後妻業2話ネタバレあらすじと感想。老人殺害!小夜子の過去が暴かれる

 

こんにちは。スリアです☆

2019年1月29日にフジテレビ系で放送のドラマ『後妻業』2話のネタバレあらすじと感想をご紹介します。

遺産を狙い後妻に入った中瀬耕造(泉谷しげる)をいよいよ小夜子(木村佳乃)が仕留めるのでしょうか?

女同士の戦いがはじまり、緊張感のある展開になりそうな予感がします。

 

記事後半では、2話を見た方の感想もご紹介しているので合わせてご覧ください。

 

トレース科捜研の男 1話の動画無料視聴はこちら。見逃し配信
スキャンダル専門弁護士QUEEN 1話動画無料視聴はこちら。見逃し配信
家売るオンナの逆襲 動画1話の無料視聴はこちら|見逃し配信1月9日
3年A組 1話の動画無料視聴はこちら|1月6日見逃し配信

 

後妻業(2話)ネタバレあらすじ

2019年1月29日にフジテレビ系で放送のドラマ『後妻業』2話のネタバレあらすじをご紹介します。

ついに開けられた金庫

耕造(泉谷しげる)が入院している間に、モグリの鍵師に開錠を頼む小夜子(木村佳乃)と亨(高橋克典)。

小夜子にも何が入っているか知らされず、鍵が開けられるのを待つ二人。

 

日暮れ頃、ついに金庫は開けられ、中身を確認する小夜子と亨。

 

現金がないことに落胆する小夜子をよそに、スマホの電卓で金庫の中身の計算をする亨。

金庫の中には、定期預金が2300万、投資信託が1600万、普通預金が230万、合計で4130万の資産があったのでした。

 

株は10銘柄あり、2900万の価値がありました。

 

小夜子は態度をコロッと変え、どえらいお宝じいさんや、といい、換気の表情を浮かべます。

 

亨は定期預金と投資信託は解約して現金にし、株も売却すると言います。

亨を出し抜いて取り分を増やそうとする小夜子の考えを見抜き、定期預金の解約に同行すると言い、定期預金の印鑑を預かります。

 

打ち合わせから帰ってきた朋美(木村多江)は司郎(長谷川朝晴)と絵美里(田中道子)の距離が縮まっていることに少し変だと感じながらも、さほど気にはしませんでした。

 

芳則(伊原剛志)は大阪にいる橋口(平山祐介)に電話し、進捗状況を確認します。

橋口は、知り合いの弁護士に頼んで小夜子のことを調査してもらっている最中だと言い、それを聞いた芳則はよろしく頼むと言い電話を切ります。

 

芳則は、面倒をシングルマザーの冴子のもとにケーキを買って向かいます。

しかし、子供の祥太郎を放っておいて男に電話していました。

それに対して苛立った芳則は冴子に注意します。

 

芳則と冴子はあまりうまくいっていないようでした。

解約できない預金と小夜子の画策

大成銀行に赴いた小夜子と亨。

しかし、奥本から解約できないと言われ、戸惑う小夜子。

奥本に何とかならないかと必死で、頼み込む小夜子と亨。

奥本は、耕造の名義なので、耕造本人の承諾が必要といい、困惑する小夜子と亨。

 

それに加え、耕造の容体は持ち直してきており、他の病院への転院を勧められる小夜子。

 

頭を悩ませる小夜子。

しかし悪知恵を働かせ、尚子(濱田マリ)と朋美に押し付けようと、まずは尚子に電話します。

しかし、尚子は夫の家のことで手一杯で、転院先は小夜子に任せる、決まったら連絡してほしいといい、関心がありませんでした。

 

当てが外れた小夜子は、仕方なく朋美に電話します。

朋美は小夜子からの突然の電話に、耕造の容体が急変したかと思い、慌てて電話に出ます。

しかし、何も変わりはなく、小夜子から転院のことで主治医が面談したいという旨を聞かされ、尚子から全部任せると言われたから私が全部決めるという小夜子に、戸惑います。

 

しかし、小夜子の罠に引っ掛かり、朋美は自分が決める、姉にもそう伝えるといい、転院先を探すことを押し付けられてしまいます。

そして、小夜子は明日の13時に面談と言い、電話を切ります。

 

小夜子は亨のもとに行き、朋美たちが面談している間に大成銀行の奥本たちを耕造の病室に連れていき、解約の承諾をさせる計画を伝えます。

 

亨は用心深く、解約した定期預金はすべて現金で受け取り、通帳は破棄するように小夜子に言います。

証券扱いになっている株は、亨と小夜子が共同で管理できる口座を作ってそこに指定口座を変えて売ること。

 

バレるといけないから、株はすぐには売らないことと小夜子に釘を刺します。

普通預金の230万も共同口座に移し、4000万の痕跡はすべて消すという亨。

 

朋美たちに1円も渡さない亨の周到な計画に、小夜子はずる賢いと言いますが、ずるやのうて賢いんやと言う亨。

 

二人は不敵に笑い合います。

そして、病院に向かうのでした。

資産強奪成功と芳則と小夜子の遭遇

耕造の病室に着き、時計を確認する小夜子。

その頃、小夜子の狙い通り、朋美と尚子と主治医の面談が始まっていました。

容体が安定してきた耕造の転院先をソーシャルワーカーと相談して決めて欲しいという主治医の言葉に困惑する朋美と尚子。

もし、転院先が見つからない場合は在宅介護と言われ、朋美は尚子の顔を見ますが、尚子は顔を背けます。

 

そうしている間に、亨が大成銀行の奥本たちを病室に呼び寄せます。

酸素マスクをしている耕造の言葉は聞き取れず、小夜子が伝達するふりをして耕造の首を強引に縦に振らせ、定期預金の解約の承諾を取り付けます。

 

見事400万円の定期預金の解約に成功し、半分ずつ分ける小夜子と亨。

じいさんの金は全部手に入った、いつ死んでも構わないという亨の言葉に、今夜、仕上げるわ、と言う小夜子。

 

病院のロビーで在宅介護について口論になる朋美と尚子。

その様子を哀れそうな眼差しで小夜子は見つめていました。

 

耕造のマンションに張り込む芳則。

そこに小夜子が現れ、声を掛けられてしまいます。

鍵を落とし、小夜子がしゃがんだ瞬間に見えたバッグの中の大量の現金に目が行く芳則。

小夜子はそれを大事そうに抱え、ストーカーも押し売りもあかん、といい、マンションに入っていきました。

 

そのことを大阪にいた朋美に伝える芳則。

そのことを聞いた朋美は、金がないと言っていた小夜子のことが大量の現金を持っているののはおかしいと言います。

芳則は橋口に小夜子のことを調べさせているから、わかったら連絡すると言います。

 

朋美は在宅介護のことを芳則に話し、耕造にも朋美にも納得いく結果になればいいと言われ、朋美は大学時代のことを思い出し、心が軽くなります。

芳則は朋美をホテルに送り、東京に向かうためホテルの前で朋美と別れます。

 

ホテルの部屋についた朋美は事務所にいる司郎に電話します。

一人と言う司郎の電話口から、なぜか絵美里の声がします。

一人って言ったのにと友異が司郎に言うと、司郎は、絵美里が早く仕事に慣れたいというから、新人を残業させていると朋美が起こると思ったと言い、朋美は絵美里を終電までには帰すようにと司郎に言うと電話を切ります。

 

そして朋美は司郎の浮気を疑うのでした。

 

現金と一緒にぬか床を自分の家に持ち帰り、現金を見つめ、意を決した表情の小夜子。

夜の病院に忍び込み、手袋をはめ、亨の指示通り、耕造の腕にあった注射器の跡に合わせ注射器で静脈内に空気を送り込み、その時が来るのを待つのでした。

そして、小夜子と朋美に、病院から耕造の容体急変の連絡が入り、朋美は急いで病院に向かうのでした。

朋美に宣戦布告する小夜子

朋美は病室に駆け付け、急変に困惑します。

ほどなくして、医者が耕造の臨終を告げました。

 

その場に泣き崩れる朋美。

小夜子も駆けつけ、わざとらしく耕造に泣きつきます。

 

その頃、亨は北新地のクラブ与志乃で、繭美(篠田麻里子)たちと祝杯をあげていました。

 

一方、小夜子は病院のロビーで遅れてやってきた尚子も交え、喪主は私でいいかと朋美たちに確認します。

 

反対する朋美に対し、もう耕造にのことに関わりたくないのか、尚子はそれでお願いしますと言い、夫からの電話に出るためにどこかに行ってしまいます。

 

二人きりになった小夜子と朋美。

葬儀費用400万の折半の話を改めて朋美に確認します。

400万の葬儀に反対する朋美に、親のために200万も都合できなきないのかと言われ、まんまと口車に乗せられ承諾してしまいます。

 

