ホノルルマラソンは制限時間ナシ?気温や服装など攻略法も

スポンサードリンク


こんにちは。スリアです☆

ベテランから初心者まで参加できる大会として

世界中のランナーに親しまれているホノルルマラソンは

観光も楽しめる世界有数の人気リゾート地での開催というのも

大きな魅力となっていますね。

誰もが一度は出てみたいを憧れる大会ですが、

ビギナーなら制限時間や服装など気になるポイントがいっぱい。

完走に向けての攻略法なども含めて詳しく調べてみました!

Sponsored Links

ホノルルマラソンの基本情報

 

ハワイで開催されるホノルルマラソンは

日本人ランナーが憧れる

海外で参加してみたい大会のナンバーワン!!!

 

そのため毎年1万数千人の日本人が参加しています。

これって国内大会並みの多さではないでしょうか!

 

その魅力はなんといってもリゾート地のコースならではの素晴らしい景色と、

沿道の人々のアロハスピリットあふれるあたたかい応援です。

応援が多いほどランナーにとっては力になりますからね〜。

 

さて、2018年で46回を迎えるホノルルマラソンですが

その基本情報をチェックしていきましょう!

 

大会名称 JALホノルルマラソン2018
 種目 フルマラソン / フルマラソン車椅子競技部門42.195km
10K ラン&ウォーク10km
開催日時 フルマラソン車椅子競技部門:2018年12月9日(日)午前4時55分スタート
フルマラソン / 10K ラン&ウォーク:2018年12月9日(日)午前5時スタート
開催場所 アメリカ合衆国 ハワイ州 ホノルル市
スタート地点: アラモアナ公園
フィニッシュ地点:カピオラニ公園
参加資格 フルマラソン / フルマラソン車椅子競技部門:大会当日の年齢が7歳以上の方。
10K ラン&ウォーク:年齢制限無し
参加人数  定員なし

2017年実績
フルマラソン:26,369人(内日本人:11,785人)
10K ラン&ウォーク:4,907人(内日本人: 2,429人)
合計:31,276人(内日本人:14,214人)

 

参加者の半分が日本人!7歳から参加できる!

東京マラソンや大阪マラソンなど

日本の大都市で行われる人気が高いマラソン大会はほとんどが抽選ですが、

ホノルルマラソンはなんと定員なしなので、エントリーすれば出ることができます!

 

しかも参加者の約半分が日本人なんですね♪

 

日本人はハワイ好きで有名ですが、

日本の大会では味わえないお祭り感や開放感が味わえるのは

やはりホノルルマラソンにしかない醍醐味なのだと思います。

 

またフルマラソン以外にも「10K ラン&ウォーク」があり

初心者も気軽に参加できる敷居の低い大会となっています。

コースについて

 

フルマラソンは、アラモアナ公園前をスタートした後、

世界的に有名なワイキキビーチ、ダイヤモンドヘッドを経てハワイカイで折り返し、

カピオラニ公園でフィニッシュという

ハワイの素晴らしい景観も思い切り楽しめるコースとなっています。

 

 

ダイヤモンドヘッドはワイキキのどこからでも臨めるハワイを象徴する絶景スポット!

 

壮大な景色を眺めながらのランって最高ですね♪

いつにない開放的な気分が味わえるのが、ホノルルマラソンの最大の魅力ではないでしょうか。

 

またフルマラソンの完走者には

「完走Tシャツ」「完走メダル」「完走証」の3つがもらえます。

 

 

時差などもあって体調を整えるのが難しいですが

ランナーの祭典にふさわしくメダルのデザインもとってもかっこいいので

ぜひとも完走してゲットしたいですね!!!

ホノルルマラソンの制限時間は?

 

ビギナーならやはり気になるのが、スタートからゴールまでの制限時間ですね。

ホノルルマラソンの場合、制限時間はありません!!!

いや〜、ほんとに参加者に優しい大会ですよね。

これもアロハスピリットなんですかね〜♪

 

7歳以上は参加できる大会ですが、

ホノルルマラソンは世界のトップアスリートも多く参加する大会で

その大会記録は、2時間8分27秒。

 

今の世界記録は2時間2分57秒ですので

トップアスリートと市民ランナーが一緒に走る大会としては立派な記録ですね。

 

また日本の芸能人も毎年多く参加する大会なので

走っている最中に遭遇してびっくりなんてこともあるかもしれませんね!

Sponsored Links


ホノルルマラソンの気温は?

 

ハワイには雨季と乾季があり、

雨季はだいたい10月~3月、乾季は4月~9月です。

 

ホノルルの平均気温は、最高気温が27度、最低気温が19度ぐらいです。

 

12月とはいえ平均最高気温が27度を越えるため

暑さ対策として日が昇る前の「朝5時」にレースがスタートします。

 

ですので午前3時頃には参加者はスタートエリアに集合し、

スタートの合図と同時に打ち上げられる

ホノルルマラソン名物の盛大な花火がお祭りムードを盛り上げます。

 

ホノルルマラソンが開催される12月は雨期に当たり

1年でもっとも降水量が多い時期ですが

雨季は一日中降ることはあまりなく、

「シャワー」といって朝夕などに「にわか雨」が降る程度で

海水温度の平均も23.3℃ですので、日中はビーチで泳ぐこともできます。

 

雨が多いといっても日本の降水量と比べれば格段に少なく、

雨季である事をさほど気にするほどでなはいですね。

シャワーの後は虹が出る確率も高いです☆

 

雨が降ると体への負担も大きくなり多少体力が奪われますが

気温27度で快晴の天気より、曇りの方が体力的にも走りやすさはベストですよね。

晴れた方が景色はきれいで写真映えもしますが

なんせホノルルですので、晴れる確率が高いかもしれません!

 

ここからはホノルルマラソンの服装についてもチェックしていきましょう。

ホノルルマラソンの服装は?

 

12月とはいえ、最高気温が27度あるとやっぱり暑いですよね。

それにハワイの日差しはとっても強いです!

スタート時間が朝5時と早いため、

スタート前はやや肌寒く感じると思いますが、

太陽が昇るにつれてみるみると気温が上がっていきます。

走り慣れている方でしたら、

ランニングパンツにランニングシャツという定番のスタイルが良いのではないでしょうか。

もしくはTシャツにハーフスパッツという服装もおすすめ。

 

 

晴れる確率が高いので日焼けを気にする女性は

多少暑いかもしれませんが、

メッシュタイプで吸汗速乾性に優れた長袖Tシャツ

 

もしくは肩が出ないタイプのTシャツに

アームカバーをするなどでもいいかもしれません。

 

また暑さ対策として、帽子は必須です!!!

 

サングラスも疲労防止に効果的ですが

スタート時は真っ暗なので邪魔になるかもしれませんね。

 

また、私がいつも用意しているのが

100円ショップのビニールのレインコートなのですが、

突然の豪雨など雨対策にもなるし、防寒対策にもぴったりでとっても重宝します。

 

軽くてコンパクトだし途中で捨てられるので

雨や寒さが気になる人にはとっても便利でおすすめです♪

ホノルルマラソンの攻略ポイント

スタート~5kmまで

スタート地点はアラモアナ・ビーチパーク前。

ゴールタイムごとに案内板があるので、自分の予定タイムの場所に並びます。

朝4時半には、応援する人 も含め約3万人ほどが集まります。

最後尾ランナーがスタート地点を通過するには20分ほどかかり

予定タイムが遅ければ遅いほど後方からのスタートになるので

スタート地点までの距離も長くなりますが

ここではウォーミングアップのつもりでマイペースで進みたいですね。

スタートから4kmあたりはライトアップされていてきれいなので

景色を楽しむ余裕も欲しいですね!

10km~15km

 

モンサラットからパキ通りに入り、

12km過ぎあたりがダイヤモンドヘッドへの登りとなります!

ここでの無理は禁物!

辛い上り坂を過ぎると下りがありますがマイペースを貫きましょう♪

 

ちなみに上の表を見てもわかるように

12kmあたりと38kmあたりの2箇所で登り坂がありますので、

頭に入れておきましょう♪

15km~20km

約17kmのカハラモール前付近に簡易トイレがたくさん並んでいます。

ここを過ぎるとトイレはしばらくないので、ここで済ませておきましょう!

 

30km~

フルマラソンの終盤、特に30km以降になると

一流のランナーでも急にペースダウンしてしまう現象があります。

よく「30kmの壁」と表現されていますが

その原因は練習不足やオーバーペース、空腹などいろいろですが、

 

補給食をとるタイミングは10kmごとが目安なので

完全にバテてしまい身体が動かなくなる前にエネルギーの補給をしましょう。

 

もし30kmの壁にぶち当たってしまったら割り切って、

残りのレースを楽しみながら無理なくゴールを目指すことに集中したいですね。

 

そして、33km地点からゆるい上り坂が続きます。

左前方にはダイヤモンドヘッドが見えます。

ハイウェイからケアラオル通りへ入る35km地点には特設ステージがあり、

フラダンスや歌で大会を盛り上げてくれています。

筋肉消炎剤やワセリンなどを用意している救護スポットも。

 

ここを過ぎてしばらく行くと撮影ポイントがあり、

道路上方からカメラマンが参加者を撮影するので

ぜひ体力を残しておいて、せっかくなので満面の笑顔で写真に写りたいですね〜♪

40km〜ゴール

 

38km地点あたりからダイヤモンドヘッドの登りに入り

一直線のコースなので遥か先のランナーまで視界に入ります。

坂を登りきって少し下りに入ったところが40km地点。

 

坂を下ったカピオラニ・ビーチパークの入り口に最後のエイドかあり、ここから残り800m!

あとは歓声を浴びながらゴールするのみです!!!

水分補給はこまめに

 

とにかく水分補給は大切です!!!

のどが渇いてから水分補給するのでは遅いため、こまめな水分補給を心がけましょう。

エイドでは水を含んだスポンジも用意されているので

首筋や頭に水を掛けて体温の上昇を抑えるのもおすすめです!

 

空腹・エネルギー切れ対策

また、7時間以上かかるランナーは、

エネルギー補給として飴や羊羹など

即効性のある糖分を含んだ補給食を持参しましょう。

 

また先ほども書きましたが、

補給食をとるタイミングは10kmごとが目安

バテてしまう前にエネルギーの補給をしておきましょう!

 

まとめ

12月のハワイはクリスマスシーズンなのでイルミネーションがキラキラ。

クリスマスツリーやサンタのデコレーションで活気づく季節なので

ゴールした後はしばしクリスマスシーズンのハワイも満喫してゆっくりしたいですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です