市原幹也のプロフィールとセクハラ相手のtwitter告発内容

こんにちは。スリアです☆

またもや演出家の男性が当時高校生だった女性に

セクハラ行為をツイッターで告発されました。

すると他の被害女性が続々と実名告発!

市原幹也さんのプロフィールと

相手女性のツイート内容を調査しました。

 

市原幹也のプロフィールとセクハラ相手のtwitter告発内容

名前:市原幹也(いちはら みきや)

生年月日:1978年生まれ

年齢:39歳

出身地:山口県

学歴:北九州市立大学

職業:演出家

 

【主な経歴】

2003年、北九州で劇団「のこされ劇場≡」を立ち上げる。

2005年より、北九州芸術劇場と作品をつくる「Next Generation’s Theater」に3年連続で参加。

2008年、北九州芸術劇場にて主催公演を実施

 

​横浜トリエンナーレサポーター 講師・オブザーバー(2013~現在)

演劇センターF 芸術監督(2014~現在)

​現代アートと演劇をツールとしてコミュニティ・オーガナイザーを育てる学校 講師(2016~現在)

 

セクハラ行為があったとして、

当時女子高生だった女性から告発された、演出家の市原幹也さん

年齢は39歳。

 

この報道があるまでお名前は存じ上げませんでしたが、

個人のHPもありそれなりに受賞歴もあるようなので

そこそこ名の知れた演出家のようです。

 

幼稚園から高齢者までいろんなプロジェクト活動に参加しているようですが、

東京の高校を訪れて、演劇指導をすることもライフワークのようですね。

 

Sponsored Links


市原幹也(演出家)へ、複数のセクハラ被害女性がtwitterで実名告発

今回、市原幹也さんのセクハラ行為が世に知れ渡ったのは、

劇団員をしている女性が、リスクを承知の上で実名ツイートしたことでした。

そのツイートを見つけました。

 

すると、

このツイートで市原幹也さんの名前を見た他の女性が

次々とセクハラ内容を告発し始めました。

 

 

高校生や大学生など若い女性の指導に当たることも多かったようで、

告発した女性は2011年のことだったといっていますし

複数の女性に被害が及んでいたようなので、

この事件が明るみに出るまでの間も、

もしかしたらセクハラ行為が繰り返されていた可能性もあるのではないかと思ってしまいます。

 

この告発を受けて、市原幹也さんはHP上で謝罪しましたが、

ご自身もセクハラをしていた自覚があって行為に及んでいたのでしょう。

他にも複数の女性に苦痛を与えた可能性を示唆しています。

 

誠に恥ずかしいことながら、まだ告発に及んでおらぬ方々の中にも、

私から精神的苦痛を被った方がおられる可能性を、私は否定できません。

現在私は自分で心当たりを確認し、自分の能力のおける限りもれなくお詫びできますよう、

連絡先を設けるなどの方法を探してゆくつもりです。

引用元:http://ichiharamikiya.wixsite.com/ichihara

 

はじめに告発した女性とは連絡が取れ、

謝罪の場が設けられるということを報告しています。

 

 

今回は同じ演劇業界に身を置く女性が、

リスクを恐れながらも勇気をふりしぼって実名で告発をされました。

 

きっと名前を思い出しただけでぞっとするぐらいの恐怖心を

セクハラされた女性たちは心の中で抱えてきたのだと思います。

 

このように泣き寝入りせざるを得なかったセクハラやパワハラ行為が

こういった形で明るみに出て社会的制裁を受けるという事例は、今後増えていくような気がします。

 

長年トラウマを抱え続けてきた被害者の苦痛が

少しでも癒えるような解決がなされることを願うばかりです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

 

▶︎こちらの記事もどうぞ

岸勇希の結婚した嫁や子供と作品は?はあちゅうがセクハラ告発

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です