グッドワイフ3話ネタバレ感想。壮一郎の反撃と伏線回収がすごい

 

こんにちは。スリアです☆

2019年1月27日(日)にTBSで放送のドラマ「グッドワイフ」3話のネタバレあらすじと感想をご紹介します。

 

▼Paraviで全話見逃し配信中▼

「グッドワイフ」動画の無料視聴はこちら

▲Paraviは登録から30日以内に解約すれば、一切お金はかかりません▲

 

グッドワイフ3話 ネタバレあらすじ

2019年1月27日放送の「グッドワイフ」3話のネタバレあらすじです。

運転士の過重労働がにおう列車脱線事故

16年ぶりに弁護士に復帰した蓮見杏子(常盤貴子)は列車脱線事故に関する被告側とのミーティングに参加している。

 

3ヶ月前、深夜午前1時、回想列車による脱線事故が起こり、運転士の井口だけが死亡。

事故調査委員会の調べによりブレーキ痕がなかったため、井口の居眠り運転が原因だとみなされる。

 

過労から居眠り運転を引き起こしたという見方もあり、実際、井口の手帳を見ると事故前までに月平均85時間もの長時間労働を強いられていた。

 

一方で、被告弁護士、河合(江口のりこ)の調べでは、勤務表には月平均44時間とあり食い違っている。

サービス労働があったのではとの蓮見の指摘に、東神(とうじん)鉄道労務担当の安西はそれをきっぱり否定する。

 

また、事故前に井口の妻から過労に関する相談を受けていたのではとの指摘にも、もう1人の労務担当、小川は「記憶にない」と否定する。

 

蓮見の上司、多田(小泉孝太郎)は依頼人の井口の妻が1億円の賠償金を求めていると言うが、河合は「50万円ですね。見舞金として」と突っぱねる。

さらに裁判ざたにすれば事故列車の損害賠償を遺族に請求すると脅しにかかった。

復縁の兆しをみせる杏子と壮一郎

井口の手帳には、運転士の名前の前に『OR』という謎の文字が所々に書かれている。

 

河合が神山多田弁護士事務所にやって来る。

そして事故死した井口が以前、会社の抜き打ち検査で違法薬物、アンフェタミンを服用していたと指摘。一方、杏子が井口の家に行き妻、晴乃に訪ねるが、彼女は否定する。

 

杏子の自宅には、壮一郎の母、幸枝が家事をしにくるようになった。

元東京地検特捜部長の壮一郎は現在、贈収賄罪の疑いで拘留中。

幸枝はこれまで杏子に息子を支えるよう頼んでいたが、これからは彼女自身と子どもたちのために生きるように忠告する。

 

杏子は拘置所で壮一郎と面会。義母の言葉を受け、これまでずっと壮一郎について考えてこなかったことを詫び、冷め切っていた2人の仲は少し温まった。

 

多田の調査により、井口から検出されたアンフェタミンは、彼が日常的に服用していたサプリメントにふくまれる成分だったと判明。

河合の糾弾が的外れだったことが分かる。

巧みにミスリードするライバル弁護士の河合

新米弁護士、朝飛(北村匠海)の調査では、東神鉄道では今年に入って何度も運転士のオーバーラン(停止線を超えた停車)があることが分かった。

 

オーバーランは国交省による報告義務がないため表面化しづらいが、乗客によるSNS書き込みによって発覚した。

杏子は井口の手帳に記された『OR』がオーバーランの略語ではないかと判断。

 

事実であれば過労の決定的な証拠になるため、パラリーガルのみちる(水原希子)と共に東神鉄道の運転士に聞き込みに行くが、誰もがまともに答えようとしない。

そこで杏子は河合が自分たちに違法薬物について調査させている間に、河合が運転士たちに口止め工作を行っていたのだと気づく。

 

事務所の代表、神山と多田は屋上で軽いランチを取っている。

預かりの新米2人、蓮見と朝飛のどちらを本採用するかでもめる。神山は若い朝飛を取りたがっていて、45歳になる蓮見について老眼が始まる年だとバカにした。

 

