真飛聖がウシジマくんで下着姿に!本名と宝塚時代や変顔も話題

こんにちは。スリアです☆

元宝塚歌劇団花組のトップスターで現在はドラマなどで活躍する真飛聖さんに注目!

大胆なランジェリー姿で登場したウシジマくんの出演シーンや宝塚時代もチェックしていきます。

真飛聖 プロフィール

真飛聖さん(@sei_matobu)がシェアした投稿

真飛 聖(まとぶ せい)

生年月日:1976年10月13日
神奈川県川崎市出身
身長:169cm
血液型: B型
事務所:ワタナベエンターテインメント所属

 

元宝塚歌劇団花組のトップスターで、現在はドラマやバラエティーなどで活躍する真飛聖さん。

中学3年生の時に当時月組だった涼風真世が主演の「ベルサイユのばら」を観て宝塚にハマった友達から勧められたことがきっかっけだったそうです。

3歳からバレエを習っていたそうですが、背が高くなってバレリーナとしてはバランスが悪くなたので、このまま続けていけるのかなと思っていた矢先のタイミングのことで、宝塚のことはまったく知らなかったのに入ると決めたそうです。

2度目の挑戦で1993年に宝塚音楽学校に入学。2年後に宝塚歌劇団入団し星組配属し、花組を経て2007年に花組の男役トップスターにのぼりつめました。

2011年に宝塚歌劇団を退団して、芸能活動をスタートしています。

最近のテレビドラマでは2018年に放送された深田恭子さんと松山ケンイチさん主演で話題となった「隣の家族は青く見える」で、専業主婦の小宮山深雪役を好演していましたね。

 

☺︎となかぞ☺︎ 昨日の『隣の家族は青く見える🏡』第8話 放送での 『女子3人 のクッキングシーン』 3人の距離が縮まった時間であり、気持ちを吐露する 大切な時間でもありました。 待ち時間は女子トークしたりで とても楽しい撮影でした☺︎☺︎☺︎ 好きだったな〜このシーン♡ 第8話も、みんながみんな 一生懸命 生きている姿に涙でした。 よっしゃ!いくぞぉーーー👊 ラストスパートだ!!! #集合ーーーー #隣の家族は青く見える #となかぞ #五十嵐奈々 #深田恭子 さん #杉崎ちひろ #高橋メアリージュン さん #小宮山深雪 #真飛聖 #ウサちゃんとあたしの動画沢山見てくれてありがとう #反響にびっくりしているあたしがいます #とってもとっても嬉しいな #本当にありがとうです #こんなあたしですが #これからもよろしくお付き合いください☺︎ #ペコリ

真飛聖さん(@sei_matobu)がシェアした投稿 –

 

↓ココでドラマを無料視聴できます↓

 

また、映画では石田衣良さん原作の小説を映画化し、過激な描写が話題を読んだ「娼年」にメインキャストで出演。主演の松坂桃李さんを”娼夫”としてスカウトするキーパーソンを演じました。

 

さてそんな真飛聖さんですが、山田孝之さん主演の映画「闇金ウシジマくん」でみせた、とびきりセクシーなランジェリー姿でも話題となりました。

Sponsored Links


真飛聖がウシジマくんで下着姿に!

 

真飛聖さんは2016年10月22日に公開された「闇金ウシジマくん ファイナル(Part4)」で、美容界のカリスマ社長・今井万里子役として出演。

スレンダーなボディーを惜しげもなく披露していました。

 

 

ウシジマくんではこういうセクシーなシーンは普通に出てきますが、元宝塚のしかも男役のトップスターだった女優さんが大胆に下着姿になるというのは、観た人にも衝撃を与えたようですね。

男役の方が脱ぐというのもレアケースだと思いますが、撮影当時は40歳だった真飛聖さんの年齢を感じさせない鍛え抜かれたウエスト周りとか、さすが宝塚スターだなあと見惚れてしまいました。

 

 

ちなみに「ウシジマくんシリーズ」の動画は無料視聴ができますよ〜。

↓↓ ココから無料視聴 ↓ ↓

真飛聖の本名は?

