dele(ディーリー)の脚本家と監督は?1話〜最終回の担当とあらすじも紹介

 

2018年の夏ドラマの中でもコアなファンが多く満足度ランキング1位に輝いていた「dele」。

deleは1話完結のドラマで1話ごとに監督と脚本家が変わり、その組み合わせも変わっていきます。

そのため同じストーリー上にいながらキャラクターの違った一面が描かれていたり、作り手それぞれの視点で描かれているので人物像や映像も見るたびに新鮮なインパクトがあります。

例えば、いつもクールに仕事に徹している圭司が、第3話ではデータよりも人間に関心を持っていることが描かれていたり、1話のようにアクションも見どころの回があったり。

そんな裏方ともいえる監督や脚本家の方にスポットを当ててみました。

 

「dele」が1話〜最終回まで全話

▼▼▼ココで無料で視聴できます▼▼▼

 

dele(ディーリー)の監督

山田菅田と麻生さん。 #dele

山田菅田 deleさん(@yamadasuda)がシェアした投稿 –

 

deleを担当している監督はこの2人です!

常廣 丈太

常廣丈太さんはテレビ朝日制作2部所属のテレビドラマ演出家さんで、社会派のドラマからコメディーまで幅広く担当されています。

最近では木村拓哉さんが主演した2018年のドラマ「BG~身辺警護人~」の監督をされていました。

 

【主な監督(演出)作品】

  • 「着信アリ」(2005)
  • 「富豪刑事デラックス」(2006)
  • 「ハガネの女」(2010)
  • 「聖なる怪物たち」(2012)
  • 「Wの悲劇」(2012)
  • 「死神くん」(2014)
  • 「Doctors3 最強の名医」(2015)
  • 「ドラマスペシャル 緊急取調室」(2015)
  • 「黒い樹海」(2016)
  • 「グッドパートナー 無敵の弁護士」(2016)
  • 「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」(2016)
  • 「就活家族~きっと、うまくいく~」(2017)
  • 「緊急取調室(第2シーズン)」(2017)
  • 「BORDER 衝動~検視官・比嘉ミカ~」(2017)
  • 「BG~身辺警護人~」(2018)

瀧本 智行

瀧本智行(たきもと ともゆき)さんは、1966年10月23日生まれの映画監督&脚本家です。

1993年からフリーの助監督として活動をスタートし「鉄道員 ぽっぽや」(1999年)、「光の雨」(2001年)、「陽はまた昇る」(2002)、「チルソクの夏」(2003)などに参加したのち、2005年、自らが脚本を手がけた「樹の海」で監督デビュー。

この作品で第25回藤本賞新人賞を受賞しています。

代表作はいずれも生田斗真さん主演の2013年の「脳男」、2015年の「グラスホッパー」。

「dele」では監督と脚本の両方で参加しています。

 

【主な監督作品】

  • 樹の海(2005年)
  • 犯人に告ぐ(2007年)
  • イキガミ(2008年)
  • スープ・オペラ (2010年)
  • 就活戦線異状あり (2010年)
  • 星守る犬(2011年)
  • はやぶさ 遥かなる帰還(2012年)
  • 脳男(2013年)
  • グラスホッパー(2015年)
  • 去年の冬、きみと別れ(2018年)
Sponsored Links


dele(ディーリー)の脚本家

8月3日(金)23:15から第二話。 #dele

山田菅田 deleさん(@yamadasuda)がシェアした投稿 –

本多 孝好

本多孝好(ほんだ たかよし)さんは、1971年生まれの小説家。

 

1994年「眠りの海」で第16回小説推理新人賞を受賞。

1999年に短編集『MISSING』が大ヒット。

2014年『真夜中の五分前』、2015年『ストレイヤーズ・クロニクル』『at Home』が立て続けに映画化されて話題に。

ベストセラー作家でもある本多孝好さんが、今回の「dele」でドラマの原案と脚本に初挑戦しています。

同名の小説『dele ディーリー』が2017年6月に発売されています。

【主な作品】

  • MISSING(1999年)
  • 真夜中の五分前(2014年)
  • ストレイヤーズ・クロニクル(2015年)
  • at Home(2015年)

