「午後ティー女子」の炎上ツイートのイラスト画像と内容は?

スポンサードリンク


こんにちは。スリアです☆

キリンビバレッジが発売している「午後の紅茶」が

「#午後ティー女子」とハッシュタグをつけて

ツイートしたイラストが女性をバカにしていると

炎上し謝罪する騒動となりました。

その内容をチェックしていきましょう!

Sponsored Links

「午後ティー女子」の炎上ツイートのイラスト画像と内容は?

すでに当該ツイートは削除されていますが

キリンの公式ツイッター上で、

「みなさんの周りにいそうな #午後ティー女子」と題しツイートされたイラストに対して、

 

「女性客をバカにしている」

「不愉快」

「二度と買いたくない」

 

などの声が続出しました。

 

4月は出会いの季節!ですが、みなさん新生活には慣れましたか!?
みなさんの周りにいそうな #午後ティー女子 を イラストレーターのつぼゆりさん(@tsuboyuri_)に、描いてもらっちゃいました! 確かに、私の周りにもいる…かも!?#いると思ったらRT#私だと思ったらFav#午後の紅茶pic.twitter.com/NVDbRTzyxu

— キリンビバレッジ♪ (@Kirin_Company) 2018年4月26日

 

「午後の紅茶」を飲んでそうな女性という設定で

 

「モデル気取り自尊心高め女子」

「ロリもどき自己愛沼女子」

「仕切りたがり空回り女子」

「ともだち依存系女子」

 

と4つにカテゴライズした女性像に対して

「あるある」とも言えるような特徴もいっしょに紹介。

「確かに、私の周りにいる…かも!?」と思ったらリツイートしてほしいと

呼びかけるツイート内容でした。

 

その4つのイラストがこちらです。

 

出典:http://jin115.com

出典:http://jin115.com

出典:http://jin115.com

 

出典:http://jin115.com

 

広告を作った側の意図としては、あえて自虐的な表現にすることで

「こういう女いるよね〜」と親近感や共感を呼ぶことを狙っていたと思われますが

面白おかしく表現したつもりが、逆に女性を揶揄していると受け取った人が多く、

 

「イラストを見て不快になり正直買いたくなくなりました」

「女性をモノ化し、批判し、馬鹿にしている広告ですね。

残念ですがもうKIRINの商品買いません」

など、女性をバカにしているのではといった怒りの声が続出。

 

「こじらせ女子」なんていう表現をされがちな女の子を描きたかったのかもしれませんが

 

個人的には人に言われて気持ちのいい内容ではない

何目線なのかもわからず、

ちょっとネガティブで皮肉の要素が多すぎたのではないかなと感じました。

 

「お客さんを批判してどうするのだ」と言う意見も多く、

「#いると思ったらRT」「#私だと思ったらFav」というハッシュタグに

バカにされたと不快と感じる人も多かったようですね。

 

柳原可奈子さんや横澤夏子さんのネタには出てきそうですが・・・

 

こういった類の広告が面白いと言われて成功するには

ディスられた方が喜ぶっていう流れにならないと難しいですね☆

 

Sponsored Links


 

また今回のイラストを担当したのは、

シュールなイラストが人気のイラストレーターつぼゆりさん。

 

 

炎上騒動に巻き込まれるかたちとなってしまいましたが、

ユーザーからは

「キリンに依頼されて描いてるんだから悪くないでしょ」

「つぼゆりさんは今後もご自身の芸風を大事にしてほしい」といった

擁護のコメントも見られました。

 

「発酵女子」という本のイラストも描かれているようですが、

女子をこじらせすぎて、自らのプライドやコンプレックスなどが

抑えきれないほどに肥大化してしまった「発酵女子」を、

DJあおいさんという方の名言とつぼゆりさんの

絶妙に可愛くない女子のイラストでぶった斬った本なのだそうです。

 

こちらです↓↓↓

 

今回炎上した広告を企画した方は、この本に目をつけたのかもしれませんね。

 

さて、こうした批判を受けてキリンビバレッジは、5月1日の9時30分に当該ツイートを削除し

削除の理由を述べた上でおわび文をツイートしています。

 

 

的外れのツイートで炎上してしまいましたが、

そもそも午後の紅茶のメインターゲットは30〜40代だそうなので

ツイッター上で怒っている女子たちはターゲットの外だったという話も?!

 

どちらにせよ、大企業なので炎上商法はイメージが悪くなってしまいますね♪

まとめ

昔から話題の広告を作り続けてきたイメージのある午後ティーですが、

こんな人いるよね的な自虐的な内容の広告表現にするなら

どうせならみんなが喜ぶようなハッピーな内容やオチが良かったですね♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です