沖縄のソーキそばと八重山そば、宮古そばの違いとは?

スポンサードリンク


こんにちは。スリアです☆

沖縄を訪れたら誰もが必ず食べるのが

島人のソールフード「沖縄そば」ですよね!

ですがお店の看板やメニューを見ると

沖縄そばというジャンルの中に

ソーキそば、八重山そば、宮古そばなど種類がいろいろあります。

その違いは一体何なのか?気になったので調べてみました。

Sponsored Links

沖縄そばとは?

 

沖縄地方で食べられている麺料理を

大きなジャンルとして「沖縄そば」と言います。

 

本島で食べられているそばと捉えると良いですね!

 

ですので沖縄そばと呼ばずに、

メニューにお店の名前がついていることもあります。

 

また、一言で沖縄そばといっても

ソーキそば、テビチそば、軟骨そば、ゆし豆腐そば、

フーチバー(よもぎ)そば、野菜そばなど

店によってバラエティー豊かなメニューがありますが、

 

もっともベーシックな「沖縄そば」は

麺はきしめんと似ていて、麺の上には豚の三枚肉(バラ肉)が乗っています。

 

そのほかの具はカマボコが乗っていることが多く、

薬味としてネギ、紅生姜などが使われます。

スープは豚骨とカツオダシが一般的ですね。

 

地域ごとに麺やスープ、具材に特徴がありますが

一番大きな違いは「麺」です。

 

 

沖縄本島北部(名護市周辺)は「きしめんのような幅広タイプ」、

沖縄本島南部(那覇周辺)は「3~4ミリ幅で縮れている」ものが主流なのだそうです。

 

「そば」という名称ですが、そば粉は使わず小麦粉100%の麺で

クチナシなどでうっすら黄色く着色してあります。

ソーキそばとは?

 

ソーキそばとは、豚の三枚肉のかわりに

骨つきの豚のあばら肉を煮込んだものが乗っています。

 

沖縄そばとの違いは、トッピングの肉が違うだけ!

 

骨つきのあばら肉はとってもやわらかく煮込んであるので

とろけるような食感でとてもおいしいです。

 

三枚肉(バラ肉)かソーキ(骨つきあばら肉)かという違いだけなんですね!

どっちが好きか好みが分かれるところですが

現地の友達からはソーキをオススメされることが多いです。

 

さて、本島で食べられているそばを「沖縄そば」とするなら、

離島で食されているものには「宮古そば」「八重山そば」など

その地の名前を冠した名称がついています。

 

ここからは離島の沖縄そばは本島のそばと比べてどのような特徴があるのか

チェックしていきましょう!

Sponsored Links


八重山そばとは?

 

「八重山そば」は石垣島など、八重山諸島で食べられている伝統的なそば。

 

細くて丸い縮れの無い麺に、豚骨のだしがきいたほんのり甘みのあるスープ

細切りにした豚肉とカマボコを盛るのが特徴です。

 

本島で薬味に使われる紅生姜なども乗っていません。

 

 

「ピパーツ」という島胡椒を好みで入れて食べるのも特徴です。

 

写真のパッケージには「ピーヤシ」と書かれていますが

ピーヤシは竹富島の方言でピパーツ、ピパーチなどいろんな呼び方があるそうです。

宮古そばとは?

 

宮古そばの特徴といえば、かまぼこや肉などの具が麺の下に隠れていること。

一見すると具が入っていないそばのようにも見えます。

 

最近では具を上に盛るお店の方が多くなってきているようですが

具を麺の中に隠すようになったのには諸説あるそうで

周りからぜいたくをしているようにみられたくなかった、

また具が乾かないように、麺を盛り上げて量を多く見せるためなど

いろんな説があるようですね。

 

また麺は本島のそばに比べ、麺がやや細く縮れが少ないのが特徴で、

波模様をした薄く平べったい長方形をした宮古島独自のかまぼこが

乗っているお店もあるようです。

 

本島の沖縄そば屋で見かけたことはありませんが、

宮古島にはコーレーグースや七味唐辛子などと並んで、

テーブルにカレー粉を置いてある店が結構あるそうです。

 

 

時代とともに食べ方のアレンジも進化しているのですね!

まとめ

沖縄で昔から食べられてきたソールフードとも言える「沖縄そば」ですが、

何度も食べているのに、なぜか行くたびに食べたくなってしまいます。

お店によってまったく味が違うのでコレ!という好みのお店を見つけるのも

旅の楽しみのひとつですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です