dele(7話)ネタバレと感想。犯人は誰なのか?結末のモヤモヤを考察

 

2018年9月7日放送の金曜ナイトドラマ「dele(ディーリー)」の第7話のネタバレあらすじと感想をご紹介します!

スリア

今回は麻生久美子さん演じる姉で弁護士の舞も物語に絡んでくるようですね。
予告で圭司が髪の長い女性にキスされていたけど、一体誰?!

アンちゃん

 

もし見逃した回があっても、1話〜最終回までdeleの動画を無料で見るいい方法があります!

 

dele(ディーリー)が1話〜最終回まで全話

▼▼▼ココで無料で視聴できます▼▼▼

 

dele(7話)ネタバレあらすじ

2018年9月7日放送の金曜ナイトドラマ「dele(ディーリー)」の第7話のネタバレあらすじと感想です。

毒物混入の証拠映像

依頼人・笹本隆(西ヶ谷帆澄)の死亡確認を取った真柴祐太郎(菅田将暉)が「dele. LIFE」に帰ってきます。

死後に削除するよう依頼されていたファイルを、すぐさま消そうとする坂上圭司(山田孝之)に圭司の姉で弁護士の坂上舞(麻生久美子)は、隆がある男の息子だと察知し、顔色を変えます。

その男とは死刑囚・笹本清一(塚本晋也)。

8年前に埼玉のバザー会場でジュースに毒物を混入し、飲んだ人が次々倒れ、被害者28名のうち死者は4名。

犯人として逮捕され反抗を自白したものの、裁判になると一転し無実を主張し続けている男でした。

削除する予定だったファイルは、この事件に関するものかもしれないと考えた舞は、信用保証をしているのだから見る権利があると圭司に中身を見せるよう要請します。

すると、笹本が毒物を入れたとされる日時に、別の男が不審な粉末をウォータークーラーに投入する動画が!

笹本逮捕に限っては物証がひとつもなかったといい、この映像があれば死刑判決を覆せるかもしれないと考える舞。

だがなぜこのような重要な証拠を息子が持っていながら提出しなかったのかという圭司に、裁判は真実を追求する場ではないので、シナリオに合わない証拠を裏で除外することもないとは言い切れないという舞。

圭司は証拠として提出するのは契約違反だと難色を示すが、見てしまった以上弁護士としてスルーできないという舞。

祐太郎の聞き込み調査

兄弟でギスギスした雰囲気になっている中、真相を調べてみることを選択した祐太郎は、現場の公民館に行くが閉まっている様子。

舞と連絡を取り、笹本が逮捕されたのは実は事件と同じ手口で保険金をだまし取ろうとした前科があり懲役5年の実刑を受けていたことを知ります。

事件現場近くの洋食店に入りハンバーグを注文した祐太郎は、店員の女の子に毒物を混入した映像の人物の写真を見せて「この人に勧められて来た」と言います。

すると店員の女の子はその人物を知っていました。

店主の上野兼人(Mummy-D)が出てきて、映像に写っていた男を先生と呼び、市会議員・宮川新次郎(千葉哲也)だといいます。

さっそく宮川の家を訪れた祐太郎でしたが留守。

電話をかけてきた舞からは本人が認めるわけがないからもっと周りから探りなさいと言われます。

 

近くの八百屋で聞き込みをしていると、その店の店主は宮川はこのあたりの地主であること、また自分は当日は会場にいかなかったと言います。

そんな話をしていた時、売り物のお菓子の袋を開けて祐太郎にどうぞと勧めてくるおばあちゃんが。

その店の店主はこれで何回目だ!と怒鳴るも、祐太郎はそれ僕が買いますといってお金を出します。

 

おばあちゃんを公園に連れて行き「次からお財布忘れちゃだめだよ」とやさしく話しかける祐太郎。

おばあちゃんは「またさっちゃんに会えてうれしい」といい、お礼をしなくちゃと祐太郎をご飯に誘います。

お家で食べなくて大丈夫なの?と心配する祐太郎を連れて行ったのは、さきほどハンバーグを食べた洋食店でした。

事件で娘を亡くした洋食店店主

そこで、8年前の毒物混入事件で上野の娘であるさっちゃんが死亡していたことが分かります。

僕も妹をなくしているんですという祐太郎。

まだ何もわからないけどその事件を調べ直していると明かします。

実はこの店は町内会の会合で使ってもらっていて、みんなが帰った後、入札予算について業者の男と2人で話しをする上野の姿があり、選挙の時一票いくらで集めてきてやったのを忘れたのか?タレ込んだっていいんだぞと脅されていたとのこと。

 

脅かしていた相手の男は中山という土木会社を経営していた男で、その事件で死んだと言います。

一方、圭司もデータの顔画像から宮川にたどり着き、宮川が毒物を混入させている映像に映っていた後ろに写っていた車の登録情報から、洋食店主の上野にたどり着いていました。

圭司の追跡調査

寄付金のことでといつわり市会議員・宮川の自宅を訪れた圭司は、8年前の毒物混入事件についてあなたがウォータークーラーに毒物を入れたと証明できる証拠があるが、弁明できますかと問い詰めます。

すると入れたと認めたもののあれはジュースの粉末ですと。

警察には立場があるので話していないと言います。

帰ろうとしていた時、圭司を呼び止めた宮川の娘は、あんな話は信用していないでしょ?表づらは良くしてるけど裏ではなにを考えているかわからないからと言います。

圭司はウォータークーラーに何か粉末を入れているものの、入れる前に一度粉末の香りを嗅いでいることを指摘し、命を落としかねない行為なので犯人としてはありえない行動だと言います。

もともとはお父さんのこと好きだったんだろう?という圭司に、なんでなんでもわかるの?と聞く娘。

8年前、車の中で女性と密会している父親を目撃。

しかも相手の女性は事件で死んだ女の子の母親だったいいます。

もしかしたら子供が邪魔になって殺したのではないかと…

 

事務所に帰った圭司は、洋食店のツイッターの画像から、スプーンに反射して写っていたスマホのロゴマークから、その写真を撮ったと思われる上野が利用しているPEGASSAというクラウドサービスにログインすることに成功。

そこには宮川と妻の不倫現場の画像が何枚も保存されていました。

そこに、裏が取れたと現れた舞と祐太郎。

宮川は不正をして市議会議員に当選した可能性があり、その時に道路舗装工事の談合が行われ、できないなら不正をバラすと脅され、中山だけを殺すと疑われるので無差別殺人に見せかけたと。

あの街には前科のある笹本がいるので、そっちに疑いの目が向くと思ったのではないかと言います。

祐太郎の過去に何が?

圭司は映像の中に写っていた車を指差し、シートが倒されていること、そしてこの車はミラーが乗車と同時に開閉するシステムなので、中に誰かいた可能性が高いと指摘。

車の持ち主が上野で、その上野の携帯画像に写っていたのは不倫現場で、上野は2人の関係を知っていた。

狙ったのは宮川か妻かわからないけど、動機なら上野にもあると。

しかし上野は5歳の娘をなくしているのでありえないという祐太郎に、予定外に巻き込んでしまったとうう圭司。

 

ありえないとムキになる祐太郎に「自分と重ね合わせていないか?お前も妹をなくしてるんだろ?」といいます。

「いつ調べたの?」と呆然とする祐太郎に「お前がここにきた初日に、警察にやっかいになるようなやつの素性を調べるのは当然のことだ。身の上が自分と似ているからって同情するのは、警察やあの街の住人と同じだぞ。」とも。

そういう自分は違うの?その上から目線のことよ。いつも俺だけは世界を正しく見てるって顔してるけど、あんただって間違ってるかもしれないんだからねという舞。

 

宮川の娘に電話をかけた圭司は、この画像を撮影した笹本の息子について聞くと、半年ぐらいで引っ越しして行ったからよくわからないが、町中をスマホで撮影していて気持ち悪かったといいます。

依頼人・笹本の息子

笹本が最初の事件を起こした後、離婚した母親は息子を連れて出るも4年後に死亡。

その後、杉並の児童施設に預けられるも、1年ほどで父親に引き取られていました。

児童施設で聞き込みをしていた祐太郎に「たかしくん探してるんですか?」と声をかけてきた女性がいました。

自分も親が犯罪者だという女性はリストカットの傷がたくさんあり、たかしにも同じ傷がたくさんあったといいます。

連絡を取り合っていたという女性に、「怖い」「死にたい」というメッセージや、まわりからどのように見られているかを撮ったという動画などが送られてきていました。

その動画から事件に使ったと思われる青酸を、実は息子のたかしがもっていたことが発覚。

周囲の敵意がシガテラ族みないに蓄積して、あの事件を生んだ。

たかしは自分をそうした父親を殺そうとしたのかもしれない…。

動画の削除依頼をしたのは、父親を救うための唯一の証拠だったが、出せば自分が死刑になるため迷っていたと考えられると。

 

