まく子【映画】のあらすじとキャストを紹介!(ネタバレなし)

こんにちは。スリアです☆

直木賞受賞の人気作家、

西加奈子さんの小説「まく子」が映画化され

2019年に公開されます!

さっそくあらすじ(ネタバレなし)や

キャストを詳しく紹介します!

まく子【映画】のあらすじ(ネタバレなし)

出典:https://www.nikkansports.com

 

小さな温泉街に住む小学5年生の男の子・慧(さとし)。

大人と子供の間にいた慧は、

猛スピードで「大人」になっていく女子たちが恐ろしく、

否応なしに変わっていく自分の身体に抗おうとしていました。

 

そんな中、不思議な魅力をもつ美少女・転入生のコズエと出会い、

コズエはとても変だけれど、とてもきれいで、何かになろうとしていなくて、

そのままできちんと足りている、そんな感じがしました。

 

そして、コズエは「まく」ことが大好きで

小石、木の実、ホースから流れ出る水、なんだってまきちらす。

 

そんな彼女には、秘められた大きな秘密がありました。

それが彼女の口から語られるとき、

いままで見てきた日常が優しく塗りかえられていき・・・

 

信じること、与えること、受け入れること、変わっていくこと、そして死ぬこと。。

この世界が、そしてそこで生きる人たちが、きっとずっと愛おしくなる・・・

 

小学5年生の男の子・慧が

思春期ならではの葛藤を抱えながら

大人へと近づいていく姿が描かれています。

 

芥川賞作家の西加奈子さんが原作の「まく子」は

「アメトーーク!」の「読書芸人大賞2016」

芥川賞作家でお笑い芸人ピースの又吉直樹さんが

おすすめの本として紹介したことから話題となりました。

 

↓↓↓ 原作はこちらから

 

ひなびた温泉街の宿を経営している家の子、小学五年生の慧は、

大人の男になっていく自分と、そうありたくない心の間で煩悶しています。

周りの男子はみんなアホに見えるし、女子は異空間にいるように見える。

そんなとき転校生コズエがやってきます。彼女の母親が慧の宿で働くのです。

コズエは、それまでの学校ナンバーワン人気女子を一瞬で色あせてしまう魅力の持ち主で、

アホな男子はもちろん村人たちの注目の的。

慧もまたコズエを気になるのですが、同時にそんな自分が疎ましく、

だから彼女を気に入らないという、ややこしい立ち位置にいます。

コズエは誰かが明らかになっていくことで、

「みんな」を巡るある地点へと物語は至るのですが、

そこはネタバレになるので書きません。

この作品は、慧の成長(第二次性徴)への戸惑いと嫌悪を描いたと言えます

(それは、かつて初潮をまるで人生の転換点であるかのように

書いてきた少女物への返歌ともなってもいるでしょう)。

また、コズエの側から読めば、異人として生きることの痛みや、

それを越えて受容していく知恵の一つの物語と言えます。

そして両者が重なったところで……、撒くんだなあ、これが。

出典:https://www.amazon.co.jp

 

Sponsored Links


まく子【映画】のキャストを紹介

誰しもが経験する思春期ならではの葛藤や

親子の確執と再生を描いた「まく子」のキャスティングをご紹介します!

 

主人公・慧(山﨑光)

名前:山﨑 光(やまざき ひかる)

生年月日:2003年12月10日

出身地:千葉県

身長:158cm

趣味:ゲーム、ダンス

特技:バスケットボール

事務所:アミューズ

 

2010年に映画『ちょんまげぷりん』でデビュー以来、

松坂桃李さんが主演を務めた『ツナグ』

福山雅治さんが主演のガリレオシリーズ『真夏の方程式』など

数々の映画に出演し、

この映画で初の主役を演じることとなった山﨑光さん。

 

出典:https://www.cinemacafe.net

 

所属事務所が福山さんと同じアミューズなんですね!

 

現在、14歳で中学3年生になった山﨑光さんですが、

ご自身も慧と重なるところが多く、

慧がコズエの不思議な世界観に巻き込まれていく、

とても不思議で魅力的な作品だったと語っていました。

美少女・コズエ(新音)

名前:新音(しのん)

生年月日:2004年12月10日

出身地:東京都

身長:160.5cm

 

不思議な魅力を持つ美少女の転入生、コズエ役を演じた新音(しのん)さん。

 

RADWIMPSの「狭心症」のミュージックビデオにも出演していた

14歳の注目の若手女優でモデルさんです!

 

 

調べてみたら、

イギリス人の父親と日本人母親を持つハーフで、

母親は女性ファッション誌「VERY」で活躍するモデル、

クリスウェブ佳子さんでした!

 

 

妹の紅(べに)ちゃんもモデルをされているようですね。

 

「まく子」への出演をきっかけに、今後ブレイクしそうな予感がします♪

慧の母親・南雲明美(須藤理彩)

名前:須藤理彩

生年月日:1976年7月24日

出身地:神奈川県横浜市

身長:165cm

血液型:O型

事務所:アミューズ

1998年NHK朝ドラ『天うらら』でドラマ初主演して以来、

時代劇から現代劇まで幅広く演じる演技派女優として活躍されている須藤理彩さん。

現在放送中の朝ドラ「半分、青い。」にも出演されていますね。

 

また2017年に放送されたドラマ

「コウノドリ」の最終回での妊婦役も印象的でした♪

 

今回の役は、思春期の息子を見守る母の役ですが

プライベートでは11歳と7歳の2人の女の子の母親でもあります。

慧の父親・南雲光一(草彅剛)

名前:草彅 剛(くさなぎ つよし)

生年月日:1974年7月9日

出身地:埼玉県春日部

身長:170cm

血液型:A型

事務所:株式会社CULEN

 

我らがツヨポンが映画にかえってきてくれました〜♪

SMAPが解散してから、

2018年公開のオムニバス映画「クソ野郎と美しき世界」で

爆笑問題の太田光さん監督の「光へ、航る」に出演して以来ですので

草彅剛さんがどんな癖のあるダメ親父を演じてくれるのか

とても気になりますね〜。

監督・鶴岡慧子

 

今回監督をつとめたのは国内外で注目される、新進気鋭の29歳の女性、鶴岡慧子監督。

長編第1作目『くじらのまち』が

第34回PFFアワード2012グランプリとジェムストーン賞をW受賞し、

海外映画祭でも第63回ベルリン国際映画祭・フォーラム部門、

第17回釜山国際映画祭・コンペティション部門に正式出品。

 

長編第2作目『はつ恋』も

第32回バンクーバー国際映画祭で注目を集めました。

まとめ

西加奈子さんの独特の世界観が

どのように映像化されるのか楽しみでなりません。

公開は2019年ということですが

久しぶりの本格演技となる草彅剛さんに注目したいです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です