松坂大輔の現在の体重と太り過ぎの原因は?子供と話せないの?

こんにちは。スリアです。

松坂世代という言葉が表すように

その時代の象徴として代表される松坂大輔選手ですが

近年では体重の増加や目に余る体型の変化から「太り過ぎ」が囁かれ、

ダイエットに成功したと言われているものの

いまいち全盛期のコンディションは取り戻せていない様子。

またプライベートでは子供さんと話ができないという噂も?

詳しく検証してみました。

 

 

松坂大輔の現在の体重は?

 

かつてのスリムだった姿が思い出せないほど

近年はぽっちゃりした姿が定着してしまった

松坂大輔選手。

 

 

そんなに野球を見ない私ですが、

あれ、プロレスラーの選手?

と思ってしまったぐらいしまりのない体型に

なっちゃってました。

 

大リーガー時代に増量して

見た目もアメリカンな感じで帰国し

すっかり太り過ぎのイメージがwww

 

自己管理ができていないとの声から

給料泥棒などの批判も相次ぎました。

 

しかし、

2017年のシーズンはじめには

マイナス10kgの減量に成功し、

スリム化した姿を披露☆

 

 

どうやってダイエットしたのかと思いきや、

記者からのかなり絞った? という質問にも

「何もしてないです。精神的なものです(笑い)」と

けむに巻いたそう。

 

なので実際どれくらい減量したのかは不明。

 

しかしながらファンからは、

「ダイエットが仕事ではない、

結果を残してほしい。」

と辛辣な意見が相次ぎました。

 

やはりスーパースターともなれば

ファンからの期待が大きくなるのも

仕方ないのかなあとも(ー ー;)

 

 

松坂大輔選手は、

1980年9月13日生まれの37歳。

身長183cm。

 

所属する福岡ソフトバンクホークスの

HPで公式に発表されている

体重は、93kgでした。

 

ということは

ピーク時は103kgもあったということですね。

 

 

見事2年ぶりの日本一に輝いたこの年、

松坂投手は退団という決断を下しました。

 

とっても寂しいですが、

故障していた肩のリハビリとかも

大変だったようなので

その中での苦渋の選択だったのかも。

 

松坂大輔の太り過ぎの原因は?

 

松坂大輔選手は大リーガーだった

2009年ごろから徐々に体型が変わり始めて

明らかに大きくなるための体づくりではなくて

 

これってただの怠惰ではないの?!

 

と言いたくなるようなぽっちゃり体型へと

みるみるうちになっていってしまいました。

 

余計なお世話ですが、

結婚もして奥さんが栄養管理を

してくれているはずなのに、

 

どうしてこうなっちゃうの???

と疑問に思わざるを得ませんでした。

 

あ一言言ってしまえは、

プロとしての自己管理の甘さですよね。

 

特に太りやすい体質だと

自分でわかっていればなおさらです。

 

 

ダルビッシュ選手や田中将大選手をはじめ

最近の若い選手は体づくりや体調維持において

最大限のパフォーマンスが維持できるように

細心の管理をしているように見えます。

 

きっと奥さん任せではなくて

自らの考えでそうしているのだと思います。

 

自分で管理できない場合は

サポートしてくれるプロにお任せする

こともできたと思うので

せめて食事にだけは気を使うとか

すればよかったのに・・・と思ってしまいます。

 

 

ちなみに西武ライオンズ時代は

若いというのもありますが、

こんなにスリムな体型でした。

 

年齢とともに太ってくるのは

人間なのでしょうがないですが、

44歳になったイチロー選手の体型を見れば

アスリートなら年齢に関係なく

キープできるんだなと思ってしまいます。

 

Sponsored Links


 

嫁と別居で子供と話せないの?

 

松坂大輔選手の嫁・柴田倫世さん

1974年12月23日生まれの42歳で、

松坂選手より6歳年上です。

 

元日本テレビアナウンサーで

慶應義塾大学法学部政治学科を卒業された才女。

 

お2人の間には3人の子供さんのいます。

 

しかし現在は松坂大輔選手と

奥様や子供さんたちは別居状態ににあるそうです。

 

一体どうしたのでしょうか?

 

2人には

12歳(長女)、9歳(長男)、7歳(次女)

3人のお子さんがいますが

奥さんの倫世さんは子供達を国際舞台で

活躍できる人間に育てたいと

ストンで育てることにこだわっているそう。

 

松坂一家のボストンの自宅は

緑に囲まれた高層マンションで

部屋数が12もあり、家賃は月額400万円だそうです。

 

子供たちはというと地元のセレブが通う、

私立の小学校や幼稚園に通っているそう。

 

学費は3人で、年間なんと1千万円を越え!!!

 

さらに長女はクラシックバレエとフィギュアスケート、

長男は体操教室にフィギュアスケートと、

お稽古にもかなり力を入れている様子。

 

ご自身も才女で教育ママの倫世さんだけに

夫のサポートも大切だけど

その環境だけは手放せなかったということ

なのかもしれませんね。

 

夫のサポートも大切ですが、

何より子供の教育が優先順位が高い

との判断だったのでしょう。

 

また、

松坂大輔さんと柴田倫世さんの子供たちは、

アメリカで育ってきたせいで

基本的に英語を使って生活をしているそう。

ですので日本語に触れさせようと

家の中では日本語、

また日本語の教室にも通わせているとのこと。

 

また一方で父親である松坂大輔さんは、

何年もアメリカのチームに所属しながら、

あまり英語が話せなかったと言われています。

 

そのため日本語が苦手な子供達と

意思疎通やコミュニケーションが

取りづらかったということもあるのでしょうか?

 

家で自分の子供との会話が通じないなんて

あくまで噂レベルだと信じたいです(>_<)

 

まとめ

現在37歳という松坂大輔選手ですが、

また全盛期の輝きを取り戻せるのか、

注目&応援していきたいですね!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です