イノセンス冤罪弁護士 9話ネタバレ。秋保とも亀裂の黒川が窮地に

 

こんにちは。スリアです☆

2019年3月16日放送の「イノセンス冤罪弁護士」9話のネタバレあらすじと感想をご紹介します。

秋保の妹を殺したとされ、獄中で自殺した幼なじみ・浅間の無実を信じたい気持ちと、再捜査しなければいけないという状況の間で精神的にも苦しむ拓。

最終章に入った9話では拓は11年前の事件と拓との関係も掘り起こされ、最大のピンチを迎えてしまいます。

 

さっそく9話のネタバレあらすじをご紹介していきます。

 

イノセンス冤罪弁護士 9話のネタバレあらすじ

2019年3月16日放送の「イノセンス冤罪弁護士」9話のネタバレあらすじをご紹介します。

11年前の事件と酷似した事件

11年前の平成19年12月16日。

神奈川県のある廃墟で全身を鋭利な刃物で刺された若い女性の他殺体が発見され、所持品から秋保彩花と判明。

胸と腹を6か所刺され、喉にはえぐったような傷が残されていました。

 

そして彩花と交際していた浅間大輔が逮捕され、否認を続ける浅間でしたが、大学のロッカーの所持品から被害者の血液反応が出たことと廃墟マニアである浅間のパソコンから現場の廃墟の写真が出てきたことにより起訴され、横浜地裁の判決において無期懲役の有罪判決が決定。

そして浅間は控訴することなく獄中で自殺したのでした。

拓(坂口健太郎)は有馬(市川実日子)の作ったドキュメンタリーの映像を見て、東央大学生殺人事件のことを思い返していました。

 

それに加え再審請求棄却も拓に重くのしかかり、一人部屋に引きこもる拓を心配する楓(川口春奈)たち。

湯布院(志賀廣太郎)は「過去の事件を再検証することの難しさを思い知らされたわけだから無理もない。きっと11年前の事件も死後再審考えているはずだ。」と言い、拓がまだ11年前の事件の浅間の無実を信じていることを楓は知ります。

 

保駿堂法律事務所に有馬がやってきて、拓に11年前に酷似した殺人事件が起きたことを知らせるのでした。

事件の概要と冤罪で逮捕された富士田

事件発生日時は平成31年2月月6日、午後1時ごろ。

大田区にある玉川の高架下で都内の美大生、花巻京香の遺体が発見されます。

被害者は事件発生前からストーカー被害に遭っていると数回に渡って警察に相談しており、操作の結果、被害者宅付近の車両部品工場に勤務する富士田順平が被疑者として浮上。

 

藤田の自宅から被害者の学生証が発見され、車両部品工場のゴミ捨て場から血の付いたスケッチブックが発見され、富士田は逮捕されます。

そして拓たちが面会に行くと、警察の執拗な取り調べに恐怖するあまり、虚偽の自白をしてしまっていたのでした。

 

富士田は花巻に一目惚れしてはストーカー行為をしてはいたが殺してはいないと言い、無実だと言いました。

 

学生証はたまたま拾い、本人に声を掛ける勇気がなかった、スケッチブックの事は知らないと富士田は言いました。

拓は富士田が11年前に神奈川に住んでいたことから、11年前の浅間の事件のことを絡めながら富士田に質問してしまい、富士田を怒らせてしまいます。

 

拓は富士田に「私選弁護人として弁護をさせて欲しい。僕自身がこの事件を徹底的に調べて戦いたいんです。」というのでした。

拓と秋保(藤木直人)は11年前の事件と今回の事件が重なる可能性が4つあると言います。

 

「一つは単なる偶然、富士田が犯人であろうがなかろうがたまたま傷の位置が重なっただけ。二つ目は模倣犯。富士田が事件のことを知っていて11年前の事件に似せた。三つ目は富士田自身が犯人だった。四つ目は真犯人がいて、11年前に浅間に罪を着せたように富士田に罪を着せた。」

 

秋保は「その可能性は著しく低い。なぜなら二件が同一犯だとして11年もブランクが開く理由がない。」と有馬に言いました。

そして有馬は拓がこの事件を担当することになったと秋保に言い、去っていきました。

それを聞いた秋保は浅間の顔を黒く塗りつぶした写真を見ながら、当時の事を思い返すのでした。

 

