メゾンドポリス3話のネタバレ感想。橋本まなみにおじさんの態度が一変

 

こんにちは。スリアです☆

2019年1月25日放送のドラマ「メゾン・ド・ポリス」3話のネタバレあらすじと感想をご紹介します。

メゾンドポリスに美人女性編集者が現れ、事件のことを相談するとやる気のなかったおじさんたちの態度が一変!

あきれるひよりですが、どんな風に解決してくれるのか楽しみですね。

さっそく3話のあらすじと感想をご紹介していきます。

 

▼Paraviで全話見逃し配信中▼

「メゾン・ド・ポリス」動画の無料視聴はこちら

▲Paraviは登録した月の月末までに解約すれば、一切お金はかかりません▲

 

スキャンダル専門弁護士QUEEN 1話動画無料視聴はこちら。見逃し配信
家売るオンナの逆襲 動画1話の無料視聴はこちら|見逃し配信1月9日
3年A組 1話の動画無料視聴はこちら|1月6日見逃し配信

メゾンドポリス3話 ネタバレあらすじと感想

2019年1月25日放送のドラマ「メゾン・ド・ポリス」3話を見た方の感想やネタバレあらすじをご紹介します。

ひよりがたまに思い出している父親の死亡事件の謎も気になる。
『メゾン・ド・ポリス』の第3話は、同じ現場で起こった2つの事件が、はじめは同一犯という見立てだったのですが、最終的には別々の人間の犯行だったことがわかる、という話でした。
地域のある工事現場で野良猫の殺害が相次ぎ、「青猫事件」として世間の注目を集めていました。
主人公の牧野ひより(高畑充希)が捜査を開始すると、殺人事件が起こります。
メゾン・ド・ポリスに来た広報誌の担当者である大槻仁美(橋本マナミ)が持ってきた脅迫メールの送信時刻から、広報誌に投稿している常連が被疑者として浮上してきます。
年齢も性別もばらばらな人物が、4人も登場したことで、誰が犯人なのかがわからなくなり、捜査の行方に集中しようという気持ちになりました。
一番疑われていた頑固そうな男性が、実は猫にえさをやっていたという落ちには笑いました。
怒ってひよりを追い返すという強気の態度だったのに、猫に対してはにこにこしていたのが、ギャップが大きくて、面白かったです。
今回、難しかったのは、殺人の犯人と、猫殺害の犯人が、別々だったことです。
ペンキをかける、という行為が共通していたことから、犯人の標的が猫から犯人へうつったのではないかと疑っていたのですが、殺人は住宅の建設に反対していた女性でした。
被害者ともみ合ううちに、意図せず殺害してしまったことを心底悔やんでいた女性に対して、事件の後で姿を現した猫殺害の犯人は、自分の犯行を認めるどころか、女性に自分の罪をなすりつけようとしたのです。
逃げようとする犯人を許さないと言ったひよりの顔は、今までにないほど強い怒りの表情を見せていました。
どうやらひよりは、犯罪を憎む気持ち、特に、殺人の犯人に対する強い怒りを持っているようです。
第1話で刑事になった動機が話題になりましたが、ひよりが刑事になったのは、誰にも言えないような強い動機があるようです。
一人で犯人に立ち向かったひよりのようすは、いつも上司やメゾンの人たちにふり回されている新人刑事の姿とは、少し違っていました。
ひよりがたまに思い出している父親の死亡事件の謎とともに、これかだどんなひよりの成長が描かれるのかが楽しみです。
(只野ひよこさん/40歳/女性)

もしかして、ひよりは夏目のことが好き?!

 

そよかぜという広報編集者である仁美が青猫事件の犯人だという可能性はあるのだろうかと疑ってしまったのですが実際良い人だったとのことに安心しました

 

今まで青猫事件が4件発生している最中で今度は猫ではなく人間であるとのことを受け青猫事件の犯人の仕業であると判断するのは仕方ないと感じます

 

青猫事件の犯人は今まで猫を殺し続けたものの人間を殺さないで猫を殺しているだけだという世の中の批評を受け人間を殺すような真似をしてしまったのだろうと思い込んでしまいました

 

富士山が大好きだという旦那の思いを守りたいとの気持ちで建設反対との意思を持った結果歌田が死んでしまうことになってしまったとの悲しかったです

 

それくらいに山崎は旦那のことを愛していたのだということが物凄く伝わってきます

 

ただ歌田が死んでいるにも関わらずそこから逃げて自首をしなかったというのは良くない事だと感じます

 

仁美の行為は女性らしいと褒めた夏目の言動に反応してしまうというひよりの様子を見る限りもしかするとひよりは夏目の事が好きではないだろうかと気になってきました

 

もしくは徐々夏目の事を意識するようになっているとの様子であると伺えます

 

(おっさーさん/21歳/男性)

伊達は知っている?!ひよりの素性が気になる!

