ストロベリーナイトサーガ 1話ネタバレあらすじと感想!新キャストの評判は

 

こんにちは。スリアです☆

2019年4月11日(月)にフジテレビ系でドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』1話が放送されました。

前作では際どい描写も多々あり話題となった作品ですが、キャストを一新しての今回はどんな内容になっているのか楽しみですね。

姫川玲子を演じるのは二階堂ふみさんなので、きっと抜群の演技力を見せてくれるのではないかと思います。

 

さっそくネタバレあらすじと感想をご紹介していきます。


▼FODで1話から最終回まで配信中▼

「ストロベリーナイトサーガ」動画はこちら

 

FODではミラーツインズの他にも、春の新ドラマ・窪田正孝さん主演「ラジエーションハウス」、松坂桃李さん主演「パーフェクトワールド」、藤ヶ谷太輔さん主演「ミラーツインズ」も配信中です。

ストロベリーナイト・サーガ 1話のネタバレあらすじ

 

ストロベリーナイトサーガ1話のネタバレあらすじをご紹介します。

姫川班の新入り

警視庁捜査一課の菊田和男(亀梨和也)は姫川玲子(二階堂ふみ)率いる第十班の配属となります。

現在捜査に当たっている事件は水元公園の溜池付近で死体が発見された事件でした。

被害者は金原太一。死因は出血性ショック死。

 

捜査会議が始まっても菊田の上司である姫川は姿を現しませんでした。

姫川の姿がないことに捜査員の中でも声が上がっていたところ、ようやく姫川は姿を現します。

そしてそのまま会議を遮り、自分の持論を展開させていくのです。

 

死因とは無関係の無数に付けられた傷。

その傷は死後に付けられたものだと姫川は主張します。

その傷を付けた目的を姫川は池に沈めるため、と言うのです。

本来であれば重石も何もなければ人間の身体を池に沈めることは難しい。

しかし沈める前に浮き輪がわりになる内臓に傷が付いていれば話は別だと。

姫川の持論では殺した犯人と死体を池に沈めようとした人物は別にいると言うのです。

その、池に沈める役割であったろう人物も姫川は探し当てていました。

 

深沢というその人物は事件よりも前に亡くなっていましたが、その死因は寄生虫が元となったものでした。

姫川はその寄生虫を宿してしまったきっかけが事件現場付近の溜池だったと主張します。

およそ泳ぐ人がいないであろう溜池に「遊泳禁止」の立て札があることから着想を得て、深沢は今回の事件に関わる前に別の誰かをあの池に沈めているはずだ、と断言するのです。

かくして姫川の言うとおりに池から死体は発見されます。

菊田の歓迎会、と称した飲み会で、池から死体が見つかってよかったと心底安心した声を上げる姫川。

 

それから姫川班の自己紹介が始まります。

石倉保巡査部長(宍戸開)、湯田康平巡査(中林大樹)、大塚真二巡査(重岡大毅)。

そしてなぜかそこに所轄の刑事井岡(今野浩喜)もやってきます。

「玲子ちゃん」と姫川を呼んで懐く井岡は自分も姫川班のひとりだと言って。

 

捜査を進める中で、姫川たちは深沢の妹・ゆかりの存在を知ります。

精神科に入院しているというゆかりに事件のことを何か知らないか確認しにいく姫川たちでしたが、担当医から面会を拒まれてしまいます。

何とか隙を見てゆかりの病室へ向かった姫川でしたが、ゆかりの異様な様子に思わず声をかけることはできなかったのでした…。

ストロベリーナイトとは?

捜査を進めるうちに、深沢の手帳に書き込まれていた「SN」という文字について、大塚が有力な情報を掴んできます。

それは「ストロベリーナイト」というサイトでした。

殺人を見世物にするようなサイトで、その殺害の仕方が今回の事件と似ていることから姫川班はそのストロベリーナイトについて調べを進めていくことにします。

尊敬する姫川に自分の意見が取り入れられた大塚はことさらに張り切り、捜査で組んでいた所轄の刑事・北見(坂東龍汰)に単独行動をさせてくれ、と頼みます。

 