 

金城 一紀

金城一紀(かねしろかずき)さんは、1968年10月19日生まれの小説家です。

 

1998年『レヴォリューションNO.3』で小説現代新人賞を受賞。

2000年には、自身の生い立ちをベースとした半自伝小説『GO』で直木賞を受賞。

翌年『GO』は映画化され、これまでに多くの作品が漫画化・映像化されています。

映像作品へ携わることが多く、岡田准一さん&堤真一さん出演の『SP』シリーズ、小栗旬さん主演の『BORDER』シリーズや『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』では原案や脚本を手がけ、アクションドラマといえば金城一紀さんというイメージがとても強いですが、deleではアクション監督もつとめています。

【主な脚本作品】

  • フライ,ダディ,フライ(2005年)映画原作・脚本
  • SP 警視庁警備部警護課第四係シリーズ 映画・ドラマ原案・脚本
  • SP 警視庁警備部警護課第四係(2007年)
  • SP THE MOTION PICTURE 野望篇/革命篇(2010年/2011年)SP ドラマス
  • BORDERシリーズ
  • BORDER Between life and death(2013年 – 、ヤングエース、作画:小手川ゆあ) – 漫画原作
  • BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係(2014年)小説原案
  • BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係(2014年)ドラマ原案・脚本
  • BORDER 衝動〜検視官・比嘉ミカ〜(2017年)ドラマ原案・脚本
  • ドラマスペシャル BORDER 贖罪(2017年)ドラマ原案・脚本
  • CRISIS 公安機動捜査隊特捜班(2017年)ドラマ原案・脚本
  • 奥様は、取り扱い注意(2017年)ドラマ原案・脚本・アクション監修

瀧本 智行

今回「dele」では監督と脚本の両方を手がけている瀧本智行さん。

詳細は上記の監督の項目をご覧ください!

青島 武

青島 武(あおしま たけし)さんは1961年生まれの脚本家、小説家です。

 

2012年、高倉健さんの最後の主演作となった「あなたへ」で、第36回日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞。

【主な脚本作品】

  • ツレがうつになりまして。(2011年)
  • あなたへ(2012年)
  • ゾウを撫でる(2013年) 原案・脚本
  • 東京難民(2014年)
  • グラスホッパー(2015年)
  • 追憶(2017年)原案・脚本
  • うちの執事が言うことには(2019年予定)

渡辺 雄介

渡辺 雄介(わたなべ ゆうすけ)さんは、1979年9月20日生まれの脚本家です。

早稲田大学在学中に日本テレビ系列深夜ドラマshin-D『チェリー』にて脚本デビュー。

主に原作のある作品を手が手がけることが多い脚本家さんです。

【主な脚本作品】

  • ブラッディ・マンデイ(2008年、2010年)ドラマ脚本
  • 20世紀少年 3部作(2008年、2009年)映画脚本
  • GANTZ(2011年)映画脚本
  • ドラゴンボールZ 神と神(2013年)映画脚本
  • 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド(2015年)映画脚本

徳永 富彦

徳永 富彦(とくなが とみひこ)さんは、1974年生まれの脚本家、漫画原作者。

 

水谷豊さん主演の大人気ドラマ「相棒」やV6の井ノ原快彦さん主演の「警視庁捜査一課9係シリーズ」など、長く続いているテレビドラマシリーズを多く手がけてきました。

【主な脚本作品】

  • 相棒シリーズ (2008年〜)
  • 警視庁捜査一課9係シリーズ(2009-2017年)