 

3話は通称青猫事件と呼ばれる猫の殺害事件であったがメゾンメンバーと一緒に張り込んでいると人の死体を発見してしまう

 

重要参考人としてメゾンメンバーは警察で事情を聞かれることになる

メンツ丸つぶれな状態となってしまったがこのままでは引き下がらない

さすが元ベテランの警察関係者である

 

現場で実験検をして犯人を特定する

まだそれだけ出来るのであれば警察でやっていけると思ってしまいました

 

現役の刑事はしっかりしろよとつくづく思う瞬間でもありました

 

犯人は意外な人でした

意識して殺害していないのだからなぜ自首しなかったのかちょっと不思議に感じたシーンでもありました

 

これで一件落着と思った時にひよりが現場に張り付いていた

そう青猫事件の犯行現場をおさえるためだった

犯人と考えられる人物の癖から特定出来ていたなんて新米刑事としては上出来だと思う

 

いやこのメゾンのメンバーに育てられているからなのかも知れない

今回の事件でひよりの素性も調書に書かれており内部の関係者に知られた

 

どうも最後のシーンが気になった

メゾンの伊達はこの事を知っていた

 

もしかしてその捜査を指揮していたのではないかそしてそのひよりが刑事になったので気にしてメゾンに呼んだのかともとも思えた

 

(ドラポリスさん/53歳/男性)
ひよりの悪が許せないという感情が、リアルに伝わってきてドキドキした回でした。
まず、青猫事件の概要を聞いて、猫を殺して青いペンキを掛けるなんて、あまりにも酷すぎると感じました。おじ様達は小さな事件だと感じていたようですが、ひよりの言う通り、ここから大きな事件になりかねない残忍さでした。
そんな青猫事件を「捜査しない」と冷たくあしらっていたおじ様達が、大槻という美女が現れたことで即座に捜査協力をかって出たときには、本当に男性は単純だと思い知らされた感じがしました。
あの夏目でさえ、いつもは渋る「ようこそ。メゾン・ド・ポリスへ」という言葉をハキハキと言っていて、何だか残念さがありました。
それでも、歌田の遺体が見つかった事で、刑事の血が騒いでる様子になり、やはりカッコいいかもしれないと感じました。
夏目が途中でひよりを突き放すような言い方をしたのも、本当はひよりに期待しているのだろうなと読み取れました。
事件は、てっきり青猫事件を真似た残忍な事件だと思ったのですが、殺人を犯したのが、ただ景観を守りたかった普通の女性で、故意的では無かったと分かり、少し同情心が沸き上がりました。
逆に、守る側なはずの警備員が青猫事件の犯人なのは、本当にショックでした。
ひよりの悪が許せないという感情が、リアルに伝わってきてドキドキした回でした。
(さきママさん/31歳/女)

 

▼Paraviで全話見逃し配信中▼

「メゾン・ド・ポリス」動画の無料視聴はこちら

▲Paraviは登録した月の月末までに解約すれば、一切お金はかかりません▲

 

メゾンドポリス1話のネタバレ感想。かわいいオジさんが大渋滞
メゾンドポリス 動画1話の無料視聴はこちら。見逃し配信1月11日

 

【オンエア前に】メゾンドポリス3話の見どころと注目ポイントは?

「メゾン・ド・ポリス」を見ている方から、3話の展開予想と見どころについてお寄せいただきました。

「青い猫と青い死体」という言葉があったというのが特に気になりました。

 

青色であるとのことは青色のインクが現場付近に落ちていたということなのか、それとも被害者と猫の身体のどこかの部分が青色であるかということなのか、はたまたは犯人が意図的に猫と死体に青色を残しているとのことなのかと考えさせられます。

 

果たして青い猫と青い死体とはどういう意味であるかということ、夏目とひよりが共に行動を取るとの場面があったので、ひよりは最初からメゾン・ド・ポリスにいる人たちに頼ることになるかどうかということ、夏目とひよりが行動を取ることで事件の真相を突き止めることに成功するかどうかということが見どころであり、また注目ポイントでもあります。

