野島伸司のドラマ動画を無料で週末イッキ見!視聴はココから!

こんにちは。スリアです☆

90年代に数々の大ヒットドラマの脚本を手がけた野島伸司さんがネット配信のオリジナルドラマで再ブレイクしています。

最近手がけた作品から往年の名作までネット配信中のドラマ動画を無料で視聴する方法をご紹介します!

野島伸司のドラマ動画を無料で見る!

パパ活

出典:http://fod.fujitv.co.jp

 

↓↓↓お試し期間にイッキ見OK↓↓↓

「パパ活」を今すぐ無料視聴 

2017年6月からdTVで配信した、渡部篤郎さんと飯豊まりえさん出演のオリジナルドラマ『パパ活』は、経済的にゆとりのある中高年男性と若い女性が食事やデートをし、時には肉体関係を持つ「パパ活」を題材にしたラブストーリー。

母親に恋人ができたために家を追い出されてしまった、ごく普通の女子大生・杏里は突然に居場所がなくなり、ネットカフェで生活する日々。

彼氏にも見放され生活費を稼ぐために登録したのが「パパ活サイト」

そこで知り合ったのが45歳で大学教授の航という45歳の男でした。

大学教授・栗山航は渡部篤郎さん、女子大生・赤間杏里を演じたのは飯豊まりえさん

パパ活という現代の新たな男女関係をテーマに2人が繰り広げるきれいごとだけではない奇妙な恋愛関係に、視聴満足度は、なんと驚異の92%!!!

 

・パパ活の内容だけかと思ったら深い内容で面白かったです。

・予想していない展開に頭を抱えてしまいました。(笑)

・良い意味で裏切られた!

・実は人間ドラマが結構描かれていた。

・野島さんらしい衝撃の展開やセリフが心に刺さりました。

・親子ほど離れた2人の恋、素敵でした。

・とても刺激的だったし、1話見たら続きが気になる作品。

・色々な思いが錯綜していて、観ていて飽きなかった。続編が見たいです。

 

現代社会の人間関係の苦悩を描き続けてきた野島伸司さんらしく、パパ活というスキャンダラスな関係の背景に「貧困女子」という社会問題や、現代人が抱える心の闇も浮き彫りとなっていました。

さて、いまだロングランで視聴されている「パパ活」は、

FODプレミアムで視聴 することができます!

 

↓↓↓コチラでお試し↓↓↓

「パパ活」全8話動画を視聴 

 

スリア

第1話だけ、登録しなくてもで見ることができます。

しかもyoutubeなど動画アップロードサイトよりも映像がきれいで快適!

登録ナシで「パパ活」第1話だけ今すぐ視聴

 

FODプレミアムのここに注目

・登録は超カンタン!

・映画・ドラマ・アニメ・音楽など2万本以上を配信

月額888円

・見逃したドラマ視聴も最大7日間無料

・電子書籍も充実!

・対象のコミックが期間限定で無料

人気雑誌の最新号が読み放題!

 

FODプレミアム会員になると

フジテレビで放映中の番組や過去の名作ドラマ、オリジナルバラエティ、

映画、アニメなど多彩なラインナップが楽しめます。

他の作品も今すぐチェック↓↓↓

 

ちなみに「彼氏をローンで買いました」とのコラボ作品で、女の子の皮肉交じりの本音がむき出しになるラブコメディ

「KISSしたい睫毛」も無料視聴できちゃいますよ♪

 

彼氏をローンで買いました

出典:https://pc.video.dmkt-sp.jp

 

↓↓↓31日間無料で視聴できます↓↓↓

「彼ロン」を今すぐ無料視聴

 

ハロプロ出身の新進女優・真野恵里菜さんと、元仮面ライダーのイケメン俳優・横浜流星さんが繰り広げる今までにはないブラックなラブコメが話題となった「彼ロン」

主人公の浮島多恵(真野恵里菜さん)は、エリートの彼氏と結婚して専業主婦になるのが夢の受付嬢。

海外事業部に勤める高収入の彼(淵上泰史)は将来有望だけど、それゆえにモテモテでかなりの浮気者。

それでも多恵は「彼に嫌われないように」「ドン引きされないように」と本心を隠し、いつも猫を被ってストレスフルな毎日を送っていましたがたまっていくストレス発散のために借金まみれの若者・刹那ジュン(横浜流星さん)を闇サイトで購入し、自分の思いどおりにできる「ローン彼氏」としてコキ使うというストーリー。

このまま猫を被ってエリート彼氏との関係を続けていくのか、それともローン彼氏を選ぶのか、最終回で多恵が選んだ結論は・・・。

女性なら誰もが幸せになりたいと思っていて、ストレスにさらされながらもその方法を模索しながら生きています。

そんな女性の心の声を代弁するかのような台詞に「これが女性のリアル!」と働く女性たちを中心に共感を呼びました。

 

 

「共働きのお姫様なんてどこにもいない」「仕事したい女は”キャリアブス”に任せておくの」なんて、ドキッとするような衝撃的なセリフも毎回聞き逃せません!