あちこち駆け回って200万都合した甲斐があるという小夜子に、芳則が小夜子が現金を持っていたという話を思い出し、朋美は小夜子に、金がないのは本当なのか、

父も少しは蓄えがあったはず、と朋美が小夜子に話すと、小夜子は豹変し、耕造の遺産を全部相続するのは自分だと言い、遺言公正証書のコピーを朋美に見せます。

 

そこには耕造の遺産はすべて内縁の妻の小夜子が相続する、と書いてあったのでした。

小夜子と耕造が籍を入れてなかった事に驚き、異を唱える朋美でしたが、小夜子に朋美も事実婚で内縁の妻であることを指摘され、理由を聞かれ、何も言い返せなかったのでした。

 

意気揚々去っていく小夜子。

そこに朋美のもとに小夜子の過去を掴んだと、芳則から連絡が入るのでした。

暴かれる小夜子の結婚経歴

耕造の死から一週間後、芳則が朋美の事務所にやってきます。

香典を受け取り、小夜子の言葉に反して葬儀は全然盛大ではなかったと芳則に言う朋美。

 

請求書には400万と書いてあったが、きっと小夜子が裏で何かしたに違いないという朋美に、耕造なりに何か考えがあったのかもしれないという芳則。

 

その言葉に優しさを感じながらも、本当は父親を放っておいたからこうなってしまったと朋美は言います。

しかし、悪人を許してはならないという芳則の言葉に、決意を新たにするのでした。

 

小夜子は耕造の葬儀が済み、見せ金を返しに来たと亨に言いますが、亨を出し抜いて取り分を多くしようと金をごまかしていることを見破られ、結局、亨の言い値を払ってしまいます。

 

芳則が朋美に掴んだ情報の話をし始めます。

 

小夜子は過去に三回結婚しており、出生の時は黒澤、初婚で名城、二回目の結婚で津村、そして三年前の結婚で現在の武内小夜子になったと、芳則は言いました。

 

加えて、小夜子と入籍した後、夫はみんな二年以内にみんな死んでると告げられ、朋美は耕造が小夜子の後妻業の餌食になったと感じ、動揺します。

 

その可能性は高い、小夜子は今までの夫の遺産をすべて手にしているはずだと、芳則は言います。

 

遺言公正証書の記録によれば、尚子が継いだ家以外すべて小夜子のものになると書いてありました。

芳則は小夜子がなぜ耕造と籍を入れず、武内の姓のままだったのか引っ掛かっていました。

 

小夜子の悪行に朋美は憤り、遺産を取り返すこと、小夜子に耕造を殺した罪を認めさせると戦うことを決意するのでした。

小夜子の過去に関わる場所と祈り

耕造のマンションを売るという小夜子。

前の夫武内から買ってもらったマンションを大事にしているようでした。

タバコを吸おうとした小夜子に、ライターを差し出しながら、武内の死因を小夜子に冗談交じりに聞く亨。

 

しかし、それが小夜子の気に障ったらしく、小夜子はタバコをしまいます。

そして、小夜子は決まり事と言い、ある場所に向かいます。

 

それはサン・クラーク教会附属の児童養護施設、こどもの園の教会でした。

小夜子は十字架の前に一人跪き、ロザリオを持って祈りを捧げていました。

 

祈りを捧げながら耕造との日々を思い出す小夜子。

それはまるで懺悔でもあり、弔いでもあるような祈りでした。

 

こどもの園から帰ろうとすると、そこには亨が待っており、決まり事だからと言いました。

二人は身を寄せながら歩いて帰りました。

 

小夜子は子供の頃、あのこどもの園の教会で祈りを捧げていたことを歩きながら思い出すのでした。

そして、小夜子はある老人ホームに赴き、新たなターゲットに狙いを定めるのでした。

 

後妻業 動画2話の無料視聴はこちら。見逃し配信1月29日

 

後妻業(2話)を見たみんなの感想

『後妻業』2話を見た方から感想をお寄せいただきましたのでご紹介します。

耕造との思い出のシーンは爆笑してしまいました。

耕造を殺しておいて、よくあんなに愛おしそうに耕造との思い出を振り返られるのか…。

 

思い出の中の耕三はいつもニコニコ笑顔で、可愛らしいおじいちゃんでした。

 

小夜子との結婚生活を楽しんでいたのん、かわいそうな耕造。

もう正直小夜子の気持ちがわかりません。

本当は殺したくなかったのか、小夜子の考えが理解できません。

 