すでに退職し井口の事故の一週間前にオーバーランをした元運転士、北原の元に杏子とみちるが調査に行く。

だが北原は乱暴に2人を追い払う。

一方、彼の自宅は高級タワーマンションだった。

東京地検特捜部、元部長と現部長、そのはざまにいる佐々木

検察庁のオフィス、壮一郎の後任として特捜部長になった脇坂(吉田鋼太郎)は、部下の佐々木(滝藤賢一)と話し合う。

壮一郎が贈収賄疑惑の裏で何かもっと大きなものを隠しているんじゃないかと問うが、佐々木は何も返さない。

 

その後、佐々木は拘置所内のトイレで元上司の壮一郎と密かに会う。

佐々木は壮一郎を信じて組んできたが、自身の身が危うくなったことを告げる。

それに壮一郎は「手は打ってある」と答える。

 

一方で、佐々木は壮一郎に贈賄疑惑がかけられている富岡精工が計画倒産したと聞かされる。

そこで彼はその調査を自らがやると口にした。

 

杏子と多田が元列車運転士、北原のタワーマンションで張り込みをする。

その間、彼女は夫の事件が、彼の苦境に親身になれなかった自身のせいでもあり、もう一度夫とやり直したいと言う。

多田は戸惑いながらも、それを後押しした。

 

事務所、朝飛とみちるは仕事中、彼が妻子ある杏子を好きになった多田について話すと、なぜか彼女は怒り出す。

「いますよね。愛は何よりも優先すると思ってる人って」

二転三転する真相、重罪を隠すための計画的な敗北

杏子に電話がかかってくる。相手は東神鉄道、労務担当の小川だった。

 

北原のオーバーランは過労によるもので、北原が勤務時間の是正を訴えるが会社は無視。

一週間後、井口の事故死があったため、会社は北原に高額の退職金を払って彼を口止めしていた。

小川はそう話した。

 

それが決め手となり、東神鉄道は井口の妻の損害賠償を受け入れ、河合もそれに従う。

 

杏子がみちると列車事故現場に花を手向けにゆくと、ホームレスの男と出会う。

彼によれば事故の際、列車から大きな汽笛の音が鳴ったという。

そこで杏子は何かに気づく。「終わりじゃない。終わりにしちゃダメだったんですよ」

 

再び、事務所内での河合たち会社側とミーティング。杏子は井口が居眠りをしていたら汽笛は鳴らせなかったと指摘。

ブレーキ痕がなかったことは列車が不具合を起こしていたため。

つまり東神鉄道が車両不良を隠していたと主張する。

 

また北原も会社がブレーキの定期点検を怠っていたことを証言。つまり、東神鉄道と河合は、過労を争点にして遺族と争うフリをして内々で芝居を打ち、わざと負けることで、より罪の重い、業務上過失致死を隠そうとしていたのだ。

 

一方で河合は車両不良を知らなかったとして道義的責任から弁護を降りると言って、さっさと逃げていった。

陰で杏子を利用した囚われの夫、失意の杏子を前に多田は…

東神鉄道の脱線事故にはもう1つの裏があった。

事故前、横浜地検に東神鉄道がブレーキの点検費用の架空計上をしていたという内部告発があったにも関わらず、地検は不起訴にして対処しなかったということがニュースになる。

 

横浜地検の当時の責任者は現東京地検特捜部長、脇坂だった。

マスコミは事故の責任を取って辞任を迫る。先に壮一郎が佐々木に言った「手は打ってある」とはこのことだったのだ。

脇坂は検事正、御手洗の前で深々と頭を下げる。

 

杏子が井口の妻に電話をかけると、彼女は夫の事故死に関し、林という弁護士に勧められて杏子を弁護士に指名したという。林は壮一郎の顧問弁護士だった。

つまり壮一郎は妻を使って、自分の敵を窮地に追いやったのだった。

 

杏子は多田に一連のことを話し、悔し涙を流す。そこで彼は彼女をきつく抱きしめる。

「もう、別の未来を行けばいい」

 

(第三話はここで終わり)

 

グッドワイフ3話の感想

2019年1月26日放送の「グッドワイフ」3話を見た方から感想を寄せていただきました。

今回は列車事故にまつわるストーリーでした。

蓮見は夫の荘一郎の接見の際に子供たちの昔話で久しぶりに夫婦として心を通わせます。

 

