あいのりアジアンジャーニー2(12話)のネタバレ感想。モアの過去と告白

 

2019年1月17日にNetflixで配信の「あいのり:Asian Journey SEASON2」12話のネタバレあらすじをご紹介します。

 

前回、トムへのモアの気持ちがなくなり、チャンスが到来したDrモリモリ。

歌声を聞いてからモアへの気持ちが高まるDrモリモリですが、モアには何か隠された過去があるようで、そちらは明らかになるのでしょうか?

そして、キャンプにやってきたメンバーたちですが、またでっぱりんを中心に喧嘩が勃発します。

番組スタッフの井上ディレクターの聞き間違えが原因で言い争いが起き、せっかくのキャンプもお通夜のような雰囲気となり、台無しに・・・。

キャンプを終え、今回の騒動を解決に向かうのでしょうか?

 

FOD入会申し込み画面

「あいのり」動画の無料視聴はこちら

▲FODは登録した日から1ヶ月以内に解約すれば、一切お金はかかりません▲

 

あいのりアジアンジャーニーシーズン2(12話)ネタバレ

【現在出演中のメンバー】

 

  • トム(パティシエ見習い)長野県出身の23歳
  • Dr.モリモリ(医師)北海道出身の28歳
  • でっぱりん(フリーター)福岡県出身の22歳
  • モア(歌手志望)大阪府出身の23歳
  • 英くん(美容師)神奈川県出身の26歳
  • AI(東大出身・人工知能の開発者)上海出身の27歳
  • 桜子(劇団主宰・女優)愛媛県出身の26歳

 

Drモリモリ、突然の涙。

キャンプの翌日、集まったメンバーの前で、でっぱりんは昨日の自分の態度やキャンプを台無しにしてしまったことを謝罪します。

一方の井上ディレクターも、自分の聞き間違えがでっぱりんを傷つけてしまったということで、自分の非を認め、でっぱりんとメンバーに対して謝りました。

これで一件落着、かと思いきや、でっぱりんはまたもや井上ディレクターに対して説教を始めてしまいます。

一通り、でっぱりんが言い終えると、「え、どうしたん?」という声が。

何と、Drモリモリが突然涙を流し始めたのです。

「いろいろ感情が込み上げてくるものがあった」というDrモリモリ。

これまでのあいのりの旅の中で、Drモリモリは、常に感情を表に出さず、客観的な態度を崩すことはありませんでした。

実は、医者という職業柄、常に感情をコントロールしなければならなず、日常生活でも感情を抑制するクセが付いていたのです。

ですが、井上ディレクターがメンバーやスタッフを気遣い、真摯に謝る姿に心を動かされ、気づいたら涙を流していたのでした。

こうしたことで涙を流すことは、5年以上なく、自分自身が一番驚いているという様子でした。

しかし、驚きの出来事は、こればかりではなかったのです。

突然泣き出す始めたDrモリモリ。

その姿に特別な視線を向けるメンバー、それはモアでした。

トムの時にも、弱って泣いている姿を見てから気になり始めていたモアは、いつもとは違う姿を見せるDrモリモリに想いを寄せ始めていたのです。

ここでまさかのDrモリモリとモアが両想になりましたが、このまま恋は加速していくのでしょうか?

