スキャンダル専門弁護士QUEEN 2話ネタバレ感想。斉藤由貴の息子のクセが凄い

 

こんにちは。スリアです☆

2019年1月17日(木)にフジテレビ系で放送のドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』2話のネタバレあらすじと感想をご紹介します。


▼FODで『スキャンダル専門弁護士QUEEN』が1話から見逃し配信中▼

「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」動画はこちら

 

3年A組 1話の動画無料視聴はこちら|1月6日見逃し配信
スキャンダル専門弁護士QUEEN 1話動画無料視聴はこちら。見逃し配信

スキャンダル専門弁護士 QUEEN(2話)ネタバレとあらすじ

2019年1月17日(木)にフジテレビ系で放送のドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』の2話のネタバレとあらすじです。

新たな案件の始まり

鈴木法律事務所・危機管理部に次なる案件が。

事務所を訪れたのは、大手広告代理店の人事部長・藤原とトップクリエイティブディレクター・谷。

谷による契約社員へのセクハラ疑惑が週刊誌に掲載されたことでかいしゃまえではストライキのようなものが起こされていました。

それをどうにかしてほしいという依頼に、氷見はまず状況把握のためオフィスを見せてほしいと言います。

オフィスに訪れたのは与田と藤森。しかしオフィスに出向き、セクハラについて社員に調査を行うも「自分ではこれ以上発言できない」「上に確認してみる」ばかりで何も情報を得ることができませんでした。

 

一方氷見はセクハラ疑惑を報じた週刊誌の編集部へ。

編集部は被害女性の暴露本の出版も考えているといいます。氷見たちはその被害者の女性・佐藤と会うことに。

実際の被害の状況を聞くに、三年契約社員として働いてきたけれども、「お前の代わりなんていくらでもいる」「体を使った仕事に変えてやろうか」なんて言われていたと打ち明けます。

そういった、女性の立場を守りたい、変えていきたいと佐藤は実名・顔出しの状態でセクハラ被害を訴えました。そのことに対し、ネットはすぐさま炎上していきます。

「売名行為」なんて言葉も出ますが、時を同じくして開設されたブログやあげられてる写真に対しても批判されるように。

 

そんな中、佐藤は氷見たちの事務所へ乗り込んできます。

これはあなたたちが仕組んだことなのかと。ネットでは炎上し、自宅の写真なんかもあげられてしまっている、どうしてくれるんだと言います。

けれど、そんな佐藤にも氷見は動じず少し狙いがあざとかったですね、なんていう氷見に立腹して佐藤は立ち去ります。そして佐藤は次の一手、録音していた音声をテレビ局へ提供してしまうのでした。

聞けば誰もがパワハラだと感じてしまうような「土下座しろ」と迫る谷の怒声がテレビで流されてしまい頭を抱える氷見。代理店へ赴き、なぜパワハラがあったことを隠していたかと問うも誤魔化され、藤原は相変わらず「謝罪はしない」の一点張り。

少しづつ繋がるピース

そんなとき氷見たちが行ったジムに谷と佐藤が来ていたということから、もしかしたらふたりが付き合っていたのではないかと推測した氷見たち。その推測を確実なものにするためにさらに情報を集めに行きます。

 

藤森は藤原と酒を酌み交わしながら、藤原会社にかける思いを知ります。

自分は会社を守っているけれど、それは人を守っているわけじゃない、なぜなら彼女たちは必ず近いうちに会社を去っていくのだから、と。

藤森が話の調子を合わせるために言った「素敵だ」という言葉をもう一度聞きたがったりと少し寂しがりな様子が窺えるようでした。

 

氷見や与田は代理店の社員たちと合コンです。

広告代理店の愚痴を聞きたい、と言った氷見たちにその社員たちはノルマの多さ、厳しさについて愚痴ります。

それから谷についても、トップクリエイティブディレクターとはいえ、すべてを谷がデザインしているわけではない、むしろ谷は会社の広告塔のようなものにならされているという情報を掴みます。

色恋沙汰はちょうどいい隠れ蓑

ところが事態は一転。

今度は週刊誌に谷がセクハラの事実を認めるという記事が載ってしまいます。

氷見を前にして、谷が嘘をついていた、裏切られたんだとうなだれる藤原。

今回の騒動の収束方法としてはこれでいい、報酬も払うからとこれまでの強気な姿勢から一転弱々しくぽそぽそと話す藤原。

けれど最終的に暴露本の出版はどうにか差し止めるようにとそこだけはしっかりと釘を刺していくのでした。

 

氷見は谷と佐藤を呼び出し、それぞれの妥協点を見つけようとします。

けれど、ふたりは実にならない醜い痴話喧嘩のようなものを繰り広げるばかり。

それにイラつきを隠せなくなってしまった氷見は「いい加減にしてください」とそれぞれに提案をします。

 