そして柏木が、耕造の遺産のお金を入れるための袋として、丈夫そうなタイガースの袋を渡しました。

関西出身ですが、あんなにコテコテに大阪色を出さなくてもいいのにな…と思ってしまいました。

ちょっとやりすぎ感もありますが、正直面白かったです。

あのカバン売れそうだと思いました。

 

(いもさん/35歳/女性)

特に印象に残ったシーンは耕造の病院の転移の件で病院を訪れた娘達が、医師から在宅介護となる可能性もあると言われ難色を示したシーンです。

2人とも自分の親の事なのに理由をつけては、お互いになすりつけようとするとは。

 

父親がこの場面を見たらどんな気持ちになるのだろうか、きっととても悲しい気持ちになっていたと思います。

 

介護するというのは体力面や精神面、とても大変な労力を費やす事だとは分かります。

しかし自分の父親の事なら、自分は無理だからだけでは無くて、もっと娘達同士色々と話し合うべきでは無いのかと感じました。

 

自分で全て介護しなくても、ヘルパーさんを頼んだりと色々と方法はあると思うのですが。

そこが観ていてとても悲しい気持ちになりました。

 

(レタスさん/35歳/女性)

実の娘でも離れて暮らして放っていた、孤独な思いをさせてしまっていた、自分たちにも自分たちの生活があり難しいなど、詐欺にあってしまったことを除いてもよくあることですがやはり問題だなと思いました。

 

自分にも息子がいますが、いつか自分が老後になり、こういった孤独な問題にも遭遇するだろうし、他人事ではないなぁと思いました。

物語的には転機になった回だなとも思いました。

 

こうぞうさんは死んでしまったし。

幼馴染の探偵さんにも色々話したり調べてもらったり。

内縁の妻ってところなんだか切なくなりました。

 

みんな色々抱えていた後妻業、詐欺!ってだけのお話でもないので物語にいろんな角度から入っていけて来週もまたみたいな!って思いました。

 

また最期のシーンでお祈りをして死んでしまった旦那さんを思い出しているところは殺したのは彼女だけどそれでもなんだか切なくなりました。

 

(ハナさん/26歳/女性)

佐藤と絵美里の間の関係が気になってしまうという朋美、冴子と祥太郎を育てていくという本多、中瀬を殺したという朋美、それぞれに共通点があることに気付きました。

 

小夜子は今までに3人ものの夫を亡くしているとのこともあって、さすがに今後は結婚してまたもや夫が死んだら疑われるのだろうと判断しているため、中瀬とは籍を入れるようなことをしなかったのだろうかと考えました。

 

朋美と本多が箱に入れていないとの理由に関して、小夜子とは全く違うものの、つい小夜子と自分を比較してしまうのではないかと伝わってきます。

 

特に朋美は、内縁の妻である小夜子が中瀬を殺したのだという確信を持つことになったり、佐藤が浮気をし絵美里と関係を持っているのではないかと疑っていることになってしまいます。

 

しかし、箱に入れているか、箱に入れていないかは関係なく、愛情が存在していれば良いのではないかと思いました。

 

(T.Oさん/21歳/男性)

 

【オンエア前に】後妻業 2話の見どころは?

朋美と小夜子、二人ともこの戦いで何を得て、何を失うのか?

 

ついに構造が亡くなってしまうようです。

 

武内小夜子を後妻業の女と知った中瀬朋美の反撃に期待します。

どうやら小夜子も朋美も10年前というのが今後の展開の鍵を握っているのではないかと思います。

 

金庫も柏木亨の協力によって開けることができたようですが、預金を下ろすことができないという壁にぶつかるようです。

1話でも佐藤司郎と朋美の心が離れつつあるような描写があったため、山本絵美里が職場に入ってきたことによって、司郎の気持ちがどう揺らぐのか気になります。

 

朋美も絵美里と司郎の仲の良さに浮気を疑ってしまうようです。

朋美も小夜子の調査を通して、探偵であり大学の先輩の本多芳則とどう関係を持つのかも気になります。

 

病院での、朋美に対しての小夜子の宣戦布告にただただ驚かされました。

正規の手続きで結婚している以上、小夜子を追い詰めるのはなかなか大変だと思います。

 

朋美と小夜子、二人ともこの戦いで何を得て、何を失うのか、小夜子に待つ結末はどのようなものなのか、これからの展開に期待したいです。

 

(オズさん/30歳/男性)