拘置所にいる笹本と面会した舞。

俺はやっていないという笹本に息子のたかしをかばうためだったのではないかと聞きます。

たかしが自殺したことを知らされた笹本は、たかしは世間に殺されたんだ、俺も殺されると…

やったのは俺でもたかしでもない、映像に映っていた黒い瓶はたかしが医者から処方された薬だと言います。

犯人はあの街にいると。

疑わしき人物は…

映像を見直していると、ドラッグを受け取っている宮川の娘の映像が。

またその売人は事件の被害者となっていました。

そして事件当日の会場の動画には、宮川の娘と祐太郎が聞き込みをした際に会場にはいかなかったと言っていた八百屋の店主の姿が。

別の映像にはカーテン越しで中が見えないものの、八百屋の店主が病気の母親に暴力を振るっている動画が収められていました。

八百屋の店主があの会場にいたこと、そしてあの事件で母親が亡くなっていたことを伝え、あなたにも事件を起こすことができたのではないかと確認する祐太郎。

祐太郎に掴みかかった店主は、何がわかるんだ?二度と来るなと激怒します。

 

一方、宮川の娘に会いに行った圭司は売人からドラッグを買っていたところが写っていたと言います。

すると、いきなり圭司にキスをする娘。

そして「お願い、内緒にして」と。

キミがドラッグをしていようがしていまいがどうでもいいが、あの事件で売人が死んでいるので、もし売人との間にトラブルがあったとしたなら君にも動機があることになる。

そう言うと、警察でもないのに何なに?と圭司にビンタをして去っていきます。

二転三転する中、犯人は誰だ?

暴き始めればいろんなものが壊れる。

だから俺は中を見ずにデータを消してきた。責任が取れないからだという圭司。

今まで通りデータを削除すれば、笹本が犯人だというこということでこの事件は終わる。

 

俺だって責任は取れないけど、消すことだって同じぐらい恐ろしいことなんじゃないの?という祐太郎。

 

その時、圭司に1本の電話が入ります。

「終わりだ。今朝笹本の死刑が執行された。」

 

別の真相が暴かれたとしても、笹本はもう生き返らない。

消されたことで結論がひとつになった。

もう迷う必要も、お互いを疑う必要もない。

ようやく前を向いて歩き出せる…。

 

今年も行われているバザー会場で、年配の女性からジュースをもらった少女は「前の時、飲んだら死んじゃうと言われたから…」と拒否します。

誰に言われたの?と聞かれると「思い出せない、よそから来たって言ってた」と。

すると、その女性はこう言います。

「勘違いじゃない?あの時は小さかったから。やめなさい。もう終わったんだから。」

その女性の視線の先には、圭司と祐太郎が調べていく中で容疑者として浮かび上がった面々が談笑しています…。

 

圭司に向かって「言っていい?すっげえ気持ち悪い…」という祐太郎。

そして事務所を出た祐太郎は、エレベーターに乗る前に自分と妹、両親が写っている家族写真を見つめています…。

 

第7話はここで終了です。

 

関連記事

dele(最終回)の結末は?動画を無料で見る方法も。

dele(最終回)ネタバレと感想。真実が明らかに!結末の意味と考察

dele(6話)ネタバレと感想!脚本の意味と考察・圭司と佑太郎は守護天使

dele(5話)ネタバレと感想!まさかの展開!ラスト結末の意味と考察

dele(4話)ネタバレあらすじと感想!野田洋次郎がかつての天才超能力少年に

dele(3話)ネタバレあらすじと感想!5本のバラの意味は?ラストシーンが泣けた

dele(ディーリー)の脚本家と監督は?1話〜最終回の担当とあらすじも紹介

deleのロケ地 1話〜最終回まで更新中!菅田将暉&山田孝之目撃情報

Sponsored Links


dele(7話)の感想と脚本やラスト結末の考察

スリア

犯人はいったい誰!?

