小保方晴子のケーキ屋(洋菓子店)はどこ?バイト先の店名と場所

 

12月25日発売の週刊新潮で、STAP細胞を発見したとして注目を浴びた小保方晴子さん。

その小保方さんが都内の洋菓子店で働いている姿がキャッチされたそうです。

そのバイト先である洋菓子店を調べてみました。

小保方晴子のスイーツ店(洋菓子屋)はパティスリーリョーコ?

週刊新潮で小保方晴子さんが都内の洋菓子店でバイトしているという記事が掲載されました。

その記事によると、

  • スイーツ好きの中では超有名な都内の洋菓子店
  • 高級住宅地にあり外観がガラス張り
  • 売り場面積は4坪ほどの小さなお店
  • 完全予約制
  • シュークリームが有名な定番商品
  • モンブランが7,000円ほどする超高級店

とお店の特徴がいくつか書かれています。

 

これらの特徴に当てはまるお店が一店舗だけありました。

その洋菓子店は、港区高輪にある「パティスリー リョーコ(PATISSERIE RYOCO)」です。

 

 

高輪台にある「パティスリーリョーコ」は住宅地にあるこじんまりとした小さなスイーツ店。

連日行列ができる人気洋菓子店でしたが、あまりの人気から完全予約制に。それでもなかなか予約が取れないことで有名です。

店名:パティスリー リョーコ(PATISSERIE RYOCO)

 

住所:〒108-0074 東京都港区高輪3丁目2−8

電話:03-5422-6942

営業時間:12:00~17:00(ご予約制)
定休日:不定休

アクセス:都営浅草線/高輪台駅 徒歩6分 (424m)

 

 

 

 

店内の写真はこちら。

大人気店のため、ショーケースが空っぽだというレビューも多くみられました。

 

とってもスタイリッシュなお店ですね。

 

また、記事では「2020年の営業時間は週末限定の7日間」とありました。

2020年1月の営業日数は週末限定のたった7日間。激レア度が増して予約困難の状況になっている。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

 

パティスリーリョーコのお店の公式HPをチェックしたところ、週末の7日間だけが営業日として掲載されていました。

 

また、この洋菓子店の看板商品のひとつがシュークリームです。

サクッとした生地に濃厚な卵とバニラのクリームが入っていて、お客さまが来てからクリームを注入するというこだわりよう。

国産小麦と良質なバターで練り上げた力強い生地に、アーモンドのサクサク生地を重ねて焼き上げられています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

pâtisserie Ryoko 高輪台 モンブランと同時に買ったシュークリーム。 2個で580円 これは以前食べた時悶絶級の美味しさだったのでもう一度! やはりパンパンに入ったカスタードクリームが…おいしっ…!!✨ 買う直前に詰めてくれていて、 ホントは当日食べた方がいいんだけど翌朝。 周りのシューもアーモンドクッキー生地っぽい感じも少しあり、食べ応えある🥴 カスタードはベースがモンブランに使ってるめちゃめちゃ美味しい生クリームだから?!濃厚だしでもくどくなくて満足感大きいクリームなんです〜😧💕 まさに濃厚なバニラと卵🥚 これだけならオーダーしやすいからまた予約入れたい。。 こちらも最高のシュークリーム💕 #パティスリー #pâtisserie #patisserieryoco #パティスリーリョーコ #シュークリーム #濃厚 #最強のシュークリーム #カスタードクリーム #カスタードクリーム美味しい #カスタードクリームたっぷり #甘いもの大好き #甘いもの好きな人と繋がりたい

さっちゃん(@sa__paaan)がシェアした投稿 –

 

お値段は高級店だけあって、2個で580円。

カスタードクリームの甘みとアーモンドの香りが口の中に広がって絶品との評判です。

 

クリスマスケーキも完売していましたが、モンブランも有名なのだそうです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

