

そして手伝っている栞に、突然異変が起きた。

どうやらめまいがあるようでフラついた感じだったが、瀧沢にはそれが見えていなかったようだ。

2人は荷物を運んでいる時に夜空にキレイな月を見た。

2人は並んでそれを見るのだった。そこにパンを届けにきた真璃子がやってきて、2人が月の下で楽しそうに話している姿を見てしまった。

その姿を凝視していたが、真璃子は何も言わずそのまま帰ってしまったのだった。

瀧沢は元銀行委員のプライドをかけ、HICOAの大野のとこに駆け込み、土下座をしてサイト作成を教えて欲しいと頼み込んでいた。

瀧沢のセンスのなさをボロクソ言われるが、思い出ボックスの話に乗ってくれ、アプリを作成してくれる約束をしてくれた。

 

忙しそうに思い出ボックスの仕事をこなす瀧沢を会社のみんなは見ていた。

そんな折、アプリの立ち上げで1日で売り上げが大幅に上がったことを話し、みんなに手助けして欲しいと頼むのだった。

そして快く社員たちは引き受けてくれた。そんな姿をまたしても遠くから見ている栞だった。

そして栞は寂しそうに帰っていくのだった。

美咲の暴走

日野は母に病院での結果を報告していた。

結婚には間に合うからという母だった。

真璃子に瀧沢からまた残業で遅くなると連絡がきた。

そんな時、日野から美咲を送ってきたから家によってもいいか?と連絡があった。

大量のパンを渡すだけで帰すつもりが、そこには美咲は居なかった。

強引な日野に負けて2人でベンチで話すのだった。

真璃子は日野に夫が不倫していることを話し、自分も悪いと話すのだった。

ふと観覧車が見えて、2人は夜の遊園地に行くのだった。

2人で色々な乗り物を乗り、笑顔で幸せな夢のような時間を過ごしていた。

家まで送り届けたくれた日野に、ありがとうと言い扉を閉める真璃子だった。

もうすぐ結納をひかえた美咲は、父と母によろしくお願いしますと頭を下げた。

そして結納の日。滞りなく結納の儀式を済ますのだった。

忙しく働く瀧沢たちはようやく仕事の目処がついて飲みにいこうと盛り上がったが、瀧沢は用事があるといい帰っていく。

そして栞の家を尋ねたが、知らない人が出てきて、栞はもうあなたに会いたくない、別れたいと一方的に伝えてきた。

愕然としながら家路につく瀧沢だったが、真璃子から言われたことは美咲が居なくなった、、ということだった。

置き手紙にはやっぱり結婚は出来ません、先生とロンドンに行きますーーと書かれていた。

 

【オンエア前に】黄昏流星群(7話)注目ポイントは?

夫と妻だけでなく娘までも不倫に陥ってしまうという展開をみせ、いったい結末はどのように落ち着くのか気になりますね。

瀧沢完治(佐々木蔵之介)と栞(黒木瞳)が仲良く話してながら歩いている姿を、妻の真璃子(中山美穂)が目撃してしまうようですね。

7話まででは浮気を確信しつつもそのことを問い詰めていないので、真璃子がどう出るのかも見ものです。

そんな真璃子は娘の婚約者の日野春輝(藤井流星)から電話が入るも、美咲(石川恋)の話題になると気まずい空気に。

「美咲のいない時にはかけてこないで」というようですが、本心は違うので我慢して抑えているのでしょう。

また入院先に訪れた親友の水原聡美(八木亜希子)は、完治の同級生・須藤武史(岡田浩暉)と付き合うことにしたと報告。

友達が自由に恋愛をしているのを見たら、なおさら春輝への思いに火がつきそうですね。

退院した完治が荻野倉庫に出社すると、あれだけいじわるをしていた川本保(中川家礼二)は、責任を感じていたようで、完治が提案した新事業に商売として成り立たないと反対するも渋々了承。

これが新しいビジネスにつながってくれたらいいですけどね。

栞は完治と別れて欲しいと美咲に言われたことから完治によそよそしくなります。

その理由を尋ねることもできないまま、新事業に忙しくする完治と栞は会えない日々が続き、栞はなにか大きな決断を下すようです。

家族全員不倫をしてしまうというややこしい状況の中、美咲と春輝の結納が行われることになるようですが、スムーズに執り行われるのでしょうか….

7話ではどんな波乱が待っているのか、注目したいと思います。

黄昏流星群(7話)の感想

わわわ、、美咲(石川恋)が出て行ってしまいましたね。

かっくちゃん

 

先生とロンドンに行くから結婚出来ないと。。

結納まで済ませて瀧沢(佐々木蔵之介)たちが娘の幸せを願っていたのに、今になって出て行かなくてもいいのに。。

なぜこのタイミングなのか!!そんなに先生が忘れられないんでしょうか。。

次回の展開が気になるところです。

目黒栞(黒木瞳)の体も気になりました!めまいなのか、明らかに体の異変感じてますよね。

そして美咲に言われた父と別れて欲しいと言う言葉が呪縛のように何度も繰り返し思い出され、辛そうでしたね。

そんな事とは知らず、生き生きと仕事をして新しい取り組みにも挑戦している瀧沢は毎日が充実し、全て上手くいっているようで腹が立ちますね!

妻の真璃子(中山美穂)のこともほとんど視野に入ってませんよね。。恋と仕事で忙しい不倫中の男は滑稽に見えます。。。

日野(藤井流星)の母・冴(麻生祐未)もあと残り少ない命なんですね。

なんだか辛いです。幸せな息子の結婚式見たかったでしょう。

次週はもっと辛いことが待ち受けてるんでしょうか。やり切れません。

 

黄昏流星群(7話)のネット上の感想を紹介

2018年11月22日のドラマ「黄昏流星群」のネットの感想を集めました。

 

「黄昏流星群」の原作漫画を漫画を無料で読む方法もご紹介

あらすじを先取りしたい方は必見!

『黄昏流星群』の原作漫画が無料で読めますよ。

かっくちゃん

ドラマ『黄昏流星群』は漫画家の弘兼憲史さんの同名漫画の中でも傑作と言われている、第1集「不惑の星」を原作に描かれる大人のラブストーリーです。

原作漫画でストーリーを先取りしたい!という方に、無料で読むいい方法もご紹介しておきますね。

 

『黄昏流星群』の原作漫画を無料で読む方法

 

 

U-NEXTに無料お試し登録する

❷登録するとその場で600ポイントがもらえる

❸もらったポイントで漫画を1冊無料で読む

 

登録はたった3分で完了!超簡単

 

U-NEXTで原作漫画『黄昏流星群』を無料で読む

▲登録した日から30日以内に解約すれば、一切お金はかかりません▲

 

黄昏流星群(7話)のあらすじ

瀧沢完治(佐々木蔵之介)の病室に、水原聡美(八木亜希子)と須藤武史(岡田浩暉)が見舞いに来た。

須藤と聡美は交際を始めたという。聡美と買い物に出た真璃子(中山美穂)は、須藤と屈託なく仕事の話をする完治の姿に寂しさを感じる。

真璃子が家に帰ると、日野春輝(藤井流星)から電話が入った。完治の容体について話す二人だが、美咲の話題になると気まずい空気になる。

また連絡して良いかと言う春輝に、美咲のいないと時にはかけてこないで、と真璃子は断って電話を切った。

退院した完治が荻野倉庫に出社。

大口の取引先に契約を打ち切られ経営は相変わらず苦しい。完治の入院に一端の責任を感じる川本 保(礼二)は気まずそうにしながらも、「経費削減」をうったえる。

そんな川本に、完治は新事業の資料を差し出す。

須藤から、別れた家族の思い出の品を倉庫で預かって欲しいと頼まれた完治は、捨てられない品を個別で預かるサービスを考えたのだ。

商売として成り立たないと反対する川本だが、荷物の整理まで一人で行うと言う完治の熱意に負けて渋々了承する。

その昼、食堂で働く目黒 栞(黒木 瞳)を見つけるが何故かよそよそしい態度。

気がかりながらも、完治は新事業を軌道に乗せるため駆けずり回り残業をこなす毎日…。

その理由を尋ねることもできないまま栞と会えない日々が続いた。実は、栞は完治と別れて欲しいと美咲に言われたことに大きく心を揺さぶられ、ある大きな決断を下そうとしていた…。

そんななか、美咲と春輝の結納が行われることになり…。

出典:https://www.fujitv.co.jp

まとめ

2018年11月22日(木)にフジテレビ系で放送のドラマ『黄昏流星群』7話のネタバレあらすじと感想をご紹介しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

 

もしドラマ「黄昏流星群」のオンエアを見逃しでも大丈夫!!!

 

『黄昏流星群』第4話の見逃し動画を視聴する方法はこちら!

 

❶放送後1週間以内は、まずティーバーで見逃し配信をチェック。

❷放送から1週間以上経っている場合は、FODプレミアムがおすすめです!

 

 

「黄昏流星群」の動画が1話〜最終回まで配信中

▼ 無料で見られるのはココだけ ▼

 

黄昏流星群

>>FODプレミアムはこちら<<

 

他にも、現在放送中のドラマ「SUITS/スーツ」「僕らは奇跡でできている」や、過去のフジテレビのドラマが無料でイッキ見できるのでおすすめ!

FODプレミアムなら目障りな広告やCMもナシでサクサク快適に見られるので、ぜひ無料お試しを利用してみてくださいね。

 

関連記事

藤井流星の親と実家のカフェはどこ?妹はE-girls藤井夏恋&萩花

キンプリのドキュメンタリー(#1)の動画を無料で見る|RIDE ON TIME

SUITS/スーツのロケ地&目撃情報まとめ【更新中】月9ドラマ

SUITS/スーツ(1話)動画の見逃し無料視聴方法を紹介|フジ月9ドラマ

コンフィデンスマンJP|動画の無料視聴方法を紹介【1話 〜最終回】

黄昏流星群のあらすじとキャスト相関図&主題歌を紹介!藤井流星

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です