ドラマSUITS/スーツ(最終回11話)ネタバレあらすじと結末。続編への布石は?

 

こんにちは。スリアです☆

2018年12月17日(月)にフジテレビ系で放送の月9ドラマ『SUITS/スーツ』最終回11話の結末ネタバレ&あらすじと感想をご紹介します。

いよいよこのコンビがみられるのもラストですね!

絶体絶命のピンチを迎えた甲斐と大輔は、この運命の最終決戦を乗り越えられるのか?!

10話から引き続いてゲストの市川海老蔵さんと、新人検事役の上白石萌音さんの演技も見逃せません。

 


▼『SUITS/スーツ』が1話から無料視聴できます ▼

"

>>「SUITS/スーツ」動画の無料視聴はこちら<<

 

ドラマ SUITS/スーツ(最終回11話)ネタバレ&あらすじ

2018年12月17日放送の『SUITS/スーツ』最終回のネタバレをご紹介します。

絶体絶命のピンチ

過去の検事時代に担当した殺人事件が冤罪で、無実の罪で13年間服役させた男の案件を自らが受けるという甲斐(織田裕二)。

そして刑務所に被害者の女性が書いた手紙を持って会いに行った。

その手紙は13年間、甲斐の元には晒されず、隠蔽されたものだった。

甲斐は自分が弁護をするから再審請求をしようと持ちかけるのだった。

 

その帰り、鈴木(中島裕翔)の家に寄り、最後の仕事をする為に迎えに来たと伝えるのだった。

鈴木は最後の勝負に負けたから出来ないと拒むが、甲斐もこれが自分の最後の仕事になるかもしれないと伝え、2人は最後の難関に挑むのだった。

13年前、世田谷の女子高生殺害で栗林(淵上泰史)を逮捕したが、2人は当時付き合っていたと言うことだった。

新証拠に残されていたDNAには栗林ではない人のものが残されていたということだった。

女子高生が殺害される直後、2人の男性とカラオケに行っていたという。曽我部と蜂谷という2人だった。

その2人が真犯人ではないかと鈴木は言うが、アルバイがあり証拠がないと甲斐は言った。

再審請求のハードルは高いが、2人は学校内で違法薬物を売りさばいてたという悪い噂があり、その情報を取ってこいと甲斐は鈴木に命ずるのだった。

澤田(市川海老蔵)は甲斐を駐車場で待ち伏せして、再審請求は諦めろ、柳の派閥は健在で彼らが黙っているとは思えないと忠告しにきた。

鈴木は悪友の遊星(磯村勇斗)の元にいき、助けたい人がいるから助けてほしいとお願いする。

そして甲斐は証拠を提供していたという玉井(中村アン)に解雇を命じていた。

そこにチカ(鈴木保奈美)がきて玉井を責めるのはお門違いだと甲斐を叱りつけた。

あなたを守るのに必死だったことを伝え説得しようとしたが、甲斐は何も言わず出て行ってしまった。

甲斐の憤り

甲斐は栗林の件で藤嶋検事(上白石萌音)に会いに来ていた。

藤嶋検事に証拠を提出し、雑談の中でこの裁判がデビュー線だと知り、甲斐は舐められているとチカに愚痴をこぼすのだった。

そしてチカは玉井を許してほしいと甲斐に伝え、彼女なしの人生を考えて、と伝えるのだった。

甲斐と玉井はギクシャクしていたが、甲斐は玉井に言いすぎたと謝り、和解するのだった。

 

鈴木は真琴に仕事を辞めることを伝えていた。

検事に会いに来た時、検事の部屋から出てきた蜂谷と曽我部に会った。

そして検事は恋愛関係にあった2人が喧嘩をし栗林がカッとなって殺した可能性もあると言う。

そして真犯人の2人はDNA鑑定を拒否しているという。そして何より栗林が再審を望んでいないという。

甲斐たちは急いで栗林に会いに行ったが、栗林はもうこのままで良いという。

このまま模範囚でいれば刑期が短縮され、早く出られると言われたことを伝えた。

甲斐たちは何者かが手を回し栗林を黙らせたことに憤りを感じ、探ることにしたのだった。

DNA検査

甲斐は世田谷東警察署に行き、栗林に会いに行った 警察官を訪ねた。

その一方、鈴木は栗林に会いにいく。

そして世間話をしに来たという。

自分の過去を話し、甲斐が自分をどうやって救ってきたかそれを聞けば考えが変わると栗林を説得した。

 

ファームでは悩む玉井に聖澤真琴(新木優子)が悩みを聞きますと伝えた。

真琴は甲斐とは運命共同体で今までに何かあったのかと質問したが、玉井は全くないとキッパリ言うのだった。

 

