家売るオンナの逆襲 1話ネタバレあらすじ。まさかの美男子BL展開

 

 

こんにちは。スリアです☆

北川景子さん主演で2016年7月期に放送された「家売るオンナ」の続編「家売るオンナの逆襲」ですが、待ち望んでいたファンも多いはず。

秋に放送され話題になった「大恋愛~僕を忘れる君と」などを手がけた大石静さんの脚本ということでも期待感が高まりますね。

フェンシングクラブで謎に満ちた美しい男・留守堂謙治役の松田翔太さんの役どころも注目です!

 

家売るオンナの逆襲 動画1話の無料視聴はこちら|見逃し配信1月9日
3年A組 1話の動画無料視聴はこちら|1月6日見逃し配信
トレース科捜研の男 1話の動画無料視聴はこちら。見逃し配信

 

家売るオンナの逆襲 1話ネタバレあらすじと感想

2019年1月9日(水)放送の「家売るオンナの逆襲」1話を見た方のネタバレありの感想とあらすじ解説をご紹介します!

「家売るオンナ」を見たことがあるため、三軒家が「Go」と言うたびに懐かしい気持ちになりました。

 

北川景子さんは目の力だけで演技できる人物なので、改めて北川さんの演技は凄いのだと痛感しました。

ユーチェーバーのにくまるの動画があまりにも面白くて笑えました。

 

1軒も売れていないという鍵村の姿はどことなく白洲に似ているように見えました。

一番驚いたのは床嶋が四字熟語1級であるとのこと。

花田えり子は旦那と離婚して、1人で生活したいのだと主張しているのを聞いた上で、三軒家は素直にえり子の希望に応えないで、夫婦別寝の物件を紹介し、えり子の経済力までも考慮してあげるというのが凄いのだと思った。

 

特に凄いのはえり子のスリッパをしっかり見た上で、花田家の冷蔵庫の中身をチェックしていたということ。

花田夫妻の問題点をしっかりと汲み取った上で、花田夫妻が水族館でデートしたとの作り話までも練っていました。

三軒家はなかなかやり手なのだと痛感させられました。

 

留守堂が「たんこぶ」との言葉を使うのを聞いた足立は懐かしいのだと感じるという場面があったのですが、実際、「たんこぶ」を聞いて自分自身も懐かしく感じました。

 

三軒家のことを尊敬しているものの、勝ちたいのだという足立の顔が素敵なのだと褒めた留守堂があまりにもイケメンに見えた。足立も留守堂もイケメンであるからこそ、良い組み合わせであるように見えて素敵だった。

 

「私が家を売ります」、「私に売れない家なんてありません」と自信満々に言う三軒家は真っ先に行動を取ることができる人物でかっこよかったです。

 

(マレットさん/21歳/男性)

岡江久美子さんに売ったお墓の前の家はやめてくれーって思っちゃいました。

 

でも、あの流れであんな風に説得されると買っちゃうかもしれないと思うとちょっと怖いと思いました。

昔のカップルはたいてい水族館に行ったことがあるというのは確かにあり得るかもしれないです。

普段の話術にもそういうハッタリは生かせそうですね。

 

松田翔太さんと千葉雄大さんのツーショット、美しいですね。

全然違うタイプのふたりですけど、どちらも魅力的です。

 

臼田あさ美さんと仲村トオルさんのシーンもまるで若いカップルみたいでかわいかったです。

「今日から俺は!!」の橋本環奈ちゃんと伊藤健太郎さんのカップル思い出しました。

っていうか、臼田さんと仲村さんはカップルじゃないんですけどね(笑)

 

加藤諒さんのストーリーも感慨深かったです。

ユーチューバーの苦悩を描いていましたね。

考えたこともなかったですけど、毎日、動画をアップすることってすごく大変なことですよね。

しかし、それが習慣となっているユーチューバーにとっては離れられない世界なのかもしれませんね。

 

芸能人のスポットライトみたいなものなんでしょうね。

加藤諒さんのユーチューバー役はいかにもって感じでとても似合っていました。

加藤さんってキャラクターとか顔が特殊なんですけど、案外どんな役もお上手で、俳優さんとしてすごく実力があるなあと思いました。

加藤さんが涙を流すシーンはやけにリアルで、ぐっときました。

 

(みなみさん/36歳/女性)

今後はボーイズラブ的な展開があるのかな?

 

万智と屋代がテーコー不動産に戻ってくる前夜、ちちんぷいぷいでテーコー不動産のメンバーが飲んでいる場面では、万智が戻ってくることがうれしい庭野と、うれしくない様子の足立が両極端で面白かったです。

 

炎上系YouTuberがセキュリティが万全な家を探しにテーコー不動産にやって来るという設定が今風だなと感じました。

鍵村と床嶋のゆとり世代の今風な若者な感じが面白く、屋代と布施とYouTuberについて話す場面では、自分も上司と同じような会話をした事があったので若者とおじさんのジェネレーションギャップの感じが共感できました。

 

えり子が離婚しないように誘導するため夫から聞いたデート話をして、最終的にえり子は離婚を思い留まり家を購入する場面では、実はその話は万智は夫から聞いておらず統計的に適当に話していたと分かりインチキ占い師みたいなやり口だなと思いました。

留守堂はクールなのにドアの押すと引くを間違えたり、バーで隣の客の酒を間違って飲んでしまったりとおっちょこちょいでそのギャップが面白かったです。

 

終盤に万智と白洲がにくまるに売ろうとしている家をギャラリーから中が丸見えになるようにして動画を投稿する場面では、少し前に水曜日のダウンタウンでやっていたクロちゃんのスケルトンハウスを思い出した。

 

足立が留守堂とフェンシングを通じて出会う場面では、留守堂のハンカチの匂いを嗅ぐなど恋してる感じに見え、今後ボーイズラブ的な展開があるのかなと思った。

 

(1029さん/27歳/男性)

出だしから迫力のある目力と無表情な物言いが健在だった!

 

番組冒頭から島中の物件全部売り尽くしたという三軒家万智の伝説の不動産屋と呼ばれた凄さを見せる出だしは、具体的な販売シーンは無かったですが、迫力のある目力と無表情な物言いが健在の変わったヒロインに久しぶりに会えて面白く見させて貰いました。

 

テーコー不動産の宅間と結婚したはずの白州美加が離婚していて、二人の子供を保育園に預ける為にバー「ちちんぷいぷい」でまたアルバイトをしていたり、布施が課長から契約社員になったりと以前のメンバーの近況もテンポ良く見られてホントに見やすいドラマだなと感じました。

 

ストーリーもテーコー不動産に戻って来るやいなや、三軒家は武蔵野の2800万円の物件をアッサリと売ってしまうし、新たに加わった床嶋ゆかりと鍵村洋一にも早くも噛みつき、「床嶋すぐやるGO!」「鍵村今すぐ電話かけるGO!」といつものセリフが連発して、こうだったなァと笑いながら見ていました。

 

今回は熟年夫婦に別寝室のある家を用意してでっち上げたイルカのショーの話しとプロフェッショナル専業主婦と持ち上げて三鷹の4600万円の物件を売ったり、にくまるという人気YouTuberに古い家を売ろうとして、一度は留守堂にお客を奪われてしまいます。

しかし白州を呼び出し壁を破壊して「丸見えハウス サンチー」という動画サイトを立ち上げて上手くにくまるの真相心理をくすぐります。

 

1億円の契約へと漕ぎ着け留守堂から逆転勝利した大胆な行動力も三軒家らしいなと、前作の雰囲気を思いだしながら楽しく見られました。

 

(グリーンヴイさん/49歳/男性)

留守堂の狙いが何なのかわからず、次回が待ち遠しくてならない!

 

建物が少な過ぎる田舎というよりも、人と出会う事が無さそうな地域で、全ての空き家を売ってしまう万智は天才としか言いようがないと感じましたが、多くの人には生涯で一度きりの高額な家を、あののどかな風景とは似合わないド派手な服装の大都会の東京から来た万智から購入する気になったなと可笑しく笑ってしまいました。

 

万智と結婚した課長の屋代の万智との結婚写真を見るメロメロ姿が面白く、万智の言いなりになった状況で夫婦の営みにいたっても全てがゴーで始まるとは、夫婦のありながら他人にも見える不思議な関係が独特で、世界中で言われる多様性の社会を表していたのかなと思いました。

 

ド田舎の万智の自宅を見つめていたフリーの不動産を名乗る美形過ぎるとしか留守堂が怪しく見えていたものの、なかなか万智との関係が見えない所が歯がゆい思いになり、上手く焦らす演出に感じました。

 

その一方で留守堂の策略なのか、テーコー不動産から万智がいなくなった後のトップセールスマンだった足立をすぐにヘロヘロのメロメロにしてしまう展開は、美男子ラブを予想させてくれました。

留守堂と万智の売買バトルに、留守堂と足立の美形男子の恋愛まで加わる幅を大きく広げた内容になる期待を勝手にしています。

 

留守堂が熊のようなユーチューバーのにくまるの心の隙に入り込み、一転して小動物のようにか弱くなった所を優しく包み込む作成で古民家を買わせる見事で、万智と同等の凄さを感じました。

 

顧客のにくまるを留守堂に奪われた万智の逆襲が、ユーチューブへの不細工なぶりっ子な美加を利用した動画投稿とは見事で、にくまるの目立ちたい思いを利用して聴衆の面前で億単位の吹っ掛け価格で販売するミラクルには参りました。

 

結局、留守堂は何が狙いなのかわからず、次回が待ち遠しくてならない気持ちにまんまとさせられてしまっています。

 

(アルフォンスさん/34歳/男性)

 

万智の目力と迫力はさらにパワーアップしていましたね。

夫婦関係もどんな感じなのか気になります!

