僕らは奇跡でできている(8話)ネタバレ感想。涙ちょちょる号泣回

 

こんにちは。スリアです☆

2018年11月27日(火)にフジテレビ系で放送の『僕らは奇跡でできている』8話のネタバレあらすじと感想をご紹介します。

タイトルの意味がしみじみと理解できる、うるうる涙が止まらない回でした!

 

獣になれない私たち(1話)動画の無料視聴方法!けもなれ見逃し配信
黄昏流星群(1話)動画を無料視聴する!pandoraよりいい方法を紹介
リーガルV動画 見逃し配信無料視聴はココ|1話〜最終回まで最速

 


▼『僕らは奇跡でできている』1話から最終回まで配信中 ▼

FODで「僕らは奇跡でできている」の動画を視聴する

 

僕らは奇跡でできている(8話)ネタバレあらすじ解説

2018年11月27日(火)にフジテレビ系で放送の『僕らは奇跡でできている』第8話のネタバレあらすじをご紹介します。

僕は山田さんから生まれたんですよね

「僕は山田さんから生まれたんですよね」、「山田さんのせいですからね」と相河一輝(高橋一生)は、真剣な表情で家政婦の山田妙子(戸田恵子)に言い放ち、寝床に付いた。

いつものように「いーーーっ」といって眠ろうとするが、眠れない。

 

翌朝、いつも通り用意されたピリ辛キュウリを食べる一輝。

ギクシャクした二人。会話のタイミングが合わない。

 

いつもより早く研究室に到着した一輝は、とてもぶっきらぼうな。

樫野木聡(要潤)は、そのおかしな様子に気が付いた。

 

一輝は、鮫島瞬教授(小林薫)の元へ行き、自分が山田さんから生まれたことを話した。

それを知ったのは大学2年、鮫島教授とグレートバリアリーフにサメの調査に行くちょっと前だった。

(15年前)子どものころ両親は星になったと聞いていたのに、どうして家政婦になったんだろうとあれこれと仮設をたてて考えたが、そのうちどうでもよくなった。

自分が山田さんから生まれたのは知っていて、言うつもりはなかったのに昨日言ってしまった。

だから山田さんが困っている、と言うと鮫島はわははと笑った。

おじいちゃんと山田さん

山田さんは一輝のおじいちゃん、相河義高(田中泯)のところへ、もうびっくりしました、と昨夜の件を話に行った。

それを聞いたおじいちゃんは、大学の時一度だけ一輝が「山田さんうちにいつまでいるの?」と尋ね、「ずっといる」と答えると安心していた、と教えた。

それにしてもあいつ。。。といっておじいちゃんは、はっはっはと笑った。

 

その時一輝から山田さんへ電話がかかり、今日は夜ご飯はいらないという。

「もう二度とわたしのご飯、たべないんでしょうか。。。」と不安げな表情を浮かべた。

 

歯科クリニックの水本育実(榮倉奈々)、丹沢あかり(トリンドル玲奈)、祥子(玄覚悠子)の3人、珍しく一緒に帰っている。育実は、料理教室をやめたことを伝えたら顔がすっきりしたといわれる。

山田さんに料理を習うと知ったあかりらは、えーーーといって一輝との仲をうれしそうに怪しむ。

突然育実が二人を呑みに誘う。

2人は、忘年会か?と尋ねるが、それは違うという育実。

行きますと喜ぶあかりと祥子。

3人は呑みに行くことになった。

 

研究室のメンバーは揃って居酒屋へ。樫野木は、来年のゼミについて話し合う懇親会であることを確認。

料理はやたらとタコばかり出てくる。沼袋順平(児嶋一哉)がやたらとタコばかり頼むのだ。

タコがでてくるたびに一輝がおえーっ、と嫌そうにする。どんだけタコが嫌なんだときかれるが、理由がわからないという。鮫島教授は、「ある時食べられるようになるかもよ」と言った。