谷へは「セクハラ・パワハラをしたことは事実。佐藤が求めているのは謝罪。謝罪すれば会社もクビにならないような方法を提案できる」と。

佐藤へはセクハラ・パワハラは確かにあったようだけれど、それを使って他人をも巻き込んで大きな騒ぎにしていいのか、暴露本を本当に出すつもりか、と。

けれど佐藤はやはり暴露本を出すことをやめそうにはありませんでした。

 

別の手を使うか、と氷見は代理店に向かいある問題を突きつけます。

それはこの会社が作成したデザインが、他の会社やブランドがデザインしたものと酷似している、というものです。脅す気ですか、という藤原に氷見はにっこりと笑ってある要求をするのでした。

 

謝罪会見をきちんと行った藤原・谷。

けれどそれだけでは暴露本の発行は止まりません。

そして氷見が打ったもう一つの手。それは、谷と佐藤が恋人関係にあったことをリークするというものでした。

そんな裏事情があればそのまま本を出すことはできません。

 

そうして、無事依頼内容をこなすことに成功したのでした。

それから、情報をリークした記者と向き合う氷見。前回送りつけてきた写真をどうするのか、と聞いた氷見に、過去のことを話してくれるならば、あの写真はどこにも流出させない…と言い出して…。

 

ここで第2話は終わりです。

 

▼『スキャンダル専門弁護士QUEEN』が1話から見逃し配信中▼

「スキャンダル専門弁護士QUEEN」動画はこちら

 

スキャンダル専門弁護士QUEEN 2話の感想

今回は弱い立ち場の契約社員に対する社員のパワハラ被害。

弱い立ち場の者に対する嫌がらせは、観ていて本当に不快な気分になります。

 

どうして同じ仕事をする者同士仲良く出来ないのか疑問に思います。

お互いに理解があった方が気持ちよく仕事が出来て良い結果が生まれると思うのですが。

 

社員だから偉い、契約社員は立ち場が下なんだから見下されて当然という考えはやめて欲しいです。

社員も契約社員も立ち場が同じだという世の中が出来れば良いと思いました。

こういうパワハラ問題は当事者だけでは無く、会社側にも責任があると思います。

 

謝罪の要求を一切受け入れようとしない傲慢な態度。

頑なにうちは悪くないと、謝罪する意向を示さない上司に腹が立ちました。

パワハラ問題は結局いつも弱い立ち場の者が我慢を強いられ、何の解決策も見出してくれないというのが現代の社会でも沢山あると思います。

 

言葉の暴力は心に残るから、なかなか忘れようと思っても忘れられず傷が癒えるのに時間がかかります。

会社の利益ばかり考えて、契約社員や社員達の救いの言葉に耳を傾けない、そんな会社は世の中から無くなって欲しいです。

みんなが幸せに過ごせる社会の仕組みが出来てくれればと思います。

 

(いちごさん/35歳/女性)

谷にセクハラされたという被害者はいないのだと主張する藤原に対し、机を叩いて感情を露わにしたという与田の行動が結構良かったです。

 

与田の本気を見せつけないと、藤原は女性の名前を言う気は無かったのではないかと考えさせられました。藤原に対して強く言うことができるのは与田と氷見くらいしかいないのではないかと思わせるくらいに、与田と氷見は発言力を物凄く持っている人物であるのだと感じました。

 

セクハラ事件の真相とは、瑠璃の自作自演であるか、それとも谷が本当にセクハラしたか、瑠璃があまりにも被害者妄想をしているだけなのか、これら3つの可能性があるのではないかと推測していました。

 

しかし、谷と瑠璃がかつて付き合っていたとの結果には全く予想もしなかったので驚いてしまいました。本来、谷と瑠璃がお互い話し合うことで解決できるにも関わらず、二人のわがままである故にちゃんと話し合いができていないのは問題があると感じます。

 

しかし、第三者として氷見が双方の主張をきちんと聞いてあげることができているのは結構いいことであると考えられます。

結局、瑠璃と谷が和解しなかったのは少々残念に感じてしまったものの、このような結果はベストであったのだと思いました。

 

(otさん/21歳/男性)

スキャンダル専門弁護士QUEEN(2話)あらすじ

鈴木法律事務所・危機管理部。リーダーの氷見江(竹内結子)のもとに新たな案件が持ち込まれる。やって来たのは、大手広告代理店人事部長の藤原貴美子(国生さゆり)とクリエイティブディレクター、谷正輝(波岡一喜)。

谷の契約社員へのセクハラ疑惑が週刊誌『週刊文新』に掲載されたことで、代理店の仕事に支障をきたしていた。

谷と貴美子は事実無根を訴えるが、すでに問題はSNSなどでも拡散され、代理店側は圧倒的に不利な状況にあった。氷見は状況把握のため代理店を調査すると告げる。

早速、与田知恵(水川あさみ)と藤枝修二(中川大志)が代理店に赴き、社員たちに話を聞くのだが、谷のセクハラについての証言は得られない。その頃、氷見は『週刊文新』の編集部を訪ねていた。

