速見佑斗コーチの評判と暴力映像。宮川紗江とは恋愛関係?DV疑惑も

こんにちは。スリアです☆

女子体操の2016年リオ五輪代表の宮川紗江選手に暴力を振るったとして体操協会から無期限の登録抹消などの処分を受けた元コーチの速見佑斗コーチ。

平手打ちをしている衝撃の映像がワイドショーで取り上げられていました。

パワハラというよりは共依存ともとれるような2人関係は、いったいどのようなものなのでしょうか。

速見佑斗コーチの宮川紗江への暴力映像

体操女子リオデジャネイロ・オリンピック代表の宮川紗江選手への暴力行為で、日本体操協会から無期限の登録抹消と味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)での活動禁止処分を受けていた速見佑斗コーチ。

2018年9月6日に放送されたお昼のワイドショー「バイキング」で、宮川選手の指導中に平手打ちをしている映像が公開されました。

 

 

 

撮影したのは、同じクラブに通っていた関係者。

こうした暴力行為は頻繁に行われており、宮川選手は暴力行為後に流血したり、頭痛を訴えていたとのこと。

宮川選手のご両親も速見コーチを信頼し、速見コーチのおかげで今があると感謝しているようですが、まだ18歳の未成年の女の子に対してこのような指導があったことは公認だったのでしょうか…

 

 

この前日の9月5日に宮川選手への暴行を謝罪し「顔や頭をたたく」「髪の毛を引っ張る」「お尻を蹴る」などしていたことを自らの非を正直に話していました。

また「自分もそういう(暴力による)指導を受け、それが根底にあった。むしろ感謝の気持ちを持っていた」とも。

暴行の内容を言葉で聞いただけでもかなり怖いと思ていましたが、実際のこの部分だけの映像を見ると全力で平手打ちしていて指導の域を超えているようなショッキングな映像…

ネット上でもいろんな解釈がありますが、この映像に関してはやはりどうみても愛の鞭とはいいがたく、行き過ぎという意見が目立ちました。

 

速見佑斗コーチの評判は?

さて、ここで改めて速見コーチの評判とプロフィールをご紹介していきます。

名前:速見佑斗

出身地:長崎県

生年月日:1983年9月27日

出身高校:関西高等学校(2002年卒業)

出身大学:日本体育大学(2006年卒業)

所属:セインツ体操クラブ (旧:徳洲会体操クラブ)

 

長崎県出身の速見コーチは岡山県の関西高等学校へ進学。

インターハイで活躍するほどの体操選手となり、大学は日本体育大学へ進学。

大学時代はユニバーシアードやアテネオリンピック選考会などにも出場するほどの選手でしたが、北京オリンピック代表選考後に選手を引退。

その後は埼玉県にある「セインツ体操クラブ」に所属し、体操日本代表のコーチを務め女子選手を担当していました。

ちなみに速見コーチは、小学校5年生の頃からずっと宮川紗江選手の指導をしています。

 

また、選手としては目立った実績を残していない速見コーチでですが、コーチとしての評判についてこれまで多く伝えられていませんでしたが、ワイドショー内ではそういったことにも触れられていました。

 

 

バイキングでは速見コーチに殴られて宮川選手の顔半分が腫れていたと他の選手が証言していたり、Tシャツを掴んでフロアから引きずり出したといったことも。

合宿で速見コーチが宮川選手を立たせて1時間以上説教し、他のコーチが指導方法を変えるように話したが無視。

他のコーチや通訳まで速見コーチの指導に疑念を抱いていたとの証言もあったと伝えられています。

こういった関係者の評判とはうらはらに、速見コーチのおかげで今があると宮川選手のご両親からは絶大な信頼を置かれていたようです。

Sponsored Links


速見佑斗コーチと宮川紗江は恋愛関係なの?DV疑惑も

 

 

体操協会から無期限の登録抹消などの処分を受けた元コーチの速見佑斗コーチ。

暴力的な指導がありながらも、まだ今後も指導してほしいという宮川選手。

2人が恋愛関係ではないかという声もあるようですが、宮川選手は18歳の未成年ですし34歳の速見コーチと交際していると可能性は低いかもしれません。

またそういった報道もされていないので、おそらく純粋な師弟関係ではないでしょうか。

 

ですが、2人の間にはハラスメントと言われても仕方がないような指導が行われていたと言われています。

というのも、速見佑斗コーチは宮川選手にん暴力をふるった後、かならず抱きしめるという行為を繰り返していたそうです。

宮川選手は暴力行為は今は行われていないと言っていましたが、暴力を教育と思い込んでしまっているのではと心配にもなってきます。

あの映像を見るとまるでDVカップルと同じような構図ではないかとも思えてきます。

実際にオリンピックまで出場し実績も残しているのでコーチと選手の間には特別な絆があるのかもしれませんが、あれだけの暴力を振るわれていて今でも指導を受けたいというのは、普通の感覚では理解できないような気もします。

速見コーチのFacebookにはいまも宮川選手とのツーショット写真がアイコンに使われているので、やはり今でもかわいい教え子に変わりはないのだと思います。

今回このように速見コーチの過去の指導映像が流出しましたが、今回のことに限らずもし閉鎖されたスポーツの現場でこのようなことが頻繁に行われているとしたら、異常な世界としか言いようがないと感じました。

まとめ

日大のアメフト事件以降、これまで表には出てこなかったスポーツ業界に潜む闇のようなものが浮き彫りになっているように感じます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です