一輝のゼミをどうするかを決めたい樫野木だが、まあゆっくり考えたら、と鮫島は一輝に行った。

樫野木の嫌味に対して、「どうして再婚しないんですか?」と攻撃する一輝。

そこへ樫野木の娘から電話が。

一輝が事実を知った理由

帰宅すると、山田さんが一輝に話をしようとする。

しかし一輝は山田さんのせいであんなことを言ってしまったと一方的に話始めた。

山田さん、「どうしてわたしが生んだと思ったんですか?」と聞くと、一輝は大学の時、パスポートを作るのに戸籍が必要になった、その時初めて知ったと打ち明けた。

ショックですよね。。。と言われると聞くのを先送りにしているうちに忘れていたと答えた。

一輝は、山田さんはどうして黙ってたんですか?と聞いたが、ずっと言わないと決めていた、家政婦としてずっとここにいさせていただくつもりだった、と言う山田さん。

どうしてですかときかれても理由を言おうとしない。

一輝は、「わかりました、じゃあそういうことで。」といって部屋に籠ってしまう。

 

朝、眠れなかった一輝。起き上がりジョージに餌をやり、おはようの挨拶。

 

宮本虹一(川口和空)は、大学の一輝を訪れていた。母親に眼鏡を買ってもらい、これをかけると頭が痛くならない、とうれしそうに母親と仲良くしている様子を報告をする。

そしてこれから塾にいくといって走っていった。その様子にうれしそうな一輝。

育実、山田さんに料理を習う

育実が山田さんのところへ料理を習いに来た。

一輝との一件があり、すっかり忘れていた山田さん。

やっぱりピリ辛きゅうりからですかね、一輝さんの大好物ですからね、と料理を始めようとする。

育実はかんたんなものからがいいと言う。山田さんは、一輝は絶対タコは食べない、など一輝の好みの話を一方的に続けようとする。そんな山田さんに育実は、わたしたちはそういうのではない、言った。

すると山田さんは、私いつまでいられるかわからないからつい。。。とこぼす。

えっという育実、山田さんは切らしたキュウリを買いにいった。

 

樫野木は娘と仲良さそうに買い物。ママの彼氏と初めて会う、とさらっと話す娘に樫野木は、聞いてないよ、と言うが、「パパにはいわないでしょ」と言われた。再婚するのかとと聞くと、そうだという。

 

一輝が帰宅すると、台所で育実がジャガイモをむいていた。

気を付けてください、山田さんは僕と水本先生が付き合ったらいいと思っています、と説明。

大丈夫です、そういうのではないと伝えましたと育実。

山田さんと険悪になってどうしたらいいかわからない一輝は、育実に「言わなくてもいいことをいったことはあるか?そういうときどうするか?」と尋ねる。

「家族でしょ?ちょっと険悪になっても普通にしてればいつの間にかいつもの通りに戻っている」と言われる。

普通にしてれば・・・?

山田が帰ってきた。

一輝の様子がおかしいのに、育美は二人が喧嘩をしたことに気が付く。

険悪ムードの一輝と山田さん

朝、支度をする一輝。

大切な箱やカメラをどんどんリュックにつめていく。

8時になろうとするが、一輝がでてこない。

山田は心配して一輝の部屋の前までいくと一輝がごみ箱をもってでてきた。

いつもは山田がごみ捨てをするが、一輝は頑なに自分で捨てようとする。

取り合いになる2人、全くかみ合わない。

 

いつも通り、自転車で通勤途中、一輝は育実に出会う。

「普通にしようとしてみたが、全然できなかった」と育実に話す。「山田さんとなんかあったのですか?」と尋ねる。

一輝は突然、そこまで歩いてくれと育実に言った。素直に歩く育実。

次は普通に歩いてくれという。

最初のとどこが違うんですか?といわれると、育実は落ち着いて、「同じです。最初何も考えずに歩いたけど、それが普通です、大丈夫ですか?」と心配そうに一輝にたずねる。

不穏な表情の一輝。さようならといって大学へ向かった。

 

育実、携帯を取り出し、元カレ・鳥飼雅也(和田琢磨)の連絡先を見ている。。。

 

