dele(5話)ネタバレと感想!ラスト結末の意味と考察

2018年8月24日放送の金曜ナイトドラマ「dele(ディーリー)」の第5話のネタバレあらすじと感想をご紹介します!

スリア

柴咲コウさんが山田孝之さんの元彼女役で出演。

このキャスティング、ハマりすぎじゃないですか〜!

意識不明になった依頼人の婚約者と名乗る女性は橋本愛さん!

今回も豪華ゲストでした!

アンちゃん

 

dele(ディーリー)が1話〜最終回まで全話
▼▼▼ココで無料で視聴できます▼▼▼

 

dele(5話)ネタバレあらすじ

依頼人は意識不明

盛り上がるスポーツバーで神妙な表情で話をしている男性は天利聡史(朝比奈秀樹)。

彼にノリが悪いと話しかけるのは聡史の親友・宮田翔(渡辺大知)。

聡史は神妙な表情をして「俺、やっぱり彼女に言おうと思う」と言いうと、その言葉に翔は「よせよ、かえって彼女を傷つけることもある」と言います。

店を出て別れた2人でしたが、横断歩道を渡った聡史は突然振り返って何かを言おうと翔の方に走り出します。

するとそこに突っ込んできた車にはねられてしまいます。

「dele. LIFE」ではデータの死後削除を依頼していた聡史のパソコンが操作されなくなったため、信号が送られてきます。

社長の坂上圭司(山田孝之)は、相棒の真柴祐太郎(菅田将暉)に死亡確認をするよう指示し、死亡確認が終わったら今日はそのまま帰っていいと言います。

圭司の服装がいつもと違うことなどから「圭、デートなの?」と冷やかす佑太郎に「違う。知り合いと会う約束をしているだけ」といつものように無表情でクールに答える圭司。

圭司が向かったのは海沿いにあるカフェ。

目の前に現れたのは、圭司が別れてからも1年に一度だけ会い続けている元恋人・沢渡明奈(柴咲コウ)でした。

その頃、聡史の家を訪れていた祐太郎は、聡史の幼なじみ・楠瀬百合子(橋本愛)と遭遇します。

聡史とは小学校で同級生だったと素性を偽り、聡史について探ろうとする祐太郎でしたが、百合子は聡史のところへ行こうと誘います。

そして訪れた先は、なんと聡史が入院している病院でした。

ベッドに横たわっていたのは、3日前に車にはねられて意識不明となっている聡史でした。

圭司と元恋人の再会

 

実は聡史の婚約者で一人でいるのはしんどいという百合子に付き添い、小学校や河川敷など聡史との思い出の場所を散策する佑太郎。

その頃、カフェで話をする圭司と元恋人の明奈。

待ち合わせ場所にすでに到着している圭司の席へ歩いてきた明奈は、「10分前に到着しているにも関わらず、何にも注文せずに待つそのわかりにくい律儀さ。」と圭司のことをぜんぶ見透かしているようなセリフ。

今来たのか?と聞く圭司に、実は15分前に来てすでに店内でコーヒーを飲みながら、圭司を見てこっちを向けと年を送っていたと言います。

俺のことを観察していたのか?普通に声をかけろよと不服そうな圭司に「思いつきもしなかった、そんなつまらないこと」と言います。

圭司の仕事の状況を聞いて、誰かと仕事をしていることも、人に仕事を任せていることもとても意外だという明奈。

「拾った猫を押し付けられて、その猫が居ついただけ」と圭司らしいちょっとひねくれた言い回しで説明します。

それを聞いた明奈は「先生ちょっと嫉妬しそう」と言います。

圭司が通っていた高校に明奈が教育実習で訪れたことが2人の出会いのきっかっけでした。

その3週間にこんな出会いがあるなんて、人生最大の落とし穴という明奈。

明奈は音楽教師で、仕事はなかなかの苦行と言います。

発病から16年、人生の半分以上車椅子で生活しているという圭司。

部活でテニスをしている圭など、いちばん古い出会った頃の記憶を鮮明に覚えているという明奈。

実は聡史のカードの請求先からネット検索をしていた百合子は、実は祐太郎が「dele. LIFE」の人間だと見抜いていて、聡史のデータの死後削除依頼を取り消すと言い出し、困り果てた祐太郎から電話が入ります。

任せたと言って電話を切った圭司に、事務所がみたいという明奈。

見せるような大したものはないという圭司に「二人になるのが怖い?」と聞く明奈。

もし圭司が病気でなければ

百合子の聡史への強い思いを感じ取った祐太郎。

聡史には聡史宮田翔(渡辺大知)という親友がいるけど、幼なじみで親友の2人の間には入り込んでこなかったといいます。

圭司と連絡を取った佑太郎は、どんな気持ちで聡史を見送るかで百合子のこの先の人生が違ってくると百合子を思う一心で、聡史の親友の翔の連絡先を調べてくれるよう頼みます。