改めて人生を見つめ直すきっかけにもなる作品かもしれませんね。

そんなドラマ「彼氏をローンで買いました」は、dTVで無料で視聴 することができます!

 

↓↓↓31日間無料で視聴できます↓↓↓

「彼ロン」全8話を無料視聴

 

今すぐ登録して、無料お試し期間にイッキ見しちゃいましょう♪

スリア

31日以内に解約すれば、料金は一切発生しません!

しかもyoutubeなど動画アップロードサイトよりも映像がきれいで快適!

 

また第1話だけ、

登録しなくてもで見ることができます。

登録ナシ!とりあえず今すぐ「彼ロン」第1話を見る! 

 

また、dTVはダウンロードがOK!

外出先でもパケット通信料を気にせず動画を楽しめちゃいます♪

業界最安値の月額500円で12万作品が見られるのもポイントですね〜!

 

 

dTVのここに注目

お試し31日間無料で見放題!

・登録は超カンタン!

・お試し期間で解約もOK!無料です!

・映画・ドラマ・アニメ・音楽など12万作品を配信

・お試し終了後は、月額たったの500円とコスパ最高!

ダウンロードOKなので、外出先でも通信料がかからない

・スマホ以外に大型テレビやタブレット、PCでも見れる

 

「彼氏をローンで買いました」以外にどんな作品が見れるかも

いますぐチェックしましょう↓↓↓

 

Sponsored Links


雨が降ると君は優しい

出典:http://amefuru.com/

 

↓↓↓2週間無料で視聴できます↓↓↓

「雨が降ると君は優しい」を今すぐ無料視聴 

地上波作品では描くことが極めて困難な「セックス依存症」をテーマに描かれた、衝撃的なラブストーリーということで注目されたドラマです。

主役のセックス依存症の妻を演じたのは、これまで清純派のイメージが強く私生活でも結婚したばかりの佐々木希さんということでその意外性と偶然にもプライベートとオーバーラップしたで話題となりました。

その夫役には、玉山鉄二さん。

心から愛し合いながらも妻のセックス依存症という究極の試練に直面した新婚夫婦を主役に、心の闇を抱えた男女の愛と憎しみが交錯の群像劇が描かれています。

佐々木さんが際どい濡れ場のシーンを見せていますが、切なく奥深いドラマとして見応えがあり、特に女性からの共感が多かったそうです。

脚本家の野島伸司さんが3年もの時間を費やして書き上げたこの作品には、夫婦を取り巻く個性的な登場人物に、陣内孝則さん、木村多江さん、古谷一行さん、奥菜恵さん、笛木優子さんなど豪華な脇役たちが集結しているのも見逃せません。

そんなドラマ「雨が降ると君は優しい」は、huluで無料視聴できます!

 

↓↓↓2週間無料で視聴できます↓↓↓

「雨が降ると君は優しい」を今すぐ無料視聴 

今すぐ登録して、無料お試し期間にイッキ見しちゃいましょう♪

 

スリア

2週間以内に解約すれば、料金は一切発生しません!!

ちなみにhiluでは「高校教師」「美しい人」などの懐かしい野島伸司作品も見放題です♪

 

huluのここに注目

お試し2週間無料で見放題!

・登録は超カンタン!

・お試し期間で解約もOK!無料です!

・映画・ドラマ・アニメ・音楽など5万本以上

・お試し終了後は、月額930円

日本初上陸の海外ドラマの独占配信も!

・キッズ向けページも充実

・スポーツ、ライブなどリアルタイム配信


脚本家・野島伸司のドラマについて

野島伸司さんはフジテレビを中心に数多くのトレンディドラマの脚本を担当し、最もドラマが盛り上がっていた黄金時代に手がけたドラマの多くが社会現象となり、ドラマの中では名シーンの数々を生み出しています。

1991年にフジテレビ系で放送された『101回目のプロポーズ』では、武田鉄矢さんが恋愛に不器用な中年男を熱演し「僕は死にません!」と叫んだシーンはドラマ史に残る名セリフとして多くの人の記憶に残っています。

1992年にフジテレビ系で放送された『一つ屋根の下』は、平均視聴率28.4%、最高視聴率37.8%の大ヒットドラマとなり、家族の次男役で出演した福山雅治さんの出世作に。

 

 

1993年にTBS系で放送された『高校教師』では、ゴールデンタイム枠でありながら男性教師と女子高生の禁断の愛、レイプや近親相姦というショッキングで重いテーマを取り上げ賛否両論。

 

 

1994年に日本テレビ系で放送された『家なき子』では、子役時代の安達祐実さんのセリフ「同情するなら金をくれ」が流行語となりました。

しかしながら、現代社会のダークサイドを鋭く切り取った作風のためその過激さから番組スポンサーが提供を降りたり、クレジット表記を自粛するという事態も発生。

そんな中、今になって野島伸司作品がネットで再評価をされているのは、規制が緩いネットコンテンツは地上波にできないことができる自由さがあり、野島伸司さんの作風と親和性が高いと言えるからだと思われます。

まとめ

過激な作風がネットで再評価されている野島伸司さん。

地上波とは違って規制が緩いネットドラマで、今後ますます需要が広がっていきそうですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です