一輝はまた遅刻をして熊野事務長久志(阿南健治)事務長に怒られていた。

そこへ樫野木が遅れて出勤。

樫野木先生も遅刻ですか!?と驚く事務長。樫野木は「わたしだって気分が乗らないときもあるんです。」といった。

鮫島教授と山田さん

喫茶店で鮫島教授と山田さん。

山田は一輝が自分から生まれたことを知っていたと話す。

一輝は知ってて15年も暮らしていた、と鮫島教授が慰めるが、本当のことを知らないからだ、本当のことを言うと傷ついてしまう、と山田さん。

本当のことを言うか言うまいか悩んでる、と鮫島教授に言うと、言っても言わなくてもうまくいかない、自分のことも一輝のことも信じていないから、と言われた。

 

山田さん、ピリ辛キュウリを作りながら本当はどうやって接したらいいのかわからなかったのかもしれませんね。。。

山田さんも家族だよ。。。

これまでのことを思い出し、うれしいような悲しいような表情を浮かべる。

 

山田さんの手作り弁当を開けてうれしそうに、いただきますと言う一輝。

鮫島教授に山田さんのお弁当おいしそうだなと言われると、はい、おいしいですとうれしそうに答える。

樫野木は、「この年になって弁当作ってもらうなんて」と嫌味を言うが、逆に、「どうして再婚しないのか?」と反撃される。

 

山田さん、帰宅した一輝に、一息ついたらどうして家政婦としてこの家にずっといたのか聞いてほしいという。

部屋でジョージを抱き、不安そうな表情をする一輝。

山田さんが真実を語る

山田さん、真実を語り始める。

一輝を妊娠し、生んだ感動があったが、一輝が4歳のころ家をでたのだ。

なぜなら一輝の個性が欠点だと思っていた、治そうそしたが治らなくて周りからダメな母親だと思われて辛かった、必死に頑張ったが駄目だったからだ。

3歳の時、一輝のお父さんが亡くなった。山田はもっとがんばらねばと思ってがんばっていたのだが、それがよけいに一輝を苦しめていると気が付くことができなかったのだ。

そしてあの日、タコを買いに行った。タコを買いに行くと言って温泉に行った山田さん、明日は帰ろう帰ろうと思っていたが、それから帰ることはなかったという。

その後、おじいちゃんとおばあちゃんが一輝を育ててくれた。

15歳の時、一輝の運動会をこっそりみにいったとき、一輝のおじいちゃんにばったり出会った。

お母さんがなくなったことをきいた。

戻ってこないかとおじいちゃんに言われ、山田さんは家政婦として戻ることにした。

自分に対する罰として一生家政婦としてここにいると決めた、これが全てだと話し終える。

泣きながら申し訳ありませんでした、と言った。

一輝はウルウルとして話を聞いていたが、他に何かありませんか?と尋ね、いいえと答えた山田さんをのこして部屋へ行った。

1人、部屋で悲しそうな表情をしていた。

おじいちゃんのところへ

翌日、おじいちゃんのところへ。自分が4歳の時はどんなだったか尋ねると、すでに好奇心や探求心が旺盛だったといわれる。

まるごとのタコをどうしても見たい、と何回も行ったんだよね、と一輝。

それで帰ってこなかったんだよね?と一輝。

おじいちゃんが2万円渡した、これで温泉にでも2,3日いったらいいと思ったという。

どうして11年だったんたんだろう?というと11年だからだよ、とおじいちゃん。タコが嫌いになった謎が解けたようだ。

 

講義で。一輝の様子がおかしいのに気が付く青山琴音(矢作穂香)や尾崎桜(北香那)。

そうかなぁ?と新庄龍太郎(西畑大吾)と須田巧(広田亮平)。

龍太郎が蟻のコスプレをした男が相談をうける動画をみている。

 