バーでは蜂谷と曽我部の2人が焦っていた。

そこに甲斐が現れ13年前に2人のアリバイ作りを頼まれたという人物がいると言うのだった。

かまをかけた甲斐に蜂谷は引っかかりそうになったが、すかさず曽我部はそれを止めるのだった。

だが甲斐は欲しいものが手に入ったと、2人が飲んだ酒の瓶を持ち帰るのだった。

ファームでは玉井が蟹江(小手伸也)の側で働かせてほしいと色仕掛けでお願いするのだったが、蟹江は危うく寸前で我にかえった。

そしてチカに一部始終を話すがチカは、私からもお願いすると蟹江の甥っ子にDNA検査を命ずるのだった。

 

そして朝、蟹江は甲斐にDNA結果を渡すのだった。そのお礼はハンバーガーとポテトのセットだった、

そして甲斐たちは検事に会いに行き、DNA検査の結果を見せつけ、曽我部たちを逮捕するべきだと言うのだったが、検事は突っぱねた。

証拠の品のノースリーブは被害者のものではないかもしれないと警察から言われたらしい。

柳からかなり強い圧力をかけられていることで窮地に立たされる甲斐たちだった。

そして刑務所の栗林に会いにいき、手詰まりだと正直に話すのだったが、栗林は刑期の短縮も諦め、任せたのにと怒り狂うのだった。

 

その帰り、2人はハイリスクな事をする為に手助けがいるとひそひそと話すのだった。

そして鈴木はチカの元にいき、この件を勝つために違法行為をするが、全て自分がやったことだと話して欲しい、甲斐だけは守ってほしいと懇願するのだった。

そして蜂谷の元にサンタの格好をした強盗が入り、蜂谷は過去の悪事を話すのだった。そこに警察官が入ってきて、蜂谷は逮捕されるのだった。

サンタは鈴木の悪友、遊星が演じていた。これは甲斐たちが演じた罠だったのだ。

そして鈴木は弁護士バッチを机におき、全ての責任を背負ってファームを去ろうとしていた。

 

柳がバーで飲んでいるところに甲斐がやってきて、真犯人が分かり裁判は免れないことを伝えた。

そして甲斐は柳を幸村チカの法律事務所に来ないかと誘うのだった。

甲斐の逆襲。そして大輔と真琴

甲斐は藤嶋検事に会いに行った。検事はDNAと自白があれば再審出来ると伝え、栗林を釈放する用意をしていた。

澤田にも会いに行き、13年前に証拠隠しをしたのは当時助手をしていたお前ではないかと話すのだった。

そして鈴木は遊星と砂里と家でご飯を食べていた。

弁護士に未練はないという鈴木だったが、2人はここにいてはいけないと話すのだった。

チカは甲斐に同じように後悔を抱えて生きている鈴木をほっとけなかったのではないかと聞かれるのだった。

そして栗林を刑務所まで迎えに行くという最後の仕事を鈴木に託すのだった。

 

甲斐は玉井にファームの全員を呼ぶように伝えた。

このファームの受けた過去の案件に不正がないか、問題点がないかとりかかるように全員に指示した。

砂里は真琴に会いに来ていた。鈴木に弁護士を続けるように説得して欲しい、と伝えた。

甲斐は過去に扱かった案件に不正が見つかったとチカに書類を渡すのだった。

交渉を上手く行かせるために使ったテクニックで不正ではないというチカだったが、甲斐は全て公表して自分も処罰を受けると言うのだった。

チカは認めないと強く言い、甲斐はチカにも目をつぶってもらいたい件があると交渉するのだった。

甲斐は鈴木の元に行き、弁護士バッチを投げ渡した。

そして休職しろとボストン行きのチケットを渡して、2年間、真琴と楽しんでこいと微笑むのだった。

 

これで最終回はおしまいです。

 

これまでのネタバレも合わせてご覧ください。

SUITS/スーツ(1話)ネタバレと感想。最高のバディがキターッ!
SUITS/スーツ(4話)ネタバレと感想。甲斐とチカの大人の秘密|月9ドラマ
SUITS/スーツ(5話)ネタバレと感想。強気の甲斐は100回勝つ!|月9ドラマ
ドラマSUITS/スーツ(6話)ネタバレ!佐久間由衣が天才ハッカーに

SUITS/スーツ(最終回11話)感想

終わってしまうのは寂しいけど、続編に期待したいです。

かっくちゃん

さて最終回が来てしまいました。

今日で甲斐(織田裕二)と鈴木(中島裕翔)のバディ、蟹江(小手伸也)が見れなくなるなんて、、寂しいです。

続編に期待の声があがるのも分かりますね!

