サッカー日本代表専属シェフ西芳照のお店はどこ?口コミも紹介

こんにちは。スリアです☆

2018年6月14日に開幕するサッカーのワールドカップロシア大会の専属シェフ・西芳照さんは、なんと4大会連続で日本代表に同行するそうです。

選手たちを栄養面から支える西さんが経営するレストランの場所や名前などを調べました。

サッカー日本代表専属シェフ西芳照のお店はどこ?

アルパインローズ(2018年2月閉店)

福島県広野町のシェフ西芳照さんは、現在56歳。

「アルパインローズ」というレストランを経営されていましたが、2018年の2月に惜しまれながら閉店をしています。

 

 

西さんはもともと福島県楢葉町にあるJヴィレッジ(ナショナルトレーニングセンター)の総料理長でしたが、原発事故で町民が避難した広野町でいち早くレストランを開店し、食で復興を支えてきたました。

しかし近年になって経営環境が変わり、閉店することにきめたそうです。ですが、また復活するJヴィレッジで総料理長をつとめられるようですね。

 

さて、「アルパインローズ」のHPを見ていると、やはりサッカーにちなんだメニューがあったようですね。

おすすめに「トルシエ監督命名 マミーすいとん 450円」とありました(笑)

サッカーファンなら代表選手が試合前に味わっている料理を、ぜひとも食べてみたいですよね。

 

くっちぃーな

どこでも食べられるお店がないのかな?と思ったら、西さんはもう一つお店を経営されていて、それが広野町の中心部にあるイオン広野店のフードコート「くっちぃーな」です。

こちらではサッカー日本代表ゆかりの料理などがフードコート価格で食べられます。先ほど書いたトルシエ監督命名「マミーすいとん」も味わえるそうです!

 

【くっちぃーな】

 

住所:福島県双葉郡広野町大字下北迫字苗代替24-1 イオン広野店 ひろのてらす

電話:0240-27-1524

営業時間:11:00~19:00

アクセス:JR常磐線広野駅より徒歩約10分

 

 

こちらのお店では代表と名のつくメニューがたくさんありましたよ!

 

こちらは「代表トマトソースパスタ」500円フードコートだけに安い!!!

 

 

そして、代表カレー 600円。

見た感じは日本の家庭のカレーって感じですが、代表のみなさんが食べていたのがどんな味のカレーだったのかすごく気になります。

代表のキャプテン・長谷部誠選手は「おばあちゃんのカレーと一緒」と喜んでくれたそうですよ♪

 

そして、ハンバーグ定食 800円。

こちらは代表とついていませんでしたが、ハンバーグはリオデジャネイロ五輪アジア最終予選で「勝ち飯」となったメニューとニュースで伝えられていましたね。縁起が良さそう♪

 

 

そしてメニューには一番人気とかかれていましたが、唐揚げ定食 700円。間違いなくカラッと揚がっていて、おいしいにきまってますよね♪

 

西芳照さん2004年から日本代表の海外遠征先の衛生管理を任されていたそうです。

その傍らうどんやおにぎりを作っていたところ、温かい料理が食べたいとの当時のジーコ監督の発案があったことから、本格的に料理を担当するようになったそうでうす。

これまでに100回以上の遠征に同行してきたという経験が、やぱり選手の体調管理の面では重要視されるのでしょうね。

選手への食事は、肉じゃがやシューマイ、サバの塩焼きなど家庭料理が中心で、現地の料理人らの手を借り、肉と魚を2品ずつ、温野菜を3品、サラダバーや納豆、ふりかけなどをビュッフェ形式で用意しているそうです。

あの本田圭佑選手からは、パプリカをサラダバーに加えてほしいと注文があったそうです。パプリカはビタミンCとEがとっても多いですからね♪

試合前日の夕食は「うな丼」が定番なのだそうです!

前日の昼食にはハンバーグラーメンやお好み焼きだと選手のテンションも上がるそうです。海外で日本のソース味はなかなか食べられないですから!

選手のコンディションには大きく食の環境が左右すると思うので、ロシアで開催されるワールドカップも裏で支えてくれることと思います。

↓ 詳しくはコチラ ↓

Sponsored Links


サッカー日本代表専属シェフ西芳照のお店「くっちぃーな」の口コミ

まとめ

日本代表のシェフをされている方がこんな庶民的なお店をされているとは知りませんでした!

福島に行く機会があればぜひ訪れてみたいお店です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です