この気持ち悪さが、人間の恐ろしさが描きたかったのだと思う。

 

いつにもましてもやもやが残る7話のラストでした。

圭司が最後に「消されたことで結論がひとつになった。」と言ったので、てっきり犯人をあばきだすのかと思いましたが、容疑者が二転三転していく中で最後まで犯人が特定されることはありませんでした。

こでもdele流の終わり方ですね。

ラストシーンで「すげえ気持ち悪い」言った祐太郎のセリフが、視聴者を代弁しているかのようでした。

最初は犯人は死刑になった宮川の息子だったのではないか…と思いましたが、圭司や祐太郎が嗅ぎ回ったことで「消された」ので、やはり容疑者として浮かび上がったあの中に真犯人がいるということだったのだど。

圭司のいう結論がひとつになったというのは「笹本は冤罪だった」ということだったんだと思いました。

笹本の死刑執行で安心した人物がいたのなら、ゾッとするような恐ろしい話だと思いました!

ですが最後にジュースに毒が入っていると言われたという女の子が「よそから来たと言っていた」と言っているのは、もしかしたら真犯人を知ったいた笹本の息子のことだったのかなあとも思いました。

あえてラストシーンで結論は出さないというのがdeleのやり方ですが、この気持ち悪さを残したまま終わるこのドラマの勇気というか、潔さというか。

そのあたりがやはり他のドラマにはない惹かれる部分だと思います。

犯人をあぶり出さなかったからこそ、世の中に潜む闇の部分をリアルに恐ろしく表現していると思いました。

最初の方のシーンで舞が「裁判は真実を追求する場所じゃない」というセリフがあったように、結局のところ、この脚本では犯人を見つけることよりも、ねじ曲げられた真実やその闇の存在というところをいちばん表現したかったのではないかと、個人的には感じました。

来週は最終回ですが、だんだんストーリーが重くなっているように感じますが、来週は圭司と祐太郎の過去が明らかになるようなので、しっかり見届けたいです。

 

和歌山毒物カレー事件のことを考えさせられた。

アンちゃん

7話の予告を見た時から1998年に起こった和歌山の毒カレー事件がベースになっていることはわかりましたが、この事件もいまだ謎に包まれています。

この事件も決定的な物証などがないまま、検出された毒物(ヒ素)を持っていたことと、そして22件も保険金詐欺を犯していた前科があったことから、主婦の林眞須美容疑者が逮捕されました。

ちなみに林眞須美容疑者の夫も詐欺の罪で逮捕され、服役後出所しているそうです。

このヒ素は近隣のドラッグストア1店舗でしか販売されておらず、近隣住民はみんな他に同じヒ素をネズミやシロアリ駆除のために購入していたのだとか。

そしてネットで調べてみると、同じヒ素を持っていた家庭が6軒あったそうです。

deleで描かれていた疑わしき人物は、洋食店の店主と妻、市議会議員の宮川とその娘、そして死刑囚の笹本とその息子の6人なので、この点もリアルに反映されているようです。

また和歌山毒物カレー事件では「白いTシャツを着たおばさんがカレーの蓋を開けていた」という目撃情報があり、当日に林眞須美容疑者と容姿が似ていると言われる次女が白いTシャツを着ていたとも報じられていたそうです。

林眞須美容疑者には3人の娘と1人の息子がおり、息子は施設に送られいじめにあったり壮絶な人生を送ってきたそうですので、笹本の息子のたかしのモデルになったと思われます。

この事件当時、連日ニュースで報道されていたのでリアルに記憶に残っているのですが、報道陣への対応など怪しい行動が目立ち、林眞須美容疑者はとてもうさんくさく見えたのを覚えています。

ですので誰もが林眞須美容疑者が犯人だろうと疑わなかったけど、もし冤罪だったらと考えると….。

真実は藪の中。

そんなところとも重ね合わせて見てみると、かなり複雑な気持ちになりました。

でもこのもやっとした気持ち悪さこそ、このストーリーで描きたかった部分なのかも。

ドラマでも本当のところはわからなかったけど、圭司と祐太郎が聞き込みをしてもみんな自分に都合のいいことしか話さない。

そして、もし笹本が街に越してきたことを利用して都合の悪いことを消し去るためのシナリオが描かれていたとしたらと思うと、本当に恐ろしいゾッとする話だなと思いました。

次回はいよいよ最終回。

一瞬でも見逃したくないと思えるようなクオリティの高いドラマにはなかなか出会えないし、このコンビが見れなくなってしまうのは本当に寂しいです!!!

【オンエア前に】dele(第7話)の見どころ予測!

