宮台康平は彼女とラブラブ♡東大法学部から日ハムでプロに!

こんにちは!すりあです。

侍ジャパンの代表にも選ばれた東京大学の宮台康平投手ですが、

6人目の東大出身のプロ野球選手が生まれるか!?と話題に。

そこで、お茶の間ではまだまだ知名度が低い宮台投手の

出身校や家族構成、彼女の存在など気になるプロフィール情報を調べてみました!

 

 

宮台康平投手 プロフィール

名前:宮台康平(みやだいこうへい)

生年月日:1995年7月1日生まれ

身長:178cm

体重:74kg

血液型:O型

出身地:横浜市

出身校:戸塚小学校、横浜市戸塚中学校、

神奈川県立湘南高等学校

大学:東京大学法学部

ポジション:ピッチャー

特徴:最速146キロの直球、スライダー、シンカーを持つ

東大史上屈指の本格派左腕。左投げ、左打ち。

 

宮台投手は小学校から野球をはじめ、

リトルリーグの戸塚ホークスに入団。

そして地元の戸塚中学校から

超難関の進学校

神奈川県立湘南高等学校へ進学しました。

 

この高校、なんと偏差値70超なのだそう!!!

 

ここでも野球と学業に専念し、

高校時代は神奈川県でベスト8まで進みました。

 

それでいて、

たった半年間の受験勉強を経て

見事、現役で東京大学に合格

 

しかも、東大の中でも偏差値上位の法学部ですよ!!!

 

半年の勉強で現役で降格しちゃうのですから

尋常ではないポテンシャルの持ち主ですよね。

 

 

宮台投手は東京大学を目指した理由として

インタビューではこのように語っていました。

 

もともと負けず嫌いなんです。

東大を目指してたのは勉強で1番になりたかったから。

同じように野球も高いレベルでやりたかった。

六大学はそれが両方できる場所だったので。

 

ここまで極めていたら

ただの文武両道という次元では

語っちゃだめですよね。

もう尊敬しかありません(笑)

 

しかも東大に入ってから

野球の才能が花開いたタイプなのだそうです。

 

 

そんな宮台選手だから

毎日の生活習慣もやっぱり

普通ではありません!!!

 

大学でも勉強の時は勉強、

部活のときは部活と割り切って

夜も11時には寝ていたそうです。

 

大学生の男の子なら

飲み会やコンパなど周りからの

誘惑ばかりあるはずなのに

ちょっとはデートしたり

遊ぶ時間もあったりしたでしょうか?

 

たまには遊んじゃっても

きっと周りの環境に流されることなく

自己管理がきっちりできる人なんでしょうね。

 

若い頃からこんな感じで志が高いから、

きっとプロ野球以外の道に進んでも

大成するタイプなんでしょうね!!!

 

Sponsored Links


 

家族構成は?

 

宮台選手のお父様も野球をされていたようで

プロから声がかかるほどの実力だったそうです。

現在は高校の教師をされているとの情報があります。

 

また情報は少ないですが、弟さんが2人いらっしゃるようです。

 

 

彼女はいるの?

 

以前のインタビューで、

高校時代から付き合っている彼女がいて、

週2回ぐらい会っている

という発言をされていたようです。

 

練習や勉強で忙しい合間に

週2回デートするなんて

よっぽどラブラブなんでしょうねw

 

お名前や年齢、学生なのかなど

詳しいことは特定できませんでしたが

週2回も会えるということは

お互い学生さんなのかも!?

 

勉強もスポーツも極めて

ちゃんと恋愛もしていて、

もはや突っ込みどころがないぐらい

パーフェクトで充実した大学生活。

 

こんなハイスペックな選手だけに

個人的には女子アナやモデルと付き合わずに

このまま純愛を貫いてくれたらなあって

思いますけどww

 

くれぐれも女性関係にだけは注意してね(笑)

 

まとめ

偏差値80の投手にして、東大史上最強の左腕と言われる宮台康平投手。

今後の活躍から目が離せませんね^ ^

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です