ひとりになった大塚はかつての縁から情報屋の辰巳にストロベリーナイトに参加している人物のことを調べてほしい、と頼みます。

大塚からの依頼を請け負った辰巳でしたが、調べた結果を大塚に渡しながらも、この案件からは手を引いた方がいいと忠告します。

そんな言葉を聞きながらも辰巳の調べてくれた情報を眺める大塚。

使用されていないライブハウスに呼び出された大塚はそこで殴られ、情報を奪われた結果、頭を銃で撃ち抜かれて殉職してしまいます。

大塚のためにも、と奮起してさらに捜査を進めていく姫川たち。

姫川は大塚の代わりに北見と組んで捜査を行なっていきます。

姫川にはライバルのような存在がいます。

ガンテツと呼ばれる、姫川を小娘扱いしなおかつ姫川の過去をも知る男・勝俣(江口洋介)。

そんな勝俣と競いあうようにしてようにして捜査を進めていきます。

驚くべき犯人

そんな中、辰巳から姫川へ連絡が入ります。

姫川の代わりに菊田が辰巳の元へ。

そしてそれから勝俣へもストロベリーナイトの黒幕の名前が知らされていました。

そして姫川も独自の感覚から犯人と対峙していました。

そう、黒幕は姫川と捜査を行なっていた北見、その人だったのです。

 

豹変したように姫川を襲い拘束した北見。

そこにさらなる驚愕の人物が現れます。

入院しているはずのゆかりでした。

 

北見はゆかりをストロベリーナイトのヒロインだと言います。

ゆかりは幼いころから虐待にあっていた自分を汚いものだと思い、精神を崩壊させていたのです。

人の喉をカッターナイフですっぱりと躊躇なく斬り裂けるほどに。

けれど北見に撃たれそうになった姫川を助けてくれたりとある意味で無垢でした。

そうして、北見を捕まえようとする乱闘の最中に菊田と勝俣が到着し、事件は終着を迎えるのです。

 

事件後、大塚が死んだ現場へ結末を報告しにいく姫川。

かつて大塚に問われた刑事になった理由について、自分が犯罪被害者であることを語るのでした。

そのときに親身になってくれた警察官に影響を受けたのだと。

けれど勝俣は姫川に言うのです。

少ない情報で推理しそれが当たるのは犯人たちと近い思考回路をしているからだ、と

だから姫川のことが怖い、とも…。

 

これで第1話は終わります。

ストロベリーナイト・サーガ 1話を見た方の感想

ストロベリーナイト・サーガの1話を見た方の感想をご紹介します。

刑事ドラマが好きで、今まで様々な刑事ドラマを見てきました。

もちろん、昔のストロベリー・ナイトも拝見しました。

 

姫川が刑事になるキッカケや、警察内での扱われ方などは以前のままなので、懐かしい気持ちで見ました。

 

前回の竹内さん演じる姫川の印象が強いので、どうしても違和感を感じてしまいますが、他のメンバーも一新しているため、ストーリーが似通った別のドラマと思えば受け入れられました。

 

ストロベリーというタイトルから、何か可愛いものがあるのかと想像してしまいますが、前回と同様、若干グロテスクなシーンが多い刑事ドラマだと感じます。

 

今回も血が噴き出るシーンが何度も流れましたね。

 

まだご飯食べてなかったので良かったですが、これから食事中に見ないよう気を付けます。

 

同僚が殺されるシーンは、初回だったこともあり、人物像があまり描かれていない中での殉職だったことから、感情移入することができなかったのが残念なところです。

 

犯人が警察内部の人間というのは刑事ドラマの王道なので、途中から犯人が誰かなんとなくわかってしまいましたが、それを含めても面白い作品でした。

 

(ちびまるたさん/28歳/女性)

 

【放送前に】ストロベリーナイト・サーガの見どころは?

ドラマ好きの方々からオンエア前に、ストロベリーナイト・サーガの見どころや期待することなどを教えていただきました。

原作は、大ベストセラーの「姫川玲子シリーズ」で、「ストロベリーナイト」の新シリーズということで、楽しみです。

二階堂ふみさん演じる、女性刑事の姫川が直感と、飛躍した思考力、行動力があるそうなので、どんな活躍をするのか期待できます。

亀梨和也さん演じる菊田は、姫川の年上の部下であるので、二人の関係がどんな風になるのか楽しみです。

姫川の天敵である勝俣との関係も気になります。

 

(かなこさん/40歳/女性)

原作で愛され、2010年からドラマや映画で親しまれ人気を博した作品が平成から新元号に変わるこの時に人気俳優主演で新たに始まることでさらに人気度や注目度が上がる作品になるのではないかと期待しています。

 

ひとりひとり考える正義の意味を事件や捜査などを通し知っていければと思いました。

新たなキャスト人を迎える期待の作品なのですごく楽しみです。

 

(りっかさん/28歳/女性)

 

▼最終回まで動画を見逃し配信中▼

FODで「ストロベリーナイト・サーガ」動画を無料視聴する

 