 

後妻業(2話)あらすじ

裕福な高齢者を惑わせ妻となり、夫の死後に多額の遺産を手にする“後妻業”で荒稼ぎする小夜子(木村佳乃)は、ある日、後妻に入った中瀬耕造(泉谷しげる)が金庫に多額の財産を隠し持っていることに気づく。

するとその矢先、小夜子の思惑どおり、耕造が病に倒れて入院。その隙に、小夜子はパートナーの柏木(高橋克典)と結託し、金庫を開けることに成功する。

すると、中から出てきたのは不動産の権利書や預金通帳など、総額4000万円のお宝! 早速2人は、それらを解約して現金を手に入れようとするが、銀行側は本人の許諾がないと解約はできないと主張する。

何としても金を手に入れたい小夜子は、後日、解約を渋る銀行の担当者を病室へ招き入れ、意識がもうろうとする耕造に、なかば強引に口座解約の意思表示をさせる。

こうして、まんまと大金を手に入れた小夜子だったが、偶然、東京で暮らす耕造の次女・朋美(木村多江)の依頼を受け、小夜子の調査をしに大阪へ来ていた探偵の本多(伊原剛志)に、バッグの中の札束を見られてしまう。

同じころ、ひとまず容体が安定したことを理由に、病院から耕造の転院を迫られた朋美と姉の尚子(濱田マリ)。

在宅介護の可能性も示唆された姉妹は、お互い仕事や家事を理由に面倒を押しつけ合う。

そんななか、本多から小夜子が大金を持っていたと報告を受けた朋美は、ますます小夜子への疑いを強める。

一方で、仕事とはいえ親身に相談にのってくれる先輩の本多に、かつての胸の高鳴りを思い出し……。

金を手にした小夜子と柏木にとって、耕造はもはや何の価値もない。

そこで耕造を始末しようと考えた小夜子は、眠っている耕造に忍び寄る――。

出典:https://www.ktv.jp/bokura

 

Sponsored Links


後妻業 キャストとスタッフ

木村佳乃/武内小夜子 役

高橋克典/柏木亨 役

木村多江/中瀬朋美 役

泉谷しげる/中瀬耕造 役

伊原剛志/本多芳則 役

 

原作:黒川博行「後妻業」(文藝春秋)

脚本:関えり香

演出:光野道夫、都築淳一、木村弥寿彦

主題歌:冬の花/宮本浩次

 

▼「後妻業」原作小説はこちら▼

 

まとめ

『後妻業』2話のネタバレあらすじと感想をご紹介しました。

今後は木村佳乃さんと木村多江さんの女の戦いもはじまりそうで期待感が高まりますね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

 

もしまだドラマ「後妻業」を見ていない方は、無料で見る方法があるので詳しくはこちらをご覧ください。

後妻業 動画 1話の無料視聴はこちら。見逃し配信1月22日

 

 

「後妻業」動画を無料視聴する方法①

 

  • FODプレミアムの1ヶ月お試し無料キャンペーンに登録する
  • 登録時にもらえる100ポイントと8のつく日(8日・18日・28日)にもらえる400ポイントを合わせた1300ポイントで「後妻業」3話分の無料視聴が可能

※登録するタイミングによってすぐに見れない場合もあります。

 

FODプレミアムの無料お試しはこちら

 

「後妻業」動画を無料視聴する方法②

 

  • U-NEXTの31日間お試し無料キャンペーンに登録する
  • 登録するともらえる600ポイントで「後妻業」1話分の無料視聴が可能

 

U-NEXTの無料お試しはこちら 

 

「後妻業」動画を無料視聴する方法③

 

  • ビデオマーケットの初月無料お試しキャンペーンに登録する
  • 登録時にもらえる540ポイントで「後妻業」1話分の無料視聴が可能

 

ビデオマーケットの無料お試しはこちら 

 

「後妻業」動画を無料視聴する方法④

 

  • ビデオパスの30日間無料お試しキャンペーンに登録する
  • 登録時にもらえる540ポイントで「後妻業」1話分の無料視聴が可能

 

ビデオパスの無料お試しはこちら

 

トレース科捜研の男 1話の動画無料視聴はこちら。見逃し配信
スキャンダル専門弁護士QUEEN 1話動画無料視聴はこちら。見逃し配信
家売るオンナの逆襲 動画1話の無料視聴はこちら|見逃し配信1月9日
3年A組 1話の動画無料視聴はこちら|1月6日見逃し配信

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です