吉田照幸監督の本と映画に注目☆結婚相手や出身高校も調査!

こんにちは。すりあです。

俳優の大泉洋さん、松田龍平さんがダブル主演する

人気シリーズの第3弾、映画「探偵はBARにいる3」の監督

吉田照幸さんについて調べてみました。

数冊出版されている著書も人気で、

伝説の朝ドラ「あまちゃん」の演出家もされていたそうです。

気になったので詳しい経歴やプライベートについて調査しました☆

 

吉田照幸監督の出身校や、これまでの経歴まとめ

吉田照幸監督は、

1969年12月13日生まれ

現在、41歳

 

福岡県生まれの山口県育ちで、

地元にある山口県立防府高等学校

に通った後に上京し、

大学は青山学院大学法学部に入学します。

 

その後の就職活動では

民放の最終面接に落ちた後、

1年の就職浪人を経てNHKに入局したそうです。

 

青学の法学部という高学歴なのに、

就職浪人をしていたなんて

意外ですね!!!

 

その当時は何が何でも

民法のテレビ局に入りたいという

思いを持っていたのかもしれません。

 

就職浪人を経て入局したNHKの研修では、

報道、ドキュメンタリーを志望していましたが

配属先はエンターテインメント番組部に。

 

上司に理由を尋ねると

自らが書いた希望票を指さして

「第3志望に『何か新しいこと』って

書いてあるじゃないか」

指摘されたそうです。

 

この配属が吉田照幸監督の

才能を開花するきっかけとなります。

 

人生って意図せぬ方向に

導かれていくんですね(笑)

 

 

初期の頃は「NHKのど自慢」

「小朝が参りました」など

エンターテイメント系の番組を中心に活躍

 

2004年に企画した

「サラリーマンNEO」では

沢村一樹演じるセクシー部長が大人気

 

シュールでアドリブが多用されたコントなど、

それまでNHKではタブーとされていた内容を

取り上げ話題となりました。

 

社会現象となる大ヒットシリーズとなり

のちに映画版も公開されました。

 

 

そんな型破りで独自性にあふれた

番組作りで人気博す一方、

タニタの社食やGoogle本社を

日本のテレビ番組として初潜入。

 

サラリーマンNEOのゲストに

日産のカルロス・ゴーン氏

引っ張り出すなど話題となります。

 

 

吉田 照幸監督のこれまでの経歴を見ていると

とにかくタブーをものともぜず

前例のないことで未来を切り開いていく

チャレンジャーなお方。

 

2013年には日本中に大ブームを巻き起こした

「あまちゃん」の演出を担当しますが、

これも芸能番組のディレクターが朝ドラを担当するのは

NHK史上例のないことだったそうです。

 

 

後のインタビューでは

このドラマを経験したことが

人生の転機になったと語っていました。

 

そんな吉田照幸監督は、

現在もNHKエンタープライズに

所属しながら監督や執筆のお仕事を

されているようです。

 

吉田監督の代表的な担当番組

  • サラリーマンNEO
  • あまちゃん
  • 洞窟おじさん
  • 富士ファミリー
  • となりのシムラ
  • LIFE!〜人生に捧げるコント〜

 

 

元NHKで映画監督をされている方は

自分の会社を立ち上げたり

辞めて新しい環境で

仕事をしているイメージが強かったので、

 

現在もNHKにいながら

フリーランスのような活動をされている

というのがとっても意外でした。

 

もしかしたら

吉田照幸監督の活動スタイルの方が

異端なのかもしれませんね。

 

監督作品の映画は?

吉田照幸監督はこれまでに3作品で

メガホンを取っています。

 

サラリーマンNEO 劇場版(笑)

 

2004年からNHKで放映開始以来、

異色の大人向けコントとして注目を集め、

エミー賞にもノミネートされた人気番組が映画化

 

主演の小池徹平さんを中心に、

番組開始当初からのレギュラーである生瀬勝久さん

セクシー部長で大ブレイクした沢村一樹さんなど

テレビ版でおなじみの濃いメンバーに加え、

 

伊東四朗さんや郷ひろみさん、

元AKB48の篠田麻里子さんなど

個性豊かなゲストの面々が共演。

爆笑サラリーマン生活を繰り広げました。

 

 

疾走ロンド(2016年公開)

 

人気作家・東野圭吾が原作の小説

「疾走ロンド」を映画化。

100万部を超える売り上げを記録した

大ヒット小説ということで、

多くのファンが映画化を待ち望んでいた作品でした。

 

 

