三浦透子の歌唱力や澄んだ声に注目!ミノンCMやスカートのMVも

こんにちは。スリアです☆

卓越した演技力が話題となっている若手女優の三浦透子さんですが

CM曲の歌唱やカバーアルバムをリリースするなど

実は歌声が素晴らしいことでも話題となっています。

今回は魅力的な「声」や歌唱力について注目してみました!

三浦透子 プロフィール

名前:三浦透子(みうらとうこ)

生年月日:1996年10月20日

出身地:北海道

身長:157cm

血液型:B型

事務所:ユマニテ

 

若手実力派女優として高い評価を得る三浦透子さん。

 

ネット上では映画やドラマなど出演作品を見たファンから

その演技がすごいと評判になっていますよね。

 

その三浦透子さんといえば

2002年、6歳の時に2代目なっちゃんとしてサントリーの清涼飲料水「なっちゃん」のCM

出演していたのをご存知ですか?

 

 

めちゃくちゃかわいいですね。

当時6歳でしたが、なんと3000人もの候補者の中から選ばれて芸能界デビューとなったそうです。

(youtubeで動画も探してみましたが、残念ながら見れないようでした!)

 

その後、2007年にテレビ東京で放送されたドラマ『チョコミミ』にレギュラー出演。

 

 

2011年、15歳で出演したテレビドラマ『鈴木先生』では、

あだ名は「カバ」で女子バレー部に所属する

けっこう個性強めの生徒だった樺山あきら役で出演していました。

この役のインパクトが強かった!という方も多いのではないでしょうか。

 

 

また、最近では映画「素敵なダイナマイトスキャンダル」

映画の中では胸元があらわになるラブシーンや、

怪演とも話題になった精神を破綻していくシーンなど体当たりで演じた

主人公の愛人役の演技が話題に。

その存在感が鮮烈で際立っていたとSNSを中心にネット上で話題となりました。

 

 

関連記事

三浦透子が脱いだ素敵なダイナマイトの濡れ場の演技が気になる

 

また映画では、

2013年の「陽だまりの彼女」ではいじめっ子の潮田役、

2015年の「私たちのハァハァ」では、主人公の女子高生の一人として存在感を発揮。

 

2017年の「月子」では、

施設から逃げ出してきた知的障がいを持つ少女を体当たりで演じきりました。

 

また、三浦透子さんはドラマにもたくさん出演していて

2016年の「時をかける少女」では

メインキャスとの3人と同じクラスの恋多き女子、えりちんこと木下役で出演。

 

お笑い芸人のバカリズムさんが脚本・主演の「架空OL日記」では

後輩OLのえりちん役の個性的な演技でインパクトを残していました。

 

そして、2018年4月テレビ東京で放送のドラマ「宮本から君へ」では

コンプレックスを抱えた女の子、ゆなちゃんこと茂垣裕奈役で出演しています。

 

さて、このように演技派女優としてひっぱりだこの三浦透子さんですが、

実は歌声の素晴らしさでも注目されているんです!!!

 

↓↓↓ 見逃したドラマが無料で見れる!

三浦透子の歌唱力や澄んだ声に注目!

 

天は二物を与えるとはこのことでしょうか。

あたたかくてどこか懐かしいような、すてきな歌声をお持ちの三浦透子さん。

 

透子という名前のとおり、とっても澄んだ歌声をされています。

 

2017年3月には1990年代の名曲をカバーしたアルバム

「かくしてわたしは、透明からはじめることにした」でCDデビューを果たしました。

 

ココでcheck↓↓↓

かくしてわたしは、透明からはじめることにした [ 三浦透子 ]

 

カバーした曲は、

スピッツ「君が思い出になる前に」

Every Little Thing「Time goes by 」

ユーミンの「Hello, my friend 」など、どれも口ずさみたくなる曲ばかり。

 

個人的にはフィッシュマンズの「いかれたBaby」がツボでした!

 

また、youtubeに音源がなかったのですが

レコチョクでは視聴することができますのでどうぞ!

 

こんなに素敵な歌声の三浦透子さんですが

2014年に出演したライオンのテレビCM「働く女性への応援歌」編の監督のタナダユキさんから

「すっごい声がいいから歌ったほうがいいよ」と言われたことが

歌をうたうことのきっかけになったそうです。

 

このCMではワンフレーズだけ口ずさんでいます♪

聞いてみると知ってる!って思うフレーズです。

 

 

でもこの頃は声がいいといわれてもお世辞だと思っていたそうで

この時点ではまさか本当に歌のお仕事がくるとは思っていなかったそうです。

 

この素晴らしい素質を見逃さなかった、タナダユキ監督の感性はさすがですね!!!

 

Sponsored Links


三浦透子が歌うミノンCM

そして、世間的に三浦透子さんの澄んだ歌声に注目が集まったのは

大島優子さんと坂口健太郎さん出演の「ミノン全身シャンプー」の

テレビCMで歌った曲「お母さんへ」でした。

 

女優さんなのに自分が出演していない作品の歌を歌うってすごいですね。

 

またこの作品ではCMソングの歌唱でしたが、

もう一曲、自身が出演していない映画「ロマンス」のエンディングテーマ

「Romance ~サヨナラだけがロマンス~」も歌っています。

 

 

シンガーの方もうらやむような、すてきな歌声に聞き入ってしまいますね〜。

 

最近ではBSフジの「アキレアの橋〜2020遥かなる東京へ〜」など

テレビ番組のナレーションのお仕事も多くこなされていますので、

今後ますます「声」を生かしたオファーが舞い込んできそうですね。

Mステなど歌番組に出る日も近いかも?!

三浦透子がスカートのMVに出演

 

澤部渡さんによるソロプロジェクト・スカートのPVにも三浦透子さんが出演しています。

 

「CALL」「静かな夜がいい」「視界良好」と3部作のMVとなっていて、監督は大関泰幸さん。

 

ストーリー仕立てになったMVで、三浦透子さんのピュアな魅力も加わって

短編映画をみているような気分になります。

 

曲もスカートっぽくてポップで最高ですが、映像もとってもかっこいいです。

ぜひご覧ください♪

 

まとめ

演技力にかなり注目が集まっていますが、

この声の素晴らしさはいずれ大きな話題となることは間違いありません!

女優の満島ひかりさんや原田知世さんのように

シンガーとしてのポジションも築いていって欲しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です