貴乃花親方はファッションセンスも暴走中?病気説と関係も?

こんにちは。スリアです☆

若い頃からなにかとお騒がせな貴乃花親方ですが

 

昨今のちょっとマフィアっぽい?

独特のファッションセンスも話題に。

そんな貴乃花親方について調べてみました。

 

貴乃花親方はファッションセンスも暴走中?病気説と関係も?

本名:花田光司(はなだこうじ)

四股名:貴乃花光司(たかのはなこうじ)

生年月日:1972年8月12日

年齢:45歳

出身地:東京都杉並区

身長:185cm

体重:161kg(現役時代)

血液型:O型

配偶者:河野景子

家族:父・元大関貴ノ花、母・藤田紀子、兄・花田虎上、息子、花田優一

 

常に何かしらのトラブルや疑惑問題を

抱えている印象が強い大相撲業界で、

またもや持ち上がったのが

横綱・日馬富士による貴乃花部屋の幕内力士、

貴ノ岩への暴行事件。

 

その不可解な事件の渦中にいるのが貴乃花親方です。

 

そんな中、なぜか注目され始めたのが

貴乃花親方の特異なファッションでした。

 

早速チェックしていきましょう!

 

ド定番の大判ストール(マフラー)

 

貴乃花親方のお気に入りといえばこの大判ストール。

 

でも大判ストールってスーツにインして

着るのはアリなんですかねえ?

 

頻繁にインして着こなしているのを見かけますが、

あのボリューム感をジャケットの中に押し込めて

コーディネートするのは個人的にはどうかと

見るたびに思ってしまいます。

 

 

元アナウンサーの奥様がいらっしゃるので

もっと垢抜けてもいいのではないかと思いますが、

 

 

奥様はおかみさん業で忙しくて

旦那のファッションにまで気をまわしている

暇はないのかもしれません。

 

そして、下の写真ですが、

よーく見ると薄手のブルーと厚手のグレーの

2枚のストールを重ねて着こなしています。

 

ちょっと謎だなあ、と思っていたら

ファッションデザイナードン小西さん

すでにコメントしていました。

 

「一言で言うと、ダンディズム。

美意識が高い人だと思う。

一見、(刑事ドラマの名作)『太陽にほえろ』のワンシーンみたい」

「このマフラー、どうやって巻いているのか分からない。

なんで2枚重ねるのか?

美意識は高いけど、ぶきっちょかな」

 

さらに

 

「時と場合によって、

2枚重ねは必要以上に強く見せよう、

弱くは絶対に見せないぞという意識を感じる」

 

ドン小西さんの強く見せようという意識を感じる

という指摘は個人的には言い当てているのではないかなあ感じました。

 

というのも最近の貴乃花親方のファッションが

「マフィア化」しているから!

 

サングラス着用での「マフィア感」

 

こちら暴行疑惑で揺れる

2017年11月現在の最新の写真です。

 

目元を彩るのは、

レイバンのアビエイタータイプのサングラス。

 

どうみても、アウトレイジです。

 

権力闘争に立ち向かう

マフィアって言ってもいいかも。

 

マスコミに追われているとはいえ

ここまでドスを効かせる必要があるのでしょうかw

 

週刊誌による関係者の証言だと

以前は奥さんが選んでいたようですが、

最近のコーディネートはというと

ご自身のチョイスによるものなのだそうです。

 

 

貴乃花親方の実の母親である

花田紀子さんはワイドショーで、

貴乃花親方の奥様の趣味なんですか?と話を振られ、

ぜんぜんわからないとした上で

 

なんでマフラー取らないの?

奥さんがなんで・・・

サングラスの色も、勘違いされる。

 

やっぱり見かけって大事。

私が女房だったらすぐ電話して、

ちょっとあなた、あの格好をやめなさい、

みっともないわよと注意する。

 

若い頃からメディアの前に出ようとはせず、

気難しく頑なな態度を貫き通している貴乃花親方ですので、

 

ファッションに関しても他人の助言を

聞き入れる柔軟さは持ち合わせていないのかも。

 

相撲界を代表する人物でもある貴乃花親方ですら

ストール×サングラスという品のない出で立ちでは

相撲界の品格もが問われても仕方ないかも。

 

私服のセンスには

その人の人となりが垣間見えるもの。

 

そういったところにも

今の貴乃花親方のメンタル面が

現れているようにしか見えないのは

私だけでしょうか???

 

ストレスフルな毎日であることを

なんとなく察してしまいます。

 

レイバンがお買い得で
びっくりϵ( ‘Θ’ )϶
↓↓↓

 

Sponsored Links


貴乃花親方はファッションセンスは、病気説と関係も?

 

現役時代は「角界のプリンス」と呼ばれ

兄の三代目若乃花(花田虎上)とともに

若貴ブームが社会現象となり

空前の相撲ブームを牽引した貴乃花親方。

 

22歳で横綱と瞬く間に上り詰め

千代の富士を引退に追い込んだ大一番など

数々の名勝負を演じた平成の名横綱。

 

そんな名力士だった貴乃花親方ですから

順風満帆な人生かと思いきや、

その当時から何かとお騒がせ気質の

片鱗を見せていました。

 

私たちには計り知れないほど

ストレスの多い人生を歩んできたのかもしれません。

 

宮沢りえと婚約 → 破局

 

まずは当時女優として引っ張りだこだった

女優の宮沢りえさんとの婚約発表から

わずか2ヶ月後に「彼女への愛情がなくなりました」と突然の破局会見。

 

その時、貴乃花親方は20歳、宮沢りえさんは19歳。

 

国民的スターである2人の破局は、当時大きな話題となりました。

 

洗脳騒動

20年ほど前、貴乃花親方は整体師に洗脳されていて、

師匠や兄と不仲になっていると

連日ワイドショーを賑わせました。

 

兄弟で整体師の指導を受けていたところ

兄が途中で離脱し一人で通い続けていたところ

それが「洗脳騒動」として大きく発展。

 

過熱する報道に対しても貴乃花親方が

全く応じようとしなかったっため様々な憶測を呼んで

騒動が大きくなってしまったとご本人が著書で語っています。

 

家族との不仲

 

上記の洗脳騒動の最中も子どもの頃から

マスコミに注目されてきた貴乃花親方は

何を言われようとも動じませんでしたが、

 

洗脳されていると父親の取り巻きや兄が吹き込んだと考え

その頃から家族への不信感を持っていたようです。

 

現在も兄の花田虎上さんとは絶縁状態、

母親の花田典子さんとも12年も顔を合わせていないそうですので

その不信感は根深くその確執の深さが伺えます。

 

心労で別人のように激痩せ

 

右の写真は2016年3月の相撲協会理事長選を争い、

敗北してしまった直後、衝撃的な痩せ方をした時のもの。

 

45歳という年齢にしては初老の男性のように老けた印象で

痩せただけならまだしも、あまりにも精気がなく不健康な印象。

 

 

相当のストレスに晒されていていたことがうかがえます。

そんな憶測も飛び交いましたがプレッシャーで

食事も喉を通らなかったのかもしれませんね。

 

 

 

現在はまた少しふっくらとしたものの

逆に顔がむくんでいて内臓の調子でも

悪いのではないかと感じてしまいます。

 

相変わらず精気がないようにも見えますし。

 

もしかして、ガン?

摂食障害?

薬物でもやってるの!?

 

そういった憶測が常に付いて回っている貴乃花親方。

 

しかしながら重大な病気という報道は

今のとこないないようですので

体の健康状態は今のところ心配なさそうです。

 

ただ、昨年の激痩せにも出ているように

若い頃から相当のストレスを抱えてきた

人生のように感じます。

 

若貴ブームの現役時代から

黙して多くを語らずというスタイルで

ここまで来た貴乃花親方は、

 

自らの思いを外に発散するタイプではなく

内に溜め込むタイプなのかもしれません。

 

大病を患っている訳ではありませんが

ストレスは万病の元なので

今後、健康状態に響くことがないと良いなと思います。

 

最後に

今後の動向が注目される貴乃花親方ですが

相撲界の権力闘争やスキャンダルではなく

一時代を築いた名横綱として今後は

相撲界の品格を取り戻す役割を期待したいですね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です