スキャンダル専門弁護士QUEEN 8話ネタバレ。不正論文の真相と謝罪会見

 

こんにちは。スリアです☆

2019年2月28日(木)にフジテレビ系で放送のドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』8話のネタバレあらすじと感想をご紹介します。

 

8話のクライアントは大学の研究室で画期的な検査キットを開発し、マスコミから注目される女性研究者。

しかし不正論文疑惑が浮上し、ネット上でバッシングを浴びてしまいます。

パワハラや男尊女卑が日常茶飯事の大学研究室で、何が起こったのでしょうか?

どうやら論文の盗用が見つかり、氷見たちは謝罪会見を開かせるようですが、なぜ不正が起こったのか真相が気になりますね。

 

さっそく8話のネタバレあらすじをご紹介します。

 


▼FODで1話から最終回まで見逃し配信中▼

「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」動画はこちら

 

3年A組 1話の動画無料視聴はこちら|1月6日見逃し配信
スキャンダル専門弁護士QUEEN 動画4話の無料視聴はこちら。見逃し配信
家売るオンナの逆襲 動画4話の無料視聴はこちら|見逃し配信1月30日

スキャンダル専門弁護士 QUEEN(8話)ネタバレとあらすじ

2019年2月28日(木)にフジテレビ系で放送のドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』の8話のネタバレあらすじです。

画期的な医学界ベンチャー企業

本日のニュースの話題は帝都医大に通いながらもベンチャー企業を立ち上げた和久井純菜。

髪の毛一本で200の疾患の検査ができるキットの開発を行う「FINISIS」(フィニシス)は純菜と、共同研究者の柏木さつきで立ち上げたものでした。

 

そんな中、純菜の過去の論文で不正があったとネット上で大騒ぎになります。

大学側は改めて論文を確認し、フィニシスの開発内容についても精査をする必要があるだろうと会見を開きます。

 

鈴木事務所に純菜が依頼にやってきます。

今回の騒動で今まで築き上げたコネクションが全てなくなってしまいそうだ、研究を完成させるためにも誤解を解いて資金を集めないと、とにかく研究を進めたいのだという純菜。

医学会にはまだまだ男尊女卑の風潮も残ってるんでは…という与田にうちは特にひどいと純菜はこぼします。

セクハラ、パワハラは当たり前。

「研究室に面倒なんだ、予算をかけても結婚したら家庭に入るだろうし、そのくせ批判すると泣き出す」という教授すらいる始末なのだと。

 

帝都医大は血液検査に力を入れているため、純菜たちの研究が成功すると自分たちの利益が脅かされると思っているのだろうと推測します。与田とともに大学へと赴く氷見。

共同研究者のさつきにも話を聞きます。さつきは研究を好きな環境で好きなようにやって結果を出すのが自分の役割だと言っていました。

この研究にはとてもお金がかかるから純菜には世間を騒ぎ立たせるよりも資金を集めて欲しいのだとさつきは言います。

 

純菜は資金集めに、さつきは研究を進めることに必死すぎて周りが見えていない、と今後の方針をどうして行くかを検討する氷見と与田。

目指すゴールは研究の実用化、そしてそのために研究を、フィニシスを守ること。そう考えた氷見は帝都医大の理事長・楽山に会いに行きます。

 

純菜たちの研究が進めば大学にとっても名誉なことなのになぜ批判をするのかと問いかける氷見に楽山は疑義が出て来たからには調査をするのは当然だと言います。

女性を軽んじるような理事長の発言に与田は思わず声を荒げかけます。

「女の研究は大抵頓挫する」と決めつけたようなことを言ってきたのですから…。

 

事務所に戻ってきた氷見に真野は純菜の過去の論文が一部盗用だったことを告げます。

研究を続けるため、過去の論文に関して謝罪会見を開かせる氷見たち。

会見に向かう純菜にグレーのジャケットを差し出す氷見。

グレーには気持ちを穏やかにする効果がある、と言います。

与田も真実だけを話せば大丈夫だと純菜を励まします。

混乱するクライアント、本当に望むものは

そして会見の場。

過去の論文の引用に一部不備があったことを謝罪する純菜に

会見に参加していた東堂からの質問が飛びます。

過去の論文のことはわかった、けれどフィニシスの研究についてはどうなんだ、

例えばまだ完成の目処が立っていないのに、完成間近と謳って膨大な出資を募ってしまったとか、と煽るような問いかけをする東堂。共同研究者の言質はとってあると、タブレット端末でさつきが「研究の目処が立っていないのに純菜が強引に進めてしまった」という証言をしている動画を流します。