スリア

7話の脚本はおそらく「和歌山毒物カレー事件」がモデルになっているのでは?

deleも残り少なくなってきて、できれば終わらないで!!!と言いたいところですが、最終回までしっかりと見届けていきたいと思います。

今回の依頼人の父親は死刑囚の笹本清一で、「鉄男」などでおなじみの塚本晋也監督が演じています。

NHK朝ドラ「半分、青い。」にも俳優として出演中ですね。

笹本清一は8年前にバザー会場でジュースに毒物を混入し、死者4名を出した罪で逮捕され死刑囚に。

6話ではセリフの引用など、渡辺淳一さんの小説『阿寒に果つ』がベースに描かれていましたが、7話ではおそらく「和歌山毒物カレー事件」をモデルに脚本が書かれたと思われます。

1998年に起こった和歌山毒物カレー事件は、夏祭りでカレーを食べた67人が腹痛や吐き気などを訴えて病院に搬送され、小学4年の男子児童と高校1年の女子生徒、自治会の会長と副会長の4人が死亡したという事件。

犯人は知人男性に対する殺人未遂と保険金詐欺の容疑で逮捕されていた、主婦の林眞須美容疑者でした。

現実のこの事件は容疑者が無実を主張しつづけておりいまだ真相が解明されていないままなので、deleではどのような結末が用意されているのか?!

容疑者に隠された秘密、真実は一体?!

もう期待島ありません!

また、髪の長い女性が圭司に「お願い、内緒にして」というセリフとともにいきなりキスしているシーンが予告にありました。

柴咲コウさん演じる明奈ときっとよりを戻すと思っていたので、あのシーンは何?!とびっくりしましたが、誰にキスされていたのか、そのあたりも気になるポイントのひとつです。

また、その事件で娘を亡くし洋食店を営む上野兼人役をヒップホップ・グループ「ライムスター」のラッパーのMummy-Dさんが演じています。

Mummy-Dさんは「カルテット」に出演するなど、ラッパー以外にも役者としても活動されています。

個性的な出演者が多いdeleですが、今回のキャスティングも他のドラマでは見られない組み合わせではないでしょうか。

 

もし見逃した回があっても、1話〜最終回までdeleの動画を無料で見るいい方法があります!

 

dele(ディーリー)が1話〜最終回まで全話
▼▼▼ココで無料で視聴できます▼▼▼

 

dele(7話)出演者&ゲスト

・坂上圭司/山田孝之

・真柴祐太郎/菅田将暉

・坂上舞/麻生久美子

【ゲスト】

笹本 清一/塚本 晋也

上野 兼人/Mummy-D

仁村紗和

dele(7話)脚本と監督

脚本:徳永 富彦

監督:常廣 丈太

dele 7話までの視聴率

ルナちゃん

2018年夏ドラマの満足度で言えばダントツ1位なので、必ずしも視聴率での評価はできませんが参考までに♪

・第1話(2018年7月27日放送)視聴率5.5%

・第2話(2018年8月3日放送)視聴率3.7%

・第3話(2018年8月10日放送)視聴率4.2%

・第4話(2018年8月17日放送)視聴率3.8%

・第5話(2018年8月24日放送)視聴率4.6%

・第6話(2018年8月31日放送)視聴率5.0%

・第7話(2018年9月7日放送)視聴率5.0%

・最終回(2018年9月14日放送)視聴率-%

まとめ

2018年9月7日放送の金曜ナイトドラマ「dele(ディーリー)」の第7話のネタバレあらすじと感想をご紹介しました。

もしオンエアを見逃した人も、今から無料で見るいい方法があります!

 

dele(ディーリー)が全話
▼▼▼ココで無料で視聴できます▼▼▼

 

関連記事

dele(1話)の動画を無料視聴する方法を紹介

dele(2話)の動画を無料視聴する方法を紹介

dele(3話)の動画を無料視聴する方法を紹介

dele(4話)の動画の無料視聴方法を紹介

dele(5話)の動画の無料視聴方法を紹介

dele(6話)の動画を無料で見る方法を紹介

dele(ディーリー)の脚本家と監督は?1話〜最終回の担当とあらすじも紹介

dele(ディーリー)のロケ地&撮影場所と菅田将暉&山田孝之目撃情報

ドラマdele(ディーリー)のキャスト人物相関図&ゲスト紹介

dele(5話)柴咲コウ衣装のワンピースとネックレス・バッグを紹介

サバイバルウェディング(8話)ネタバレと感想!浜辺キスに胸キュンが止まらない

 

菅田将暉のドラマ&映画動画一覧|無料でイッキ見する方法も!
山田孝之のカンヌ映画祭の動画(1話〜最終話)を無料視聴でイッキ見

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です