荘一郎に「頑張れよ」と励まされ蓮見も多田や仲間と共に事故の真相に迫っていきます。

 

相手の鉄道会社の妊婦弁護士がなかなかのクセ者だったり、死亡した運転士が居眠りではなく、ブレーキの不具合で事故を起こしていたのを会社が隠蔽していたりと蓮見にとってはなかなか手強い案件でした。

 

真相を突き止めたきっかけが荘一郎の一言だったので、私は「あー、最後はどんな境遇にあっても夫婦なんだな、いいな」と心を打たれました。しかし、蓋を開けたら荘一郎が宿敵脇坂を陥れる作戦だったのです。

 

それを知った蓮見は多田の前で絶望して涙を流します。

多田も居たたまれなくなり、蓮見を抱きしめながら「もう、止めろよ、新しい道をいけよ」と思わず言ってしまうシーンで終わるのです。

私も荘一郎の仕打ちにショックを受け、テレビに向かって「そうだ、多田さんと再婚しちゃえー!」と言ってしまいました。あー、次週が気になります!

 

(フラママさん/50歳/女性)

電車の運転手が亡くなったのは、過重労働だと会社を訴えた。

相手の弁護士は妊婦で自分達に都合が悪くなると、体調が悪くなったりして汚いやり方だと思いました。

 

あっさり過重労働を認めると疑われるからと、中々認めず内部告発があったように見せかけたりとやり方が汚いと思いました。

そんな中杏子は夫に会いに行くと夫は子供の自転車の話しをして息子にアドバイスしたように見せかけたのは、杏子に電車のブレーキに気付いて欲しかったようだ。

 

杏子は事故現場でホームレスに会い話しを聞くと汽笛が悲鳴に聞こえたと話した事から、居眠りをしてなかったと確信して電車に問題があった事に気付いた。相手側の弁護士は過重労働の弁護はするが違うと依頼人を捨てて帰った。

本当に酷い弁護士だと思いました。

 

杏子はその事で夫が私を利用して自分の的を胸中に追い込んだと多田の前で泣いた。

蓮見壮一郎が凄いと思いました。

 

(ノッポさん/51歳/女性)

常盤貴子さん演じる弁護士事務所が舞台のドラマです。列車の脱線事故により、運転手が死亡してしまう事件が起こり、運転手の家族より弁護を依頼されます。

 

居眠り運転による事故だと判断されているのですが、実際は過剰労働が原因と訴えるのですが、相手の弁護士は妊婦で、かなり強気です。過剰労働の証拠をにぎっている元社員等に話を聞きにいきますが、口封じをさせてられており、話を聞けません。

 

そんな中、相手会社の社員から、実際は過剰労働があったというたれこみがあり、和解しようとします。

しかしながら、現在は刑務所に入っている夫の助言により、別の視点から事件を見ることになります。

 

実際の事故現場に居合わせた人の話を聞き、会社は列車の点検を怠っていたという事実にたどり着きます。

双方の攻防戦が面白かったです。

 

(サボテンさん/40歳/女性)

河合はクライアントの依頼を受け、何が何でも仕事を遂行するためにもどんな手を使うのだという人物であることに痛感します。

 

時間稼ぎのためにも井口の違法薬物の情報を杏子に流したり、杏子達が違法薬物について調べている間に運転士に口止めさせ、小川に内部リークさせるように仕向けたとの行為を見る限り、河合は頭の切れる人物であると判明できます。

 

安西達が隠したがったのは、過重労働ということではなく、車両のブレーキの故障だったとのことには驚いてしまったが、何よりも一番驚いたのは壮一郎が仕組んだとの事実である。

 

壮一郎が林に何を依頼したかどうかは気になっていたのだが、まさか井口の奥さんに杏子のことを紹介するだけだったとは思わなかったです。

 

(おっさーさん/21歳/男性)

 

▼Paraviで全話見逃し配信中▼

「グッドワイフ」動画の無料視聴はこちら

▲Paraviは登録から30日以内に解約すれば、一切お金はかかりません▲

 

 

【オンエア前に】グッドワイフ3話の見どころは?

