グッドワイフ 7話ネタバレ感想。告白に怒る壮一郎を杏子が弁護

 

こんにちは。スリアです☆

2019年2月24日(日)にTBSで放送のドラマ「グッドワイフ」7話のネタバレあらすじと感想をご紹介します。

 

いよいよ杏子が夫・壮一郎の事件の全容を知ることに!

そして多田の杏子への電話での告白を壮一郎が盗み聞きしてしまい、微妙な三角関係に発展していきます。

また浜野謙太さんが映画会社を名誉毀損で訴える、カリスマIT社長役でゲスト出演しています。

 

▼Paraviで全話見逃し配信中▼

「グッドワイフ」動画の無料視聴はこちら

 

グッドワイフ7話 ネタバレあらすじ

東京地検特捜部長だった夫の贈収賄事件により、16年ぶりに現役復帰した弁護士、蓮見杏子を主役に立てたドラマの第7話目。

2019年2月24日放送の「グッドワイフ」7話のネタバレあらすじです。ご紹介します。

消された愛のメッセージ、夫の潔白を知った杏子

「ずっと好きだった」

多田(小泉孝太郎)は、杏子のケータイの留守録にそう告白する。

今日の夜、弁護士事務所の屋上で待つ。

来なかった場合、その気がなかったと受け取ってきっぱり諦める。

 

だが、そのケータイを手にしていたのは杏子の夫、蓮見壮一郎(唐沢寿明)だった。

そして、彼はその留守録を削除する。

 

壮一郎は元部下、佐々木(滝藤賢一)と共に、杏子に自身の贈収賄事件の真相について説明する。

 

内閣官房副長官、南原(三遊亭円楽)が自身の汚職の捜査に当たる壮一郎を消すために、イーデンスとトミオカ精工という企業を使って、壮一郎の贈収賄事件を捏造した。

杏子はそれを聞いて、初めて夫の身の潔白を知る。

 

カギになるのは、南原の不正について知っていた情報提供者になる。

地検の特捜部長だった壮一郎は情報提供者に接触する直前に、逮捕されてしまった。

そのため、まだその人物が南原の不正の証拠を握っている可能性がある。

 

杏子もまた、その情報提供者を見つけることがカギだと理解する。

そして、彼女は自身と子どものために、壮一郎の弁護を勤めることにする。

 

一方、多田は1人、事務所の屋上で杏子を待っていた。だが、数時間が経過したことで彼はその場を後にする。

カリスマIT社長、パクリ映画に怒る

事務所で仕事について会話する多田と杏子。

杏子は多田のよそよそしい雰囲気に違和感を覚える。

杏子、多田、朝飛(北村匠海)の弁護士3人組は、クライアントであるカリスマIT社長、剣持(浜野謙太)の自宅に行く。

 

剣持は自身をモデルにした映画『成り金』に不満を持っていた。

実際、彼は古民家に住んでいるが、映画の中ではそれが庶民派を装うためのウソで、豪邸に住み派手な女遊びを続けているように描かれていた。

剣持は、賠償金目的ではない名誉毀損で訴える意思を示した。

彼が求めるものとは、映画の上映中止と自社の動画サイトでの謝罪であった。

 

『成り金』のプロデューサー、二見の言い分では映画の主役は剣持ではないと主張する。

一方で、その映画会社は小規模なため、剣持の名声を利用してヒット作を作ろうとした疑いが強まる。

 

壮一郎と敵対する現特捜部長の脇坂(吉田鋼太郎)は、部下の佐々木が壮一郎と繋がっていることに気づいている可能性がある。

壮一郎や杏子はそれに気づいているが、なぜ脇坂が黙認しているのかが分からない。

 

事務所での仕事中、朝飛はパラリーガルのみちる(水原希子)にまだ恋を諦めていないことを告げる。

彼女の具体的な過去については知らないが、その人間性については最初から見えていると言う。

それに、みちるは思わず感心する。

再び仲たがいする杏子と壮一郎

裁判が始まる。

剣持は映画の主役の見た目やキャリアがすべて自身と同じだと主張。

特に古民家はSNSによく上げていることで、映画の中でパクられたと言う。

一方、二見や脚本家はそれを全面否定する。

 

多田は、裁判が公開中の映画『成り金』のPRになっていることから、二見が炎上商法をしているのではと指摘する。

一方、剣持は、映画のせいで母親を始めとした人たちの信頼を失ったことから、絶対に引かないと言う。

 