 

その様子をテレビで見ていた楽山の元には真野が掃除婦としていました。一学生が大学に歯向かうからこうなる、大学は理事のものなんだ、と。

 

そもそも世の中は女の医者や研究者なんて求めていない、うちは入学試験のときからしっかりとケアをしているからね、と言い切ります。一方会見現場は騒然としていました。

さつきの動画を見て、説明を求める記者たちにうまく答えることができない純菜。

さつきはその様子を鈴木事務所で藤枝とともに見ながら「これでよかったんですよね…?」と呟きます。フィニシスの研究を守るためだ、もう手は打ってあるとさつきを安心させるように言います。

 

まさかさつきが裏切るなんて…と呆然とする純菜に、会見が裏目に出てしまったことを謝罪する与田。

今からでもフィニシスの研究は完成間近なんだと訂正を入れてくる、今よりも資金が集まればあと半年で完成するといきり立った純菜に氷見は完成の目処が立っているからと言ってそれは完成ではない、これ以上の発言をすると取り返しのつかないことになってしまう、とフィニシスの事業を中止することを氷見は提案します。

 

今まで積み上げてきたものを捨てるわけにはいかない、女ってだけで否定されるって大学であと一歩ってところまでやってきたのだと興奮する純菜へ一旦冷静になろうと与田に純菜を送らせます。

なぜ共同研究という形にしたのか、と訊ねる与田にさつきのために客寄せパンダになっただけだ、と純菜は言います。

純菜が本当に医学会で本当に成し遂げたいこと、それはフィニシスの研究を成功させて女性が医学会でも不利にならずしっかりと活躍できるということを証明することでした。

けれど記者の挑発に乗ってしまった今、ほとぼりが冷めるのを待つしかないという与田。

 

そんな中、さつきの論文がアメリカの研究機関に認められ、

アメリカで研究を進められるようになりました。

 

フィニシスの権利はさつきに譲り、さつきを新たな代表者とすることになっていたのです。

失意の中、研究室に来た純菜。その机には純菜宛の封筒が…。

純菜を呼び出したのは、村西でした。純菜にはフィニシスの代わりにやって欲しいことがあるのだと。

本当に成し遂げたいことへの第一歩

純菜は改めて会見を開くことになりました。

自分はフィニシスの研究から降りることにしたけれど、どうしても聞いて欲しいことがあるのだと先日氷見たちが楽山に会ったときの音声を流します。帝都医大には女性差別が蔓延しているのだと。

さらに入学試験でも女性の点数を一律減点し合格者を増やさないようにする一方で、政府からは女性活躍に関する補助金を受けていた、と。

 

しかし女だからと言って不利になる世の中は変えていかなければならない、今後自分のような思いをする後輩を出さないために尽力していきたいと宣言し、純菜は会見会場を後にします。

 

村西は外部理事として楽山に帝都医大を任せるわけにはいかないと、純菜を理事に推したのです。

過去の論文についても盗用部分に引用許可は下りていたのだという記事も出ていました。

 

けれど与田は今回も関与してきた村西、そしてその奥にいる吾妻と氷見がつながりを見せていることがどうしても気になってしょうがなかったのです。

氷見のデスクからひとつの記事を見つける与田。それは帝都医大の裏口入学に村西、そして吾妻が関連しているというもの。

純菜を理事に推す代わりに氷見がその記事を塗りつぶした、クライアントを吾妻のために利用しているんだろうと声を荒げる与田。

 

そんな時に、氷見のスマホを鳴らしたのは東堂でした。

メール送っときました、と言う東堂のそれを開いてみると握りつぶしたはずの裏口入学の記事が…。

さすが与田ちゃんだね、と言い残し氷見は事務所から出て行ってしまいます。

 

これで第8話は終わります。

 

▼FODで1話から見逃し配信中▼

「スキャンダル専門弁護士QUEEN」動画はこちら

 