研究室。沼袋がうれしそうに研究室に入ってきて、蟻の観察を始めた。

鮫島先生に聞きたいことがあります、と一輝。

出かけてきますと書置きを見つけた山田さん。

育実と元カレ

育実は、雅也を誘って山を登っていた。

今なら雅也のこともよくわかる、がんばってる育実が好きだった、とお互い過去を振り返る。

雅也の携帯で後輩からのメールをみてしまった、ああいうのはかけない、そういう素直に気持ちを伝えるようになる子にはかなわない、いつか雅也がそういう子にいってしまうんじゃないかと不安になった、だから自分からぶちこわすことをしたと正直に打ち明けた。

いまは?と聞かれると、あの時の自分に、そうやって自分を守るしかなかたんだねといってあげたい、と言う育実。

やっぱり育実はすごいよ、と雅也。

最後にちゃんと話せてよかったとお互い納得がいった。

ちゃんと話したい。今なら話せると思ったという育実に、「なんか変わったね」といわれた。すがすがしい二人。

 

夜ご飯を作り終え、一輝を待つ山田さん。帰宅が遅い。

一輝はかえって来るや否や、山田さん話があります、といった。

山田さんから生まれてきてよかった

犬は何目か?と山田さんに突然訪ねた。

(犬も猫も猫目だった)犬も猫も家政婦も母親も関係ない、重要なのは山田さんの存在だ、と力説し始めた。

生まれただけでもすごい、僕がまだ知らないこともまだたくさんある、すごい、山田さんから生まれてきてよかったです、山田さんありがとう、と言った。

しかし大きな勘違いをしていたという。

山田さんが温泉に行ったとき、明日帰ろう明日帰ろうって言っていた(しかし帰らなかった)、それを聞いたときちょっとうれしかった、僕の先送りする癖は山田さんに似たからだ、と言った。

タコは一輝にとって嫌なことの象徴ではなく、当時タコが食べられなくなるほど、山田さんを大好きだったから、タコは大嫌いではなく、大好きの象徴だ、といって釣ってきたまるごと一匹のタコを取り出す一輝。

おなかがすいたからタコがたべたいというと、山田さんがはい、といって料理した。

食卓はタコずくし。いただきますと食べるとおえーーーーっといったふりをしておちゃらける一輝。

おいしいです、と久しぶりに2人楽しく食事をした。

 

鮫島教授に教えてもらった場所でタコがとれた、ありがとうございましたと礼を言った一輝は、来年のゼミのことを考えた、と報告。

 

仏壇に参る山田さん。お爺ちゃんの家で。

プールで泳ぐ一輝。

 

ここで8話はおしまいです。

僕らは奇跡でできている(8話)感想

2018年11月27日放送の『僕らは奇跡でできている』第8話の感想です。

ついに!相河一輝(高橋一生)の生い立ちが明らかになりましたね。

まりちゃん

 

家政婦の山田妙子(戸田恵子)を母親と知っていながら15年も黙って一緒にいた一輝。

そして沈黙を守り続けた山田さん。宮本虹一(川口和空)の母・涼子(松本若菜)のように、自分の子の個性的な性格が恥ずかしい、他人からできない母親と思われる。。。といった悩みを抱え、一輝を置いて逃げだしてしまったのですね。

今の山田さんからは到底想像もできないような、かなりブラックな真実で驚きでした。

自分を捨てて逃げたした母親、しかしその後おじいちゃんや鮫島教授とともに家政婦として全力で一輝を護り、導き続けた山田さん。お互いに秘めた思いを打ち明けて、より強い絆が結ばれてホッとしました。

これからもずっと一緒にいるのでしょうが。

今まで通り、家政婦と一輝として暮らしていくのでしょうか?

それとも関係は変化するのでしょうか。

次回、いつもの食卓シーンを見るのが楽しみです。

 

一輝は来年、ゼミをやることに決めたようですね。

学生たちはどんな面白いゼミで、影響を受けるのでしょう。

新庄龍太郎(西畑大吾)が何気にみていた動画、蟻人間!?は、沼袋順平(児嶋一哉)と関係があるのでしょうか?

