平子理沙の顔の不自然な変化と、過度な整形&若作りを検証☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。すりあです。

「一切老けない美のカリスマ」として人気の

平子理沙さんの顔の変化が近頃話題となっている一方で、

最近出演したテレビ番組での

「全く何もしていない」発言をめぐり

世の女性たちから総ツッコミを受けているのだとか!?

 

そこで過去の画像と現在の姿を比較して、

その変化を検証してみました!

 

スポンサードリンク


平子理沙の顔の変わり方が不自然すぎる!

 

アラフォー世代が憧れる

美のカリスマ、平子理沙さんは、

 

1771年2月24日生まれの

現在46歳。

 

40代後半とは思えない

「肌の美しさ」と

奇跡のような「ウエストのくびれ」など、

メリハリの効いた抜群のスタイルで

常に大人の女性から注目を集める存在ですが、

 

ここ最近では、その美しさよりも

顔の違和感を指摘する声が続出!!!

 

そこでその顔の違和感や変化を

画像とともに検証してみました。

 

幼少期〜20代

美少女だった幼少期から

振り返ってみましょう^ ^

 

この写真は1〜2歳ぐらいでしょうか?

ラーメンを食べているところだそうです。

ハーフの女の子っぽい雰囲気ですね。

 

 

こちらは幼稚園の卒業アルバムだそうですが、

この頃から目がくるっとしていて

本当に美少女ですね。

 

 

こちらは12歳の夏休みのお写真だそうですが、

大人っぽくて、すでに色気がある(笑)

 

髪型もファッションも、黒いサングラスも

80年代の流行そのままといった感じで、

子供の頃から相当おしゃれに敏感だった

ことがわかりますね。

 

こちらは20歳の平子理沙さん

この頃はアンチエイジングとは無縁だったのか

健康的に日焼けをしています。

 

そしてこの頃から、

ウエストのくびれが凄い!!!

 

やはり持って生まれたスタイルの良さなのすねー(>_<)

 

水着のデザインがハイレグ

時代を感じさせますが(笑)

 

デビュー当時〜脚光を浴びる前まで

 

19歳で原宿でスカウトされてデビューした平子さん。

デビュー直後のお顔がこちら。

この頃はとても大人っぽいっぽくて

健康的なイメージでした。

 

 

1997年に吉田栄作さんとの結婚記者会見。

今から20年前ですから、

平子理沙さんが26歳の時ですね。

 

 

そして2006年、

35歳の平子理沙さんがこちら。

奇跡のアラフォーと呼ばれる前の時代ですね。

 

今から11年前ですが

まだナチュラルな雰囲気を感じますね。

 

この年に平子さんはブログを開設し、

美容情報を発信し始めています。

 

戦略的だったかはわかりませんが

ここから美魔女への道を歩み始めます。

 

美のカリスマ絶頂期

2009年頃の平子理沙さん、

この頃、38歳。

 

奇跡のアラフォーとして話題になり、

発売したビューティーブック

「 Little Secret」が大ヒット。

 

 

私個人的には

この頃が一番かわいかったんじゃ

ないかなーと思っています。

 

 

こちらは2012年、41歳ごろ。

可愛すぎますね!!!

 

 

40代になってからは、

さらに美魔女化が加速し、

毎月のように女性誌の表紙に登場。

 

劣化がささやかれ始めたここ最近

 

2014年の「虹色ジーン」出演時の画像。

あまりの顔の変化に衝撃が走ります。

 

 

こちらは2015年頃。

ほうれい線があまりにも不自然で、

顔のテカリが目立ちます。

 

 

2017年10月現在のお顔がこちら。

最近では写真をインスタグラムに投稿する時に

かなり加工をしているのが目立つようになりました。

 

スポンサードリンク


 

整形のご意見番、高須クリニック院長の見解

 

 

2年前に女性誌で

整形外科医の高須克弥さん

平子理沙さんの顔についてコメントしています。

 

全体的に見て単純に太ったと言う感じでもないし、

入れなくてもいいところまで、

ヒアルロン酸が入っちゃっているようにも見えるし、

不自然に膨らませ過ぎているようにも見えるね。」

引用:週刊女性

 

「あくまでも予想だけど、ほうれい線が気になって

膨らませているうちに、どんどん上にも入れちゃって、

頬骨の辺りにも入れちゃってというパターンじゃないかな。

やっぱり頬のふくらみは、溶かした方がいいね。

引用:週刊女性

 

 

あと、クチビルも、入れ過ぎでしょ。

これはね、ゴルフのスィングと一緒なの。

自分のスイングのイメージと

他人から見た実際のスィングはまったく違うように、

自分の思っていることが実は他人から見たら変なわけ。

引用:週刊女性

 

修正を重ねるうちに

自分でも収集がつかなくなってしまった

パターンなのでしょうか。

 

46歳のすっぴん顔も披露。メイクも変化した?

最近の平子理沙さんを見ていると

個人的には顔のテカリが気になります。

 

以前はマットなベース作りが

とても上手だと思っていたのですが、

テレビで見てもマスコミの写真でも

最近はこういう感じで

映っていることが多いです。

 

 

これってやっぱり

頰やおデコが不自然な盛り上がり方を

しているのが一因とも考えて

良いのでしょうか???

 

もしくはツヤ肌メイクを

コンセプトちとしてらっしゃるのかも

しれませんが、

 

テカリの原因は加齢による

水分保持力の低下なども

可能性としては考えられるので、

 

いくらカリスマの平子さんといえども

やはり年齢には抗えないという

ことなのでしょうか(ー ー;)

 

 

そして、

46歳現在のすっぴん画像がこちら。

 

 

お見事っっと言いたくなるほど

お綺麗ですね!!!

 

個人的にはこういう感じで

ナチュラルなお顔の方が

違和感がなくて美しいと思うのですが

いかがでしょううか?



劣化は無理した若作りも原因?

 

 

 

現在46歳の平子理沙さんですが

顔が変わったとささやかれるのも、

ブログやインスタで発信している写真と

生で見る本物とのギャプ

一番の原因なのだと感じます。

 

インスタの普段のお写真は

本当にかわいくてそのライフスタイルも

いまだ女性の憧れの的。

 

これだけイメージを作り込んでいたら

戦略的にはバラエティーなどに露出せず、

ミステリアスなままにしておいた方が

マイナスイメージがなっくてよかったのかも!?

 

これからも年齢にとらわれず

大好きな世界観を貫いて行ってほしいと

思いますが、

今の世間のニーズとは少し

ずれてしまったのかもしれませんね・・・。

 

まとめ

ここ最近の変わった姿を見た時な衝撃でしたが、

若い頃と変わらないお肌のハリを追求するのもいいけど

年相応の美しさもきっとあると思うので

もう少しナチュラルだった時代に戻したら

また美のカリスマに返り咲く日が来るのではないかと個人的には思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク