ケビン・スペイシーがゲイ告白☆実父から性的虐待の過去も?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。すりあです。

ハリウッド俳優のケビン・スペイシー

ゲイ(同性愛者)であることをカミングアウト!

以前から疑わしいと噂されていましたが、

幼少期にケビンにセクハラを受けたという俳優が

名指しで非難したことが、今回の告白につながりました。

そこで彼の幼少期を調べていると、ある事実が浮かび上がってきました!

 

スポンサードリンク


 

名俳優・ケビンスペーシーはゲイだった!

 

ケヴィン・スペイシーは

1959年7月26日生まれで

現在58歳。

 

「ユージュアル・サスペクツ」と

「アメリカン・ビューティー」で

アカデミー賞を2度受賞。

 

「ロスト・イン・ヨンカーズ」では

トニー賞を受賞。

 

 

「セブン」や「LAコンフィデンシャル」

での名演技も光った、

ハリウッド切っての名俳優ですね。

 

そんなケビンですが、

長年「ゲイではないか」と噂されていました

本人はその噂を否定。

 

結婚歴は一度もなく、

また自身の過去や家族については

今までほとんど語らず、

ミステリアスな俳優として有名でした。

 

しかしながら2017年10月、

アメリカの俳優アンソニー・ラップ(現在46歳)が

14歳だったの子役時代に

性的な関係を持ちかけたとケビンを名指しで非難。

 

 

この告発により、この件を

「深く酔っていて覚えていない」としながらも謝罪し、

同時にゲイであることを告白しました。

 

これまでは女性とも男性ともつきあってきた。

昔から色々な男性を愛してきたし、

逢瀬も重ねてきた。

今はゲイの男性として生活することを選ぶ。

 

過去にはバイセクシャルの時期もあったけど

現在はゲイであることを

ツイッター上にて明らかにしました。

 

私もとっても大好きな俳優さんなので、

この年齢になって

まさかこんな思わぬかたちで

ゲイをカミングアウトをするなんて、

かなり衝撃的なニュースでした☆

 

この告白が今後の役者人生を

左右することは間違いないはずですが、

 

「このことに誠実かつオープンに対応したい」

 

とツイッター上で自ら発言しているので

そういった覚悟をもって

ゲイであることを明らかにしたと考えられますね。

 

 

「この告白は、私の人生に関する他のことについても

説明する勇気を与えてくれました。

私に関して様々な報道があることも、

私が私生活を見せない主義であるという事実が

その報道を加熱させていたこともわかっていました。

 

親しい人が知っているように、

私はこれまで男性とも女性とも交際してきました。

人生の中で男性を愛し、恋愛関係を持ってきた結果、

ゲイとして生きることを決意しました。

 

私はこのことに対し正直に、公に向き合い、

自分自身の行動を見つめたいと思います」

 

引用:ELLE ONLINE

 

 

告発されたセクハラの内容とは?

 

俳優アンソニー・ラップによると

彼が14歳の時、当時26歳のケビン

自宅のパーティーに呼ばれ、

気がつくとほかの客はいなくなっていて

 

ケビンのベッドの隅に座っていると、

彼が寝室に入ってきて、

抱きかかえられてベッドに連れ込まれたそう。

 

その時になってはじめて、

性的な関係を持ちかけられていると気づき

バスルームに逃れて帰宅したとのこと。

 

その後もケビンが俳優としてスター街道を駆け上り、

「ユージュアル・サスペクツ」や

「アメリカン・ビューティー」で

アカデミー賞を受賞する様子を見ながら、

つらい思いを抱え続けたそう。

 

 

ずっと沈黙を貫いていたけれど

大物映画プロデューサーの

ハービー・ワインスティーンによる

ハリウッド内での性的加害行動の被害者が

次々と名乗りを挙げるのを見て、

自分の体験を公表することに

したのだということでした。

 

ケビンはこの件に関して自身のツイッターで

「長年ずっと抱えてきたというような

思いをさせてしまったことを、謝りたい」。

 

また、

「このことに誠実かつオープンに対応したい」

としています。

 

酔っていて覚えていないとしても

不適切な振る舞いだったと自らの反省すべき行為と

きちんと向き合って謝罪するところに

ケビンの誠実な人間性が現れているなあ

個人的には思いました。

 

ずっと彼が抱き続けてきた感情に対して、

とても申し訳ないと心から

反省しているのがツイッターのコメントからも

伝わってきますので、

 

どうか穏やかに解決してくれることを

願いたいです^ ^

 

スポンサードリンク


 

弟が「父からの性的虐待」を告白していた。

 

 

長年ゲイではないかと言われ続けてきたケビン。

彼はニュージャージー州サウスオレンジにて、

3人兄弟の末っ子として生まれ、

 

南カリフォルニアに転居した後に

ノースリッジ軍人学校に通いましたが、

同級生にタイヤを投げつけるなど

喧嘩が原因で退学処分に。

 

ロサンゼルスの高校に転入したころから

本格的に俳優への道を志すようになったそうです。

 

そんなケビンが

ひた隠しにしたかったことが

実の父親の存在なのではないかと

言われています。

 

家族とはとっくに疎遠のようですが、

唯一生存が確認されている兄の

ランディ・ファウラーとは不仲で有名で、

その原因となったのが2004年に

ランディが受けたインタビューでの衝撃の内容でした。

 

なんと、スペイシーの父親はヒトラー信者

家中にナチスグッズが飾られていたことや、

アマチュアのポルノ写真家だったことを暴露。

 

また、兄のランディ自身が幼い時に

父親に性的虐待を受けていた

激白したことにケビンが激怒したそう。

 

またその時、

ケビンは性的虐待を受けていない

とも言っていたようです。

 

家族のことを話したくなかったのは

そういった背景があったからだと

想像できますね。

 

幼少期のできごとが

ケビンのセクシャリティーに

関係しているかどうかはわかりませんが、

 

やはり最悪な思い出しかない父親の存在を

隠しておきたかったのだと思います。

 

どちらにしろ、

兄が性的被害を受けていたことは

知っていたはずなので

心の傷として今も残っていると

察することができます。

 

そういった心の闇を抱え続けて

50年以上生きてきたのかもしれません。

 

ですのでスキャンダルがきっかけではありますが

ようやくカミングアウトできて

肩の荷が降りた思いだったらいいですけどね^ ^

 

まとめ

現在56歳のケビンですが、

人生の後半に差し掛かった年齢ということもあり

今後は自分に正直に生きたいという思いも

あったのかもしれませんね。

 

素晴らしい俳優さんなので、

これからもますます活躍してほしいです!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク