蔦谷好位置の嫁や子供について!バンド時代の音源も紹介☆

こんにちは。スリアです☆

関ジャニの音楽番組「関ジャム完全燃SHOW」での

わかりやすい音楽解説も大好評で、

ゆずやYUKI、米津玄師などの

人気アーティストのプロデュースでも知られる

蔦谷好位置さんについて調べてみました!

 

蔦谷好位置 プロフィール

名前:蔦谷好位置

本名:蔦屋恒一

生年月日:1976年5月19日

血液型:B型

出身地:北海道札幌市

学歴:札幌西高校、北海学園大学

職業:ミュージシャン、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家、作詞家

愛称:ナイスポジション

事務所:agehasprings

 

北海道札幌市出身の蔦屋好位置さん。

 

本名は「恒一」さんとおっしゃいまして、

「好位置」っていうなんだか常に開運しそうなお名前は当て字でした。

 

出身高校は札幌西高校で、調べたところ偏差値は71と高いです☆

 

音楽の才能だけでなく、学業の方もきっと優秀だったんですね!

 

その後は札幌市にある北海学園大学に進学されているので

大学時代までは北海道で過ごされていたようです。

 

現在は音楽プロデューサーをしている蔦屋好位置さんですが、

デビュー時は、実はバンドCANNABISのキーボーディストでした。

 

バンド解散後は作詞・作曲家、音楽プロデューサーとして

他のアーティストへの楽曲提供やプロデュースを行う一方、

 

ロックバンドNATSUMEN(2010年7月に脱退)や

仲井戸麗市、中村達也、KenKenとのバンドthe day

LOSALIOSの中村達也らとともに結成したEORなどのキーボードプレイヤーとしても活動。

 

これまで手がけてきた楽曲は300曲以上、

総売り上げ数は500万枚を超える、

いまや超売れっ子プロデューサーに成長した蔦谷好位置さんですが、

楽曲提供やプロデュース、アレンジを行ったアーティストの顔ぶれは豪華極まりなく、

 

YUKI、Superfly、ゆず、エレファントカシマシ、木村カエラ、

Chara、JUJU、絢香、back number、米津玄師など、今をときめくバンドや歌手ばかり。

 

ソロデビュー後のYUKIさんの楽曲では

「ハローグッバイ」から「ビスケット」までの8曲と、「メッセージ」の合計9曲のシングル曲を提供。

 

 

またYUKIさんとの出会いは蔦谷好位置さんにとって転機となったそうで、

シングル曲を決めるコンペで「JOY」のデモに対して

『私はこの曲を10年待ってた』と言ってもらえたことで、バンド解散後に困窮していた生活が一変したそうです。

いわば恩人のような存在名のかもしれませんね。

 

 

一方、YUKIさんの方もこの曲がきっかけでメディア露出が増えたそうです。

ベストアルバム「five-star」のセルフライナーノーツでは、

蔦屋好位置さんのことを「歌が凄くうまい」「グルメ」と書いているそうです☆

 

まや、結成30周年を迎えたエレファントカシマシには

ユニバーサルミュージックへの移籍後からプロデューサー・編曲家として積極的に参加し、

ライブにもサポートメンバーとして数多く参加しています。

 

 

エレファントカシマシの宮本浩次さんには、

2008年1月のライブでは「僕より10歳も若いのに、音楽の才能は87倍」と称され、

2008年5月の渋谷CCレモンホールのライブ中MCで「大好き」と告白される場面もあったそうです。

なんだかその姿が想像できちゃいますね〜!

 

他にも、「好青年」「僕らの音楽を理解し、素晴らしいアレンジをしてくれる」

「僕の心情的には新しいメンバーと思っている」などと発言するほど、

蔦屋さんのことがお気に入りのようです。

 

またSuperflyには作・編曲で楽曲制作に深く関わるほか、ライブサポートも務めています。

 

ボーカルの越智志帆さんは、蔦屋好位置さんのユーモアのある性格を「芸人みたい」と言ったそうです。

レコーディングの時なども、きっとアーティストをリラックスさせて

うまく盛り上げてくれそうな気がしますね。

 

 

その他にもたくさんのアーティストをプロデュースしていますが、

最近では、米津玄師さんのアルバム「 BOOTLEG」が大きな話題に。

 

 

back numberの大ヒットアルバムアルバム「シャンデリア」

蔦屋好位置さんによるプロデュースでした。

 

 

 

また近年ではテレビ番組やラジオでも活躍しています。

2012年にはSPACE SHOWER TV「音楽ヒミツ情報機関 MI6」にて

千原ジュニアさんらと共にMCとして自身初となるレギュラー番組に出演。

その後、SPACE SHOWER TV「ジュニアの鼓膜」にもレギュラーとして出演を果たしました。

 

そんなご縁があってか、千原ジュニアさんとはとっても仲が良いようですね。

 

また、ラジオではJ-WAVE「THE HANGOUT」の木曜日ナビゲーターを担当。

 

2016年からはテレビ朝日「関ジャム 完全燃SHOW」にゲスト出演し、

蔦屋好位置さんが番組で紹介する次世代のアーティストが、常に注目の的となっています。

関ジャニに曲提供もしていたりと、

もはや準レギュラーのようなポジションで番組を盛り上げています。

 

蔦谷好位置のバンド時代の音源は?

蔦屋好位置さんはプロデューサーになる前、

バンド「CANNABIS」のキーボーディストとして

ワーナーミュージックジャパンよりデビューしています。

その頃は本名の「蔦屋恒一」名義で活動をされていました。

 

そしてCANNABIS時代のプロデューサーは、なんとあの亀田誠治さん。

 

 

しかし亀田さんの作ってくれたアレンジに対してダメ出しをしたり、

制作作業が終わった後に勝手に録り直したりしていたそうです。

その後、同じ音楽プロデューサーという立場になって再会した時に、

その当時のことを反省して、謝罪した経験があるそうです。

 

バンドはすでに解散していますが、

CANNABISの音源がyoutubeに上がっていましたのでご紹介します☆

 

 

 

 

Sponsored Links


蔦谷好位置の嫁や子供について

蔦屋好位置さんは2011年にご結婚されています。

6月に地元の北海道で挙式をされたようです。

 

 

こちらが結婚式のお写真。

 

奥様はおそらく一般の方のため、お名前などは公表されていないようです。

地元で式を挙げるということは、奥様も地元の方なのかもしれませんねー。

 

 

関係者の方のツイートによると、エレカシ、Superfly、ゆずによる豪華ライブもあったんですね。

すごいメンツの生歌を結婚式で聴けるなんて、参加者の方々はラッキーですね!

 

これだけの方々から信頼されているということは、音楽的な才能ももちろん素晴らしいと思いますが

蔦屋好位置さんのお人柄によるところも大きいのでしょうね。

 

また、娘さんも生まれたようです。

インスタグラムでは、たびたび可愛らしい写真がアップされています。

 

 

おうちでは良きパパとして子育てもされているんですねー。

お写真を見ると、おそらく1〜2歳ぐらいでしょうか。

 

お名前は明かされていないようですが、

忙しい毎日の中できっと娘さんは大きな癒しなんでしょうね。

きっとやさしいパパなんだろうなあ☆

 

今後はお子さんの事をイメージした歌詞なんかも、増えてくるのかもしれませんね!

 

まとめ

音楽業界だけでなく、最近ではテレビ視聴者からの信頼も獲得している蔦屋好位置さん。

ますます目が離せない存在として活躍してくれそうです。

今後に期待したいと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

 

YUKIさんの名曲ですね〜♪♪♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です