ダニエル太郎の彼女は立野リカ?ウエアと年収や父親の国籍も!

こんにちは。スリアです☆

男子テニスでジョコビッチを破る金星をあげて話題となったダニエル太郎さん。

お名前からしてハーフっぽいですがどのようなプロフィールの方なのか、詳しく調べてみました。

ダニエル太郎 プロフィール

名前:ダニエル太郎(だにえるたろう)

生年月日:1993年1月27日

出身地:アメリカ合衆国・ニューヨーク

居住地:スペイン・バレンシア

身長:190cm

体重:76kg

デビュー年:2010年

所属:エイブル

 

世界で活躍する日本のプロテニスプレーヤーといえば錦織圭さんを筆頭に、最近では大坂なおみさんの活躍も著しいですが、2018年、ここにきてまた一人スター候補が誕生しました〜☆

世界ランキング1位にもなったジョコビッチ選手を破る大金星をあげたことで世界に名前を轟かせた、プロテニス選手のダニエル太郎さん。

ご自身のキャリアの中でももっとも大きな勝利となった訳ですが、敗れたジョコビッチ選手が100位以下の選手に敗戦するのは、過去10年間でわずか5度だけと本当に稀なことなのだそうです!

いかに重要な勝利だったかということがわかりますね〜。

お名前を聞いた時、欧米っぽい名前だけど太郎ってかなり古風なお名前だし、何人なのだろう?

と個人的に単純に疑問でした^ ^

ダニエル太郎の国籍は?父親と母親は?

Taro Danielさん(@tarodaniel)がシェアした投稿

 

ダニエル太郎さんの父親はアメリカ人で、母は日本人。

ってことは、ご本人はアメリカと日本のハーフってことですね。

 

調べてみたところハーフですが、国籍は日本でした。

生まれはアメリカのニュ-ヨ-クで、年齢は25歳(2018年3月現在)。

また語学が堪能で、スペイン語、英語、日本語のマルチリンガルで、ロシア語も会話レベルでできるそうです。

ツイッターは日本のファンに向けて、日本語でツイートされていますが若干片言なところがあるので、普段はスペイン語と英語をメインで使われているんでしょうね。

ハーフってイケメンになる確率が高い気がしますが、ダニエル太郎さんも例に漏れず、ルックスはかなりのイケメン☆

 

しかしながら髪の毛も目の色も少し茶色いぐらいで、ハーフと言われなければわからないですね。

顔立ちやややロングの髪型など、雰囲気が70年代のアイドル風です〜♪

 

 

端正なお顔立ちは、元祖ハーフ顔の草刈正雄さんの若い頃みたいなw

性格もからっと明るく陽気なカリフォルニアスタイルなのだそうです^ ^

また、身長は190cmと外国人選手に負けない体格をしているので、世界の強豪とも互角に戦えるのでしょうね。

ダニエル太郎さんは、幼少期は日本に住んでいたそうで埼玉県加須市で7歳の時にテニスを始めたそうです。

 

その後、名古屋に住んでいたようですが、14歳の時に家族とスペインに移住し、世界3位にもなったフェレ-ル選手をはじめスペインのトップ選手が所属するバレンシアアカデミーでトレ-ニングにあけくれる日々を送っているようです。

ダニエル太郎さんのテニスの才能を見出したご両親が、よりレベルの高い場所でプレーさせたいと思ったのかもしれませんね。

 

ちなみに父親のポール・ダニエルさんは元テニスプレイヤーで、現在はスペインで会計士をしながら、テニスコーチとしてテニスの指導にあたっているそうです。

また、ダニエル太郎さんの2歳年下の妹、ダニエル可菜さんもプロテニスプレイヤーとして活動されています。

 

 

 ペンシルバニア大学をご卒業されたということで、学業の方も相当優秀な方なのですね。

まさに文武両道^ ^

世界ランキングが最高で799位だということですので、テニスプレーヤーとしての活躍はまだまだこれからのようです。

 

 

自宅で妹さんと筋トレしている様子がツイートされていましたが、トレーニングルームも広くて、もしかしたらすごい豪邸に住んでいるのかも。

住んでいる環境からも、テニス漬けのご家庭で育ったのがわかりますね。

さて、ここで17歳でプロデビューしたダニエル太郎さんの実績をさくっとご紹介します。

 

2010年 プロに転向。

2014年 4月に行われたデビスカップで、

欠場の錦織選手代わりとして初の日本代表に大抜擢。

2015年 ATPランキング自己最高位の93位を記録。

2016年 リオ五輪ではベスト16まで進出。

2017年 全米オープンで初勝利。

2回戦で第1シードのラファエル・ナダルに敗れるも、第1セットを奪う健闘を見せています。

現在、ATPランキング自己最高位はシングルス85位、ダブルス566位。

 

ダニエル太郎さんは「ポスト錦織圭」と言われ、今後の活躍が期待される若手選手のうちの一人。

所属先は日本の不動産会社「エイブル」なんですね。

 

 

そういえば錦織圭さんも日本の企業の「ユニクロ」がスポンサーですが、アパレルメーカーなのでまったく違和感がなかったですが、日本の不動産会社っていうのはとっても意外な気がしました〜!

ダニエル太郎の彼女は立野リカ?