 

(otさん/21歳/男性)

高畑充希さんとおじさんたちの絆もだんだん強くなるでしょうね。

 

おじさんたちと高畑充希さんの絆もどんどん強くなっていくことと思います。

ここまではちょっと似た犯人像のストーリーとなってしまっているので、少し違う流れになればいいなと思います。

そして、高畑充希さんの警察を目指すきっかけとなった過去も少しずつ明かされていけばいいですね。

 

そして、高畑充希さんの相手役がいるとすれば西島秀俊さんくらいでしょうね。(笑)

意外と今週の夫婦役似合ってましたし。恋要素もあれば楽しいかもです。

 

(ふしこさん/36歳/女性)

 

メゾンドポリス3話 あらすじ

柳町北署管轄内のマンション建設予定地で、猫が殺害される事件が相次いで発生。

猫の死体に青いペンキがかけられており通称「青猫事件」と呼ばれていた。

刑事課長の新木(戸田昌宏)からこの事件の捜査をメゾンに回すよう指示されたひより(高畑充希)は事件のあらましを説明するが、当のおじさまたちは全くやる気を示さない。

そこに区の広報誌編集者・大槻仁美(橋本マナミ)がやってきた。

青猫事件を誌面で取り上げたところ犯行予告が編集部に届いたのだが、警察が取り合ってくれずメゾンに相談に来たのだという。

すると藤堂(野口五郎)らの態度が一変、全力で青猫事件の捜査をすることに。

その夜、ひよりはあきれながらも事件現場を訪れる。

しかしそこで、猫の死体でも犯人でもなく、なんと青いペンキがかけられた人間の死体を発見してしまう。遺体発見の報を受け臨場した新木課長は居合わせたメゾンの先輩たちを露骨に煙たがる。

そして嫌味を言われた夏目(西島秀俊)は、殺人事件は任せるが青猫事件のホシはこちらで追うと宣言する。

しかし、署に戻ったひよりは新木からメゾンのおじさまたちを監視するよう命じられ…。

出典:http://www.tbs.co.jp

 

Sponsored Links


メゾンドポリス キャストとスタッフ

出典:https://www.tbs.co.jp

 

牧野ひより(まきのひより)/高畑充希

夏目惣一郎(なつめそういちろう)/西島秀俊

杉岡沙耶(すぎおか さや)/西田尚美

瀬川草介(せがわ そうすけ)/竜星 涼

原田照之(はらだ てるゆき)/木村 了

新木幸司(あらき こうじ)/戸田昌宏

高平厚彦(たかひらあつひこ)/小日向文世

藤堂雅人(とうどうまさと)/野口五郎

迫田 保(さこたたもつ)/角野卓造

伊達有嗣(だてありつぐ)/近藤正臣

 

原作:加藤実秋「メゾン・ド・ポリス」シリーズ(角川文庫刊)

脚本:黒岩 勉

主題歌:WANIMA「アゲイン」

音楽:末廣健一郎、MAYUKO

 

▼ドラマ「メゾン・ド・ポリス」の原作小説はこちら

 

メゾンドポリス3話までの視聴率

・1話(2019年1月11日放送)視聴率12.7%

・2話(2019年1月18日放送)視聴率12.4%

・3話(2019年1月25日放送)視聴率ー%

まとめ

2019年1月25日に放送のドラマ「メゾンドポリス」3話のネタバレと感想をご紹介しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

 

▼Paraviで全話見逃し配信中▼

「メゾン・ド・ポリス」動画の無料視聴はこちら

▲Paraviは登録した月の月末までに解約すれば、一切お金はかかりません▲

 

スキャンダル専門弁護士QUEEN 1話動画無料視聴はこちら。見逃し配信
家売るオンナの逆襲 動画1話の無料視聴はこちら|見逃し配信1月9日
3年A組 1話の動画無料視聴はこちら|1月6日見逃し配信

 

関連記事

SUITS/スーツ(1話)動画の見逃し無料視聴方法を紹介|フジ月9ドラマ

リーガルV(1話)動画を無料視聴する!ポチと翔子のコンビが最高!

黄昏流星群(1話)動画を無料視聴する!pandoraよりいい方法を紹介

忘却のサチコ(1話)動画を無料視聴!pandoraやyoutubeよりいい方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です