檀れいの年齢と子供は?旦那と離婚の噂や宝塚時代のいじめも

こんにちは。スリアです☆

宝塚歌劇団の娘役のトップから女優へと転身し、

テレビに出るたびに綺麗すぎると話題になる檀れいさん。

旦那さんの及川光博さんとともに生活感がないため

プライベートも謎に包まれていますが

年齢や子供について、

また夫婦仲や離婚の噂についても調べてみました。

檀れい プロフィール

芸名:檀れい(だんれい)

本名:及川まゆみ(旧姓:山崎)

生年月日:1971年8月4日

出身地:兵庫県新温泉町

身長:162cm

血液型:A型

事務所:松竹エンターテインメント

経歴:宝塚歌劇団第78期生

 

1992年に宝塚歌劇団に入団し、1999年より月組トップ娘役、

2003年からは星組トップ娘役をそれぞれ務め、2005年に宝塚を退団。

 

長くトップを務めた檀れいさんですが

意外だったのは入団時の成績は最下位の40番だったそうです。

成績が良かったからといって、トップになれる世界でもないんですね〜。

 

そして宝塚時代のお写真がこちらです!

 

13年間在籍した宝塚歌劇団を退団した後は

女優としてのキャリアをスタートさせた檀れいさんは、

2006年、山田洋次監督の映画「武士の一分」

木村拓哉さんの相手役のヒロインとしていきなりスクリーンデビュー。

 

この映画では第30回日本アカデミー優秀主演女優賞と新人俳優賞、

第44回ゴールデンアロー賞ほか数々の賞を受賞するなど、鮮烈な芸能界デビューを飾りました。

 

これまでの主な出演作品

【ドラマ】
2007年『陽炎の辻〜居眠り磐音 江戸双紙〜』
2010年『八日目の蝉』
2011年『美しい隣人』
2015年『マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜』
2016年『ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜』

【映画】
2006年『武士の一分』
2008年『母べえ』

その後は数々のドラマや映画などで活躍されていますが、

 

NHKで放送された『八日目の蝉』でドラマ初主演するなど、数多くの作品に出演されていますが

やはり一番印象に残っているのが、

夫の帰りを待つはつらつとしたかわいらしい妻を演じている

サントリー「金麦」のCMではないでしょうか。

 

 

このCMは2007年に檀れいさんが起用されてから今年で11年目ですが

もはや70パターン以上が撮影されている大人気CM。

 

「金麦冷やして、待てるから〜」という檀れいさんに癒された男性は

多いのではないでしょうか♪

 

ドラマや映画よりも檀れいさんの代表作となっているかもしれませんね。

檀れいの年齢は?

年々美しくなっているのではないかと思うほど

年齢を感じさせない透明感と美貌を誇る檀れいさんですが、

年齢は46歳です!(2018年執筆時)

 

同い年の著名人は、

女医でタレントの西川史子さん、お笑い芸人の大久保佳代子さん

そして女優の藤原紀香さんなどがいらっしゃいますが、

同い年の中でもその美貌と若々しさは際立っている気がしますね。

檀れいに子供はいる?

檀れいさんってまったくプライベートが見えない女優さんですよね。

そもそもバラエティーやトーク番組への出演も少なく

SNSなどもされていないため生活感がまったく見えません。

 

私生活では2010年1月1日放送のドラマ「相棒」で共演した俳優の及川光博さん

1年の交際を経て、2011年にご結婚をされています。

 

 

旦那さんの及川光博さんは元ミュージシャンで

デビューした当初はミッチーと呼ばれアイドル的なシンガーとして

キザでナルシストな「王子様キャラ」を貫いていたというなごりからか

現在もミステリアスな雰囲気は健在ですよね。

 

ご夫婦揃ってなんだか生活感がまったくなく

芸能人の中でもちょっと現実離れしている方というイメージがあります。

 

さて、そんなお二人には、まだお子さんがいらっしゃいません。

 

週刊誌やネット上で言われているのは

檀れいさんのお母さんがご結婚された当初から介護が必要で

お仕事と介護をこなす檀れいさんにとっては

お子さんをつくる余裕がなかったのではないかと言われているようです。

 

子供の予定を聞かれた及川光博さんは「神のみぞ知る」と答えたそうで、

一部では檀れいさんが不妊治療に通っているという噂もありましたので

お子さんを望んでいないわけではないようです。

 

ご結婚された時点で檀れいさんは39歳でしたが

翌年には大河ドラマの「平清盛」に出演が決まっていたので

すぐに子作りというタイミングにはならなかったようです。

 

高齢出産の難しさなども背景にあったのかもしれませんが

その後も仕事をセーブすることなく

舞台や映画、ドラマなどに出続けてらっしゃいますので

子供は望まない方向だったというのも考えられるかもしれません。

 

Sponsored Links


旦那の及川光博との離婚の噂は?

 

結婚からほどなくして

「仮面夫婦」と言われるようになった檀れいさんと及川光博さん。

 

結婚から2ヶ月後には、及川光博さんが指輪を外して

美女と相合傘デートをしていたと週刊誌にスクープされ、

 

30代美女との親密ぶりや、

檀れいさんと別居しているなどと伝えられました。

 

このスクープに関して及川光博さんは

女性と食事をしていたのは事実と認めながらも

美女との関係や檀れいさんとの別居も全面否定。

 

「友達とご飯食べてただけじゃん!!(怒笑)」

「指輪は普段からしていません。したがって、はずしたこともありません(笑)」

と公式HPでコメントを発表しました。

 

別居については

「彼女の実家、お母様が近くに住んでいて、食事に行ってるだけ。

おかげさまでうまくいってます」と説明していました。

 

檀れいさんも

「楽しく過ごしています。

女性を大事にしてくれる方なので、大事にしていただいております」と

夫婦仲が良いことをアピールするコメントをしていました。

 

この後も、何度否定しても別居や離婚の噂が絶えない2人。

 

その理由を考えてみ他ところ

ご結婚以来2人でマスコミの前に登場することもなく

ツーショットすらほとんど出回っていなかったため

そのような噂が出たというのがあると思います。

 

また宝塚スターだった檀れいさんと、王子様キャラの及川光博さんは

両者ともどこか浮世離れしたイメージがあるため

夫婦生活をイメージできる人が少なかったのでしょうね。

それに加えてお子さんがいないことも原因のひとつでしょうね。

 

しかしながら、夫婦仲はとっても良いようです!

 

2013年10月には2人が腕組みデートをしている様子を女性自身がスクープ。

及川光博さんの行きつけの鉄板焼き店に向かい、及川さんの誕生日をお祝いしていたそうです。

 

 

そして最近では、夫婦のプライベートやお互いのことを自ら語る機会が増えています。

 

2015年に「さんまのまんま」に出演した及川光博さんは、

おのろけ全開で妻の檀れいさんについて

「家事全般が行き届いている」「掃除が早い」と大絶賛で、

「美人は3日で飽きると言われるが全然そんなことはない」とおのろけモード。

 

また、2016年3月放送の「火曜サプライズ」で、

「檀れいさんと一緒にお風呂に入るのか?」と質問された時、

ビールを吹き出しそうになり、明言は避けたもののほぼ認めたようなかたちに。

 

 

また2017年4月に出演した「しゃべくり007」では

「夕食もおつまみも、檀ちゃんのほうが得意ですね」と、

檀れいさんのことをぽろっと「檀ちゃん」と呼びながら答え、

健康志向の食事を作る料理上手な妻について言及。

 

また「しっかり作ってもらったので、お礼に」と、

及川さん自ら食器洗いをするとも明かしました。

 

一方、檀れいさんの方も

2016年に日本テレビ系「PON!」に生出演した際、

家事も率先して手伝ってくれると及川光博さんの良き夫ぶりを明かしています。

 

「ご主人とはお休みの日は何を?」と質問されると、

「お休みの日は2人で宝塚観劇に」と、夫婦そろって、檀が舞台を踏んだ宝塚歌劇を見に行くと告白。

 

また、「ご主人はどんな家事を手伝ってくれるんですか?」という質問には

サラリと「王子ですのでね」と、及川の王子キャラクターぶりをアピールしつつ、

「でも、私が料理をしたら後片付けを。率先してお皿洗ってくれたりします」と、

良き夫ぶりも明かしていた。

出典:https://www.daily.co.jp

 

腕組みデートの写真が出た時は離婚の噂を打ち消すために

あえてツーショット画像を流したのかもと思いましたが

どうやら夫婦仲の良さは本物のようですね♪

檀れいの宝塚時代のいじめについて

 

2013年の『出張!徹子の部屋』で元タカラジェンヌたちの座談会が行われた席で、

番組に出演していた大久保佳代子さんが

女の世界だけにいじめがあるんじゃないかと質問した際に、

 

宝塚では檀れいさんの先輩に当たる真琴つばささんが

「私がいじめた経験は檀れいさんしかいないです! 泣かせました!」と発言。

 

それも愛情あってのことと慌ててフォローをした檀れいさんでしたが

その表情は完全に曇っていたそうです。

 

1999年、当時月組トップ娘役だった風花舞(42才)の退団によって、

月組トップスターとして絶大なる人気を誇っていた真琴の相手役に大抜擢された檀。

しかし、実は檀の同期で歌も踊りも上手と評判だった千紘れいか(40才)が、

相手役に選ばれると目されていた。

「蓋を開けてみれば、選ばれたのは檀さんでした。

これにショックを受けた千紘さんは、内緒で劇団四季のオーディションを受けて

、宝塚を電撃退団してしまうんです。

結果として檀さんが千紘さんを追い出す形となってしまいました」

(宝塚関係者)

出典:https://www.news-postseven.com

 

真琴つばささんの相手役に選ばれたがために

檀は宝塚内部からもファンからも猛烈なバッシングやいじめを

受けることとなってしまった檀れいさん。

 

その後は誰からも食事に誘われたりすることはなく、

孤立してしまい毎日のようにメイク室で泣いていたそうです。

 

檀れいさんがトップになったことに不満を持つファンも多かったことから

ファンレターの中にカミソリが入っていたり

楽屋口を出るときにファンに足を引っかけられたりといったこともあったとか。

 

「歌や踊りは努力でうまくなるけど、

見た目のきれいさはどんなに努力してもなれない。だから自信を持ちなさい」という

真琴つばささんからのアドバイスで自信を取り戻したそうですが、

そのことが心のどこかで消えないトラウマとなっていたのかもしれませんね。

 

女優の黒木瞳さんや真矢みきさんも、宝塚時代に陰湿な嫌がらせを受けたことがあるそうです。

 

ステージでは華やかに振る舞っていても、

注目を浴びた分だけその裏側では、嫉妬や憎しみを買ってしまう世界なのかもしれませんね。

 

宝塚歌劇団の最新動画を無料で見る!

まとめ

年齢を重ねるごとにその美貌に磨きがかかっていく檀れいさん。

旦那さんとの関係性が檀さんの美貌にも現れているのかもしれませんね。

今後のご活躍にも注目していきたいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です