動画シーンの後で、嬉しそうに研究室に戻る沼袋の姿があったので、関係があるのかと期待をしています 笑

 

水本育実(榮倉奈々)はどんどん変わっていきますね。

表情は明るいし、元カレの雅也ともちゃんと話をしてすっきりし、これまであった影もすっかりなくなったように思います。

後輩たちを呑みに誘うだなんて!驚きの進歩ですね!

そして丹沢あかり(トリンドル玲奈)や同僚の祥子(玄覚悠子)も喜んで誘いを受けていました。

彼女たちにとって育実はやはり憧れの存在のようですね。

どんどん素敵になっていく育実、そして彼女の成長と共に後輩も伸びていく、って素敵ですね!

また、一輝にアドバイスする育実の言葉も印象的でした。

「何も考えずに歩く、それが普通です」

やりたいことがあってもやらない理由や言い訳を探したり、と大人になるとつい頭でっかちになってしまいがちです。

以前の育実はそんな風だったのですが、こんな言葉もすんなりと言えるようになったんですね!

 

虹一君も母・涼子と順調にやっているようで、これからどんどん伸びていきそうです。

今後はドラマにどう絡んでくるのでしょうか。

樫野木聡(要潤)は、別れた妻が再婚すると聞き、遅刻をするほど動揺していましたね。来週は離婚した理由が明かされるようで、次回は樫野木の本当の姿が見られそうです。

 

そしてやっぱり一輝と育実がくっつくのか!?は気になります。

料理教室をやめて山田さんのところへ料理を習いに行くだなんて!一輝の大好きなものをつくれるようになる花嫁修行?のように料理の腕を鍛えられる育実。導かれてる!?としか思えません!正反対の性格の二人はお似合いだと思うのですが。。。

次回も人間関係の進展がとても楽しみです!

 

僕らは奇跡でできている動画(6話)見逃し無料視聴はpandoraよりココ

僕らは奇跡でできている(8話)あらすじ

「僕は山田さんから生まれたんですよね?」——予想もしなかった一輝(高橋一生)の一言に言葉を失う山田(戸田恵子)。

一輝もまた、そんな山田の様子にどう反応していいのか分からず、眠れない夜を過ごす。

翌朝、2人の間には気まずい空気が流れ、会話もままならない。

眠らない夜を過ごす一輝は、大学の講義にも遅刻。熊野事務長(阿南健治)から嫌味を言われていたところに、同じく遅刻してきたのは、なんと樫野木(要潤)だった。

樫野木は一人娘から、元妻に新しい恋人がいることを知らされ、心ここにあらずの様子。一方、一輝の講義では、琴音(矢作穂香)がいつもと少し様子の違う一輝に気づいていて…。

そんななか、新庄(西畑大吾)は、ある動画を見つける。

その後、山田は義高(田中泯)の工房を訪ねる。

一輝のこれまでの気持ちを考えるといたたまれないと、義高に吐露するものの、電話で一輝から夕飯はいらないと言われ、“もう元の関係には戻れない”という思いを強める。

山田はその夜、一輝に「どうして私が産んだと思ったんですか?」と尋ねる。

すると一輝は、真実を知ったきっかけと、今までそのことを黙っていた意外な理由を明かす。

そして一輝も、今まで何も言わず家政婦として働いてきた理由を尋ねるが、山田は「一生、言わないと決めていた」と答えるだけ。

そんななか一輝は、山田との以前の関係を取り戻そうと、山田に料理を習いに来ていた育実(榮倉奈々)に、こっそり家族と仲直りする方法を尋ねる。

事情を知らない育実は「普通にしていれば自然と元に戻る」と話すが、一輝にはその“普通”が分からない。

一方、一輝に過去について話すかどうか思い悩み、山田は鮫島(小林薫)の元へ。しかし鮫島から「本当のことを言っても言わなくても、2人はうまくいかないと思う」と言われ、ショックを受ける。