行き詰まるでっぱりんの恋

キャンプを終え、ラブワゴンの車内では、桜子と英クンが楽しそうに会話していました。

後ろに座っているでっぱりんの表情は冴えず、その姿を見ることができません。

「自分はうまく英クンと話すことができない」という負い目を感じていたのです。

そして、ラブワゴンは新たな都市、サマルカンドへやってきました。

青の美しいタイルが特徴のこの街は、別名青の都市とも呼ばれ、街全体が世界遺産になっています。

早速、街中にくりだすメンバーたち。

Drモリモリに対して壁を作っていたモアも、少しずつDrモリモリに対して打ち解ける姿勢を見せていました。

歴史を感じさせる、華やかなイスラム建築を見て感動するメンバーたちですが、でっぱりんは意中の相手である英クンに近づくことができずにいます。

声をかけることもできず、それどころか英クンがでっぱりんのことを避けている様子。

実は、井上ディレクターとの1件で、頑なに謝らない態度を突き通すでっぱりんに対して、英クンは「正直、難しい子だと思った」と、引いてしまっていたのでした。

一方のでっぱりんは、井上ディレクターとは「イノッチ」と呼ぶほど打ち解けたものの、行き詰まる恋に悩んでいるのでした。

距離を縮めるモアとDrモリモリ

その日、メンバーはとある公園にやってきました。

そこには、純白のウェディングドレスに身を包んだ花嫁と花婿の姿が。

実は、この公園は「結婚式が挙げられる公園」として、若者の間は憧れの場所として有名な公園だったのです。

カップルを見つけたメンバーたちは、一緒に写真が撮れないか声をかけることに。

すると、あいのりメンバーに「良かったら今夜の披露宴にこないか?」とまさかのお誘いがあります。

見知らぬ日本人を披露宴に招待したのには理由があるのですが、メンバーたちはまず身なりを整えるために、レンタル衣装屋へと向かいました。

ウズベキスタンの正装に着替えたメンバー。

会場へ到着すると、そこでは超豪華なパーティーが行われていました。

実はウズベキスタンの結婚式では、「どれだけ客を招待できるか」で家の格が決まるとされており、あまり面識がない人でもパーティーに呼ぶことがあるそうです。

そして、入場する新郎新婦をじっとみつめるモア。

実は、オーディションの時に、「真剣な恋愛がしたい」と言っていたモアは、あいのりの旅に結婚できる相手を探しにきていました。

賑やかなウズベキスタン流の披露宴は続きます。

親日国のウズベキスタンで、歓迎されるメンバーたちは、次々とお酒を注がれて乾杯をしますが、強いお酒が苦手なモリモリは気持ち悪くなってしまいました。

隣に座っているモアが、お酒を肩代わりしますが、なんとそうしているうちに2人の距離は縮まり、テーブルの下でこっそりと手を繋いでしまいます。

Drモリモリもモアも、お互いにとても幸せそうで、「幸せ分けてもらった」と笑顔が溢れるモア。

ですが、モアはそのあとに「幸せになるのが怖い」と表情を暗くします。

過去に10股をするほど遊んでいたモアは、ある秘密を抱えていたのです。

モアの過去と告白

夜の公園で、モアはDrモリモリを待っていました。

モアは、「ここまできたら、打ち明けようと思った」と、Drモリモリだけに自分の秘密を打ち明けようとしていたのです。

 

高校3年生の時、それはモアの誕生日の日でした。

男性3人に襲われ、レイプまではされなかったもののボコボコにされ、それ以来男性が怖くなってしまったのです。

その後、上京したモアは、友達もおらず寂しい中で、その穴を埋めてくれる男性を求めました。

しかし、自分が傷つくことが怖かったモアは、自分が支配できる男女の関係を築き、自分は好きじゃなくても愛してくれる、そんな男性とばかり付き合っていたのです。

 

変わりたいと思って参加したあいのりで出会ったDrモリモリは、これまで付き合った男性とは真逆のタイプでした。

イケメンで、エリートで優しいDrモリモリの恋をして自分が傷つくことを恐れたモアは、壁を作っていたのです。

モアはDrモリモリを信じて全てを話しました。

Drモリモリは、モアの話を最初から最後まで親身に聞いていましたが、やはり「重い」と感じたのか、かける言葉はありません。

この2人の恋はどうなっていくのでしょうか?

ここで12話は終わりです。

 

▼ココからどうぞ▼

「あいのり」動画の無料視聴はこちら

▲FODは登録した日から1ヶ月以内に解約すれば、一切お金はかかりません▲

 

まとめ

2019年1月17日にNetflixで配信の「あいのり:Asian Journey SEASON2」12話のネタバレあらすじをご紹介しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

 

 

FOD入会申し込み画面

「あいのり」動画の無料視聴はこちら

▲FODは登録した日から1ヶ月以内に解約すれば、一切お金はかかりません▲

 

 

▼あいのりファンにおすすめ▼

FOD入会申し込み画面

▲テラスハウスは動画が無料で見放題▲

 

 

テラスハウス軽井沢44話ネタバレと感想。川谷絵音の助言が的確すぎ
トレース科捜研の男 1話の動画無料視聴はこちら。見逃し配信
イノセンス冤罪弁護士 動画1話の無料視聴はこちら|見逃し配信1月19日
グッドワイフ動画 1話の無料視聴はこちら。見逃し配信(日本版TBSドラマ)
3年A組 1話の動画無料視聴はこちら|1月6日見逃し配信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です