また謎に満ちた美しい不動産業の男・留守堂謙治役の松田翔太さんですが、千葉雄大さんとのまさかのボーイズラブ的な展開もあるのか?と期待しちゃいます!

あのツーショットは2人とも顔がよすぎて個人的にはテンションが上がってしまいました。

2話も楽しみです!!!

 

 

▼▼1話〜最終回までHuluで配信中 ▼▼

「家売るオンナの逆襲」動画無料視聴はこちら

 

【オンエア前に】家売るオンナの逆襲1話の見どころは?

2018年に放送されたスペシャルドラマ「帰ってきた家売るオンナ」のラストシーンでは、三軒家万智が課長の屋代(仲村トオルさん)にプロポーズするというところでラストを迎えていました。

その後の展開が気になっていたのですが、219年1月スタートの「家売るオンナの逆襲」では、なんと二人が結婚して夫婦ととして登場します!

どんな流れで結婚することになったんでしょうね。

そしてどんな夫婦関係なのかも気になります。

子供を抱いているシーンもありましたからすでに出産したんでしょうね。

バリバリとクールに家を売りまくる三軒家万智が子育てや家事をしているところなんて想像もつきませんが、新たな一面が描かれていそうなのでわくわくしてしまいます。

 

そして庭野(工藤阿須加さん)や足立(千葉雄大さん)をはじめとするテーコー不動産のメンバーに加えて、松田翔太さんが三軒家万智の謎のライバル役として登場するそうです。

イケメンばかりが登場するので個人的にはそういった部分も楽しみですが、松田翔太さんは三軒家万智を邪魔したと思ったら助けたりと謎の動きをするみたいなので、狙いは一体何なのか気になります。

1話の放送を楽しみに待ちたいと思います!

家売るオンナの逆襲(1話)あらすじ

天才的不動産屋・三軒家万智(北川景子)と、その夫にして課長の屋代(仲村トオル)は、古巣・テーコー不動産からの熱烈ラブコールに応えて新宿営業所に戻ってくることに。

復帰早々家爆売りモード全開の万智は自称「三軒家チルドレン」こと庭野(工藤阿須加)が担当していた客・花田夫妻に目をつける。

夫の定年退職を機に住み替えを希望しているものの、わがままな専業主婦の妻・えり子(岡江久美子)は何かと物件にケチをつけて決めない様子。

万智と庭野はえり子から本当は熟年離婚をしたいと打ち明けられる!

一方、新宿営業所には炎上系YouTuberのにくまる(加藤諒)が来店し、担当した足立(千葉雄大)に『世間から自分を守る家』を探して欲しいと話す。

その夜、足立は趣味のフェンシングクラブで謎に満ちた美しい男・留守堂謙治(松田翔太)に出会い…。

翌日、花田夫妻に家を売ると宣言した万智は離婚を希望していたはずのえり子をとある物件に案内する。

さらに万智は、あることがきっかけで担当を降ろされた足立に代わり、にくまるの家も売ると宣言!

失意の足立は、留守堂が同業の不動産屋であると知り、心を許して…。

無敵の家売るオンナ・三軒家万智の前に最強の家売るオトコ・留守堂謙治が立ちはだかろうとしていた!!

出典:https://www.ntv.co.jp

 

家売るオンナの逆襲 キャストと相関図

 

三軒家万智/北川景子

留守堂謙治/松田翔太

庭野聖司/工藤阿須加

白洲美加/イモトアヤコ

八戸大輔/鈴木裕樹

宅間剛太/本多 力

鍵村洋一/草川拓弥

床嶋ゆかり/長井 短

足立聡/千葉雄大

珠城こころ/臼田あさ美

布施誠/梶原 善

屋代大/仲村トオル

 

脚本:大石静

主題歌:「アレ」斉藤和義

 

 

まとめ

ドラマ「家売るオンナの逆襲」1話のネタバレと感想をご紹介しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

 

「家売るオンナの逆襲」の動画を無料視聴する方法

 

❶放送後1週間以内は、まずティーバーか日テレ動画で見逃し配信をチェック。

 

❷1週間以上経っている場合は、huluで無料視聴するのがおすすめです。

 

▼▼1話〜最終回まで無料視聴はこちら ▼▼

huluで「家売るオンナの逆襲」を無料視聴

▲Huluは登録した日から2週間以内に解約すれば、一切お金はかかりません▲

 

 

トレース科捜研の男 1話の動画無料視聴はこちら。見逃し配信
3年A組キャストとあらすじを紹介。ネクストブレイク俳優に注目
3年A組 1話ネタバレと感想。菅田将暉の怪演とアクション半端ない

 

関連記事

菅田将暉のドラマ&映画動画一覧|無料でイッキ見する方法も!

カローラスポーツのCMロケ地の場所は?菅田将暉&中条あやみ共演

菅田将暉も通うラーメン屋(バサノバ)の絶品グリーンカレーそば

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です