パティスリーリョーコ 高輪台 台風来てますね〜 昨日土砂降りの中、友達が買ってきてくれました💦🙏 ケーキ好きならば誰しも知るリョーコ。 食べログは3.98! 予約販売のみ。 毎週金曜だけ予約を取るという。 しかもすぐ完売なんですわ🌀 ただマロンクリーム生クリーム真ん中に栗タルトとかメレンゲ生地じゃない。。 すごい複雑でこだわってて職人技光っている✨ モンブラン🌰 『アーモンドベースの軽い生地にラム酒香るムースリーヌ。 和栗のシブースト、生クリームの4層のハーモニー。』 14センチ 4200円 やはり、史上最強のキングオブモンブラン!!! 14センチって小さいかなと思ったけど、高さがそれ以上で堂々としていてボリュームがあり、もう芸術品! きゃー!😂😍💓と友達と大興奮。 切ったら、中心に向かって倒れそうになる。 栗がゴロゴロ上に乗っているのも贅沢。 マロンクリームは素材の味を生かしつつ少し洋酒が香る感じですごい好き。 二層目の生クリーム… 何か入ってるの?! 生クリームなのにすっごく美味😱💓 和栗のシブーストは程よい栗感にしっとり生地。 その下のムースリーヌが強めの洋酒でむっちりしたクリーム。 これまたおいしっ…濃いんですわ…1番下はダックワーズみたいなしっとりでも軽い生地。 このバランスの凄さ。 1つ1つの層の個々のおいしさ。 あぁ…なんて美しくて美味しいのかしら。 ん〜!ん〜!んまっ!おいしっっ!!!🥰💕 と一口ごとに言ってしまう、やはりリョーコさんのケーキは最強。 #リョーコ #パティスリーリョーコ #パティスリー #高輪台 #最強のモンブラン #モンブラン #キングオブモンブラン #悶絶級 #美味しすぎる #贅沢 #和栗 #ムースリーヌ #なんじゃこりゃ #栗ゴロゴロ #食欲の秋 #甘いもの大好き #甘いもの好きな人と繋がりたい #モンブランが1番好き#patisserie

さっちゃん(@sa__paaan)がシェアした投稿 –

 

イタリアとフランス産の栗をブレンドした濃厚マロンクリームとマロンペーストが入った、ちょっぴち大人のモンブラン。

高さがあるので迫力がありますね!!!

週刊誌では7,000円と書かれていましたが、お店のHPでは、4,200円(直径14cm)、5,600円(直径16cm)
6,900円(直径18cm)の3つの価格帯で予約販売されていました。やっぱりセレブな価格ですね!

 

さて、こちらのお店のパティシエは竹内良子さん。

南仏の「ミシェルブラン」、パリの「アルノ・ラエール」で修業をされた方で、帰国後東大阪にパティスリーをオープン。その後、東京に移転しました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

#パティスリーリョーコ 「苺のタルト」16cmアントルメ リョーコの苺のタルトはアントルメ3種(直径14cm/16cm/18cm)のみ。たまにプチガトーの提供もあり。 土台は国産小麦の香り豊かなサクサクタルト、フランジパーヌ、したたるフランボワーズのコンフィチュール。上は大量の旬の苺、クレームシャンティ、中にはたっぷりの濃厚クレームパティシエール(カスタード) 溢れるほどのたっぷり苺は、苺のタルトのみにあらず、他の苺のアントルメ(フレジェやジャポネなど)もしかり… リョーコの迫力の苺のアントルメ〜今シーズンは全ラインナップ堪能しました😋 #スイーツ #スウィーツ #ケーキ #ガトーnobu2019 #sweets #cake #PatisserieRyoco #Ryocoコンプリート #アントルメ2019 #Ryoco苺のタルト

ɴᴏʙᴜ ʜᴀʏᴀ(@nobu.haya)がシェアした投稿 –

 

たっぷりのカスタードクリームと旬の苺を贅沢に使った「苺のタルト」や「フレジェ」はインスタ映えも抜群ですね!

 

またチョコレートのケーキは、ショコラのサブレに塩キャラメル、ミルクビターのキャラメルクリームにムース、ショコラの生地の五層構造の「キャラドゥ」。こちらも人気のスイーツです。

 

生菓子だけでなく焼き菓子も揃います。

 

小保方さんが働いているということが報じられたので、さらにん予約が困難になりそうな予感がしますね。

 

まとめ

小保方晴子さんがバイトする洋菓子店として、特定とまでは行きませんが、週刊新潮の記事に当てはまるスイーツ店は都内ではおそらくこちらの店舗ではないかと予想してみました。

リケジョからパティシエに華麗なる転身を遂げた小保方さん。

とても意外でしたが、パティシエとしても一流になってメディアに注目される日があるかもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

関連記事

カフェミクニズのガトーショコラの通販と予約は?Toshlが絶賛

メゾンドフルージュの通販や東京で買える店は?京都の苺のお店

ベイクドマジック(関東店)のシュークリームの値段とカロリー☆

ごぶごぶで相武紗季が紹介した和菓子屋「菅谷」(宝塚)

宝石パフェ(等々力)の月替わりメニューと値段・予約まとめ。

木村沙織のカフェの場所とメニュー紹介|32(サニー)大阪北堀江

藤井流星の親と実家のカフェはどこ?妹はE-girls藤井夏恋&萩花

錦市場で食べ歩きしたい人気スイーツ!おすすめベスト5|京都

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA