あいみょんのマリーゴールドはパクリじゃなくオマージュ?元ネタは小沢健二

こんにちは。スリアです☆

10代からその親の世代まで年齢を超えて愛される魅力のある、シンガーソングライターのあいみょんさん。

5thシングルの「マリーゴールド」が話題となっていますが、ネット検索すると「パクリ」というキーワードが出てきます。

なぜそのように検索されているのか、その理由を調べてみました。

あいみょんのマリーゴールドはパクリなの?

 

2018年8月8日にリリースされたあいみょんさんの5thシングル「マリーゴールド」は、夏を感じさせるテンポのいいラブソング。

あいみょんさんといえば、いつも感情がむき出しの歌詞が刺さると話題になりますが、今回の「マリーゴールド」も聞く人によっていろんな想像を巡らせることができるような歌詞となっています。

ではどんな曲なのかさっそく、歌詞からご紹介していきましょう。

 

風の強さがちょっと

心を揺さぶりすぎて

真面目に見つめた

君が恋しい

 

でんぐり返しの日々

可哀想なふりをして

だらけてみたけど

希望の光は

 

目の前でずっと輝いている

幸せだ

 

麦わらの帽子の君が

揺れたマリーゴールドに似てる

あれは空がまだ青い夏のこと

懐かしいと笑えたあの日の恋

 

「もう離れないで」と

泣きそうな目で見つめる君を

雲のような優しさでそっとぎゅっと

抱きしめて 抱きしめて 離さない

 

本当の気持ち全部

吐き出せるほど強くはない

でも不思議なくらいに

絶望は見えない

 

目の奥にずっと写るシルエット

大好きさ

 

柔らかな肌を寄せあい

少し冷たい空気を2人

かみしめて歩く今日という日に

何と名前をつけようかなんて話して

 

ああ アイラブユーの言葉じゃ

足りないからとキスして

雲がまだ2人の影を残すから

いつまでも いつまでも このまま

 

遥か遠い場所にいても

繋がっていたいなあ

2人の想いが

同じでありますように

 

麦わらの帽子の君が

揺れたマリーゴールドに似てる

あれは空がまだ青い夏のこと

懐かしいと笑えたあの日の恋

 

「もう離れないで」と

泣きそうな目で見つめる君を

雲のような優しさでそっとぎゅっと

抱きしめて離さない

 

ああ アイラブユーの言葉じゃ

足りないからとキスして

雲がまだ2人の影を残すから

いつまでも いつまでも このまま

 

離さない

いつまでも いつまでも 離さない

出典:https://www.lyrical-nonsense.com

 

男性目線で書かれているような気がしますが、個人的な印象としては、性別関係なくどちら側の気持ちもはまる歌詞だなあと思いました。

あいみょんさんの歌詞はいつもあざやかに景色が浮かんでくるようなまっすぐさがあるので、そこが多くの人の心を掴んで離さない理由だと思います。

今年の夏に新たな恋をした人は、この曲が思い出の一曲になりそうですね。

 

でもマリーゴールドってどんな花だったけ?と調べてみたところ、こちらでした。

 

 

写真で見ると、あ、あの花壇の定番の花がマリーゴールドだったんだ!と気がつきました(笑)

種類はオレンジや黄色があるそうですが、個人的にはこの曲を聞いていると夏の鮮やかな夕日のオレンジ色がぴったりだなあと感じました。

また花言葉は「信頼」「悲しみ」「絶望」「嫉妬」「勇者」「悪を挫く」「生命の輝き」「変わらぬ愛」「濃厚な愛情」。

絶望とか悲しい意味合いから、変わらぬ愛というハッピーな意味もあり、ある意味とても極端な花なんです。

でもこれって、恋愛が持ついろんな側面と似ていますよね。

あいみょんさんの歌詞やこの花をチョイスした意味をちょっと深読みすると、愛も嫉妬も紙一重で恋愛によって生まれるいろんな感情を、このマリーゴールドという花で表現したのかなあと想像してしまいました。

さて、そんなあいみょんさんの「マリーゴールド」ですが、ネット検索をしていると「パクリ」というキーワードといっしょに検索されています。

その理由を考察してみました。

Sponsored Links


あいみょんのマリーゴールドの元ネタは小沢健二?

あいみょんさんの「マリーゴールド」がパクリと検索されているのは、ある曲にメロディーが似ているということからでした。

その曲というのが、小沢健二さんの1995年に発売されたシングル「さよならなんて云えないよ」です。

 


 

小沢健二さんのファンなら知らない人はいない、ライブでも「OKよ!」の掛け声が定番の名曲です。

この曲の冒頭部分が、あいみょんさんの「マリーゴールド」のサビと酷似しているとネット上で指摘されているようです。

 

私も最初聞いた時、あれ、何かに似ている…..

あっ、オザケン!って思いました。

 

具合的に言うと、

1:06〜はじまるサビの

「麦わらの帽子の君が、揺れたマリーゴールドに似てる」という部分。

 

ここが「さよならなんて云えないよ」の冒頭の

「青い空が輝く 太陽と海のあいだ」という部分のメロディーと似ていると言われています。

 

ですが、メロディーは確かに似ているようにも感じますが、コード進行が単純に同じだけというぐらいの印象ではないでしょうか。

このようなコード進行は小沢健二さんだけでなく、90年代の曲にはよくあるパターンではないかと思います。

 

小沢健二さんの「さよならなんて云えないよ」は、イントロ部分でマイケル・ジャクソンの「Black&White」のギターのフレーズを使っていますが、あいみょんさんの「マリーゴールド」も最初にアコースティックギターが入っているので、そういったところも印象が似ていると感じた人が多かったのかも。

あいみょんは小沢健二の大ファン

また、何よあいみょんさんは以前から小沢健二さんのファンを公言していらっしゃいますね。

ですので、オザケンへのオマージュと捉えてもいいかもしれません。

音楽関係の仕事をしていた父親の影響で90年代の音楽に親しんで育ったあいみょんさんは、バイト先で小沢健二さんの1994年の大ヒットアルバム「LIFE」に大きな影響を受けています。

メロディーも歌詞も大好きで「オザケンになりたい」と思っていた時期もあったとか。

「さよならなんて云えないよ」は擦り切れるほど聴いた「LIFE」には収録されていない曲ですが、オザケン全盛期を代表する名曲なので、あいみょんさんもきっとよく聴いていたのではないかと思います。

ちなみに小沢健二さんの「さよならなんて云えないよ」は、メロディーは明るくポップですが「嫌になるほど誰かを知ることはもう2度とない気がしてる」と恋人との別れの気持ちをリアルに描写した曲。

いっしょにいたい人への気持ちを歌った、あいみょんさんの「マリーゴールド」とは、歌詞の内容は対照的です。

でももし「さよならなんて云えないよ」以前のストーリーを、もしあいみょんが描いていたら…って想像すると、なんだかわくわくしてしまいます。

私の勝手な解釈ですが(^ω^)

まとめ

あいみょんさんの「マリーゴールド」は小沢健二さんの「さよならなんて云えないよ」のサビのコード進行と似ていることから、パクリではないかといった検索がされるようになったようです。

パクリではなく、大好きな小沢健二さんへのオマージュの可能性があるのではないかと個人的には感じました!

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆




関連記事

あいみょんの本名や高校は?私服が可愛くて小松菜奈に似てる?

Leolaの本名と年齢は?大学や高校とハーフかどうかも気になる

米津玄師の顔が変わった理由は?テレビ出演しないのはなぜ?

小山田圭吾の息子・米呂(マイロ)の彼女や学校・身長を調査☆

daokoの本名は吉田なの?出身高校や彼氏は?歌声もかわいい!

いしわたり淳治が作詞した代表作や関ジャムの歌詞解説まとめ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です