「dele」1話〜最終話までの監督&脚本【更新中】

【1話】監督:常廣 丈太/脚本:本多 孝好

何でも屋の真柴祐太郎(菅田将暉)と「dele. LIFE」という会社を立ち上げ秘密裏の仕事をしている坂上圭司(山田孝之)が出会う記念すべき1話目。

他殺されたとみられるゴシップ記者のデジタル遺品から、警察組織につながる大事件に巻き込まれてしまった2人。

無邪気で熱い祐太郎とクールな圭司という対照的なキャラや、映画のようなかっこいい映像とテンポの良さ。

菅田将暉さんがビルからビルに飛び移るシーンや、山田孝之さんの車椅子アクションも印象的でした。

 

 

dele(1話)の動画を無料視聴する方法を紹介

【2話】監督:常廣 丈太/脚本:渡辺 雄介

亡くなった依頼人の横にエンディングノートと書かれた1枚の紙があり、「やっぱりデータは消さないでください」との文字が。

その謎を巡って依頼人の心の闇や家族どの人間関係が明らかになっていきます。

山田孝之さん演じる圭司がラストシーンで言った一言は、深く余韻が残りました。

2話では映像のかっこよさに加えて、コムアイさん率いるガールズバンドの曲など音楽もとてもすてきでした!

 

 

dele(2話)の動画を無料視聴する方法を紹介

【3話】監督:瀧本 智行/脚本:青島 武

データを削除する前にバラの花といっしょにある人に届けて欲しい…

今回のキーワードは「バラの花」。その意味とは…

寂れた街の風景や写真館、昭和を感じさせる理髪店などのセットが、まるで短編映画みたいですてきでした。

そういえば、この組み合わせは映画「グラスホッパー」でダッグを組んだコンビですね。

青島さんは57歳なので、歳を重ねてきた方だからこそ書けるノスタルジックな世界観だと思いました。

 

 

dele(3話)ネタバレあらすじと感想!5本のバラの意味は?ラストシーンが泣けた

dele(3話)の動画を無料視聴する方法を紹介

【4話】監督・脚本:瀧本 智行

かつて天才超能力少年といわれた日暮という男が、ある少女への霊視に失敗したことから世間から大バッシングを受けテレビ界から姿を消します。

父親は自殺し母親にも捨てられた少年が、35歳になるまで抱え続けた苦悩が描かれていました。

「人は2度死ぬ」という不可解なメッセージとともに訪れた依頼人の死。

実は山田孝之さん演じる圭司にとっても特別なヒーローだったという日暮を、ミュージシャンの野田洋次郎さんが演じ、その存在感も話題となりました。

霊や超能力といったスピリチュアルなテーマが、徐々にやさしく人間味を増していく圭司とともに、とてもあたたかく描かれていました。

 

 

dele(4話)ネタバレあらすじと感想!野田洋次郎がかつての天才超能力少年に

dele(4話)の動画の無料視聴方法を紹介

【5話】監督:常廣 丈太/脚本:本多 孝好

山田孝之さん演じる圭司の元彼女・明奈を柴咲コウさんが演じ、この再開によって圭司の過去が明らかになりました。

また、依頼人の幼なじみ役を橋本愛さんが演じ、依頼人、そして圭司の2つの愛のストーリーが同時進行していく内容となっていました。

ラストシーンにはあっと驚く結末が待っていましたが、あえて言葉で明確な答えを出さず、視聴者に想像させるところがdeleらしい演出の仕方だと思いました。

もう一度冒頭のシーンを見返すと、すでに結末を匂わせていたことに気がつきました。

 

dele(5話)ネタバレと感想!ラスト結末の意味と考察

dele(5話)の動画の無料視聴方法を紹介

dele(5話)柴咲コウ衣装のワンピースとネックレス・バッグを紹介

朝比奈秀樹の年齢と身長は?ハーフ顏だけど国籍は?deleで依頼人役も

 

【6話】監督:常廣 丈太/脚本:金城一紀

ネット世代の心の闇とその闇に食いつく悪の存在を描いたストーリー。

金城一紀さんは、圭司と佑太郎を現代の守護天使として描いたそうですが、まさにその言葉の通りで圭司と佑太郎のやさしさが心に響く回でした。

おそらく渡辺淳一さんの小説『阿寒に果つ』をベースに書かれた脚本と思われますが、いきなり雪の中に埋まって死んでいる女の子のアップからはじまる映像は、ツインピークスを彷彿とさせるようでした。

少女の死を探っていく中で、あらゆるところに隠されたメッセージや伏線のようなものがあります。

それをひとつひとつ発見していくのも面白かった。

いじめや不登校というテーマをdeleらしく描き、夏休み最後の日にこの物語を当ててきたところに制作側の強い意図とメッセージを感じました。

すばらしい回でした!

