SUITS/スーツ(4話)ネタバレと感想。甲斐とチカの大人の秘密|月9ドラマ

 

こんにちは。スリアです☆

2018年10月29日(月)にフジテレビ系で放送の月9ドラマ『SUITS/スーツ』4話のネタバレを感想をご紹介します。

甲斐(織田裕二)と大輔(中島裕翔)のコンビ間の結束もだんだん安定してきましたね。

3話では織田裕二さんと鈴木保奈美さんの大人の掛け合いのシーンは、ちょっと東京ラブストーリーを思い起こさせてくれるようで素敵でした!

それではさっそく4話のネタバレをお楽しみください。

 


▼『SUITS/スーツ』が1話から無料視聴できます ▼

"

>>「SUITS/スーツ」動画の無料視聴はこちら<<

月9 SUITS/スーツ(4話)ネタバレあらすじ

2018年10月29日放送の『SUITS/スーツ』第4話の感想をご紹介します。

幸村の元夫

大都会の高層階でパーティがあり、甲斐正午(織田裕二)は東大法学部教授の退職を祝う会に出席し、大手ファームに所属する後輩弁護士・畠中美智瑠(山本未來)と再会する。

同じくアソシエイトのパーティも蟹江(小手伸也)主催で開催されていた。

数々のハーバードのクイズが出題される。オズの看板メニューは?の出題に焦る鈴木大輔(中島裕翔)。

そのクイズに答えられず2位に終わってしまい、ボランティア案件を任される。

それは、支払い催告を無視して家賃を滞納し、オーナーから訴えられた春日友加里(生越千晴)の弁護だ。最後の質問にハーバードがもぐりじゃないか、、と蟹江に勘ぐられる。

それを甲斐に伝える大輔だったが蟹江の事はほっておけ、堂々としていろと言われる。

 

代表の幸村に呼ばれた甲斐は何も聞かずに断る。

だが話を聞かされると、悪名高い会社の弁護は出来ないと言う甲斐だった。

しかしそれは実は20年前に別れた幸村の夫であるナノファーマー代表の辛島悠紀夫(小市慢太郎)弁護で、助けるように言われるのだった。

大輔は蟹江に任された案件で、事務所に春日を読んで話を聞いていた。

昔はマンションは綺麗に管理されていたが、2年前からオーナーが変わりひどい状況にあると訴える。

 

ある日、レミゼノールのシンポジウムが行われていた。

関節骨化症が完治するという話だった。

辛島悠紀夫(小市慢太郎)は、立花理乃(中原果南)と共同で、ある難病の特効薬『レミゼノール』を開発した。だが、薬の副作用で肝機能障害を起こし訴えられていた。

甲斐はレミゼノールの副作用で倒れた人がいる限り弁護は困難だと伝える。

被害者の弁護士にお見舞金を支払うから民事訴訟にして欲しいと伝える甲斐だったが、50億という金額を提示された。

副作用で苦しんでいる被害者を思うと妥当な金額でレミゼノールは売ってはいけない薬だったと弁護士は強く訴えるのであった。その事を法廷で証明するとも言われるのであった。

甲斐は幸村に民事調停をやめ、相手の挑発に乗り訴訟をすると伝える。

相手の挑発にのってどうするんだと甲斐をなだめるが、全くきかない。

辛島と立花にデータの改ざんがなかったかと詰め寄る甲斐だった。

レミゼノールの件を3日で全てあたまに入れておけと甲斐に命令される大輔だった。

砂里とご飯を食べる大輔。

遊星とは話してないという砂里だった。

その頃、遊星は誰かに追われていた。

幸村の過去

大輔は法廷に来ていた。

忘れ物を届けにきた真琴が大輔にネクタイが曲がっていると直すが、そこに砂里も来てネクタイを直していった。

大輔は畑中とエレベーターで会い挨拶をするが、大輔のデータがどこにもなく現実に存在していて良かったと言われた。

裁判で当日に証拠提出を要求する畠中だったが、被告はうさぎがなくなる1年前からすでに鬱の診断がされていたと調べていた。そして負けたのだった。

だが大輔には控訴しろという甲斐だった。

あの程度の件で畠中は出てこないから裏があるはずだと読む。

 

そして甲斐が担当するナノファーマの裁判が始まる。

弁護士は提出された証拠に隠蔽された形跡があると指摘する。

不利になる所だけを隠蔽した形跡があると訴える。

じつは抜けている資料が存在するのだった。

甲斐は 立花に誰のデータを何の為に、どうして隠蔽したのかと問い詰めるが、何も答えなかった。

辛島は彼女と話させてくれと甲斐にお願いした。

甲斐は辛島と立花の過去を探り当て、幸村に立花と話すように提案する。

2人は幸村と離婚する前から不倫をしていてその過去まで明かされたくないから黙っているとよんだ。

そして幸村は立花とレストランで会うことになった。

昔、辛島が倒れた時に一度も見舞いに来ず、離婚届を病院に郵送してきたことなどを攻める立花だった。

資料の事で隠し事はもうしないでと伝える幸村だった。

 

