スキャンダル専門弁護士QUEEN 3話ネタバレ感想。殺害の真犯人は

 

こんにちは。スリアです☆

2019年1月24日(木)にフジテレビ系で放送のドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』3話のネタバレあらすじと感想をご紹介します。


▼FODで『スキャンダル専門弁護士QUEEN』が1話から見逃し配信中▼

「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」動画はこちら

 

3年A組 1話の動画無料視聴はこちら|1月6日見逃し配信
スキャンダル専門弁護士QUEEN 1話動画無料視聴はこちら。見逃し配信

スキャンダル専門弁護士 QUEEN(3話)ネタバレとあらすじ

2019年1月24日(木)にフジテレビ系で放送のドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』の3話のネタバレあらすじです。

 

仰天の依頼客登場

フィギュアスケートの大会で金メダルを獲得し、記者会見を行った相馬紀子。

しかしその後に映ったのは点々と落ちた血痕。

その先に血を流し、倒れている男性とその側でナイフを握ったま立ち尽くす紀子でした…。

 

休みがないと愚痴る氷見や与田をよそに、依頼人は待ってはくれません。

今回の依頼者はフィギュアスケート金メダリストの相馬典子。

マネージャーやコーチとともに現れた彼女の相談内容は何とも驚くべき内容でした。

紀子の婚約者・塚越健太がナイフで殺害されてしまい、第一発見者であり、凶器にも指紋のついていた紀子は警察から有力な容疑者として見られてしまいます。

けれど、気が動転して思わず凶器を触ってしまっただけで殺してはいない、凱旋パレードが終わったらすぐにでも拠点としているアメリカに帰りたいから何とかしてくれと頼む典子に、新しい被害者を見つけましょう、と請け負う氷見。

 

紀子のほかに有力な被害者と見られているのは、紀子のライバルで

人気を二分するほどの存在・青山リナ。リナのメイクポーチが健太の家の

バスルームに置かれていたのです。

リナと健太の間には男女の関係があっただろうと推測する鈴木事務所の面々。

 

氷見たちはリナへ会いに行きます。

健太とはどういう関係だったのか問う氷見に躊躇なく付き合っていた、と答えるリナ。

健太はちゃんとしてくれる、と言っていたというリナへ「さすが銅メダリスト。根拠もないのにすごい自信」と氷見は煽るようなことを言います。

それに反発するように健太とのメッセージ画面を見せつけるリナ。

その画面をこっそりと写真に撮り、情報操作のため拡散させていく氷見。

 

一方の紀子ですが、なんとリナと健太が付き合っていたことは知っていました。

けれど本気ではなかったから容認していたと。

オリンピックが終わったら結婚しようと言われていてそれを目標にずっと頑張ってきたという紀子は自分が殺すわけがない、だから早くアメリカに帰らせて欲しいと声を荒げます。

その必死な様子にまだ何か隠していることがあるのではないか、と氷見と与田は確認します。

この状況でアメリカへ帰ってしまえばまるで逃げたような印象になってしまうから、と。

少し迷った挙句に、母が末期ガンのため早く帰ってメダルを見せたいのだと紀子は言いました。

降って湧いてくる問題たち

ところが状況は一変します。

青山リナがテレビに出演し、涙ながらに訴えるのです。

健太と付き合っていたことに対して、典子には悪いと思ったけれど好きになってしまったからしょうがない、「相馬さんは金メダルをとったから疑われないんですか?金メダルを取った人ってそんなに偉いんですか」と言葉を重ねます。

それは世間の声を代弁するようなものでした。

案の定、リナを支持する声が増え始めました。

 

そんな中で新たな問題が浮上します。

以前氷見たちが公表させないようにした、「林議員の息子のセクハラ」というネタを

セクハラを受けていた東堂が公表するというのです。

別のネタを掴ませることでそれをもみ消していたため、公表することは東堂も氷見たちも危うくするというのに突然すぎるその動きに氷見たちは紀子の案件と東堂の対策、どちらも行わなければいけなくなってしまいました。

 