スキャンダル専門弁護士QUEEN 8話の感想

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』8話を見た方の感想をご紹介します。

帝都大学理事の楽山の子宮の話にものすごく腹が立ちました。

 

「女は子宮があるからうちにいていい」なんて、心が腐ってるなと感じました。

 

男は働くために子宮がないと思ってるくらいだから、子宮のある女性に仕事で負けることがイヤなだけのお子ちゃまなんだろうなと思いました。

 

氷見さんたちの作戦のおかげで、純菜が女性差別を暴露して、楽山が追放されたのにはとてもスッキリしました。

 

まさか純菜が次の理事になるとは思わなかったけど、これで純菜の言っていた通り、男尊女卑の大学内部を変えていけそうな気がして嬉しく思いました。

 

だけど、これも全部氷見さんが吾妻の裏口入学関与をもみ消すためにしたことなんだと思うとなんだか複雑な気持ちになりました。

 

氷見さんが何を考えているのか全くわからなくてモヤモヤします。

 

(えりなさん/29歳/女性)

反抗せずに謝罪会見を行ったのが意外な展開でした。

 

和久井純菜は、フィニックスという研究の成果を出すためにメディアに出演したのですが、世間からバッシングを受けてしまったところはとても残念でした。

 

論文を盗作していると言わてバッシングを受けたのですが、そのことを認めてメディアで謝罪することに、氷見達から言われて反抗せずに引き受けることになったのがとても意外でした。

 

純菜がこれまでしてきたことが無駄になってしまわないように、氷見達がしっかりと裏で動いていたのがとてもかっこ良かったです。

 

そのこともあり、純菜は女性という立場で大学から嫌がらせを受けていたけれど、理事になり大学を変えていくことができる存在になったのがとても素敵だと感じました。

 

(檸檬さん/23歳/女性)

 

▼FODで1話から見逃し配信中▼

「スキャンダル専門弁護士QUEEN」動画はこちら

 

スキャンダル専門弁護士QUEEN 8話の見どころは?

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』を見ている方から、オンエア前に8話の見どころをお寄せいただきました。

男尊女卑の大学研究室で何が起こったのか。不正に至った理由も気になる。

 

大学で医療ベンチャーの研究をして活躍している純菜の過去の論文に不正があったとネットで叩かれるそうなので、それが真実かどうなのかが気になりました。

 

純菜のパートナーのさつきが、忙しいからと話をしようとしないところもなんだか怪しいような気がします。

結局論文には盗用が見つかるそうですが、純菜はそんなことしていないんじゃないかなと予想しました。

 

かなりの男尊女卑の現場だそうなので、誰かが純菜を妬んで、さつきに純菜の論文に不正するように仕向けたんじゃないかなと予想しました。

 

(ダーダさん/29歳/女性)

どんな謝罪会見をするのか注目!純菜ファンの藤枝の反応も気になります。

 

有名な研究者である純菜が論文を盗作していたことが判明してしまうため、どうなるのかとても気になります。

 

パワハラは当たり前の男尊女卑の大学理事長の存在も気になりますが、誰かに仕組まれた罠かもしれないし、純菜はそう簡単に論文を盗作したなんて認めたりしないと思います。

 

氷見と与田は不正が明らかになった純菜にどんな説得をするのか、どんな謝罪会見をさせるのか?

 

また藤枝が純菜のことをファンなので、また氷見と与田にからかわれてしまうのではと予想しています。

 

(ririさん/23歳/女性)

 

▼『スキャンダル専門弁護士QUEEN』が1話から見逃し配信中▼

「スキャンダル専門弁護士QUEEN」動画はこちら

 

スキャンダル専門弁護士QUEEN(8話)あらすじ

ニュース番組を見ている氷見江(竹内結子)、与田知恵(水川あさみ)、藤枝修二(中川大志)、真野聖子(斉藤由貴)たち。氷見がチャンネルを換えようとすると藤枝が止めた。

番組で特集しているのは医療ベンチャー『フィニシス』を立ち上げた帝都医科大学の研究者、和久井純菜(森矢カンナ)。純菜は共同研究者の柏木さつき(伊藤麻実子)と髪の毛1本で様々な疫病が判別出来るという検査キットを開発し、いまメディアからも注目の的だ。