敏腕記者の東堂裕子(泉里香)の紹介で編集者、堀川太郎(津村知与支)に接触した氷見は、谷の被害者が暴露本を出版しようとしていることを知る。

一方与田は貴美子から谷の被害者の名を聞き出すことに成功する。

氷見と与田は被害者の女性、佐藤瑠璃(成海璃子)に会う。氷見は金銭的な解決での出版中止を求めるが瑠璃は拒否。金の問題ではなく、谷に謝罪して欲しいと言う。

氷見は瑠璃の言葉を貴美子に伝えるが…。

出典:https://www.fujitv.co.jp

 

Sponsored Links


【オンエア前に】スキャンダル専門弁護士QUEEN 2話の見どころは?

弁護士モノのドラマと思って観ると少し物足りないなと思うかもしれないが、ストーリー的には面白く、映像も映画のようで音楽や登場人物の服装もオシャレでストーリー以外でも色々楽しめる作品ではないかなと思いました。

 

次の話の依頼者は週刊誌に元部下に過去のセクハラを週刊誌に記事にされた広告代理店のクリエイティブディレクターの男ということで、氷見は弁護士としては事実無根だと主張する依頼者を守らなければならないが、同じ女性としてセクハラ被害者を守りたいという葛藤の中どのように解決に導くのか楽しみです。

 

またこの件には衝撃の事実が隠されているそうなので、どのような展開になるのか気になりました。

次回のテーマはセクハラということで、今回の話よりも弁護士色は強くなるのではと思いました。

 

(1029さん/27歳/男性)

最初に登場した総務大臣の林と氷見は顔見知りと感じさせるやり取りがありました。

 

初回のラストシーンで時期首相候補の男性「アズマリョウスケ」とのツーショット写真を笑って誤魔化そうとする氷見の様子からも、政界との深い関係性が伺えるので少しずつ明らかになればヒロインの人物像に深みが出るなと期待しています。

 

次回はセクハラをめぐり集団抗議を起こす騒動もあり、クライアントの女性社長?からも早く事態を鎮める様に強く強要される氷見達が、どの様な一番リスクの少ない方法で解決へ導くのかを楽しみに見たいと思っています。

 

あとはバカリズムさんのホッとする場を和ませる独特の雰囲気を持つ副所長の鈴木の言動にも期待していますので、個人的に楽しく見たいと思っているポイントです。

 

(グリーンヴイさん/49歳/男性)

スキャンダル専門弁護士QUEEN キャストとスタッフ

氷見 江/竹内結子

与田知恵/水川あさみ

藤枝修二/中川大志

東堂裕子/泉里香

鈴木太郎/バカリズム

真野聖子/斉藤由貴

 

脚本:倉光泰子、三浦駿斗

主題歌:YUKI『やたらとシンクロニシティ』

オープニングテーマ:milet

音楽:SOIL&”PIMP”SESSIONS、田熊理秀、ハセガワダイスケ

演出:関 和亮、横尾初喜、山岸聖太、戸塚 寛人

 

スキャンダル専門弁護士QUEEN 2話までの視聴率

・1話(2019年1月10日放送)視聴率9.3%

・2話(2019年1月17日放送)視聴率ー%

 

まとめ

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』2話のネタバレあらすじと感想をご紹介しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

 

❶放送後1週間以内は、まずティーバーで見逃し配信をチェック。

 

❷放送から1週間以上経っている場合は、FODプレミアム で無料視聴できます!

 

▼『スキャンダル専門弁護士QUEEN』が1話から見逃し配信中▼

「スキャンダル専門弁護士QUEEN」動画はこちら

 

「スキャンダル専門弁護士QUEEN」以外にも、現在放送中のドラマ「トレース科捜研の男」や過去のフジテレビのドラマが無料でイッキ見できるのでおすすめ!

目障りな広告やCMもナシで快適に見られるので、ぜひ無料お試しを利用してみてくださいね。

 

3年A組 1話の動画無料視聴はこちら|1月6日見逃し配信
トレース科捜研の男 1話の動画無料視聴はこちら。見逃し配信

 

関連記事

黄昏流星群(最終回/10話)動画見逃し無料視聴はこちら

ドラマ この恋はツミなのか!?(1話)動画見逃し無料視聴はこちら

コンフィデンスマンJP|動画の無料視聴方法を紹介【1話 〜最終回】

いだてん1話のネタバレあらすじと感想。顔面の血が歌舞伎メイク

ドラマ「ゆうべはお楽しみでしたね」動画無料視聴はこちら。

映画「斉木楠雄のΨ難」動画の無料視聴はこちら。福田雄一監督作品

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です