ストロベリーナイト・サーガ 1話のあらすじ

警視庁捜査一課の菊田和男(亀梨和也)は、第十係、姫川玲子(二階堂ふみ)が率いる通称“姫川班”への勤務を任命された。

折しも、捜査一課は亀有北署に『水元公園内殺人・死体遺棄事件特別捜査本部』を立てていた。

捜査本部に向かった菊田は着任の挨拶をしようとするのだが、肝心の玲子の姿がないまま、捜査会議が始まってしまう。

管理官の橋爪俊介(岡田浩暉)とともに現れた係長、今泉俊介(山口馬木也)が事件の経緯を説明。

水元公園の溜池付近で死体が発見される。

被害者は金原太一という営業マンで、死因は出血性ショック死。

凶器は薄型の刃物で、被害者の体には無数の傷がつけられていた。

しかし、多くの傷は死因とは無関係で、致命傷は喉元の頚動脈を切断されたことと推定されている。

さらに、死後、みぞおちから股関節までを切開されていた。

捜査官の質疑が始まる頃、ようやく玲子が姿を現す。

玲子は到着するなり、話があると会議を遮った。

呆れる橋爪をよそに今泉が促すと玲子は自分の見解を話し始める。

玲子は被害者が死後に腹を割かれたのは、池に沈めるためだと指摘。

今回、沈めることが出来なかったのは、犯人側にトラブルが発生したためだと言う。

そして、この事件のひと月前に同公園の溜池にしか存在しない寄生アメーバに感染して死亡した男がいると告げた。

そして、玲子はその池には腹部を割かれた別の犠牲者がいると言い切る。

溜池を再捜索すると新たな死体が発見されて…。

出典:https://www.fujitv.co.jp

 

ストロベリーナイトサーガ キャストと相関図

出典:https://www.fujitv.co.jp

 

前作のファンからすると、新作では誰があの役をするのか?が気になるところですよね。

そこで新作のキャスト紹介と、前作との比較もしてみました。

 

姫川玲子 役/二階堂ふみ(前作:竹内結子)

菊田和夫 役/亀梨和也(前作:西島秀俊)

石倉保 役/宍戸開(前作:宇梶剛士)

湯田康平 役/中林大樹(前作:丸山 隆平(関ジャニ∞))

大塚真二 役/重岡大毅(ジャニーズWEST)(パイロット版:桐谷健太)

今泉春男 役/山口馬木也(前作:高嶋政宏)

橋爪俊介 役/岡田浩暉(前作:渡辺いっけい)

國奥 定之助 役/伊武雅刀(前作:津川雅彦)

勝俣健作 役/江口洋介(前作:武田鉄矢)

北見昇 役/坂東龍汰(パイロット版:林遣都)

井岡博満 役/今野浩喜(前作:生瀬勝久)

 

原作:誉田哲也「姫川玲子シリーズ」(光文社)
脚本:徳永友一、ひかわかよ、関えり香
主題歌:Rain/亀梨和也

 

まとめ

『ストロベリーナイト・サーガ』1話ののネタバレあらすじをご紹介しました。

 

もし見逃した方も、1話の見逃し動画を無料で視聴する方法があるので大丈夫!

❶放送後1週間以内は、まずティーバーで見逃し配信をチェック。

 

❷放送から1週間以上経っている場合は、FODプレミアム で無料視聴できます!

 

▼1話から最終回まで配信中▼

「ストロベリーナイト・サーガ」動画はこちら

 

FODではミラーツインズの他にも、春の新ドラマ・窪田正孝さん主演「ラジエーションハウス」、松坂桃李さん主演「パーフェクトワールド」、藤ヶ谷太輔さん主演「ミラーツインズをはじめ、過去のフジテレビのドラマが無料でイッキ見できるのでおすすめ!

FODで人気の見放題作品

 

※2019年4月時点

 

目障りな広告やCMもナシで快適に見られるので、ぜひ無料お試しを利用してみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

ラジエーションハウス 動画1話の無料視聴はこちら|ネタバレ感想と見逃し配信情報

 

関連記事

【動画あり】「私の男」二階堂ふみの濡れ場シーンの無料視聴方法を紹介

RIDE ON TIME動画 KAT-TUN1話の無料視聴はココ【11月30日見逃し】

トレース科捜研の男 10話動画無料視聴はこちら。見逃し配信

スキャンダル専門弁護士QUEEN 動画最終回の無料視聴はこちら。ネタバレ感想も

後妻業 動画最終回の無料視聴はこちら。結末ネタバレと感想も

絶対正義 動画最終回8話の無料視聴はこちら。結末ネタバレと感想も

Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です