情報提供者が壮一郎とアポイントメントを取る。

そこで壮一郎が離婚の記者会見を開いたのが、そのナゾの人物へのアピールだったことが分かる。

子どものために開いたと思っていた杏子は、それに憤る。

それをキッカケに壮一郎と杏子はお互いの浮気を疑りあい、ケンカ別れしてしまった。

壮一郎の浮気相手、亜紀の追ったナゾの事件

事務所での仕事中、杏子はみちるから「家族とかに関係なく、人はなりたい自分になれる」と後押しされ、多田についての本音を言う。

若いときは弟にしか見えなかったが、16年ぶりに再会すると違って見えるようになったと口にする。

 

そして、みちるは杏子に夫、壮一郎の浮気の真実を知るためには、浮気相手、亜紀に会うべきだと忠告する。

そこで杏子は亜紀に会いに勤め先の新聞社に行くが、彼女はすでに退社していた。

 

上司によると、亜紀は壮一郎に会う前に大きな事件の独自取材をしていたが、浮気報道によって辞めざるを得なくなったそうだ。

 

IT社長、剣持の訴訟において、多田は打開策を見つける。

映画には有名な俳優が1人も出ていないにも関わらず、資金集めに成功していた。

そのため、多田はスポンサーの前で二見が剣持の名前を使っていたのではと推理する。

 

「あなたは彼女を幸せにできるとは思えない」

多田は事務所に訪ねてきた壮一郎を前にそう言う。

壮一郎はあなたには関係ないことだと取り合わない。

 

多田は映画のスポンサーであるアパレル店を訪れ、店主から映画の制作前に剣持がモデルだと聞かされたことを聞き、裁判で証言するよう頼む。

脇坂の不可解な行動、杏子と亜紀の初対面

壮一郎は検察の尾行を振り切り、情報提供者に会いにゆく。

だが、その人物と思われる者は直前に職質を受けて中止になる。

検察が彼らの動きを把握していたのだ。

 

脇坂は検察でその人物を取調べする。

脇坂は何もなかったことにしてもいいと何かの駆け引きに出る。

 

その後、内閣官房副長官、南原に会い、それが内閣府の職員だったと指摘、南原の不正の証拠が入ったUSBを彼に渡す。

壮一郎はそれを推測し、杏子の前ですべてが終わったと弱音を吐く。

 

そのうち杏子は亜紀について話す。

そこで壮一郎は、亜紀の追っていた事件が南原の汚職であり、彼女も南原の不正の証拠を握っているのではと推測する。

 

そこで杏子が亜紀に会って、それを確認すると断言する。

剣持の会社の動画サイトで、二見の謝罪のコメントが流れる。映画『成り金』の上映も中止される。

多田たちが裁判に勝ったのだ。

 

みちるは、いつも情報を提供してくれる男と会っている。

その最中、1人の男が現れる。

「変わってないな、みちる」その言葉に、彼女は驚きの表情を浮かべる。

 

「本当に聞きたいのは私とご主人の関係じゃないですか?」

 

亜紀はそう杏子に言い放つ。

杏子が亜紀に会うなり、亜紀の追っていた事件が何だったのかと聞いたことへの返答がそれだった。

杏子は表情を硬くし、亜紀は不敵な笑みを浮かべる。

 

(第7話おわり)

 

▼Paraviで全話見逃し配信中▼

「グッドワイフ」動画の無料視聴はこちら

 

グッドワイフ7話の感想

2019年2月24日放送の「グッドワイフ」7話を見た方から感想を寄せていただきました。

今回はカリスマIT社長が無断で自分をモデルにした映画を勝手に公開され、さらにそのグッズが大人気だということが問題となりました。

 

余りにも類似している部分が多いと、すぐにパクリだと思われても仕方がないでしょう。

少なくとも国内ではこうしたことは起こりにくいのではないかと思っています。

 

蓮見杏子の夫は情報提供者と接触を図りましたが、途中で検察庁につかまってしまいました。

 

結局、この線での問題発覚はなくなってしまったのかもしれません。

 

しかし、杏子の夫が不倫した新聞記者から事情を聞き出せるかもしれません。

 

この新聞記者が言っていたように、杏子は事件の真相よりも、もしかしたら夫との関係を知りたかったのだと思います。

 

夫婦や家族としてはそちらの方が大事なことなので、その点もかなり気になるところです。

 

(アサコさん/51歳/女性)

ついに真実を知りたいと蓮見杏子は、夫の弁護をすることに決めました。

そんな折、多田征大の蓮見杏子への告白の電話がかかります。

 

「自分の気持ちに嘘をつくのはいやだ、好きだった」と。

 

