石垣島のヤギ汁は臭いけど効能が凄い!地元民おすすめの店も!

こんにちは。スリアです☆

島んちゅ疑惑が出るほど沖縄が大好きで

数え切れないほど通っている私ですが、

先日石垣島ではじめてヤギ汁を食べました!

相当クセがあって食べづらいと噂を聞いていたのですが

怖いもの見たさで実際に食べてみた味や感想などを

さっそくレポートしたいと思います!

石垣島のヤギ汁ってどんなもの?

 

ヤギ汁とは、ヤギの肉や内臓などを煮込んだ汁もの料理のこと。

 

沖縄ではヤギは新築祝いなどのお祝いごとがある時や

晴れの日など特別な日に食べる風習があり、

豚肉と同じく昔から一般家庭でもよく食べられてきた食材なのだそうです。

 

沖縄地方ではヤギのことを方言で「ヒージャー」と言い、

ヤギ料理は「ビージャーグスイ」(グスイ=薬)と呼ばれ

栄養価が高く滋養強壮によいスタミナ食として広く親しまれてきました。

 

貴重な栄養源であり、健康にも良い薬膳として親しまれてきたヤギ汁ですが、

その作り方はとってもシンプルで

お店や家庭によって違いはあるようですが

骨つきのヤギ肉と内臓を水と泡盛だけで長時間煮込み、

出てきたアクや余分な油を取るだけというとってもシンプルな調理法が特徴。

 

人によってはカツオの出汁を加える場合もあるそうですね。

石垣島のヤギ汁は本当に臭い?臭さレベルは?

 

本島と食文化がかなり独特な沖縄では

わざわざ探し求めなくても食べたことがないような

ちょっとクセの強いメニューに出会えたりしますが、

今回はよりローカル色の強いものを食べてみようということで

かなり独特な味がすると噂のヤギ汁に挑戦してきました!

 

生まれも育ちも石垣島という友人が連れて行ってくれたのは

石垣島にある「一休」というヤギ料理の専門店。

 

お店に入るとすでに独特の香りがプーンと漂っていて、

入ってすぐのテーブルには地元の常連客と思われる方でいっぱい。

 

ランチタイムのメニューがこちら!

 

 

ヤギ料理の専門店だけあって、ヤギ汁が一番上に書いてありました。

お店の人に聞くと、7〜8割ぐらいの人がヤギ汁を注文するそうです。

 

牛汁が750円という値段なのに、

ヤギ汁は1250円と500円もお高いですが、沖縄ではどのお店でもこれぐらいが相場。

 

ヤギ肉が高いというのと、

調理に時間がかかっているというのが理由のようですね。

 

さて、運ばれてきたヤギ汁がこちらです!

 

 

運ばれてきたヤギ汁は、すでに獣臭というか独特の香りが〜!!!

 

茶色いスープの中には、骨つきのヤギ肉がゴロゴロと入っていて、

ほかにも内臓や肝もたくさん入っているので、見た目は結構グロテスクです。

 

まずはスープを飲んでみたところ

やはり独特の臭みが口いっぱいに広がります。

 

ですが、思っていたよりもマイルドで飲みやすい!!!

 

独特の獣臭が漂うので

かなりインパクトはありますが、むしろ好きかも!!!

 

骨つきのヤギ肉ですが、ソーキそばの上に乗っている肉のように

トロトロになるまでやわらかく煮込んであるので、とっても食べやすいです。

 

そのお味はというと独特の臭みや野性味を感じながらも

思っていたよりもぜんぜんおいしい!!!

 

最初はそのワイルドな味にとまどいますが

食べているうちにだんだんその強烈さも薄れて慣れてきます。

 

好きな人はハマる味ですが、

独特のパンチが効いた味だけに好みがはっきり分かれるところでしょうね。

 

 

写真のようにもつ鍋で見るような内臓系の部位がたくさん入っていて、

この下処理の仕方が上手なお店で食べると、さほど汁に臭みを感じないようです。

 

しかしながら臭み消しに使われているフーチバー(よもぎ)が

さらに個性を強烈にしている感があり、その香りが逆に苦手という人も多かったです。

 

普通なら生姜やネギなどをたっぷり入れて

あっさりと臭みを消して仕上げたくなるところですが、

そこはあえてクセが強いもの同士を掛け合わせてくるというのが

さすが沖縄のローカルフードらしいなと思いました。

 

沖縄のよもぎは特に香りが強いため、

パクチーのような香菜が苦手な人はよけて食べた方がいいでしょうね。

 

そして臭みという点では、食べ終わったあとの口の中が一番臭いです!!!

 

ニンニク料理を食べたあとにいつまでも残る

口の中のあの感じに似ているといえば伝わるでしょうか。

 

内臓からじわじわと濃い獣臭が上がってくるというか

車の中がヤギ汁の臭いでいっぱいになりそうだったので

速攻ミント系のガムを買って食べることになりました(笑)

 

インパクトがあったヤギ汁ランチでしたが、

毎日食べたくなるものではないものの

個人的には次に石垣島に行ってもまた食べたいと思える味でした。

 

ヤギ汁を食べてみた感想まとめ
臭み
(4.0)
クセの強さ
(4.5)
おいしさ
(3.5)
また食べたい度
(3.0)
栄養価
(3.5)
総合評価
(3.5)

 

Sponsored Links


ヤギ汁の効能は?

ヤギ肉は高タンパク、低カロリーでコレステロールが少なく、

鉄や亜鉛などのミネラルはかなり多く含まれているヘルシー食材。

 

女性にとってはむしろ積極的に食べたい動物性食品ですね!

 

さらにもも肉には脂肪燃焼効果などがあるLカルニチンや、

疲労回復効果があるタウリンなども豊富に含まれています。

 

これは個人的な体感なのですが、

とてもパワフルにエネルギーが凝縮されている気がして

食べ終わったあとはなんだか元気になった気がしました(笑)

これもクセが強すぎたからでしょうか・・・!

 

ですがヤギ汁を食べる時の注意点として、

昔から沖縄で言い伝えられている3つのことがあるそうです。

 

1つ目は「冷たい飲み物と一緒に食べてはだめ」

 

ヤギの脂が、胃の中で固まり腹痛を起こすことがあるとのこと。

ですが、お店でもキーンと冷えた氷入りのお水と一緒にでてきたので

真意のほどは定かではありませんね・・・。

 

2つ目は「高血圧の人は食べてはだめ」

 

これも昔から言われているようですが、

実際のところ調理の時に使われる塩分が血圧を上げる原因のようです。

一緒に食べるフーチバー(よもぎ)は血圧を下げる効果があるそうなので

心配することはなさそうですね。

 

3つ目は「臨月前の妊婦さんは食べてはダメ」

 

ヤギは「下げグスイ」=「下げる薬」とも言われ、

排出を促進する作用があるそうで、便秘解消には良いとされています。

そのようなことからかわかりませんが

妊婦さんが食べると早産になると昔から言われていたそうです。

 

医学的な根拠があるわけではないようですが

ネットで調べていると臨月で早く産みたい妊婦さんがヤギ汁を食べて

出産が早まったという体験談が綴られているブログもありました。

 

ですので、出産を控えた旅行中などにヤギ汁を食べるのは

ちょっと控えた方がいいかもしれませんね。

石垣島でヤギ汁を食べるなら!地元民が通うおすすめの店

 

一休食堂 (いっきゅうしょくどう)店舗情報

住所:沖縄県石垣市石垣716-1

電話:0980-82-1803

営業時間:11:00~20:00

 

 

ヤギ汁をちょっと食べる自信がない人にも

ほかに八重山そばや牛汁などのメニューがあります!

 

 

写真はスタミナ丼 600円。

ちなみに地元民のお友達はヤギ汁ではなく、これを食べてました(笑)

牛丼みたいな感じですね。

 

鍾乳洞のすぐ近くにあるので、観光ついでにぜひ立ち寄って見てください。

帰ってからの話のネタにもなりますよ!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

沖縄の格安宿からアクティビティまで予約はこちら!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です