主演は抜群の演技力で様々なキャラクターを

見事に演じ分ける阿部寛さん。

なんだか頼りなくてツイていない男を

コミカルに熱演しています。

 

吉田照幸監督は、

息をもつかせぬサスペンスの中に

センスのある笑いの要素を取り入れ、

観客をその世界観へ引き込みました。

 

探偵はBARにいる3(2017年12月公開)

作家・東直己の「ススキノ探偵シリーズ」

大泉洋さん松田龍平さんの共演で実写映画化した

人気シリーズ「探偵はBARにいる」の第3作目。

 

アジア最北の歓楽地である札幌・ススキノを舞台に、

その街の裏も表も知り尽くした探偵の活躍を描く本作。

 

今作ではある人探しをきっかけに

闇社会を相手にさまざまな厄介ごとに

巻き込まれていくというストーリー。。

 

 

人気シリーズなのでキャスティングも超豪華!

 

裏社会に影響力を持つ大物実業家役を

リリー・フランキーさん

モデル事務所の美人オーナー役を北川景子さん

失踪した女子大生役を前田敦子さんが演じています。

 

 

Sponsored Links


 

ベストセラーの本が好評

吉田照幸監督は

合計5冊の著書を出されていますが

ここではネットでの評価も高い

2冊をピックアップしてご紹介していきます♪

 

 

30代前半までまったく芽が出ず、

NHKを退職することまで考えていた吉田照幸監督が、

「あまちゃん」「サラリーマンNEO」

「となりのシムラ」などヒットを飛ばし、

東野圭吾原作「疾風ロンド」の映画版で

監督まで務めるなど、

会社を越えて仕事を成功させる秘訣を紹介しています。

 

吉田照幸監督が成功した秘訣は、

「自分を出していく」のではなく、

むしろ「折れる力」ではなかったかと

語っています。

 

自分を認めてもらうには、

相手のよさを先に認めることが大事。

 

そんなシンプルな考え方が

まとめられた一冊。

 

「誰もわかってくれない」

「まったく意見が通らない」

と思っている人に、

まったく新しい世界が開ける内容と

なっているそうですよ^ ^

 

 

そしてもう一冊。

 

 

こちらは3万部を突破

ベストセラーとなっている著書。

 

ネット上での感想をまとめました。

 

実家の厳しい父が家に来た時、この本を読み始めたと思ったら、

持って帰ってしまった。おかげでもう1冊買いました。

【30代 会社員 女性】

 

掛け値なしに使える実用書。

相手を知りたいと思う気持ちで話を聞きに行くことと、

「笑顔」があれば、ほとんどのことはクリアできるのだと再認識!

【40代 公務員 男性】

 

高校生か、大学生のころに、この本を読んでいたら、

もっとサークルやクラスで上手に立ちまわれたのかも。

(そして人生変わったかも! )

人の輪の中でどうしていいのかわからない若い人にも、

ぜひ読んでほしいです!

【30代 会社員 男性】

 

「会社帰り、隣の部署のAさんに声をかけられて駅に向かったものの、

話が続かずに気まずい雰囲気……」という冒頭は自分のことかと思いました。

付箋だらけにして、1つひとつ試しています。

【30代 公務員 男性】

引用:amazon

 

吉田照幸監督によると

結局、話がおもしろい人は、

いつも相手やその場のことを見ていて、

「この人はどんな人かな」と思うことから

はじめるだけで話はいくらでも続く、

ということを著書の中で語られているようです。

 

人を楽しませる話術って

欲しくても手に入らないものだと

思っていましたが、

 

そう聞くとなんだか自分にもできそうな

気がしてきませんか?!

 

私が単純なだけでしょうか(笑)

 

気になったので私も

いますぐ買ってみようと思います^ ^

 

 

 

吉田監督は結婚してる?子供はいるの?

 

現在41歳の吉田照幸監督ですが、

ご結婚はされているのでしょうか?

 

ツイッターや過去のインタビュー記事を読んでも

結婚やプライベートに関する記述は

どこにも見つかりませんでした。

 

独身の可能性もありますが、

一応NHKの会社員ですし、

プライベートなことは

明かさない主義なのかもしれませんね。

 

こんなツイートがあったので

もしかしてお子さん!?と思いましたが

撮影のひとこまだったようです(笑)

まとめ

NHKのプロデューサーという立場にして、ジャンルを問わず活躍する吉田照幸監督。

この先どんな斬新な企画でお茶の間を楽しませてくれるのか、注目していきたいです。。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です