鮫島の言葉で覚悟を決めた山田はその晩、一輝にすべてを打ち明ける。

すると翌日、一輝は一言だけメモを残して姿を消してしまい…。

出典:https://www.ktv.jp/bokura

「僕らは奇跡で生きている」キャストと相関図

相河一輝 役/高橋一生

動物の行動を研究する「動物行動学」を教える大学講師。

興味のあることや好きなことには集中して没頭するが、時間やルールを守るのは苦手。

空気が読めずに、悪気なく失言してしまったりするので変わり者と思われている。

水本育実 役/榮倉奈々

歯科医師。容姿端麗で、一輝が通う歯科クリニックの院長を若くして務める。

周りからもうらやましがられるような人生のはずだが、真面目で頑張りすぎてしまうが故に、正論を言って周囲から冷ややかな目で見られてしまうことも。

一輝が時折発する、物事の核心を突く一言に、次第に心を動かされていく。

樫野木聡 役/要潤

一輝と同じ研究室で働く准教授。

野心家で上昇志向が強く、教授の座を狙って論文の作成にいそしみ、鮫島教授にこびを売っている。

鮫島の口利きで講師になった一輝のことをよく思っていないが、マイペースな一輝に日々振り回されてしまう。

沼袋順平 役/児嶋一哉

一輝の同僚講師。研究室で何十匹ものアリを飼育し、観察している。

すべてのアリを識別できるという、アリおたく。

一輝や樫野木とは常に一定の距離を保ち、研究室では異彩を放っている。

相河義高 役/田中泯

一輝の祖父で、陶芸家。

幼い頃から一輝の面倒を見てきた、一番の理解者。

一方で、一輝にある事実を打ち明けられずにいる。

山田妙子 役/戸田恵子

一輝の家に住み込みで働く家政婦。同じものを食べ続けたり、部屋の掃除を拒否したりする一輝にあきれつつも、温かく見守る。

一輝が15歳の時から相河家で働いており、一輝が文句やわがままを遠慮なしに言える唯一の存在。

鮫島瞬 役/小林薫

動物学の権威で、一輝が勤める大学の学部長。

一輝の恩師でもある。興味のあることに夢中になれる一輝の性格を買い、ある思いから、一輝を講師として迎え入れた。陽気な性格でユーモアがある一方で、その自由奔放な言動から、“つかみどころがない”という印象を持たれることも。

「僕らは奇跡で生きている」8話までの視聴率まとめ

 

・1話(2018年10月9日放送)視聴率 7.6%

・2話(2018年10月16日放送)視聴率 6.1%

・3話(2018年10月23日放送)視聴率6.2%

・4話(2018年10月30日放送)視聴率 7.0%

・5話(2018年11月6日放送)視聴率 6.0%

・6話(2018年11月13日放送)視聴率 6.4%

・7話(2018年11月20日放送)視聴率 7.2%

・8話(2018年11月27日放送)視聴率 ー%

 

まとめ

2018年11月27日(火)にフジテレビ系で放送の『僕らは奇跡でできている』8話のネタバレと感想をご紹介しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

 

僕らは奇跡でできている(3話)見逃し動画無料視聴はpandoraよりココ
僕らは奇跡でできている 高橋一生のリュック・パーカー・自転車・カメラ
僕らは奇跡でできている(1話)家の場所など撮影ロケ地を紹介
僕らは奇跡でできている(1話)榮倉奈々のネックレスや衣装まとめ

 

▼『僕らは奇跡でできている』1話から最終回まで配信中 ▼

 

 

関連記事

SUITS/スーツのロケ地&目撃情報まとめ【更新中】月9ドラマ

月9ドラマ SUITS/スーツのキャスト相関図とあらすじと主題歌は

SUITS/スーツ(1話)動画の見逃し無料視聴方法を紹介|フジ月9ドラマ

コンフィデンスマンJP|動画の無料視聴方法を紹介【1話 〜最終回】

黄昏流星群のあらすじとキャスト相関図&主題歌を紹介!藤井流星

コードブルー3|山下智久の筋肉美に胸キュン!山Pマッチョ画像&動画

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です