そして秋保のもとに真(草刈正雄)から直接会って相談したいことがあると電話が掛かってきます。

事件の検証と真の画策

花巻がよく通っていた公園を見に行く拓たち。

公園の近くの監視カメラに二週間前に富士田が花巻を物陰から見ていた様子が撮影されていました。

 

富士田はその時に学生証を拾ったようでした。

落としたことを花巻がSNSに投稿し、拾ったことを富士田がSNSに投稿していました。

 

拓たちは花巻が殺された橋の高架下に行きます。

警察は高架下の風景を富士田がSNSに撮影して投稿していたことから、不審に思い逮捕したという穂香(趣里)。

 

しかし拓は、富士田が犯人であればそんな怪しまれることはしないと違和感を覚えます。

拓は警察が富士田を強引に起訴に持ち込んだと考え、11年前の事件の浅間のことを思い返します。

そして拓は穂香と楓に先に事務所に戻るように言い、考えたいことがあると言い、一人でどこかに行ってしまうのでした。

 

事務所に戻った楓と穂香。

楓は拓の母親の麗(榊原郁恵)が訪れており、湯布院たちを相手に2時間話し続けていました。

楓は別府(杉本哲太)から例の面倒を見るように頼まれてしまい、麗を拓の部屋に案内します。

麗は東央大学生殺人事件のファイルを見ると、浅間のことを話し始めます。

拓と浅間はとても仲が良く、浅間の母とも交流があったと話す麗。

 

麗はこの事件が今の拓を形成し、父親との今の関係になってしまった元だというのでした。

そして父親のような検察官を目指していた拓が、この事件を契機に弁護士を目指すようになったことを楓は知るのでした。

そして麗は楓に拓のことをよろしく頼むと言い、事務所から帰っていくのでした。

 

検察庁に呼ばれた秋保は、真から新たに設立することになる検察庁直轄の科学捜査機関の主要メンバーとして加入して欲しいと打診を受けるのでした。

 

拓が事務所に戻ると、楓が1人で待っていました。

今回の事件を調べることで11年前の事件の手掛かりをつかみたいと持っている拓に「苦しい時の支えになるかどうかはわかりませんが、一緒に苦しむことくらいはできると思いますから。」と言い、拓の話を聞く楓。

 

「真犯人が見つかればいいと思っている。しかしこの考え方は弁護士として問題があり、それは浅間を無実だと信じたいと思っていることになる。もし無実なら自殺なんかしないで生きていて欲しかった。」という拓。

楓は「それでいいじゃないですか。信じたい、でもわからない、だから調べる。それでいいじゃないですか。今までだってそうしてきたんですから。」と拓に言います。

 

今の事と11年前の事に向き合う楓の様子を見て、拓は救われます。

そして有馬から二人目の遺体が出てきたと、拓は電話で知らされるのでした。

山中の真実と拓と秋保の決裂

茨城県の山中で発見された山代奈々の遺体。

警察の検死により、花巻より先に殺害されたと断定され、富士田は再逮捕されます。

 

山代の死体にも11年前の事件に似たような傷があったのでした。

拓と楓は富士田に山代のことについて聞きに行きます。

富士田は山代とは全く面識はなく、警察の執拗な取り調べに疲弊しており、楽になるなら虚偽の自白をした方がいいのかもと弱気になっていました。

 

拓は富士田に「諦めないでください。検察は追起訴するようですが僕はまだ争えると思っています。山代さんと接点がなかったことを証明できる手掛かりを探します。」と言うのでした。

 

山代が殺害された茨城県の山を訪れた拓と楓と石和(赤楚衛司)。

山の付近の気温は冷え込んでいました。

 

楓はないことを証明するのは悪魔の証明、富士田と山代が接点がないのなら証拠は見つからないと言います。

 

山に登り、殺害現場に向かった拓たち。

拓は寒い山の中でレモンが育つことに疑問を感じます。

石和は老人から聞いた話では、ここら一体は特別で夜もそれほど寒くはならないらしいと拓に言います。

 

拓は事件直前の富士田の行動や山の様子からあることを閃き、秋保に失笑実験を依頼します。

秋保は事件現場の山にバルーンを飛ばし、山の気温を測定します。

 