前回からの続きで過去の冤罪を晴らすために、正義の為に2人は戦かっていきます。

色々な壁が立ちはだかりますが、2人は強く戦ってくれました!見事でしたね。

そして経歴詐称もバレてしまい、弁護士として最後の仕事になる鈴木。

どんな最後を飾るのでしょうか。それとも上手く返り咲くことはの出来るのでしょうか⁈

今回は大きな圧力があり、なかなか2人の思うように進まず、何度も何度も窮地に落ち入ります。

 

検事の上白石萌音さん、すごく良かったですね。

若さと危うさと真面目さとバランス良く、甲斐とのやりとりも見ていて楽しかったです!

玉井(中村アン)の色仕掛けに引っかかりそう〜な蟹江もいました。

蟹江さん、毎回爪痕を残して笑わせてくれました!本当にありがとうございます!!

幸村チカ(鈴木保奈美)もやっばりかっこよかったですね。上司にしたいランキングで上位にきそう!笑

 

そして大輔と真琴と砂里(今田美桜)の恋の行方は、、砂里が身を引き、甲斐の粋な計らいでハッピーエンドのようなかんじでしたよね。

経歴詐称もバレてしまいこれからの人生またふりだしかと思いましたが、甲斐に出会い、救われ良かったですね。

そして悪友の谷元遊星(磯村有斗)は最終回にして大活躍でした。

サンタの強盗犯、あんなんいきなり現れたらそら怖いでしょう。誰でもすぐに、嘘も洗いざらい話してしまいます!

甲斐たちの考えることは結構エゲツないですよね。それがまた面白味を増してますが。

そして毎回ゲスト出演する方々も豪華でしたね。

澤田扮する市川海老蔵も数える程の出番でしたよね。

けれど存在感すごいです!

今までのゲストも存在感あり毎回楽しませてもらいました!

これで本当に最後なんですね。

月9のSUITSこれから見れないなんて寂しいなぁ。

また続編お願いします!!

SUITS/スーツ(最終回11話)あらすじ

甲斐(織田裕二)は、澤田仁志(市川海老蔵)から提供された資料から、自らが検事時代に担当した殺人事件が冤罪だったことを知る。

上司だった柳慎次(國村隼)が重要な証拠を隠蔽していたのだ。

13年前、世田谷で名門私立高校に通う女子高生が惨殺された。

強姦目的の殺人として逮捕されたのは、前科がある無職の男・栗林紡(淵上泰史)だったが、本来検証されるべき新証拠が柳によって甲斐の目に触れないところに置かれていた。

甲斐は栗林の再審請求することを決意する。

自ら起訴した事件を、自らが再審請求、弁護する前代未聞の事態に法曹界は騒然となる。

この件で甲斐が検察を敵に回すことになると、澤田が忠告しにくる。

再審を諦めることを迫り、またもし甲斐が言うことを聞かなかった場合は「検察は本気で甲斐を潰しにかかる」とはっきりと脅される。

柳や澤田の手引きなのか、警察の邪魔さえも度々入り、窮地に陥る。

四面楚歌の中、甲斐は、大輔(中島裕翔)と共に再審請求に向けて苦闘する。

甲斐はもしこの再審請求が失敗すれば弁護士をやめる覚悟で、また大輔は無資格であることがチカ(鈴木保奈美)にバレたため最後の案件であるという覚悟で、共に臨む。

果たして2人の結末は……。

出典:https://www.fujitv.co.jp

 

まとめ

2018年12月17日(月)にフジテレビ系で放送の月9ドラマ『SUITS/スーツ』最終回11話のネタバレを感想をご紹介しました。

甲斐と大輔のバディー感がどんどん強くなっていくのが、毎回見ていてワクワクさせられました。

アメリカで人気のシリーズドラマなので、きっと続編がありそうですね。

期待したいです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

 

▼『SUITS/スーツ』が1話から無料視聴できます ▼

"

>>「SUITS/スーツ」動画の無料視聴はこちら<<

 

 

SUITS/スーツ見逃し動画(4話)無料視聴方法!フジ月9ドラマ
獣になれない私たち(3話)動画見逃し無料視聴はpandoraよりココ
下町ロケット2 動画(3話)無料視聴!pandoraよりいい方法を紹介

 

関連記事

SUITS/スーツのロケ地&目撃情報まとめ【更新中】月9ドラマ

月9ドラマ SUITS/スーツのキャスト相関図とあらすじと主題歌は

SUITS/スーツ(1話)動画の見逃し無料視聴方法を紹介|フジ月9ドラマ

スーツ(ドラマ)の視聴率まとめ!1話〜最終回まで更新中

小手伸也の若い頃や声に注目!コンフィデンスマン五十嵐役も

コンフィデンスマンJP|動画の無料視聴方法を紹介【1話 〜最終回】

黄昏流星群のあらすじとキャスト相関図&主題歌を紹介!藤井流星

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です