Who said Asians don’t know how to dab? #✌years #weirdos #❤❤ #tbt

Taro Danielさん(@tarodaniel)がシェアした投稿 –

 

イケメンのダニエル太郎さんですから、きっと彼女がいるはずと思って調べてみたところ、「立野リカ」さんという方のお名前が浮上しています。

このインスタグラムにツーショットで映っておられる方が、立野リカさんです。

 

 

アジアンビューティーな方ですね〜。

どんな方なのか調べてみたら、アメリカロサンゼルス育ちのモデルでドイツブンデスリーガで活躍し日本代表にも選ばれたサッカー選手の武藤嘉紀さんのいとこでした〜!

 

 

身長が178cmあり、モデルの「すみれ似の美人」と話題になったこともある立野リカさん。

父親は元プロテニスプレーヤーの立野彰一さんで、ご本人もアメリカでプロテニスプレーヤーを目指していたそうで、なんと、ジュニア時代には全米ダブルスで優勝経験があるほどその腕前はすごいそうです!

大学はミシガン大学で、伊達公子さんに憧れてプロを目指していたようですが、故障でテニスの道はあきらめたようです。

 

2013年に行われた「Japan’s Next Beauty」というオーディション番組で優勝し、現在は日本のファッション誌でモデルをしたり、日産自動車やSK2、P&Gなど有名企業のCMで活躍しているそうです。

生年月日は非公表とされていますが、2013年のオーディション時が23歳だったようなので、2018年で28歳になられるようです。

 

さて、ダニエル太郎さんとの接点ですが、2015年に行われた「日清食品ドリームテニスARIAKE」で。錦織圭選手とダニエル太郎選手との3ショットが話題になったことがあったそうです。

 

 

この写真がそうなのですが、このイベント以降、ダニエル太郎さんと立野リカさんの名前を同時に検索する人が多くなったことから「彼女」というように発展していったと言われていました。

 

が!!!

 

インスタグラムを見ていても女性とのツーショットは立野リカさんとのものしかなかったので、おそらく恋愛に発展していると思って間違いなさそうです。

 

ネットの記事にも、日本に拠点を移した理由としてこんなことが書かれていました。

 

日本にはモデルのガールフレンドもいるので、環境を変えたかったのかもしれません。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

長身で育った環境も共通点が多いお2人は、ルックス的にもとってもお似合いのカップル。

どうやら、ダニエル太郎さんの彼女は立野リカさんで間違いなさそうですね。

Sponsored Links


ダニエル太郎のウエアのブランドは?

 

 

Oマークのロゴがついたウエアを着用していますが、2018年から着用しているブランドは「Oakley(オークリー)」です。

オークリーといえば一流アスリートも愛用しているサングラスが有名ですよね。

大リーガーのイチロー選手や大谷翔平選手、プロゴルファーの松山英樹選手が愛用していることでも知られています。

アメリカカリフォルニア州に本社を置くブランドでアイウェア の他にも、アパレルやフットウェア、リストウォッチなど、あらゆるスポーツに対応するアイテムを展開しています。

アメリカ育ちのダニエル太郎さんには身近なブランドだったのかもしれませんね。

 

 

ジョコビッチ選手から勝利をおさめた試合でも着用していたので、この「O」のロゴマークに注目した人も多かったのではないでしょうか。

また2015年から2017年までは「ローチェ」というテニスでは馴染みの深いアパレルブランドを着用していました。

 

 

ウエアのブランドも変わって心機一転、大きな勝利を収めたダニエル太郎さん。

その活躍とともに今後はオークリーでも「ダニエル太郎モデル」のウエアとかも展開していくかもしれませんね。

ダニエル太郎の年収は?

 

 

今後活躍が期待されるダニエル太郎さんの年収を調べてみました。

公式発表はされていないようですが、2015年の「日本人のテニスプレイヤーの年間獲得賞金ランキング」という資料がありましたのでご紹介。

 

【年間獲得賞金ランキング】

1位 錦織圭 330万ドル(約3億6000円)

2位 添田豪 24万ドル(約2600万円)

3位 伊藤竜馬 21万ドル(約2300万円)

4位 西岡良仁 18万ドル(約2000万円)

5位 杉田祐一 17万ドル(約1900万円)

6位 ダニエル太郎 13万ドル(約1400万円)

7位 守屋宏紀 12万ドル(約1300万円)

出典:http://buzzshogun.com/archives/1673

 

この資料によると、3年前の時点で、ダニエル太郎さんの獲得賞金は、約1400万円。

世界ランクが100位前後だと、獲得賞金は約4000万円ぐらいと言われているそうなので、自己最高位が85位のダニエル太郎選手の現在の獲得賞金はだいたい4,000万円ぐらいと予想できるでしょうか。

またラケットメーカーやウエアブランドと契約しているので、そのスポンサー料も入れてあと2,000万円ぐらいはプラスされると考えると、おぞらく年収は6,000万円ぐらいと予測できますね。

ちなみに、

2017年版「テニス長者番付」で第3位の錦織圭選手は、

総収入 3390万ドル(約37億3239万円)

賞金額 390万ドル(約4億2939万円)

と、ツアー優勝をしていないのにもかかわらず、桁違いの稼ぎ方をしています!!!

日本のアスリート番付ではもちろんトップ!

 

そういった意味では、テニスの世界は夢がありますね。

錦織圭選手に続けるか、今後のダニエル太郎さんのご活躍に期待したいです☆

まとめ

ジョコビッチ選手に勝って世界から注目を集めたダニエル太郎さん。

このニュースで名前を知った人も多いと思うので、日本でもさらに注目を集めそうですね。錦織選手に続いて、今後テニス界に旋風を巻き起こして欲しいです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です