さて、真飛聖(まとぶ せい)という芸名はすごくインパクトがありますよね。

本名でないことは一目瞭然ですが、調べてみたところ本名は山下裕子さんとおっしゃるそうです。

愛称が「ゆう」と呼ばれているとウィキペディアにも掲載されているので、親しい方々からは下のお名前で呼ばれているのでしょうね。

宝塚の女優さんは普通の芸能人とは一風変わった、独特の芸名を付けられる方が多いですが、女優さんになられてから真飛聖さんのお名前を拝見したとき、まず読めなかったですね。

でもお名前を見ただけで宝塚出身の方だなと思いましたが・・・(笑)

真飛聖の宝塚トップスター時代

 

1995年3月に81期生として宝塚歌劇団に入団した真飛聖さんですが、入団時の成績はなんと41人中12位と目立った存在ではなかったようですね。

でもそこからトップにまでのぼりつめることができたのは、女同士のサバイバルともいえる厳しい環境の中で相当の努力をされた証なのでしょうね。

>>>真飛聖さんの宝塚時代の動画無料で視聴する

 

 

初舞台から10年間、星組でその後は花組へ移り、2011年4月24日に『愛のプレリュード/Le Paradis!!(ル パラディ)聖なる時間(とき)』の公演をもって宝塚を退団されています。

 

 

そんな真飛聖さんも、もう宝塚を退団して7年になるんですね。

最近では男役のイメージがなくエレガントで美しい女優さんというイメージがすっかり定着している気がしますね。

 

㊗7周年㊗ 4月24日 今日で 宝塚歌劇団を退団して7年✨ 7年という月日は 短いのかなぁ〜長いのかなぁ〜。。 どちらなのか わからないけれど、、、 でも 当たり前なのだけど、 宝塚での日々があったからこそ 今がある。。そして今でもあの華やかな世界を懐かしく思い、仲間を誇りに思うのです☺︎決して戻ることは出来ない場所だからこそ神秘的なのだなぁ〜と。 現役時代からずっとずっと『真飛聖』を 応援してくれているみんな☺︎ 退団してから『真飛聖』を知って 応援してくれているみんな☺︎ 本当に本当に いつもありがとうございます♡ これからも『ここ』で、今まで私がやってきたこと、 今 やっていること、これから私がやっていきたいこと などなど、、、伝えていけたらなと思います☺︎ これからも どうぞ、よろしくおねがいします♡ #集合ーーーー #宝塚歌劇団 #退団記念日 #このDVDのあたし幸せそうな顔してる #当時を思い出すことも大切だね #愛がいっぱいだったな #お腹よじれるほど笑ったな #青春時代 #今でも変わらぬ絆に感謝 #大好きです #真飛聖

真飛聖さん(@sei_matobu)がシェアした投稿 –

 

さて、こんなにクールにかっこいい男役を演じてらっしゃった真飛聖さんですが、最近ではバラエティー番組でみせた変顔も話題です(笑)

真飛聖の変顔がおちゃめ

映画やドラマではシリアスな役柄を演じたかと思うと「さんま御殿」では変顔も披露するなど、宝塚のトップスターらしからぬおちゃめな素顔も素敵です。

 

 

2018年6月の『ダウンタウンDX』でも変顔で踊る姿が!!!

 

 

宝塚時代から曲に合わせて踊るのは職業病でもう身に染みついてしまっているそうです。

楽屋で衣裳を選んでいるときに流れてきたCM曲に合わせて陽気に踊り出す映像も紹介されて、その変顔で踊る真飛さんの姿にダウンタウンの浜田さんも「何なん、こいつ。腹立つ~」と苦笑いしていたそうですよ。

こんなおちゃめな一面があったなんて、宝塚時代のファンからしたらそんなキャラだったの?!ちょっとびっくりかも。でもそのギャップに好感を持ったファンもたくさんいたでしょうね!

まとめ

セクシーなシーンも体当たりで演じたかと思うと、バラエティー番組では変顔を披露するなど、いろんな魅力を持った真飛聖さん。今後ますます注目される存在だと思います!ますますのご活躍に注目していきたいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です