いだてん2話のネタバレ感想。綾瀬はるかのハイカラさん姿がキュート

 

こんにちは。スリアです☆

いよいよ2019年の大河ドラマがスタートしましたね。

2019年1月13日放送の2話では綾瀬はるかさんの天真爛漫さと圧倒的なかわいさが目立ちましたね。

綾瀬はるかさんの役どころは、五輪を目指すマラソン選手の主人公・金栗四三(中村勘九郎さん)の幼なじみで、未来の奥さんとなる女性。

自転車に乗りながら「あいたかばってん〜」と歌う自転車節が元気でよかったです。

さてそんなNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)」2話のあらすじと感想(ネタバレあり)をご紹介します!

 

いだてん2話のあらすじとネタバレ感想。

2019年1月13日放送の「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)」2話を見た方のネタバレありのレビューをご紹介します。

第二話はとにかく四三の子役時代がかわいらしかったです!

 

お兄さんに追いかけられておばあちゃんを盾にして逃げ回るところとか、その後でお仕置きで閉じ込められてしまうところとか、セリフが少ない分自然に愛らしい男の子に見えました。

 

あの素直な男の子はお父さんの嘘がずっと胸に引っかかっていたんですね。あれから何年経っているか分からないけど、マラソンのゴールで嘉納治五郎に受け止められて嘘の解消が出来てほんとによかったねと思います。

 

あんな隈取みたいな顔をしながら四三の胸の中はきっと一位になったこととは別の熱いものがあったんだろうなと勝手に想像しています。

 

ところでお父さんが飲んでいた重曹水というのが気になりました。

あれは本当に人が飲んで大丈夫なものだったのでしょうか?

 

そして今回初登場の綾瀬はるかさん。

はいからさん姿が似合って素敵でした。

 

ついこの間まで高校生のお母さん役をやっていたというのに、女優さんというのは変化自在だなと感心してしまいました。

もしかしてスエちゃんは四三におんぶされてからずっと四三を思っていたのでしょうか。

そうならかわいすぎます。

 

それから今回は四三の故郷の風景の美しさに心を打たれました。

あんな所がまだ日本に残っているのなら一度行ってみたいです。

 

(しょうまさん/48歳/女性)

治五郎に抱っこしてもらえず、信彦と四三が帰っていく姿が切なかった。

 

四三が生まれた実家が緑豊かな山奥の田舎とはいえ大豪邸にしか見えず、もしかしたら大金持ちのお坊っちゃんなのかと思いました。

 

父親の信彦が身体が弱く貧乏に転落していたとは、家族全員明るく生きてはいたものの、祖母のスマの赤子の四三に語る露骨な言葉は、信彦には毎日が辛い日々だったと感じました。

 

四三には健康になってもらおうと信彦は体に鞭を打ち治五郎の元へ向かったと思いましたが、普通のハッピーエンドで毎回終わるドラマならば幼い四三と治五郎が出会い抱き上げらて終わりますが、さすがに大河ドラマだけに史実通りに会えない設定でした。

そうとわかっていても、振り返りながら信彦と四三が帰っていく姿が切なくなりました。

 

四三が大きくなり韋駄天の如く健康に走る姿にホッとした瞬間に、父親の信彦が危篤状態になるのが悲しく、父信彦のために医師を呼びに行っている時に亡くなるという展開は四三と共に涙を流しました。

 

四三が海軍の仕官学校を受験して落ちてしまった時に、歌が若干音痴のスヤが通りかけて声を掛けて、どのように生きようと自由と話した事が、四三のマラソン人生に向かわせたのかなと考えると、スヤこそ世界的に四三を羽ばたかせる女神様だったと思いました。

 

(アルフォンスさん/34歳/男性)

ススーハハーの呼吸法が生まれた理由が面白かった!

 

金栗四三のお父さんはかなり病弱で、ずっと寝たきり状態でした。結局、四三が子供の頃に亡くなってしまったのはとても残念でした。

それでもお父さんと一緒に、柔道家の嘉納治五郎先生の試合を見に行ったのは良い思い出となったと思います。

 

彼は結局、それがきっかけで自分が速く手楽に走ることができる呼吸法を見つけました。

おそらくそれからは走ることが楽しくなっていったのでしょう。

それと同時に体だけではなく、心も鍛えていくことができたと思います。

 

また、勉強もできたようですが、それも走っていたからかもしれません。

健康な体を維持することは、さまざまなメリットがあるということを改めて知ることができました。

走るこのドラマを観て、私もさらに運動を続けていこうと思いました。

 

四三が主人公のようですが、語り手は落語家の志ん生師匠です。

師匠の今までも同時に振り返っています。

二人は全く違う人生を送ってきましたが、落語家が日本初のオリンピック選手を語るというのも面白い組み合わせだと思いました。

 

師匠のオリジナルの噺のようですが、これからもこのパターンでドラマが進んでいくのでしょう。

明治から昭和にかけての話なので、大河ドラマというよりも朝ドラを見ているような気分ですが、それもまた新鮮な感じがしています。

 

(蘭子さん/51歳/女性)

ただいま随時記事を更新中です!

 

Sponsored Links


まとめ

2話の放送が終わったNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)」ですが、史実に忠実なこともありまだまだ小ネタも含めてクドカン節は出ていませんね〜。

今後に期待したいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です