3話は「過重労働死」がテーマということで、現代的なキーワードで中身の作り方も気になりますが、なにより相手弁護士(そういえば、次回は刑事事件で検察とのバトルではなく、民事ということですね)として登場する江口のりこが、「妊婦弁護士」とのことで、予告編では「体調が悪いので退出します」など、妊婦を印籠にあの手この手で裁判を有利に進める…という展開の模様。

 

予告では夫の贈収賄容疑にはあまり触れておらずそちらはどんな展開を見せるのか…?

 

期待が膨らみますね!

 

(ノアさん/33歳/男性)

 

グッドワイフ3話 あらすじ

回送列車の脱線事故が発生。

死亡した運転士の遺族代理人として、杏子(常盤貴子)、多田(小泉孝太郎)、朝飛(北村匠海)が担当することになった。

相手の東神鉄道の代理人を務めるのは河合映美(江口のりこ)。

杏子たちは過重労働による事故で1億円の賠償金を提案するが、映美たちは運転士の居眠りだとして50万円の見舞金を提案。真っ向から主張が対立する。

しかも、妊婦である映美は形勢が悪くなると打ち合わせ中でも体調不良を理由に交渉を中断する始末。

そんな映美に翻弄され、杏子たちは窮地に追い込まれていく。

一方、杏子は拘置所にいる壮一郎(唐沢寿明)と面会し、過去の幸せだったころの話をする。

壮一郎の逮捕後、初めて笑顔になった杏子は、もう一度前向きな気持ちになっていく。

そんな杏子を見て多田ははがゆい思いだが、気持ちを抑えながら過重労働を証明すべく、勤務実態を調べていく。

その過程で、杏子はある違和感に気づき…。

出典:http://www.tbs.co.jp

「グッドワイフ」3話のゲスト

河合映美 役/江口のりこ

安西博嗣 役/高木 渉

井口晴乃 役/安藤 聖

北原隆司 役/平原テツ

小川祥子 役/山本裕子

きれいな女性 役/森崎友紀

御手洗直人 役/中村育二

 

グッドワイフ キャストとスタッフ

 

蓮見杏子 役/常盤貴子

多田征大 役/小泉孝太郎

円香みちる 役/水原希子

朝飛光太郎 役/北村匠海

神山佳恵 役/賀来千香子

脇坂博道 役/吉田鋼太郎

蓮見壮一郎 役/唐沢寿明

 

小宮竹生 役/野間口 徹

戸梶涼太 役/中林大樹

佐竹凛子 役/末永みゆ

蓮見隼人 役/小林喜日

蓮見綾香 役/安藤美優

佐々木達也 役/滝藤賢一

蓮見幸枝 役/高林由紀子

林幹夫 役/博多華丸

遠山亜紀 役/相武紗季

 

原作:米国CBSドラマ「The Good Wife」

脚本:篠崎絵里子

演出:塚原あゆ子

演出:山本剛義

プロデューサー:瀬戸口克陽

プロデューサー:東仲恵吾

主題歌:Aurora/BUMP OF CHICKEN

まとめ

2019年1月27日放送のドラマ「グッドワイフ」3話のネタバレあらすじをご紹介しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

 

▼Paraviで全話見逃し配信中▼

「グッドワイフ」動画の無料視聴はこちら

▲Paraviは登録から30日以内に解約すれば、一切お金はかかりません▲

 

 

トレース科捜研の男 1話の動画無料視聴はこちら。見逃し配信
スキャンダル専門弁護士QUEEN 1話動画無料視聴はこちら。見逃し配信
家売るオンナの逆襲 動画1話の無料視聴はこちら|見逃し配信1月9日
3年A組 1話の動画無料視聴はこちら|1月6日見逃し配信

 

関連記事

SUITS/スーツ(1話)動画の見逃し無料視聴方法を紹介|フジ月9ドラマ

リーガルV(1話)動画を無料視聴する!ポチと翔子のコンビが最高!

黄昏流星群(1話)動画を無料視聴する!pandoraよりいい方法を紹介

忘却のサチコ(1話)動画を無料視聴!pandoraやyoutubeよりいい方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です