藤枝は純菜が帝都医科大学では珍しく女性で成功している研究者だと、氷見たちに向かって褒め称える。 スキャンダル専門弁護士 QUEENスキャンダル専門弁護士 QUEEN そんな純菜がネットで叩かれる。彼女の過去の論文に不正があったと疑われ、検査キットも嘘ではないかとネットニュースになったのだ。

純菜は鈴木法律事務所に助けを求めて来る。氷見はまず大学の様子を純菜に尋ねた。純菜によると、大学は男性優位で女性にはセクハラやパワハラは日常茶飯事らしい。

『フィニシス』の件も、大学側にとっては女性である自分たちが活躍することが目障りなのではないか、と言う。次に氷見はパートナーのさつきのことを聞く。

純菜はさつきには才能があり、とにかく研究に専念したいタイプなので、自分は彼女が研究に没頭出来る環境を作っていると答えた。 スキャンダル専門弁護士 QUEENスキャンダル専門弁護士 QUEEN 氷見と与田は帝都医大を訪ねる。

さつきに話を聞くが、研究のことしか考えていなかった。

大学理事長の楽山大作(長谷川初範)も純菜の言葉通り、男尊女卑の塊のような人物だった。

事務所に戻ると真野が純菜の論文に盗用があったことを突き止めていた。

氷見たちは、論文についての謝罪会見を純菜に開かせることにする。

出典:https://www.fujitv.co.jp

 

Sponsored Links


スキャンダル専門弁護士QUEEN キャストとスタッフ

氷見 江/竹内結子

与田知恵/水川あさみ

藤枝修二/中川大志

東堂裕子/泉里香

鈴木太郎/バカリズム

真野聖子/斉藤由貴

 

脚本:倉光泰子、三浦駿斗

主題歌:YUKI『やたらとシンクロニシティ』

オープニングテーマ:milet

音楽:SOIL&”PIMP”SESSIONS、田熊理秀、ハセガワダイスケ

演出:関 和亮、横尾初喜、山岸聖太、戸塚 寛人

 

スキャンダル専門弁護士QUEEN 8話までの視聴率

・1話(2019年1月10日放送)視聴率9.3%

・2話(2019年1月17日放送)視聴率5.8%

・3話(2019年1月24日放送)視聴率6.4%

・4話(2019年1月31日放送)視聴率7.1%

・5話(2019年2月7日放送)視聴率7.3%

・6話(2019年2月14日放送)視聴率6.8%

・7話(2019年2月21日放送)視聴率6.2%

・8話(2019年2月28日放送)視聴率ー%

まとめ

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』8話のネタバレあらすじと感想をご紹介しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

 

❶放送後1週間以内は、まずティーバーで見逃し配信をチェック。

 

❷放送から1週間以上経っている場合は、FODプレミアム で無料視聴できます!

 

▼『スキャンダル専門弁護士QUEEN』が1話から見逃し配信中▼

「スキャンダル専門弁護士QUEEN」動画はこちら

 

「スキャンダル専門弁護士QUEEN」以外にも、現在放送中のドラマ「トレース科捜研の男」や過去のフジテレビのドラマが無料でイッキ見できるのでおすすめ!

目障りな広告やCMもナシで快適に見られるので、ぜひ無料お試しを利用してみてくださいね。

 

トレース科捜研の男 1話の動画無料視聴はこちら。見逃し配信
イノセンス冤罪弁護士 動画1話の無料視聴はこちら|見逃し配信1月19日
グッドワイフ動画 1話の無料視聴はこちら。見逃し配信(日本版TBSドラマ)
3年A組 1話の動画無料視聴はこちら|1月6日見逃し配信

 

関連記事

後妻業 動画 1話の無料視聴はこちら。見逃し配信1月22日

ドラマ この恋はツミなのか!?(1話)動画見逃し無料視聴はこちら

コンフィデンスマンJP|動画の無料視聴方法を紹介【1話 〜最終回】

いだてん1話のネタバレあらすじと感想。顔面の血が歌舞伎メイク

ドラマ「ゆうべはお楽しみでしたね」動画無料視聴はこちら。

映画「斉木楠雄のΨ難」動画の無料視聴はこちら。福田雄一監督作品

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です