大輔は真琴と新婚を偽り、物件を見にきていた。

マンションの歴史、前のオーナーの話も聞きたいと不動産屋に言う。

そして悪臭被害で悩む前からシラミの件で悩んでいた事を真琴に伝えたが、その手で触られていたことを嫌がられ責めらめた。

辛島は幸村のオフィスにきていた。甲斐に証拠隠しをした立花を提訴しろと勧められた辛島だった。

幸村にたまには正論で勝負しろと言われるが、それで負けたらた話にならないという甲斐だった。

そして事務所ではシラミの被害者の会が行われていた。

そこで何かを閃き、大輔に正しい被害者の会を教えるという甲斐だった。

隠蔽された資料の真実

レミゼノールの被害者を事務所に呼び出し、ある証拠を提出しなかったことを謝る辛島と立花だった。

そしてあるビデオを見せる甲斐だった。

辛島は昔、関節骨化症で苦しんでいたことを明かす。

隠蔽された資料は辛島のデータで、個人的でプライベートの資料であったから隠していたと明かす。

そして辛島はレミゼノールを飲んで3年後のビデオを見せ、薬がよく効き回復している姿を映し出していた。

被害者にはナノファーマの株の一部を譲渡すると伝える。

 

真琴はシラミの研究所に行き感染していなかったと大輔に封筒を渡す。

その研究所を見てあることを思いつく大輔だった。

 

畠中のところに押しかける甲斐と大輔。

春日の部屋にあったカーペットを持参してそこにはシラミがあったという。

研究所に持ち込み大量のシラミがあったと話す。

オーナーはそれを意図的にしていたと追い詰めた。

 

大輔とのクイズ大会で勝ち、蟹江から大切なクライアントを任された館山(岩井拳士朗)は見事に負けていた。

蟹江からは相当に責められていた。

幸村は屋上で物思いにふけていた。甲斐はそこに現れ、幸村の話を静かに聞いた。

甲斐は守りたいものなんてなにもないと幸村に話のだった。

 

4話はここでおしまいです。

 

これまでのネタバレも合わせてご覧ください。

月9 SUITS/スーツ(3話)ネタバレと感想。蟹江の悪巧みに中島裕翔は
月9 SUITS/スーツ(2話)ネタバレと感想。日本版は視聴率も絶好調
SUITS/スーツ(1話)ネタバレと感想。最高のバディがキターッ!

 

SUITS/スーツ(4話)感想

2018年10月29日放送の『SUITS/スーツ』第4話の感想です。

甲斐はやっぱり切れ者で仕事ができる男だ。

かっくちゃん

今回もテンポがよく目が離せませんでした!

これだけ話の展開が早いと見ていて飽きませんね。そして楽しい!

蟹江(小手伸也)のハーバードクイズ大会も楽しめました。

あんな楽しい上司がいれば、毎日働くのが楽しそう!

しかしあまり深入りはしない方がいいんでしょうが!笑

今回は難病の特効薬レミゼノールの副作用で苦しむ人達から訴えられる幸村チカ(鈴木保奈美)の元夫・辛島(小市慢太朗)たちを甲斐が救っていくという話だった。

甲斐はやっぱり切れ者で仕事ができる男だ。

鈴木大輔(中島裕翔)と弁護している女性の法廷に入るシーンで2人が頭を搔き掻きしているシーンや、大輔がやたらとボリボリ頭を搔くシーンが多く何事かと思えば、シラミの件だったとはインパクトありました。

そのシラミが逆転で勝ちを取るとは、これも面白かったです。

玉井(中村アン)のサラッと登場してきて大輔にアドバイスするシーンは毎回かっこいいな〜と思います。

本当にステキなキャラが多いドラマですね。

小気味いいテンポで、次週も楽しみです!!

甲斐と大輔のバディ感もどんどん増してきましたね。

 

スリア

大輔と真琴の手繋ぎシーンにちょっときゅんときてしまった!

大手ファームに所属する後輩弁護士・畠中美智瑠(山本未來)と大輔の初対面では、もしかして大輔の身元がばれてしまうんじゃないかと思ってヒヤヒヤしましたが、大丈夫よかった!

それに最後は、大輔が真琴と手をつないだことがきっかけというかヒントになり、カーペットにシラミがいたことを突き止めて勝利!

2つの案件が勝利になって最後はスカッとした気持ちでした。

幸村は結婚していたけど、結婚生活をしていた時から夫が不倫をしていたんですね。

大人になると言えない事が増えるみたいな会話をしていましたが、なんだかあのシーンは東京ラブストーリーのカンチとリカをほうふつとさせるシーンでした。

鈴木保奈美さんはいつまでたっても変わらずきれいでかっこいいです。

甲斐の上司ははまり役だと思いました!

来週の予告動画では遊星が捕まっていたようなシーンがありましたよね。

親友である遊星の弁護を大輔が引き受けるなんていうことになるのでしょうか?

そうなったら、秘密がばれてしまいそうですが…

4話では痛快な勝利を納めてくれたので、5話もどんな展開になるか楽しみです。

【放送前に】SUITS/スーツ(4話)見どころ予測

スリア

中島裕翔と新木優子の恋の行方も気になる!

アメリカのドラマをベースにしているだけあって、毎回スタイシッリュな映像がも日本のドラマっぽくなくていいですね。

そして甲斐(織田裕二)と大輔(中島裕翔)のコンビの結束がだんだん強くなり、グータッチをしているシーンはかっこよくてみていてワクワクします。

第4話は甲斐が東大法学部教授の退職を祝う会に出席し、大手ファームに所属する後輩弁護士・畠中美智瑠(山本未來)と再会。

なぜ甲斐が美智瑠に近づいたかというと、訴訟を起こされた製薬ベンチャー『ナノファーマ』に関する情報を得たいからでした。

3話のラストシーンでチカ(鈴木保奈美)がなにやら大人な男性と密会デートをしていましたよね。

その男性こそ『ナノファーマ』代表の辛島悠紀夫(小市慢太郎)でした。

予告編ではチカはその男性が夫であるというシーンがありました。

正確には「元夫」。

 

そして、大輔(中島裕翔)にはまた蟹江(小手伸也)がちょっかいを出してそうです。

クイズ大会で同じアソシエイトの館山健斗(岩井拳士朗)との決勝戦に臨んんだものの、あの万能の天才大輔としたことが、ハーバード大トリビアのクイズに答えられずに敗れてしまいます。

そんな大輔は蟹江からボランティア案件として、支払い催告を無視して家賃を滞納しオーナーから訴えられた春日友加里(生越千晴)の弁護を任せられます。

3話では妹の砂里(今田美桜)に経歴を詐称して弁護士をしていることがバレた大輔。

砂里と大輔が親しくしているのを見たパラリーガルの真琴(新木優子)は、恋心に火がついてしまいそうです!

食事に誘われた時もクールに断っていましたが、トイレに駆け込んで笑顔になっていましたから、おそらく妹とは知らずに彼女だと勘違いしてしまったという展開なのではないでしょうか?

この2人の関係にも注目ですね!!!

 

そして予告編のラストでチカが「大人になると言えないことがたくさんある。甲斐の秘密が気になるな」と言っているシーンがありました。

この掛け合いのシーンで、ちょっと東京ラブストーリーを思い出してしまいました!

意外と2人でプライベートな話をしているシーンがなかったので、これも過去の名作を見ているファンなら見どころのひとるではないでしょうか。

 

月9ドラマ「スーツ」の初回視聴率は14.2%、その後も第2話は11.1%、10月22日放送の第3話では10.3%と好調ですね!

この後、織田裕二さんと中島裕翔さんの結束もどんどん強くなっていくと思うので、どのように勝利に導いてくれるのかしっかり見届けたいと思います!

『SUITS/スーツ』4話

<放送日時>2018年10月29日月曜日 21時00分~

まとめ

甲斐と大輔のコンビの結束もさらに深まっていきそうな3話。

甲斐がどんな手段で事件を解決に導くのか目が離せません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

 

SUITS/スーツ見逃し動画(4話)無料視聴方法!フジ月9ドラマ
獣になれない私たち(3話)動画見逃し無料視聴はpandoraよりココ
下町ロケット2 動画(3話)無料視聴!pandoraよりいい方法を紹介

 

関連記事

SUITS/スーツのロケ地&目撃情報まとめ【更新中】月9ドラマ

月9ドラマ SUITS/スーツのキャスト相関図とあらすじと主題歌は

SUITS/スーツ(1話)動画の見逃し無料視聴方法を紹介|フジ月9ドラマ

スーツ(ドラマ)の視聴率まとめ!1話〜最終回まで更新中

小手伸也の若い頃や声に注目!コンフィデンスマン五十嵐役も

コンフィデンスマンJP|動画の無料視聴方法を紹介【1話 〜最終回】

黄昏流星群のあらすじとキャスト相関図&主題歌を紹介!藤井流星

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です