大阪の相席・スイッチバーの男女比と一人でも出会えるか調査

こんにちは。スリアです☆

最近人気の「相席バー」って知ってますか?

スタンディングで自由に席を行き来できて

合コンが苦手な草食系男子にも大人気なのだとか。

マツコ会議でも取り上げられた大阪の

「スイッチバー」のお店のシステムや男女比など

詳しく調べてみました☆

 

相席バーってどんなところ?

 

ひと昔前は週末のたびに婚活パーティーに通っているなんていいう人もいたと思いますが、

近年出会いの場として流行ったのが「相席居酒屋」。

男性グループと女性グループが同じ席に案内されてコンパができる居酒屋ですね。

 

相席居酒屋は「女性は無料で飲み放題・食べ放題」なので

女性側にとってはメリットだらけで、女性の憩いの場としても利用されています。

 

が、しかし!!!

 

ここ最近では、そういった居酒屋スタイルではなく

高級感あふれるラウンジのようなスタイルや

スタンディングで自由に相席できるオシャレな「相席バー」が大人気なんです!

 

 

 

合コンが苦手な草食系男子にも大人気だとか☆

 

スタンディングなら気楽だしコスパもとってもよく

男女が仲良くなれるようなゲームや仕掛けがたくさんあるので

会社帰りの定番になってしまいそうですね^ ^

 

今回は「マツコ会議」でも紹介された「スイッチバー(Switch Bar)」に注目してみました。

 

マツコ会議でも注目の大阪「スイッチバー(Switch Bar)」

 

スイッチバー(Switch Bar)」は、大阪のイベント企画会社が経営していて

1号店が2015年にできて以来、人気がうなぎのぼりなのでそうです。

 

現在は、大阪心斎橋、梅田、東京銀座などに6店舗あります。

 

大阪で一番人気のモンスターバーだそうで、

なんと月間4万人以上、週末は全店で3000人以上が来店するそうです。

 

系列店で自由に行き来できる「サーキットシステム」など

今までになかった新しい仕掛けがウリとなっています。

 

チケットは1枚300円とリーズナブル

お店に行ったらまず、入店時にドリンクやフードと交換ができるチケットを購入します。

チケットは1枚300円ととってもリーズナブルなので

女性に気軽にご馳走したり、自然に会話をするきっかけも作りやすいですね。

 

イエガーのショットが何杯でも無料

 

パーティードリンクの定番として楽しまれてきたアルコールといえば「テキーラ」ですが

最近では「テキーラ」よりも「イエガー」を好んで飲む人が増えているそうです。

 

イエガーマイスターとはドイツ版の養命酒みたいなもので、

パーティーの前などに飲んでおくと気付けとなって元気に遊べるそうです!

出会いに向けてスイッチを入れるのにちょうどいいですし、

ゲームなどで遊んだ時の罰ゲームにも、盛り上がること間違いなしのアイテムですね。

 

しかし、イエガーマイスターのショットが何杯でもフリーなんて、太っ腹ですね♪

 

スイッチャーがリクエストに応えてくれる

 

「スイッチャー」という気さくなスタッフが店内に数人いて

「あの人と話したい」などのリクエストがあれば応えてくれるそうです。

 

逆に「この人苦手だな」なんていうシチュエーションでもサポートしてくれるそうです☆

そんな救世主がいるなら女性も安心して遊べますよね!

 

他にもスイッチバーでの遊び方を教えてくれたりと、コンシェルジュみたいなポジションなんですね。

 

このスイッチャーもお店の人気を支えているひとつで

最近ではスイッチャー目当てに来るお客さんも多いそうですよ〜。

 

系列店の行き来が自由

一度受付をし、チケットをもらえば店舗間の移動が何度でもフリーになります。

これなら、一晩中遊べそうですね〜♪

 

楽しいゲームで男女の接点が倍増

 

行ったはいいけど、会話のきっかけが掴めないなんてことがないように

店内にはダーツやトランプやボードゲームなどの定番から、

ちょっと珍しい海外のゲームまでたくさんスタンバイ。

 

これなら出会ったばかりでも会話にも困らないし、すぐに距離が縮まりそうです。

 

店内にこれだけ盛り上がれるような仕掛けが用意されているのはうれしいですね。

店内を自由に移動して気軽に相席してもいいですし、

とにかく知らない人同士の接点が作りやすいというのが人気の秘密です。

 

大阪の相席・スイッチバーの男女比は?

 

 

行った人のレポートを見ていると男女比率はだいたい男7:女3ぐらいで

男性客は推定20~30代のサラリーマン系が多いようですね。

 

公式HPによると男55%:女45%だそうです。

 

圧倒的に男性が多かったと書いている女性もいましたが

日によって、時間帯によっても違ってくるのかもしれませんね。

 

またチケット制のため、

余ったチケットを次回使うことができるので、リピーターの方もかなりいるようです。

 

また綺麗な女性が多いという感想も多かったので、男性的には期待できそうです。

 

大阪(梅田・難波)のスイッチバーの予約方法

人気店なので行く時は予約して行きましょう!

入店時に男性はチケットを6枚(2000円)、

女性は2枚(600円)購入するシステムになっていますが、

 

予約することによってお得に利用できます。

 

 

 

予約方法1|ラインで予約する

一番簡単なのは、LINEで予約すること!

こちらをお友達登録して予約しましょう!

(LINE@ ID)@ozf9733d

 

予約方法2|HPで予約する

スーツバーの公式HPから予約もできます。

http://switchbar.jp/

 

オススメの時間帯は?

 

19:00 〜20:00が比較的空いているそうです。

 

混み始めるのは20:00以降〜23:00ですので、

早めに行った方が並ばなくてよくてスムーズに入店できます。

 

平日ならラッシュアワーでもまだ入れるようですが

「マツコ会議」でも取り上げられたので、今後は混雑が予想されますね〜。

 

特に土日の場合、

ラッシュアワーだと身動きがとれないほど混むので

土日なら11:00以降に行って朝まで遊ぶというのもアリかもしれません☆

 

Sponsored Links


相席バーって一人で行っても出会えるの?

 

スイッチバーは年齢層でいえば20〜30代常連さん、そして2人連れが多いようです。

 

そんな中に一人で行って、接点が持てて楽しく会話できたりするのでしょうか?

 

実際に一人で行ったという男性がたくさんいらっしゃるようで

その方のブログを拝見していると、

カウンターで一人立ち飲みしているとスイッチャーの男性が話しかけてくれて

他に一人で来ている男性を見つけてきてくれて一緒に過ごすことになったそうです。

そこからは女性2人組を話をしたりすることができたそうです。

 

また女性の場合は圧倒的に男性の方が多いので、

1人で行ってもかなり声をかけられるそうです。

 

またグループで来ている男性客も中では別々で行動している人が多く

女性も1人でいるほうが、男性からすると声をかけやすいかもしれませんね。

 

また、スイッチバーではないですが、

別の相席バーのレビューでこんな記事がありました。

 

今回訪れて感じたのは、

意外にもお一人様同士で来店している男女が非常に盛り上がっているということだ。

1人客は優先的にカウンターに案内されるらしく、

密着度の高いカウンターで談笑する男女は明らかに“いいムード”だった。

 

1人で来ている女性はおとなしそうな清楚系が多く、

本気度も少なからず感じられた。

さすがにタダ飯目当てに1人で来るというのは、

よっぽどの猛者でなければ難しいのだろう。

相席BARで本気の出会いを求めるのであれば、

“1人で行く”というのが必勝法かもしれない。

 

引用元:http://diamond.jp/

 

いずれにせよ、一人でバーに乗り込むにはハートの強さが必要かもしれませんw

 

普通に飲みに行くだけでも価値があるというか楽しいという感想が多かったので、

一度チャレンジしてみる価値はありそうです☆

 

スイッチバー(Switch Bar)基本情報

Switch Bar(スイッチバー)梅田茶屋町店

茶屋町店はスイッチバー系列店の中でも最大規模の大きさです☆

 

【住所】

大阪府大阪市北区茶屋町15-22 アーバンテラス茶屋町B棟3階

【電話】

050-5285-0217

【営業時間】

月~木: 18:00~翌1:00

金、土、祝前日: 18:00~翌2:00

日、祝日: 18:00~翌0:00

【アクセス】

阪急電車・梅田駅の茶屋町口より徒歩3分

地下鉄・御堂筋線の梅田駅1号出口より徒歩6分

JR大阪駅・御堂筋口より徒歩9分

 

ほかにも、

梅田阪急駅前店、

梅田東通り店、西心斎橋店、

東心斎橋店、銀座コリドー街店とぜんぶで6店舗があります。

 

▶その他の店舗はSwitch Bar公式HPでチェック☆

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です