 

dele(6話)ネタバレと感想!脚本の意味と考察・圭司と佑太郎は守護天使

dele(6話)の動画を無料で見る方法を紹介

【7話】監督:常廣 丈太/脚本:徳永 富彦

いまだ真相は謎に包まれたままの和歌山毒物カレー事件をベースに描かれたストーリーでした。

容疑者が二転三転していくミステリーでしたが、この回が今まででいちばんモヤモヤが残ったのではないでしょうか。

deleはあえて結論は出さず視聴者の想像に任せるという描き方をしていますが、こういう終わり方をする潔よさは他のドラマでは絶対にできないことだと思いました。

ラストシーンで祐太郎が視聴者を代弁したようなセリフを吐き捨てます。

ネタバレになるので書きませんが、これが一番言いたかったこのなんだろうなと終わった後の余韻の中で納得させられるものがありました。

 

dele(7話)ネタバレと感想。犯人は誰なのか?結末のモヤモヤを考察

dele(7話)の動画を無料で見る方法を紹介

 

【8話/最終回】監督:常廣 丈太/脚本:本多 孝好

最終回でようやく祐太郎の過去と妹の死の真相、そして圭司がdele.LIFEを立ち上げた本当の理由など、これまでヴェールに包まれていた2人の壮絶な過去が明らかになります。

そしてそれらは、偶然とは言いがたいような不思議なつながりを見せます。

とにかく主人公の山田孝之さんと菅田将暉さんの圧倒的な演技力がすばらしかった!

個人的にはラストシーンや姉の舞との掛け合いなど、言葉少なな圭司がみせる「表情」の演技はすごかった。

見終わったあとに優しい気持ちになれる素晴らしい脚本でした。

 

dele(最終回)動画を無料で見る方法!

dele(最終回)ネタバレと感想。ケイが笑った!揺るがぬ絆と優しさ

 

以降、放送が終わり次第更新していきます!

ドラマ「dele」視聴率一覧

・第1話(2018年7月27日放送)視聴率5.5%

・第2話(2018年8月3日放送)視聴率3.7%

・第3話(2018年8月10日放送)視聴率4.2%

・第4話(2018年8月17日放送)視聴率3.8%

・第5話(2018年8月24日放送)視聴率4.6%

・第6話(2018年8月31日放送)視聴率5.0%

・第7話(2018年9月24日放送)視聴率5.0%

まとめ

2018年夏ドラマ「dele」の監督と脚本家をご紹介しました!

 

もし「dele」のオンエアを見逃してしまっても、今から動画を無料で見るいい方法があります!

 

dele(ディーリー)が全話
▼▼▼ココで無料で視聴できます▼▼▼

 

今なら最終回までイッキ見できるベストタイミング!

私もビデオパスでで全話見ちゃいました。おすすめです^^

アンちゃん

 

関連記事

dele(ディーリー)のロケ地&撮影場所と菅田将暉&山田孝之目撃情報

菅田将暉のドラマ&映画動画一覧|無料でイッキ見する方法も!

菅田将暉も通うラーメン屋(バサノバ)の絶品グリーンカレーそば

カローラスポーツのCMロケ地の場所は?菅田将暉&中条あやみ共演

山田孝之のバスト測定イベントの参加方法|ふんわりルームブラ

deleの見逃し配信と再放送予定!視聴率も 1話〜最終回

ドラマdele(ディーリー)のキャスト人物相関図&ゲスト紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です