花ゆうの「新生姜鍋」が絶品(西宮北口)|今ちゃんの実は

スポンサードリンク


こんにちは。スリアです☆

初夏になると出回る旬の食材といえば新生姜!

そんな新生姜をふんだんに使った

西宮北口にある名店「日本料理 花ゆう」の

ちょっと斬新な「新生姜鍋」をご紹介します。

Sponsored Links

日本料理 花ゆうの「新しょうが鍋」が絶品

 

関西ローカルの人気番組、今ちゃんの「実は・・・」

サバンナがロケで訪れた西宮北口にある名店「日本料理 花ゆう」は、

一流料亭出身のご主人が奥さんと営む老舗の和食店。

 

四季折々の食材を使った割烹・懐石料理や、新鮮な魚のお造り、鍋料理、

旬野菜を使った創作メニューなど懐石のコースがおすすめなのだそうです。

 

#花ゆう #japan #food # 河豚🐡#フグ #globefish

Jihyeon Sonさん(@sonjihyeon711)がシェアした投稿 –

 

そして今回ご紹介する

今ちゃんの「実は・・・」で取り上げられた自慢の一品は

常連さんがこよなく愛するこの季節しか食べられない限定のお料理で、

新しょうがを惜しみなく使ったご主人自慢の「新生姜鍋」

 

出典:http://www.nishinomiya-kitaguchi-hanayu.com

上の写真は、生姜鍋コース(全8品)5500円(要予約)

 

しかしこの新生姜の量〜!!!

ボリューミーでびっくりですね♪

 

新生姜は6月頃から8月くらいまで出回る、夏が旬の生姜。

普通の生姜に比べて辛味がおだやかで、みずみずしくさわやかな風味が特徴。

 

一般的には新生姜は薬味だったり、酢漬けにして食べたりするイメージなので

鍋に入れて食べる、しかもこんなにてんこ盛り!!!って

ビジュアル的にも衝撃的ですが、

毎年リピーターがいるほどの人気の鍋なのだそうです♪

 

 

たっぷりの千切りの新生姜と豚肉をゴマダレでいただきます。

シャキシャキとした食感と爽やかな香り♪

 

「これうまい!新感覚!」と、

その斬新なおいしさにサバンナさんも大満足。

 

シメの雑炊まで、さすが一流料亭の味!と悶絶するほど絶品なのだそうです。

 

鍋といえば冬の食べ物というイメージですが

シャキシャキした食感のさわやかな新生姜たっぷりの鍋なら

あっさり食べられてこの季節にぴったりですね。

Sponsored Links


日本料理 花ゆう 店舗情報

店名:日本料理花ゆう

電話:0798-64-7389

住所:兵庫県西宮市南昭和町4-9

アクセス:阪急西宮北口駅から徒歩5分

営業時間:11:30~14:30 (L.O.14:00)、17:30~22:00 (L.O.21:00)

定休日:水曜日

 

カウンター12席、テーブル14席、貸し切りの個室は最大20人まで。

接待やお顔合わせ、記念日などの大切な日にもぴったりのお店。

宴会やお祝いの席など、料理の内容も相談に乗ってくれるそうです。

平日が予約を取りやすいのでオススメ。

ランチ営業も好評ですよ〜♪

メニューの一例

【昼のメニュー】

花ゆう弁当 1,900円

松花堂弁当 3,240円

お造り定食 1,900円

 

【夜のメニュー】

本格会席コース 7,500円

会席料理(7品)コース 5,500円

蓮根まんじゅう 1,000円

一口焼肉 1,500円

豚角煮 800円

鯛あら煮 1,200円

天ぷら盛り合わせ 1,300円

刺身盛り合わせ 1,300円

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です