事務所を訪れている明奈に気を使いながらも「仕事をしてるところが見たかった」という明奈に、すぐ終わらせるからといってSNSを使って翔を接触し、居場所を突き止めます。

百合子には後で電話をすることを約束し、翔がいるというバーに向かった佑太郎は、坂上法律事務所の使いと名乗り翔と接触します。

翔の目の前で車に惹かれたが、お見舞いに行くのが怖いと話す翔。

そこで百合子が実は婚約者ではないという事実が発覚し、驚く佑太郎。

その頃、事務所では彼氏だったビオラ奏者に「君のために音楽を辞めて普通の会社に就職しようと思う」といわれたものの別れたという明奈。

「それ喜ぶところだろう」という圭司に、それを聞いて喜んでくれる人と付き合ってと言ったと言います。

ここに来たいといったのは何か理由があったのか?と聞く圭司。

「もしその病気がなかったらと考えることある?」

以前は考えたが、今は考えないという圭司。

「もし、病気じゃなかったらうまくいていたかもしれない。でも圭が病気じゃなかったら私を求めなかったかもしれない。そう考えると私の居場所は最初から、圭の心の隙間にしかなかったのかなって。」

「どうして俺だった?もっと普通の男がいただろ。こんな扱いずらいのじゃなくて。」

明奈はそんなこと何度も考えたけど、もうそういうこと考えるのを辞めたいといいます。

聡史の親友から聞いた真実

 

翔との接触を終えて、再び百合子の元に戻った佑太郎。

翔から聞いたのは、百合子と婚約なんてしてなくて、聡史の婚約者は別にいるということだったと告げます。

聡史がどうしても削除したかったデータを見たかったという百合子。

聡史の気を引きたくて男性と付き合ったこともあったけど、恋人になったことは一度もなかったといいます。

会社の先輩と付き合い婚約したことを聡史に話したら、いきなり抱きしめられ、遅いよ馬鹿野郎と思ったけど幸せだった。

でも耳元でおめでとうと言われ、聡史にとって私ってなんなんだろうと思ったといいます。

佑太郎は接触した親友の翔から「データは依頼通りに必ず削除してください。百合子にとってもその方がいい。」と言われていました。

ここで佑太郎が実は9年前、当時14歳だった妹を亡くしていたことを話し出します。

そこへ聡史の母親から電話が入ります。

病院に着くと、母親が聡史が動いたと言います。

そこに親友の翔も到着します。

百合子が意識を回復した聡史の手を握ろうとしていたところ、聡の手を握り涙を流しながら喜ぶ翔。

その光景を見て、2人のただならぬ関係にようやく気がついた百合子。

遅いよ、馬鹿野郎…

圭司と明奈の未来は?

「待ち合わせは今年で終わりにしよ。」

「…わかった」

「長くは待たないよ」

「え?」

「私からデータ削除の依頼が来たら、もう他人だと思って」

 

事務所のエレベーターで明奈とすれ違う佑太郎。

「あの、圭の彼女ですか?」

「いいえ」

「じゃあ…?」

「近いうちに依頼人になるかも」

といって、笑顔で去っていく明奈。

 

データの中身はわかったのか?と聞く圭司に、佑太郎の答えは「だいたいわかる。たぶん愛の証。消さなくてよかった。」と。

いまそこで圭の彼女に会って…という佑太郎に「彼女じゃない」と否定する圭司ですが、最後に「今のところは…」とつぶやきます。

これでdele第5話は終了です。

 

関連記事

dele(4話)ネタバレあらすじと感想!野田洋次郎がかつての天才超能力少年に

dele(3話)ネタバレあらすじと感想!5本のバラの意味は?ラストシーンが泣けた

dele(ディーリー)の脚本家と監督は?1話〜最終回の担当とあらすじも紹介

deleのロケ地 1話〜最終回まで更新中!菅田将暉&山田孝之目撃情報

Sponsored Links


dele(5話)の感想(ネタバレ)とラスト結末の意味と考察

 

2018年8月24日放送の「dele(ディーリー)」の第5話の感想をご紹介します!

スリア

柴咲コウさんと山田孝之さんの掛け合いが最高だった

一筋縄ではいかないひねくれもの圭司とも対等に渡り歩ける、元恋人の明奈。

カフェでの待ち合わせでは久しぶりの再会にも関わらず、圭司の考えをすべて見すかした上でのセリフの返しとか、2人の人物像がとても繊細に丁寧に描かれていました。

明奈が圭司のことを誰よりも知る人物ということが、その繊細なセリフの中でありありと表現されていて、さすが原案から描かれている本多孝好さんならではの練り上げられた脚本だなあと!

そしてこの役はやはり柴咲コウさんにしかできない役だなあと、その絶妙のキャスティングもツボでした。

圭司が来ていることを知っていながら、しばらく合いに行こうとしなかったのは、明奈はやっぱり圭司のことが好きでその思いを再確認したからじゃないかなと想像してしまいました。

好きでもあえてお互い核心に触れないセリフのやりとりなど、昨今のわかりやすいドラマが多い中、想像力を掻き立てるような展開にするなんておしゃれ過ぎます!