ところが、その留守電を聞いていたのは杏子ではなく壮一郎。

よりにもよって一番聞かれたくない相手ですね。

 

杏子は留守電を聞いていないので、多田といつも通りに接するのですが、多田は振られたと思い込み、気まずい様子。

この三角関係がこの物語でどういう結末になるのか気になります。

 

留守電ではなく、大切なことは直接話せばいいのに・・・。

 

大物政治家南原の事件を解決できるかもしれないと杏子はついに遠山亜紀と会うことを決意。

 

いよいよ修羅場になるのでしょうか。

 

(ぺこりんさん/38歳/女性)

壮一郎の賄賂疑惑で情報提供者を見つけることが出来るのか心配です。

 

裏には大物政治家が絡んでいるようで、杏子が弁護士となっても握りつぶされる可能性があります。

 

記者会見の影響で情報提供者から連絡があったことを杏子が知り、家族を利用した壮一郎、二人はどこまで信じることが出来るのか心配です。

 

有名な剣持がモデルのような映画を公開されたことを憤慨しています。

 

950億の売り上げを持っているカリスマIT社長剣持が、成功報酬が顧問弁護士に変えてくれる約束をしたことで神山多田法律事務所はとても盛り上がります。

 

裁判では古民家の剣持の写真や逆立ちをした様子のドキュメンタリーの映像など、映画と類似点が多いです。

映画側から謝罪会見もあり無事に和解出来て、両方にいい利益が出たはずです。

 

(マキさん/54歳/女性)

▼Paraviで全話見逃し配信中▼

「グッドワイフ」動画の無料視聴はこちら

 

グッドワイフ5話ネタバレ感想。壮一郎をハメた黒幕と多田の元カノ
グッドワイフ4話ネタバレ感想。多田の恋の行方は?壮一郎と対面
グッドワイフ3話ネタバレ感想。壮一郎の反撃と伏線回収がすごい

 

【オンエア前に】グッドワイフ7話の見どころは?

ドラマ「グッドワイフ」を毎週見ている方から7話の見どころや感想を寄せていただきました。

壮一郎を陥れようとした黒幕がいよいよ発覚!

 

多田の杏子に対する気持ちを知ってしまった壮一郎は、ついに直接対峙することになるようですが、そのことを知らない杏子は、壮一郎の弁護のために収賄容疑でなげ逮捕さてしまったのか、真相について聞くことになるでしょう。

 

きっと、壮一郎の浮気相手の記者も、ハニートラップだったに違いありません。

 

いよいよ、壮一郎を陥れようとした黒幕が明らかになってくるようで、ワクワクです。

 

また、パクリ映画疑惑でIT関連会社の弁護を依頼されるようですが、その件では杏子、多田、朝飛会社協力して勝ちにいくと思います。

 

もちろん、パラリーガルの円香さんの働きも見逃せません。

 

(まりんさん/58歳/女性)

壮一郎が罠に嵌められたと疑いが晴れると期待したいです。

 

杏子への多田の告白を電話で聞いてしまった壮一郎は怒ります。

一方、杏子は壮一郎から事件の詳細を聞きます。

 

1年前に南原の汚職のタレコミがあり、佐々木と共に捜査をし情報提供者から証拠の文書を貰う約束だったのですが、その前に壮一郎が逮捕されたのでした。

 

それは南原が富岡精工の幹部に壮一郎に金品を渡したと嘘の証言をさせて、御手洗に壮一郎を逮捕させたのではないでしょうか。

 

そして情報提供者は壮一郎の記者会見を見て壮一郎に接蝕してくるのだと思います。

 

その相手は南原の経済特区の選考に選ばれたイーデンスの社員で内部告発として南原の指示でイーデンスに工事の落札をさせるという業者間の談合があって、南原に賄賂を渡した社内のメールがあるのかもわかりません。

 

これで、壮一郎が罠に嵌められたと疑いが晴れると期待したいです。

 

(デフレーターさん/65歳/男性)

 

壮一郎が怒りを覚えるということは、杏子に気持ちがあるということ。

 

多田は杏子への愛の告白を、なんとその夫である壮一郎に聞かせてしまいました。

 

これにより壮一郎VS多田という新たな戦いまで勃発です。

 

ここで壮一郎が怒りを覚えるという事は、つまり彼の中にはまだ杏子への愛情が残っている事を意味しますから、そこだけはホッとさせられる要素なのですが。

 