「高度50メートルではマイナス1度だった気温が遺体が発見された付近の高度300メートルでは5度と気温が高くなっている。これは斜面温暖帯と呼ばれる自然現象だ。」と秋保は言います。

 

続けて「晴れた日の夜、斜面から下りてくる冷たい空気の流れと地面の放射冷却によって冷やされた空気が地上に溜まっていく。その冷たい空気の層はある程度の高度で止まり、それ以上は到達しない。

結果、山の麓よりも中腹の方が気温が高いという逆転現象が起きる。

遺体が遺棄された時期もこの山ではその自然現象が起きる条件が整っていた。

斜面温暖帯によって現場の気温は想定していたよりもずっと高かったことになり、気温が高ければ遺体の腐敗の進みも早い。つまり死亡推定時刻に大幅なズレが生じる。」と秋保は言いました。

 

拓は秋保の話を基に花巻が猿害された時期、富士田が逮捕された時期よりも山代が殺害された時期が遅い、つまり富士田に犯行は無理だと割り出したのでした。

しかし、秋保は「事件に関してではなく、この山の環境の身に関しての検証をしただけだ。言葉のとおりあれは仮説で実際に遺体を調べてみない限り富士田の無実は証明できない。2月4日以降に山代を生きていたことを目撃した証人を探し出したとしても勝てる保証はない。これが弁護士としてのお前の限界と俺ができる協力の限界だ。」と言います。

 

秋保はこれが最後の協力だと言い、国家機関の検察の下でなら精度の高い検証が行えることを理由に、真が設立する科学捜査機関のメンバーとして参加することを拓に伝えるのでした。

 

もう少しで彩花の無念が晴らせるかもしれないという拓に、秋保は「お前は死体の冷たさを知らない。突然家族を失った人間の苦しみをお前は知らない。浅間が犯人と言う結末でも構わない。真相なんかより目の前にある答えの方が苦しまなくて済む。お前と俺との決定的な違いだ。幻滅してくれて構わない。」と言い去っていきました。

 

楓もその会話を物陰で聞いていたのでした。

窮地に立たされる拓と思わぬ悲劇

公判が始まり、弁護側証人尋問が開始されました。

山代の知人、那須が証人として呼ばれ、2月4日以降に山代を見たと証言します。

 

拓は斜面温暖帯の実証実験と那須の証言から山代が警察の死亡推定時刻よりも後に生存していたことを確認できたと言いますが、検察側反対尋問で指宿に「那須の証言は信憑性に欠ける。斜面温暖帯のことも遺体を調べていないただの仮説にすぎない。加えて拓が11年前の事件と混同して調べ、むしろ11年前の事件に重要性を置いている。」と指摘され、反撃されてしまいます。

 

何も言い返せない拓。

マスコミをかき分けながら裁判所を出る拓の前を通り過ぎ、真のもとに向かう秋保にショックを隠せません。

 

事務所に殺到するマスコミからの電話に対応する別府。

「11年前の事件には触れられたくない。兄が弁護士として無念を抱えたまま死んでいった事件ですから。」と湯布院に話すのでした。

 

秋保を失い、落胆する拓は外で缶ビールを飲みます。

そんな拓を「裁判はまだ終わっていない、立て直しましょう。」と励ます楓。

 

しかし拓は一人にして欲しいと楓を先に帰します。

そして遠くから拓を狙う人影が。

帰る途中、楓は有馬から電話で「真犯人につながるかもしれない。拓に電話しても出ない。」と聞き、急いで戻り拓を探します。

 

さっき飲んでいた場所の階段を降りた先の道を歩く拓を見つけた楓。

しかし、目の前のナイフを持った男が拓を狙っていると感じた楓は拓をかばって刺されてしまうのでした。

 

 

▼▼huluで1話〜最終回まで配信中 ▼▼

「イノセンス冤罪弁護士」動画はこちら

 

イノセンス冤罪弁護士 9話を見た感想

イノセンス冤罪弁護士9話を見た方から感想をお寄せいただきました。

秋保が妹について語るところで、とても胸が痛くなりました。

 

秋保は黒川に、「死体の冷たさを知らない」と言っていたけど、それは、大切な家族を突然理不尽に奪われた人にしかわからない気持ちなんだろうなと感じました。

 

犯人が憎くて憎くて仕方なくて、この苦しみから逃れられるなら犯人が誰でもいいからこいつだって決めてほしいっていう秋保の心の闇がすごく伝わってきて悲しかったです。

 

殺人って、被害者の命だけじゃなくて、家族などその周りの人の心もこんなにズタボロにしちゃうんだなって改めて考えさせられました。

 

秋保は、自分と黒川が考えが違うから協力できないと言っていたけど、真犯人を見つけたいという目標が一緒なら考えが違ったっていいのになと思いました。

 

2人が協力して真犯人を見つけてくれることを願っています。

 

(あーちゃんさん/29歳/女性)

「イノセンス 冤罪弁護士」の主人公、坂口健太郎さんが演じる黒川拓は、無罪の人間を救いたいという熱意のもとに地道に手がかりを探し、事件の謎に挑む敏腕弁護士です。

 

9話では黒川が若い女性の連続殺人の謎を解き明かすために、藤木直人さん演じる科学者・秋保の力を借り、真相に近づいていきます。

 

秋保の考察で、ある条件によって山の中腹とふもとで気温の逆転現象が起こることが説明されますが、こんなことは専門外の人間には考えもつきません。

とても興味深い描写でした。

 

殺人には関わっておらず無実だと訴える被疑者の富士田の弁護人となり法廷で戦う黒川ですが、検察側も富士田を有罪にするべく挑んできます。

 

富士田の無実を信じる黒川のひたむきな思いが伝わってくるシーンでした。

 

事件の詳細が判明し、真犯人がわかるのはまだまだ先のようです。

 

ラストにナイフで黒川を狙った人物は誰なのか、黒川をかばって刺された川口春奈さん演じる楓はどうなってしまうのか、最後までハラハラさせられました。

 

(ひかるさん/40歳/女性)

坂口健太郎さんと藤木直人さんが対峙するシーン、藤木直人さんの熱演に感動しました。

 

淡々とひょうひょうと演技をすることが多い藤木直人さんなので、あんなふうに苦しそうに顔を歪めて自分の気持ちを吐露する姿は初めて見ました。

 

友人の無実を晴らしたいという坂口健太郎さんの立場と、犯人を特定してその人を恨む対象にしたいという藤木直人さんの立場は全く異なるということ、確かにその通りだと思いました。

 

ふたりは間違っていない者同士なのに、ぶつかってしまうことが悲しかったです。

 

そのあとの藤木直人さんが、無言で、坂口健太郎さんの隣をすれ違っていくシーンも切なかったですね。

 

そして、川口春奈さんが指されるシーンは衝撃的過ぎました。

 

(ならさん/36歳/女性)

 

▼▼huluで1話〜最終回まで配信中 ▼▼

「イノセンス冤罪弁護士」動画はこちら

 

イノセンス冤罪弁護士 9話の見どころは?

「イノセンス冤罪弁護士」を見ている方から、オンエア前に9話の見どころや感想などをお寄せいただきました。

黒川が本当の罪を暴く姿が見たいです!

 

11年前の東央大学と同じような事件が起きるようです。女子学生が殺されたのです。

 

逮捕されたのは交際相手の男子学生です。拓は、幼馴染が冤罪に巻き込まれ自殺したと悔いており、今度こそは冤罪を許さないと意気込むのでしょう。

 

秋保は他に真犯人がいたという拓には同意できません。

しかし拓の依頼で秋保は実証実験で協力するようです。

 

拓の父親は今度こそ、拓が間違った犯人の弁護をしていると忠告するようですが、拓は聞き入れません。

そして拓は何者かによって襲われますが、危うく難を逃れるようです。

 

結局、女学生を追っていたストーカー犯が殺したと拓は証明するのではないでしょうか。

 

(マーチさん/65歳/男性)

過去の事件を蒸し返すことは救いになるのか、悩むことになりそう。

 

藤木直人さんと坂口健太郎さんが激しく言い合うシーンがあったので、今までにない展開が待っているような気がして、力が入ります。

 

ここまでの坂口健太郎さんと藤木直人さんの演技はさらっとしてたので、ここらへんで互いの感情がぶつかり合うような激しいシーンが見られたらいいなと期待しています。

 

9話はイノセンスも最終章に入っていくということで、11年前の事件にも触れていくと思うので、真相に近づいていきそうですね。

 

(ぷしこさん/36歳/女性)

 

▼▼huluで1話〜最終回まで配信中 ▼▼

「イノセンス冤罪弁護士」動画はこちら

▲Huluは登録した日から2週間以内に解約すれば、一切お金はかかりません▲

 

Sponsored Links


イノセンス冤罪弁護士 9話あらすじ

11年前、秋保(藤木直人)の妹を殺したとされ獄中で自殺した幼馴染・浅間あさま大輔だいすけ(鈴之助)の無実を信じる拓(坂口健太郎)は、過去の事件を再検証することの難しさを前に塞ぎ込んでいた。

そんな中、都内で美大生が殺された事件について聡子(市川実日子)が気になる情報を寄せる。

被害者の首の刺し傷が11年前の事件と同じ特徴的な形状をしているというのだ。

拓と楓(川口春奈)は、被害者にストーカー行為をしていたため殺害を疑われている被疑者・富士田ふじた順平じゅんぺい(坂本真)に接見。

拓は11年前の事件と富士田との関係を疑いつつも、殺害を否認する富士田の弁護を決意。

楓、穂香(趣里)と共に調査を始めるが、富士田が犯行を疑われるような内容をわざわざSNSに上げていることに違和感を覚える。

そんな中、楓は事務所を訪れた拓の母・麗(榊原郁恵)から、拓が苦しんでいる時には支えてほしいと頼まれる。

一方秋保は、真(草刈正雄)から検察庁直轄の科学捜査機関の主要メンバーになってほしいと打診を受けていた。

被害者遺族として拓の冤罪弁護に複雑な思いを抱きつつも協力してきた秋保の心は揺れる。

その夜、浅間の無実を信じたい思いと、調べなければ分からないという理性の間で苦しむ拓を見た楓は、今までもそうやってきたのだからそれでいいと励ます。

楓の言葉に救われる拓だが、その時、聡子から新たな遺体が見つかり富士田が再逮捕されたという情報が入る!

事件が連続殺人として脚光を浴びる中、11年前の事件と拓との関係も掘り起こされ、拓は窮地に立たされる!

出典:https://www.ntv.co.jp

 

イノセンス冤罪弁護士の逆襲 キャストと相関図

出典:https://www.ntv.co.jp

 

黒川 拓 役/坂口健太郎

和倉 楓 役/川口春奈

城崎穂香 役/趣里

指宿林太郎 役/小市慢太郎

登別次郎 役/正名僕蔵

石和徳則 役/赤楚衛二

鳴子恭輔 役/中島広稀

別府長治 役/杉本哲太

湯布院和人 役/志賀廣太郎

有馬聡子 役/市川実日子

黒川 真 役/草刈正雄(特別出演)

秋保 恭一郎 役/藤木直人

 

脚本:古家和尚

演出:南雲聖一、丸谷俊平

主題歌:白日/King Gnu

 

まとめ

ドラマ「イノセンス冤罪弁護士」9話のネタバレあらすじをご紹介しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

「イノセンス冤罪弁護士」の動画を無料視聴する方法

 

❶放送後1週間以内は、まずティーバーか日テレ動画で見逃し配信をチェック。

 

❷1週間以上経っている場合は、huluで無料視聴するのがおすすめです。

 

▼▼1話〜最終回まで無料視聴はこちら ▼▼

huluで「イノセンス冤罪弁護士」を無料視聴

▲Huluは登録した日から2週間以内に解約すれば、一切お金はかかりません▲

 

 

トレース科捜研の男 1話の動画無料視聴はこちら。見逃し配信
スキャンダル専門弁護士QUEEN 1話動画無料視聴はこちら。見逃し配信
家売るオンナの逆襲 動画1話の無料視聴はこちら|見逃し配信1月9日
3年A組 1話の動画無料視聴はこちら|1月6日見逃し配信

 

関連記事

スキャンダル専門弁護士QUEEN 1話動画無料視聴はこちら。

メゾンドポリス 動画1話の無料視聴はこちら。

家売るオンナの逆襲 動画1話の無料視聴はこちら

ハケン占い師アタル 動画1話無料視聴はこちら。

人生が楽しくなる幸せの法則 1話動画無料視聴はこちら

グッドワイフ動画 1話の無料視聴はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です