本田まりあ(気象予報士)11歳の小学校はどこ?父親は医者?

こんにちは。すりあです。

北海道北見市の小学6年生、

本田まりあさんが11歳11カ月の史上最年少で

見事気象予報士の試験に合格しました!

通っている小学校はどこ?父親の職業は?

などさっそく調べてみました。

 

 

本田まりあ(最年少気象予報士)プロフィール

名前:本田まりあ

年齢:11歳

学年:小学校6年生

在住地:北海道北見市

 

気象業務支援センターによると、

小学生の合格者は初。

 

挑戦4回目にして

合格率5%前後の難関を突破したそうです。

 

学校の勉強もあるというのに

一体どんな風に毎日過ごしていたのでしょうか?

 

登校前に20~30分、

夜は1時間ほど机に向かう。

ということをルーティーンにされていたようです。

 

よっぽど自己管理ができる

強い意志を持っていないと

大人でもできないことですよねー!

 

しかも4回も挑戦しているんですから

凄まじい精神力と忍耐力!!!

 

気象予報士の試験は学科だけでなく

実技もあるそうですが

そこでも大人に混じって実力を発揮できるなんて

ものすごいポテンシャル!!!

 

合格後のインタビューでは

「雲が落ちてこない理由も分かった」と

無邪気なコメントをされているところが

小学生でまだまだかわいいあ〜と思いました。

 

藤井聡太四段といい

若い世代のパワーは

底知れないものを感じますね!

 

[ad#co-1]

 

小学校はどこ?

通っている小学校については

北見市ということ以外は公表されていないようです。

 

北見市内には小学校が25校あり

そのうちのどこかは特定できませんでした。

 

父親は医者?病院名は?

お父様の本田光則さんは47歳

ご職業は開業医(内科医)だそうです。

 

ネットで調べてみたところ

医院は、北見市末広町にある

「本田内科クリニック」

間違いないようですね。

気象予報士に合格したばかりの本田まりあさんですが、

将来の夢は、医院を経営するお父様のような内科医になり、

患者さんを治すことだそう。

 

将来的には二刀流っていうのも

ありかもしれませんね!!!

 

まとめ

今後、気象庁に申請すれば気象予報士になれるそうです。

テレビで見かける日もそう遠くないかもしれませんよ!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です