その頃。

リナに会いに行ったときに藤枝を気に入っていた様子だった、フギュアスケート選手・フェルナンドの部屋へ連れて行かれた藤枝。

そして彼から、典子はリナに追いつかれることをとても恐れていたということを聞きます。

そして、典子が金メダルを取った試合の前に薬を飲んでいたことも判明しますが、データを見るに、ドーピングの判定は陰性。

 

そんな中、氷見たちの元に逮捕の動きが早まるとの連絡が入ります。

それをどうにかしようと、氷見は情報操作のため紀子の幼少期の映像をテレビで流します。

娘の夢を叶えるために厳しく接する母親。シングルマザーながら娘の夢を叶えようと必死になる姿は世論を味方につける、警察は世論を無視できない、とあんな映像を流す必要があるのか、と抗議した紀子に氷見はにっこりと笑うのでした。

囚われていたもの

ところが紀子の元に母親が急変したとの連絡が入ります。

急いでアメリカへ向かおうとした紀子は、悲しいことにそのタイミングで警察に捕まってしまいます。

けれど謁見も拒否し、黙秘を続ける紀子。

 

どうにか助けてやりたい、との気持ちを深めた氷見は紀子と面会し、

「あなたの一番守りたいものは何ですか?」と問いかけます。

氷見の推測はこうでした。

紀子は健太を殺すことは不可能。

なぜならその時間、紀子は審査員のひとりとともにいたからです。

金メダルを取るために審査員と身体の関係を持つために。

 

そんなにも母親の期待に答えることが大事なのか問われた紀子は、しばらくごまかしを続けていましたがたまらなくなったのか泣きじゃくりながらどうすればよかったのか、と氷見に言い返すのです。

 

幼い頃から母親にスケートを取ったら何もない、と言われ続けていた。

実際、周りもスケートを通してしか自分を見てくれなかった。

そんな紀子を健太は唯一紀子自身を見てくれていたのに、その唯一を裏切ってしまった自分。

 

それでもやっぱり金メダルを手に入れたかったのだと。

心残りは、汚い手段で勝ち取ったメダルを母親がどういう顔をして見るのかそれが見届けられないことだと紀子は言うのです。これ以上の復讐はないだろうと。けれど諦めたように笑う紀子に氷見は言うのです。

一番の復讐は紀子が母親の呪縛から逃れることだと。

 

その言葉に感じるものがあったのか、八百長があったことを認め会見を行う紀子。

結局健太を殺害したのはコーチで、審査員と紀子が関係を持ったことを許せずに公表する、と言った健太を殺害したと言うものでした。

 

ここで第3話は終わります。

 

 

▼『スキャンダル専門弁護士QUEEN』が1話から見逃し配信中▼

「スキャンダル専門弁護士QUEEN」動画はこちら

 

スキャンダル専門弁護士QUEEN 3話の感想

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』3話を見た方の感想をご紹介します。

コーチが塚越を殺した犯人だったのが意外でした!!!

 

氷見と与田が忙しくしていると鈴木が招きいれたクライアントはフィギュアスケート選手の相馬とマネージャーの間宮とコーチの渡瀬でした。

 

相馬が世界大会で金メダルを取り記者会見を開いた翌日に婚約者の塚腰の家に行くと婚約者が殺されていました。

第一発見者で凶器から指紋が検出された相馬が重要参考人になり警察の事情聴取を受けます。

 

相馬は気が動転して凶器に手を触れてしまったと無実を訴えます。

しかも2日後に予定している凱旋パレードが終わったらアメリカに戻りたいと言います。

 

氷見らが調べると塚越が相馬のライバルの青山とも交際していたとわかります。

塚越のバスルームに青山の化粧ポーチがあったとわかったのです。

青山は塚越は自分と本気で交際していたと言います。

 

一方、相馬は塚越がオリンピックが終わったら結婚する約束だったと言い、相馬は母が癌なので早くアメリカに帰りたいと言います。

 

犯行当日、夜道を歩いてタクシーに乗って帰ったと言います。

青山はテレビで泣きながら無実を訴えます。

 

藤枝は東堂記者に会い、林議員のネタを売ったらどうなるかと話していると林の仲間というヤクザ風の男に連行されます。

 