彼女なの?と聞かれて否定しておいて、「今のところは…」という圭司のラストのセリフがニクい!!!

今回もよく練り上げられた脚本だなあと思いました!

ラストにあえてはっきり答えを出さなかったのがdeleらしい

アンちゃん

婚約者がいながら実は同性愛者だったという衝撃のラストでしたが、とても美しく描かれた愛の物語だとと思いました。

なんとなく佑太郎が翔に接触した時点で、もしかしたら…と予感がしましたが、やはりその事実を親は周りの人間には伏せておきたかったのでしょうね。

でも恋の結末が、相手の恋愛対象が同性だったとうどうしようもない終わり方をしてしまった百合子。

百合子はどうしても振り向いてくれない幼なじみがゲイだったと知って、心の底からショックだっただろうし、あれだけ親しかったしなんでも知ってると思っていたのになぜ言ってくれなかったのかと、そのショックは計り知れないですね。

ラストはあえて答えを明確に出さないのが毎回deleらしい終わり方だなあと思います。

そして百合子と聡史、圭司と明奈と2つの愛の物語が並行して進んでいく展開もとてもよかったです。

聡史役のハーフっぽいイケメンは誰なんだろうと調べてみたところ、パリコレモデルの朝比奈秀樹さんだったんですね。

ドラマでは見かけたことがなかったので、これからチェックしようと思います。

そして佑太郎は過去に妹を亡くしていたんですね。

第1話で圭司と姉の舞が佑太郎の過去について何か意味深の話している場面がありましたが、そのこともちょっと気がかりなので今後明らかになるのかなと思います。

 

ルナちゃん

2回見ると、最初のシーンから結末をから匂わせていた!

ラストになんとも言えない余韻が残ったので、ドラマ冒頭のスポーツバーのシーンをもう一度見直してみました。

すると、翔と聡史の会話の内容や、聡史の翔を見る視線、ピーナッツを顔にぶつけるシーンなどかなり結末を匂わせていることが改めてわかりました。

スポーツバーの前で別れてから、聡史が慌てて翔の方を振り返って何かを言おうとして振り返って走り出したのも、そういうことだったからなのかと。

翔が病院へ行かなかったのも、聡史が依頼したデータ削除を願ったのも、2人の関係を一生隠すことが誰も傷つけないという判断だったのかなと。

でも事故に遭う直前、聡史は本当は翔に何が伝えたかったのかなと思いました。

あの走り方を見ていると、やはり彼女に本当のことを話して結婚するのをやめると心に決めたのかなと感じました。

でもこのことがきっかっけで、2人はもう真実を隠さずオープンにする道を選ぶのだろうなと思いました。

 

関連記事

朝比奈秀樹の年齢と身長は?ハーフ顏だけど国籍は?deleで依頼人役も

dele(5話)出演者&ゲスト

 

・坂上圭司/山田孝之

・真柴祐太郎/菅田将暉

・坂上舞/麻生久美子

 

【ゲスト】

・沢渡 明奈/柴咲 コウ

・楠瀬 百合子/橋本 愛

・宮田 翔/渡辺 大知(黒猫チェルシー)

・天利 聡史/朝比奈 秀樹

dele(5話)監督と脚本

脚本:本多孝好

監督:常廣 丈太

dele 5話までの視聴率

・第1話(2018年7月27日放送)視聴率5.5%

・第2話(2018年8月3日放送)視聴率3.7%

・第3話(2018年8月10日放送)視聴率4.2%

・第4話(2018年8月17日放送)視聴率3.8%

・第5話(2018年8月17日放送)視聴率4.6%

まとめ

2018年8月24日放送の金曜ナイトドラマ「dele(ディーリー)」の第5話のネタバレあらすじと感想をご紹介しました。

もしオンエアを見逃した人も、今から無料で見るいい方法があります!

 

dele(ディーリー)が1話〜最終回まで全話
▼▼▼ココで無料で視聴できます▼▼▼

 

関連記事

dele(1話)の動画を無料視聴する方法を紹介

dele(2話)の動画を無料視聴する方法を紹介

dele(3話)の動画を無料視聴する方法を紹介

dele(4話)の動画の無料視聴方法を紹介

dele(ディーリー)の脚本家と監督は?1話〜最終回の担当とあらすじも紹介

dele(ディーリー)のロケ地&撮影場所と菅田将暉&山田孝之目撃情報

ドラマdele(ディーリー)のキャスト人物相関図&ゲスト紹介

dele(5話)柴咲コウ衣装のワンピースとネックレス・バッグを紹介

 

菅田将暉のドラマ&映画動画一覧|無料でイッキ見する方法も!
山田孝之のカンヌ映画祭の動画(1話〜最終話)を無料視聴でイッキ見

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です