しかし杏子は大変ですよね。

自分を巡って夫と同僚が争い始め、夫の不倫&汚職疑惑で家庭崩壊の危機に陥り、そんな中で通常の業務もこなさなくてはいけないのですから。

 

次回はカリスマIT社長の弁護をするようなのですが、もう杏子も視聴者もなかなかそちらに集中できそうにありません。

 

(さとうきびさん/30歳/男性)

 

グッドワイフ6話ネタバレ感想。壮一郎が多田の愛の告白を盗み聞き
グッドワイフ動画 7話の無料視聴はこちら。見逃し配信(日本版TBSドラマ)

 

グッドワイフ7話 あらすじ

杏子(常盤貴子)への多田(小泉孝太郎)の告白を聞いてしまった夫・壮一郎(唐沢寿明)は、怒りに満ちていた。

しかし、多田の告白自体を知らない杏子は、壮一郎の弁護人として、事件の全容を聞くことになる。

1年前、特捜部長時代の壮一郎のもとに、大物政治家・南原(三遊亭円楽)の汚職のタレコミが入った。

佐々木(滝藤賢一)と共に極秘捜査をし、匿名の情報提供者から汚職を証明する決定的な “ある文書” をもらう約束を取り付けたが、その直前に逮捕されてしまっていた。

南原の汚職を暴くためには、1年前の匿名の情報提供者を見つける必要があるのだが…。

一方、神山多田法律事務所には、カリスマ IT 社長・剣持(浜野謙太)から大きな案件が持ち込まれ、多田、杏子、朝飛(北村匠海)の3名で担当することに。

剣持は SNS を駆使し、自らが広告塔となり若くして成功を収めている人物。最近、彼がモデルと思われる主人公の映画が無断で公開されたうえ、剣持を誹謗したかのような内容だった。

自分のイメージも、さらには企業イメージまで下がったと憤慨し抗議するが、映画会社は一貫して剣持をモデルにしたことを否定。剣持は名誉毀損で映画会社を訴えることにしたのだ。

のらりくらりとかわす映画プロデューサー(田中要次)らを相手に杏子たちは裁判に臨むが、思うようにいかず窮地に追い込まれる。

そんなとき、杏子と打ち合わせで事務所に来ていた壮一郎と多田が鉢合わせる…!

出典:http://www.tbs.co.jp

 

グッドワイフ キャストとスタッフ

 

蓮見杏子 役/常盤貴子

多田征大 役/小泉孝太郎

円香みちる 役/水原希子

朝飛光太郎 役/北村匠海

神山佳恵 役/賀来千香子

脇坂博道 役/吉田鋼太郎

蓮見壮一郎 役/唐沢寿明

 

小宮竹生 役/野間口 徹

戸梶涼太 役/中林大樹

佐竹凛子 役/末永みゆ

蓮見隼人 役/小林喜日

蓮見綾香 役/安藤美優

佐々木達也 役/滝藤賢一

蓮見幸枝 役/高林由紀子

林幹夫 役/博多華丸

遠山亜紀 役/相武紗季

 

原作:米国CBSドラマ「The Good Wife」

脚本:篠崎絵里子

演出:塚原あゆ子

演出:山本剛義

プロデューサー:瀬戸口克陽

プロデューサー:東仲恵吾

主題歌:Aurora/BUMP OF CHICKEN

 

「グッドワイフ」7話のゲスト

剣持宏光 役/浜野謙太

二見芳郎 役/田中要次

木内幸久 役/丸山智己

上森孝明 役/松尾貴史

店長 役/前野朋哉

家入繁明 役/間慎太郎

愛唯 役/安倍乙

 

まとめ

2019年2月24日放送のドラマ「グッドワイフ」7話のネタバレあらすじをご紹介しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

 

▼Paraviで全話見逃し配信中▼

「グッドワイフ」動画の無料視聴はこちら

 

 

トレース科捜研の男 1話の動画無料視聴はこちら。見逃し配信
スキャンダル専門弁護士QUEEN 1話動画無料視聴はこちら。見逃し配信
家売るオンナの逆襲 動画1話の無料視聴はこちら|見逃し配信1月9日
3年A組 1話の動画無料視聴はこちら|1月6日見逃し配信

 

関連記事

SUITS/スーツ(1話)動画の見逃し無料視聴方法を紹介|フジ月9ドラマ

リーガルV(1話)動画を無料視聴する!ポチと翔子のコンビが最高!

黄昏流星群(1話)動画を無料視聴する!pandoraよりいい方法を紹介

忘却のサチコ(1話)動画を無料視聴!pandoraやyoutubeよりいい方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です