ホテルの部屋に行くとフェルナンドがいて相馬が薬物を飲んでいた疑いが出ます。

フェルナンドは相馬より青山のほうがいいメダルを取ると思っていたそうです。

 

氷見は世間に叩かれ、不利な相馬に末期がんの為に頑張ってメダルを取った映像をテレビに流して印象操作をする必要があると言います。

他方、青山は相馬はアフターピルを飲んでいたと言います。

コーチは相馬の男性関係に問題があったと言います。

 

そうなると、青山も怪しいですが、増々、相馬も怪しいと思いました。

そうすると母が危篤だと連絡が入りますが相馬は警察に逮捕されます。

 

氷見は相馬と接見し塚越が相馬の浮気を疑い、審査員と相馬が関係を持ったと氷見が言うと、相馬は審査員と寝たのを認めます。

母親への復讐でもあったと言います。

 

相馬は氷上の女王ではないと記者会見で全て公表し、木村審査員は協会を追放されます。

 

そして、何より、コーチの指示で審査員と関係を結んだ相馬に怒った塚越が公表すると騒いだので、コーチが塚越を殺したのが真実だったとは意外でした。

 

氷上の女王はメダルを取る為に、なんでもしたドロドロの世界に生きていたのです。

 

(ウインターゲームさん/65歳/男性)

愛する人を裏切ってまで手に入れた金メダルに価値はあるの?

 

フィギュアスケートの金メダリスト相馬紀子が鈴木法律事務所を訪れます。

相馬紀子の婚約者塚越健太が殺害されていた。凶器から相馬の指紋が検出された為、容疑者として疑われているという。

被疑者として名前が上がっているのは相馬の他に相馬のライバルフィギュアスケーター青山リナでした。

 

初めはライバルの方が嫉妬から塚越を殺害したと思っていました。

しかし、その後意外な真相が明かされて驚きました。

 

相馬は金メダリストを取る為にオリンピックの審査員の木村と肉体関係を持ってしまっていた。

その事実を知った塚越は裏切られたショックで関係がギクシャクするようになってしまったといいます。

 

愛する人を裏切ってまで、不正に手に入れた金メダルに価値はあるのでしょうか。

今まで沢山の練習をこなしてきて苦労した事が、全て水の泡となってしまうのでないのかと感じました。

 

小さな頃から受けてきたプレッシャーにより、人生が台無しになってしまった事がとても残念です。

 

(いちごさん/35歳/女性)

 

【オンエア前に】スキャンダル専門弁護士QUEEN 3話の見どころは?

婚約者が殺されただけでもショックなのに、自分が犯人だと疑われてしまなんて!

 

氷見たちは殺人事件の案件を担当することになります。

今までは謝罪会見やセクハラ疑惑を扱っていたので、それに比べると大きな仕事だと思います。

 

依頼人はフィギュアスケートの選手でその婚約者が殺害されてしまい、自分が被疑者になってしまったと言うのです。

婚約者が殺されただけでもショックなのに、さらに自分が犯人だと疑われてしまなんてとても可哀想です。

 

疑われた理由は凶器から指紋が検出されたためでした。

凶器に触れたら疑われるのも仕方ないかもしれません。

氷見たちはこの案件をどのように解決していくのでしょうか。

 

氷見たちが所属する危機管理部はチームワーク抜群なので、次回もそのあうんの呼吸が見れることを期待したいです。

 

(たかはさん/38歳/女性)

真実が二転三転して事件の真相になかなか辿り着けずに苦労しそうな予感!

 

トップアスリートの金メダリストのフィギュアスケーターに突如かけられた殺害容疑。被害者はフィギュアスケーターの婚約者でした。

クリーンなイメージで誰にでも愛されていたフィギュアスケーターの突然の殺害容疑に世間は騒然としていました。

 

容疑者に話を聞くも、自分は何もやっていないと犯行を否定します。

そこで容疑者や被害者について調査をする事にした鈴木法律事務所のメンバー達でした。

 

調査していく中でフィギュアスケーターに隠されていた一大スキャンダルを見つけてしまいますが、この部分が今回の話の見どころになりそうです。

 

一体何を隠しているのか。

真実が二転三転して事件の真相になかなか辿り着けずに、鈴木法律事務所のメンバー達は苦労しそうです。

 

(いちごさん/35歳/女性)

 

専門弁護士QUEEN(3話)あらすじ

鈴木法律事務所では、次から次へと舞い込む仕事に氷見江(竹内結子)と与田知恵(水川あさみ)は休みも取れないと愚痴っている。

そんなところに、副所長の鈴木太郎(バカリズム)が新たなクライアントを招き入れた。

マネージャの間宮智也(片山亨)、コーチの渡瀬美央(村岡希美)に伴われて現れたのは、フィギュアスケート選手の相馬紀子(白石聖)だった。紀子の来訪に氷見たちは仰天するも、紀子の依頼内容を聞くと、さらに仰天をすることに・・・。

スキャンダル専門弁護士 QUEENスキャンダル専門弁護士 QUEEN 世界大会で金メダルを獲得し、日本で記者会見を開いた翌日、婚約者である塚越健太(穂満佳佑)の家に向かった紀子。

そこには、何者かに殺害された婚約者の姿が・・・。

第一発見者であり、凶器から指紋が検出さたため、紀子は警察から最有力な被疑者にされてしまったのだ。

しかし、紀子は塚越の遺体を前に気が動転し、思わず凶器に触れてしまっただけで、殺害したのは絶対に自分ではないと氷見たちに主張。

さらに、2日後に予定している凱旋パレードが終わったら、自身が生活拠点としているアメリカにすぐに戻りたいので何とかして欲しい、と助けを求める。

氷見、与田、藤枝修二(中川大志)、真野聖子(斉藤由貴)らは、ひとまず他に被疑者がいないか四方八方を探ることに。

すると、塚越は紀子のライバルとして目下、頭角を現しているフィギュアスケート選手の青山リナ(石田ニコル)とも付き合っていたという事実が発覚し・・・。

出典:https://www.fujitv.co.jp

 

Sponsored Links


スキャンダル専門弁護士QUEEN キャストとスタッフ

氷見 江/竹内結子

与田知恵/水川あさみ

藤枝修二/中川大志

東堂裕子/泉里香

鈴木太郎/バカリズム

真野聖子/斉藤由貴

 

脚本:倉光泰子、三浦駿斗

主題歌:YUKI『やたらとシンクロニシティ』

オープニングテーマ:milet

音楽:SOIL&”PIMP”SESSIONS、田熊理秀、ハセガワダイスケ

演出:関 和亮、横尾初喜、山岸聖太、戸塚 寛人

 

スキャンダル専門弁護士QUEEN 2話までの視聴率

・1話(2019年1月10日放送)視聴率9.3%

・2話(2019年1月17日放送)視聴率5.8%

・3話(2019年1月24日放送)視聴率ー%

まとめ

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』3話のネタバレあらすじと感想をご紹介しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

 

❶放送後1週間以内は、まずティーバーで見逃し配信をチェック。

 

❷放送から1週間以上経っている場合は、FODプレミアム で無料視聴できます!

 

▼『スキャンダル専門弁護士QUEEN』が1話から見逃し配信中▼

「スキャンダル専門弁護士QUEEN」動画はこちら

 

「スキャンダル専門弁護士QUEEN」以外にも、現在放送中のドラマ「トレース科捜研の男」や過去のフジテレビのドラマが無料でイッキ見できるのでおすすめ!

目障りな広告やCMもナシで快適に見られるので、ぜひ無料お試しを利用してみてくださいね。

 

3年A組 1話の動画無料視聴はこちら|1月6日見逃し配信
トレース科捜研の男 1話の動画無料視聴はこちら。見逃し配信

 

関連記事

黄昏流星群(最終回/10話)動画見逃し無料視聴はこちら

ドラマ この恋はツミなのか!?(1話)動画見逃し無料視聴はこちら

コンフィデンスマンJP|動画の無料視聴方法を紹介【1話 〜最終回】

いだてん1話のネタバレあらすじと感想。顔面の血が歌舞伎メイク

ドラマ「ゆうべはお楽しみでしたね」動画無料視聴はこちら。

映画「斉木楠雄のΨ難」動画の無料視聴はこちら。福田雄一監督作品

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です